黒沢清とは?

くろさわ‐きよし〔くろさは‐〕【黒沢清】


黒沢清

以下の映画黒沢清関連しています。
コムテッグ
コムテッグ
オメガ・ピクチャーズ
日活配給(提供*イメージファクトリー・アイエム)
 
 


黒沢清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/24 05:25 UTC 版)

黒沢 清(くろさわ きよし、1955年昭和30年〉7月19日[1] - )は、日本映画監督脚本家映画批評家小説家東京芸術大学大学院教授




注釈

  1. ^ 黒澤明との血縁関係はない[3]

出典

  1. ^ Jacoby, Alexander (2008年). “KUROSAWA Kiyoshi”. A Critical Handbook of Japanese Film Directors: From the Silent Era to the Present Day. Stone Bridge Press 
  2. ^ ロジェ, ジャン=フランソワ (2012年3月14日). “「恐怖の哲学、哲学の恐怖——黒沢清レトロスペクティヴによせて」”. Nobody. 2014年3月19日閲覧。
  3. ^ King, Susan (2009年3月22日). “Kiyoshi Kurosawa provides domestic chills in 'Tokyo Sonata'”. Los Angeles Times. 2014年3月19日閲覧。
  4. ^ “【活動報告】「21世紀文化論」講演:黒沢清(映画監督) 「シネマ、辺境への旅――『旅のおわり世界のはじまり』公開記念レクチャー」” (日本語). 多摩美術大学芸術学科. (2019年9月27日). http://www2.tamabi.ac.jp/geigaku/20190917/ 2020年9月14日閲覧。 
  5. ^ 上映作品紹介”. 第34回ぴあフィルムフェスティバル (2012年). 2015年5月18日閲覧。
  6. ^ 森達也・安岡卓治 『A2』 現代書館、p.212、2002年4月10日。ISBN 978-4768476826
  7. ^ 立教大学”. 朝日新聞. 朝日新聞社 (2004年). 2015年5月18日閲覧。
  8. ^ 1981年:第4回ぴあフィルムフェスティバル一般公募部門入選作品”. ぴあフィルムフェスティバル. 2017年8月8日閲覧。
  9. ^ 黒沢, 清; 安井, 豊作; 大寺, 眞輔 (2006年). 黒沢清の映画術. 新潮社. pp. 51-69 
  10. ^ TIFF Report:Japan Now 「映画俳優、役所広司」黒沢清&役所広司トークイベント(『CURE』)”. REALTOKYO CINEMA. 2020年10月12日閲覧。
  11. ^ Mes, Tom (2001年3月20日). “Midnight Eye review: Cure”. Midnight Eye. 2014年3月19日閲覧。
  12. ^ 黒沢清監督:幽霊には西洋型と日本型がある… ホラー映画の巨匠が語る「生と死」”. MANTANWEB (2016年10月29日). 2017年8月8日閲覧。
  13. ^ 蓮實, 重彦 (2010年6月16日). “黒沢清『アカルイミライ』”. あなたに映画を愛しているとは言わせない. 2013年7月9日閲覧。
  14. ^ 大場, 正明 (2012年5月31日). “『ドッペルゲンガー』 黒沢清”. Criss Cross. 2013年7月9日閲覧。
  15. ^ 藤井, 仁子 (2007年1月1日). “2006年ベストテン”. テアトル・オブリーク. 2013年7月9日閲覧。
  16. ^ 梅本, 洋一 (2006年8月17日). “『叫』黒沢清”. Nobody. 2013年7月9日閲覧。
  17. ^ 北野武氏、東京芸術大学大学院映像研究科教授に”. ヨコハマ経済新聞. ヨコハマ経済新聞 (2004年). 2020年10月18日閲覧。
  18. ^ 宮崎, 陽介 (2008年5月25日). “黒沢清監督「トウキョウソナタ」に審査員賞 カンヌ映画祭”. 朝日新聞. 2013年7月9日閲覧。
  19. ^ 石橋, 今日美 (2009年5月14日). “K編集長のCinema Days Vol. 3”. Flowerwild. 2013年7月9日閲覧。
  20. ^ 鶴谷, 真 (2012年8月4日). “ベネチア国際映画祭:WOWOWドラマ「贖罪」上映 異例の正式招待”. 毎日新聞. 2012年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月28日閲覧。
  21. ^ 田中, 竜輔; 増田, 景子 (2013年6月2日). “最新作『リアル〜完全なる首長竜の日〜』黒沢清 インタヴュー”. Nobody. 2013年7月9日閲覧。
  22. ^ Blair, Gavin J. (2013年11月18日). “Japanese Director Kiyoshi Kurosawa 'Very Surprised' About Two Wins at Rome Film Fest”. The Hollywood Reporter. 2014年3月19日閲覧。
  23. ^ 黒沢清監督 カンヌ「ある視点」部門で監督賞”. NHKニュース (2015年5月24日). 2015年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月28日閲覧。
  24. ^ 2015 Official Selection”. Cannes. 2015年5月24日閲覧。
  25. ^ a b 黒沢清によるフランス映画「ダゲレオタイプの女」、2016年秋に全国公開”. 映画ナタリー (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。
  26. ^ 「第33回川喜多賞」黒沢清監督に贈賞決まる”. 映画.com (2015年7月16日). 2015年7月17日閲覧。
  27. ^ “マーティン・スコセッシと黒沢清が東京国際映画祭SAMURAI賞に決定”. 映画ナタリー. (2016年10月12日). http://natalie.mu/eiga/news/205114 2016年10月13日閲覧。 
  28. ^ 第58回(2016年度)毎日芸術賞の受賞者”. 毎日新聞社. 2017年8月8日閲覧。
  29. ^ “「スパイの妻」黒沢清監督に銀獅子賞 ベネチア映画祭 北野武監督以来”. 産経ニュース (産経デジタル). (2020年9月13日). https://www.sankei.com/entertainments/news/200913/ent2009130003-n1.html 2020年9月13日閲覧。 
  30. ^ “美しいミイラがモチーフ。「LOFT/ロフト」黒沢清監督”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2006年9月5日). http://eiga.com/news/20060905/12/ 2018年4月3日閲覧。 
  31. ^ “黒沢清×役所広司『叫(さけび)』ヴェネチア国際映画祭正式招待決定”. シネマカフェ (イード). (2006年7月29日). https://www.cinemacafe.net/article/2006/07/29/294.html 2018年4月3日閲覧。 
  32. ^ “黒沢清監督「トウキョウソナタ」がカンヌ映画祭ある視点部門審査員賞!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2006年5月27日). http://eiga.com/news/20080527/9/ 2018年4月3日閲覧。 
  33. ^ “綾瀬はるか、佐藤健と本格恋愛映画でW主演「ワクワクして、ヒャーッ!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年7月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2014480/full/ 2018年4月3日閲覧。 
  34. ^ “トニー・レオン、日本映画初出演!松田翔太&前田敦子と黒沢清監督作でタッグ”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2012年9月10日). http://eiga.com/news/20120910/1/ 2018年4月3日閲覧。 
  35. ^ 前田敦子ら出演予定映画が製作中止に”. デイリースポーツ (2013年2月25日). 2014年3月19日閲覧。
  36. ^ “前田敦子&黒沢清監督新作、ローマ映画祭で初お披露目”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2013年10月15日). http://eiga.com/news/20131015/9/ 2018年4月3日閲覧。 
  37. ^ “深津絵里×浅野忠信、黒沢清監督「岸辺の旅」W主演で初の夫婦役!早くも仏公開決定”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年6月19日). http://eiga.com/news/20140619/1/ 2018年4月3日閲覧。 
  38. ^ “西島秀俊×黒沢清監督、映画「クリーピー」で4度目のタッグ!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年7月29日). http://eiga.com/news/20150729/1/ 2018年4月3日閲覧。 
  39. ^ “イキウメ「散歩する侵略者」黒沢清が映画化、長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己で”. ステージナタリー. (2016年12月6日). http://natalie.mu/stage/news/212032 2016年12月6日閲覧。 
  40. ^ 東出昌大の“怪演”が夏帆&染谷将太を襲う!「散歩する侵略者」スピンオフ本編映像入手”. 映画.com (2017年11月10日). 2018年2月14日閲覧。
  41. ^ “黒沢清、日本・ウズベキスタン共同製作作品を監督「いくつかの夢が同時に叶った」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月3日). https://natalie.mu/eiga/news/276272 2018年4月3日閲覧。 
  42. ^ 「散歩する侵略者」夏帆ら出演のスピンオフドラマのポスタービジュアル&場面写真公開”. マイナビニュース (2017年8月7日). 2017年8月8日閲覧。
  43. ^ 相対性理論やくしまるが“何か”に立ち向かう、黒沢清監督「FLASHBACK」MV”. 音楽ナタリー (2016年4月25日). 2016年4月28日閲覧。
  44. ^ 名だたる監督の証言でひも解くヒッチコック、カンヌでドキュメンタリー上映”. 映画ナタリー (2015年5月21日). 2017年8月8日閲覧。


「黒沢清」の続きの解説一覧

黒澤清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/02 09:16 UTC 版)

黒澤 清(くろさわ きよし、1902年9月5日[1] - 1990年3月30日)は日本会計学者茨城県那珂湊市(現在のひたちなか市)生まれ。横浜国立大学名誉教授獨協大学名誉教授。経営学博士神戸大学)。




  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 学会の概要日本原価計算研究学会
  3. ^ 協会歴代会長日本経営管理協会
  4. ^ 歴代の会長産業経理協会


「黒澤清」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黒沢清」の関連用語

黒沢清のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黒沢清のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒沢清 (改訂履歴)、黒澤清 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS