新藤兼人とは?

新藤兼人

以下の映画新藤兼人関連しています。
パンドラ/シネマディスト
シネマ・クロッキオ=近代映画協会
東京テアトル=セディックインターナショナル配給
シネマ・クロッキオ=近代映画協会配給
 
 
 
 
 
 
松竹映配
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


新藤兼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/12 14:26 UTC 版)

新藤 兼人(しんどう かねと、1912年明治45年)4月22日 - 2012年平成24年)5月29日)は、日本映画監督脚本家。本名は新藤 兼登(読み方同じ)。日本のインディペンデント映画の先駆者であった。近代映画協会会長。従三位広島県名誉県民広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民




  1. ^ a b c d e f g h i j k <3> 青春時代 撮影所入り 粘って実現”. 中国新聞 (2009年8月20日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e <2> 恩師 うそを戒める教え今も”. 中国新聞 (2009年8月19日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  3. ^ RCCが今日放送 尾道出身 映画作家の対談実現 「新藤兼人×大林宣彦」シネマ魂を”. (山陽日日新聞から転用) (2003年3月25日). 2016年4月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 新藤兼人監督が死去 反戦貫き人間愛描く 100歳”. 中国新聞 (2012年5月31日). 2015年11月8日閲覧。
  5. ^ 『にほん風景物語』BS朝日、2013年10月1日放送
  6. ^ a b 「新藤さんの遺志継ぐ」 大林監督 思い出語る”. 中国新聞 (2012年6月4日). 2015年11月7日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m <5> 「愛妻物語」 独立プロ設立し監督に”. 中国新聞 (2009年8月22日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  8. ^ a b c d e <4> 戦争 人間性奪い家庭も破壊”. 中国新聞 (2009年8月21日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h <6> 「原爆の子」 広島市あげて撮影応援”. 中国新聞 (2009年8月26日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  10. ^ a b <7> 「第五福竜丸」 「後世に証拠残す」意識”. 中国新聞 (2009年8月27日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  11. ^ a b c d e <9> 「裸の島」 弱体「プロ」息吹き返す”. 中国新聞 (2009年9月1日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  12. ^ a b <13> 文化勲章 独立貫いた狭い道に光”. 中国新聞 (2009年9月5日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  13. ^ 三原市名誉市民 新藤兼人”. 三原市. 2015年11月12日閲覧。
  14. ^ a b <10> 社会派 貧しさの実態 鋭く描写”. 中国新聞 (2009年9月2日). 2013年6月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  15. ^ a b <11> 「午後の遺言状」 乙羽さん最期の名演技”. 中国新聞 (2009年9月3日). 2013年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  16. ^ “【第54回ブルーリボン賞】“最年少”芦田愛菜へ“最年長”新藤兼人監督がエール”. ORICONSTYLE. (2012年2月15日). http://life.oricon.co.jp/girls/news/2006978/ 2012年6月5日閲覧。 
  17. ^ “新藤兼人監督100歳祝う 「これが最後の言葉 ありがとう」”. 産経新聞. (2012年4月22日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120422/ent12042217190014-n1.htm 2012年5月30日閲覧。 
  18. ^ “訃報:新藤兼人さん100歳=映画監督・脚本家”. 毎日新聞. (2012年5月30日). オリジナル2012年7月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20120710072659/http://mainichi.jp/select/news/20120530k0000e040252000c.html 2012年5月30日閲覧。 
  19. ^ “「裸の島」「鬼婆」、新藤兼人監督が死去”. 読売新聞. (2012年5月30日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120530-OYT1T00780.htm 2012年5月30日閲覧。 
  20. ^ 新藤兼人さん葬儀に400人…柄本明が弔辞 サンケイスポーツ 2012年6月4日閲覧
  21. ^ 故新藤兼人氏に従三位 日刊スポーツ 2012年6月26日閲覧
  22. ^ メンバーは小板橋次郎、真鍋繁樹、千葉仁ら。


「新藤兼人」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「新藤兼人」の関連用語

新藤兼人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



新藤兼人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新藤兼人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS