森達也とは?

森達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/22 15:06 UTC 版)

森 達也(もり たつや、1956年5月10日 - )は、日本のドキュメンタリーディレクター、テレビ・ドキュメンタリー・ディレクター、ノンフィクション作家[1]明治大学特任教授[2]




  1. ^ a b 森 & 安岡 2002, p. 239.
  2. ^ 専任教員紹介”. 2013年7月9日閲覧。
  3. ^ 特集vol.39 森達也(作家・映画監督) インタビュー”. CINRA. 2013年7月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e 第5回ドキュメンタリー作家 森達也さん”. 株式会社アイ・キュー. 2013年7月9日閲覧。
  5. ^ a b c 森達也プロフィール 森達也オフィシャルウェブサイト”. 2013年7月9日閲覧。
  6. ^ NONFIX : 1998年オンエア作品”. フジテレビ. 2013年7月9日閲覧。
  7. ^ NONFIX : 1999年のよだかの星”. フジテレビ. 2013年7月9日閲覧。
  8. ^ NONFIX : 放送禁止歌~唄っているのは誰? 規制するのは誰?~”. フジテレビ. 2013年7月9日閲覧。
  9. ^ 森 & 安岡 2002, pp. 188-196.
  10. ^ 鈴木邦男・斎藤貴男・森達也 『言論統制列島 - 誰もいわなかった右翼と左翼』 講談社、2005年6月28日、10頁。ISBN 978-4062129770
  11. ^ [1]週プレNEWS2016年7月6日
  12. ^ 佐村河内氏ゴーストライター騒動が映画化 来年公開 - 日刊スポーツ 2015年5月7日
  13. ^ a b c d e f 森 & 安岡 2002, p. 212.
  14. ^ 森達也 『下山事件』 新潮文庫 [も-30-1] ISBN 978-4101300719、84p・119-120p
  15. ^ 柴田哲孝完全版 下山事件 最後の証言』 祥伝社文庫 [し-8-3] ISBN 978-4396333669、400-403p。車種がビュイックナッシュか、という点であり、「車体後部が鳥の羽のように広がっていた」と述べられているが、ビュイックもナッシュもそのような構造ではない。同書401pに『浅井貞彦写真集 60年代街角で見たクルマたち』(三城書房)から引用された写真が掲載されている。
  16. ^ 森 『下山事件』、新潮文庫400-406p
  17. ^ 西田公昭 (2011年9月1日). “講談社への抗議書全文 (PDF)”. 日本脱カルト協会. 2013年7月9日閲覧。
  18. ^ 森達也『A3』講談社ノンフィクション賞受賞めぐる応酬” (2011年9月7日). 2013年7月9日閲覧。
  19. ^ 滝本太郎 (2012年3月19日). “公開討論云々-森達也氏”. 2013年7月9日閲覧。
  20. ^ 青沼陽一郎ブログ是々非々にて候。 「オウムは自分の既得権益」と断言する森達也の見識 2018-6-16閲覧
  21. ^ 朝日新聞DIGITAL - 加害者は語りうるか 「絶歌」出版を考える 2015年6月22日20時49分
  22. ^ 森達也 リアル共同幻想論【第65回】 2013年5月29日 [2]
  23. ^ [3]公式アカウント


「森達也」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「森達也」の関連用語

森達也のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



森達也のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森達也 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS