水上勉とは?

みずかみつとむ みづかみ- 【水上勉】 ○

19192004小説家福井県生まれ立命館大中退。自らの徒弟体験取材した「雁の寺」で直木賞受賞北陸京都舞台とした「飢餓海峡」「五番町夕霧楼」「越前竹人形」などで、弱者視点から社会を描く。作品宇野浩二伝」「寺泊」など。

水上勉

読み方みずかみ つとむ

小説家福井県生。幼い頃寺に修行に出されるが還俗し、様々な職業遍歴しつつ小説を書く。宇野浩二師事昭和三六年に「雁の寺」が直木賞受賞その後数々作品発表受賞重ねる。晩年意欲的執筆活動続けた。平成16年2004)歿、85才。

水上勉(みなかみ・つとむ)

1919年(大8)、福井県大郡本郷村生まれ口減らしのため、八歳のとき、京都臨済宗相国寺得度式をあげているが、17歳還俗
1948年(昭23)、師事していた宇野浩二推薦により「フライパンの歌」を刊行その後文学から遠ざかり、31種もの職業変える
1958年(昭33)、多岐川恭が代表となり、河野典生樹下太郎佐野洋竹村直伸星新一結城昌治とともに探偵作家団体の「他殺クラブ」を結成
1959年(昭34)、松本清張出現刺激され、初の探偵小説の影」を菊村到推薦にて刊行し、1959年(昭34)に第42直木賞候補となる。同時に1960年(昭35)に第13日本探偵作家クラブ賞候補となる。
1960年(昭35)、「海の牙」を刊行し、1961年(昭36)、第14日本探偵作家クラブ賞受賞同時に1960年(昭35)に発表された「耳」とともに1960年(昭35)に第43直木賞候補となる。
1960年(昭35)に「面白倶楽部」に発表した「崖」は日本探偵作家クラブの「1961 推理小説ベスト20」に収録される。
1961年(昭36)、「文芸春秋」に発表した「雁の寺」が第45直木賞受賞また、この作品は「ヒッチコックマガジン」の1961年ベストで7位に選ばれている。同時に日本文藝家協会の「文学選集 27(昭和37年版)」に収録される。
1961年(昭36)に「週刊朝日」に発表した「おえん」は日本探偵作家クラブの「1962 推理小説ベスト20」に収録される。
1962年(昭37)、「週刊朝日」に「飢餓海峡」を発表
1962年(昭37)に「小説新潮」に発表した「赤い毒の花」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1963年版」に収録される。
1963年(昭38)に「小説新潮」に発表した「盲目」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1964年版」に収録される。
1964年(昭39)、「くるま椅子のうた」で、第4回婦人公論読者受賞
1965年(昭40)、「城」で、第27回文春秋読者受賞
1968年(昭43)に「文藝春秋」に発表した「佐渡の埋れ火」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和44年度」に収録される。
1970年(昭45)、「宇野浩二伝」で第19菊池寛賞受賞
1971年(昭46)に「小説新潮」に発表した「緋の」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和47年度」に収録される。
1972年(昭47)に「文藝春秋」に発表した「椋鳥よ」は日本文藝家協会の「現代小説 1972年後期代表作」に収録される。
1972年(昭47)に「小説新潮」に発表した「釈迦浜心中」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和48年度」に収録される。
1973年(昭48)、「北国の女の物語」「兵卒の鬣」で、第7回吉川英治文学賞受賞
1974年(昭49)、「一休」で第11谷崎潤一郎賞受賞
1976年(昭51)に発表した「みち」は日本文藝家協会の「文学 1977」に収録される。
1976(昭51)に「小説新潮」に発表した「てんぐさお峯」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和52年度」に収録される。
1977年(昭52)、「寺泊」で第4回川端康成受賞
1977年(昭52)に「週刊小説」に発表した「子おろし三昧」は日本文藝家協会の「現代小説'77」に収録される。
1979年(昭54)に「野性時代」に発表した「李永泰」は日本文藝家協会の「現代小説'79」に収録される。
1981年(昭56)に「小説新潮」に発表した「」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1982」に収録される。
1984年(昭59)、「あひるの靴」で第16斎田喬戯曲受賞
1984年(昭59)、「良寛」で、第25毎日芸術賞受賞
1984年(昭59)に「週刊小説」に発表した「馬たちの行方」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1985」に収録される。
1985年(昭60)、第42日本芸術院恩賜賞受賞
1986年(昭61)に「小説新潮」に発表した「八坂三界」は日本文藝家協会の「ベスト小説ランド 1987」に収録される。
1986年(昭61)に発表した「この冬」は日本文藝家協会の「文学 1987」に収録される。
1988年(昭63)、芸術院会員
1989年(平1)、日中文化交流協会代表団の団長として訪中し、天安門事件体験
1991年(平3)、東京都文化受賞
1992年(平4)に「群像」に発表した「鼠捕り」は日本文藝家協会の「文学 1993」に収録される。
1993年(平5)に「文藝春秋」に発表した「茄子の花」は日本文藝家協会の「現代小説 1994」に収録される。
1993年(平5)に「小説新潮」に発表した「清富記」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 平成6年度」に収録される。
1994年(平6)に「小説新潮」に発表した「飛奴記」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 平成7年度」に収録される。
1995年(平7)に「新潮」に発表した「慧能」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 平成8年度」に収録される。
1996年(平8)に「小説新潮」に発表した「赤い自転車」は日本文藝家協会の「現代小説 1997」に収録される。
1998年(平10)、文化功労賞受賞
2002年(平14)、「虚竹の笛 尺八私考」で第2回親鸞賞受賞
2004年(平16)、肺炎により、死去
社会派推理小説旗手として「第二松本清張」と呼ばれたが、次第文学に転じ、代表的文学者となった。郷里大飯町には私財を投じて「若州一滴文庫」「人形劇場」を作った。



水上勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 14:30 UTC 版)

水上 勉(みずかみ つとむ、1919年大正8年)3月8日 - 2004年平成16年)9月8日)は、日本小説家福井県大飯郡本郷村(現:おおい町)生まれ。社会派推理小説飢餓海峡』、少年時代の禅寺での修行体験を元にした『雁の寺』、伝記小説『一休』などで知られる。一時「みなかみ」と読まれ、またそれをペンネームとしていたが、のちに本人の意向で本名の「みずかみ」に統一した。




  1. ^ 上杉佐一郎『連帯を求めて』p.62
  2. ^ 『働くことと生きること』
  3. ^ 水上勉『泥の花』
  4. ^ 私の昭和史 忘れ得ぬ人びと 人生一期一会(16) 根本圭助 web松戸よみうり
  5. ^ 私の昭和史 忘れ得ぬ人びと 人生一期一会(17) 根本圭助、web松戸よみうり
  6. ^ a b カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス「水上勉」(1) 2013年3月5日放送
  7. ^ 山村正夫(『日本推理作家協会賞受賞作全集13 海の牙』双葉社 1995年)
  8. ^ a b 『文章修行』光文社 2002年
  9. ^ 「水上勉の明大前を歩く」東京紅團
  10. ^ 毎日新聞、1973年1月4日。
  11. ^ 『朝日新聞』1986年2月26日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  12. ^ 一滴「徒然草」 » 大飯町名誉町民称号の記(2015年8月11日閲覧)
  13. ^ 企画展「水上勉が描いた越前」|図書館 - 福井県立図書館・文書館・文学館(2015年8月11日閲覧)
  14. ^ a b 篠田一士「解説」(『霧と影』新潮文庫 1966年)
  15. ^ 浅見淵(『巣の絵』角川文庫 1969年)
  16. ^ 「解説」(『野の墓標』集英社文庫 1978年)
  17. ^ 酒井順子は『金閣寺の燃やし方』(講談社2010年)は人生は正反対だが、同じ題材で『五番町夕霧楼』・『金閣炎上』を書いた水上と『金閣寺』を書いた三島由紀夫 を対照している。水上は『若狭幻想』の「おんどろどん」という音、三島は『仮面の告白 』で光りで生まれたばかりの記憶を描いている
  18. ^ 奥野健男(『五番町夕霧楼』角川文庫 1995年)
  19. ^ 『金閣寺炎上』新潮文庫 1980年
  20. ^ a b 『わが文学 わが作法』
  21. ^ 尾崎秀樹「解説」(『湖の琴』角川文庫 1968年)
  22. ^ 『弥陀の舞』角川文庫 1982年
  23. ^ 「愁いの詩人 水上勉」(『別冊新評 水上勉』)
  24. ^ 小松伸六解説(『霰』新潮社 1983年)
  25. ^ 『いのちの小さな声を聴け』
  26. ^ 『一滴の力水』
  27. ^ 『水上勉作品集 城/蓑笠の人』「編集者のまえがき」
  28. ^ 『竹の精霊』
  29. ^ 三島事件で自衛隊員たちが、「聞こえねえぞ」「降りてこい」と言われているのに檄を飛ばし続けた三島に対する返事として書いた作品。
  30. ^ 日本の古民家を台湾に移築 大地震の被災地交流が縁、47NEWS、2010/07/24[リンク切れ]


「水上勉」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「水上勉」の関連用語

水上勉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



水上勉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水上勉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS