山口瞳とは?

やまぐち‐ひとみ【山口瞳】

[1926〜1995小説家エッセイスト東京生まれ編集者コピーライターとして活躍した後、本格的執筆活動に入る。週刊誌31年間、コラム男性自身」を連載し、都会人洗練されたタッチ人気を呼ぶ。サラリーマン向けの礼儀作法についての作品も多い。「江分利満(えぶりまん)氏の優雅な生活」で直木賞受賞。他に「血族」、エッセー草競馬流浪記」など。


山口瞳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 21:32 UTC 版)

山口 瞳(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)1月19日(戸籍上は11月3日) - 1995年(平成7年)8月30日)は、日本男性作家エッセイスト




  1. ^ a b 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2019年12月22日閲覧。
  2. ^ 山口瞳電子全集 - P+D MAGAZINE
  3. ^ 『文藝年鑑』1969年版では最終学歴が「早大中退」となっている。
  4. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)243頁
  5. ^ 北の富士勝昭、嵐山光三郎『大放談!大相撲打ちあけ話』(新講舎、2016年)P58
  6. ^ 嵐山光三郎編『男性自身傑作選 熟年篇』所収「私の根本思想」227頁(新潮文庫、2003年)


「山口瞳」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山口瞳」の関連用語

山口瞳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山口瞳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山口瞳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS