奥田英朗とは?

奥田英朗

以下の映画奥田英朗関連しています。
チェスフィルムエンタテインメント


奥田英朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/25 03:04 UTC 版)

奥田 英朗(おくだ ひでお、1959年10月23日 - )は、日本小説家。主な作品に『最悪』、『邪魔』、『イン・ザ・プール』、『空中ブランコ』、『オリンピックの身代金』など。




  1. ^ a b c d 奥田英朗 (2002年7月). 作家の読者道 第12回:奥田英朗さん. (インタビュー). WEB本の雑誌.. http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi12.html 2015年8月8日閲覧。 
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.445
  3. ^ a b 大木隆士 (2015年7月8日). “奥田英朗の巻 人間の滑稽さ、鋭い観察眼”. YOMIURI ONLINE. オリジナルの2015年8月8日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20150808133815/http://www.yomiuri.co.jp/life/book/column/honline/20150629-OYT8T50134.html 2016年12月4日閲覧。 
  4. ^ “吉川英治文学賞に奥田英朗さん”. zakzak. (2009年3月5日). オリジナルの2009年3月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090310002616/http://www.zakzak.co.jp/gei/200903/g2009030509_all.html 2019年3月12日閲覧。 
  5. ^ 最悪”. BS-TBS. 2019年3月21日閲覧。
  6. ^ 空中ブランコ”. フジテレビ. 2019年3月21日閲覧。
  7. ^ 真夜中のマーチ”. ドラマW. WOWOW. 2019年3月12日閲覧。
  8. ^ “徳重聡:硬派から一転、ヘンテコ精神科医に 「Dr.伊良部一郎」で連ドラ初主演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2011年1月25日). https://mantan-web.jp/article/20110125dog00m200026000c.html 2019年3月12日閲覧。 
  9. ^ “竹野内豊&松山ケンイチ初共演で『オリンピックの身代金』ドラマ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年9月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2028955/full/ 2019年3月12日閲覧。 
  10. ^ 奥田英朗クライムサスペンス 邪魔~主婦が堕ちた破滅の道”. 水曜ミステリー9. テレビ東京. 2019年3月12日閲覧。
  11. ^ “注目ドラマ紹介:「ナオミとカナコ」 初共演の広末涼子×内田有紀がDV夫“排除”へタッグ”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2016年1月13日). https://mantan-web.jp/article/20160113dog00m200016000c.html 2019年3月12日閲覧。 
  12. ^ 水川あさみさん主演「我が家の問題」制作開始!”. NHK (2017年11月21日). 2019年3月12日閲覧。
  13. ^ BSジャパン4月連続ドラマJ「噂の女」足立梨花ゴールデン帯連ドラ初主演!”. テレビ東京 (2018年2月22日). 2019年3月12日閲覧。
  14. ^ 佐藤仁美 一人4役妻で連ドラ初主演「我が家のヒミツ」制作開始!”. NHK (2018年11月8日). 2019年3月12日閲覧。


「奥田英朗」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奥田英朗」の関連用語

奥田英朗のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



奥田英朗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奥田英朗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS