川崎市とは?

川崎市

読み方:カワサキシ(kawasakishi)

所在 神奈川県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

川崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 07:05 UTC 版)

川崎市(かわさきし)は、神奈川県の北東部に位置する政令指定都市である。




  1. ^ 熊本市PDF資料(P3参照)
  2. ^ 川崎市に爆發流行せる赤痢の病原菌竝に、菌検出率に就いて”. 日本感染症学会. 2020年2月9日閲覧。
  3. ^ “川崎市の人口が6位に 政令市で神戸抜き、次は福岡”. 産経新聞. (2019年5月22日). オリジナルの2019年5月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190522152830/https://www.sankei.com/smp/life/news/190522/lif1905220033-s1.html 2019年10月30日閲覧。 
  4. ^ 『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  5. ^ “大幅削減のはずでは…県議「2減」可決した県”. 読売新聞. (2014年3月21日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20140321-OYT1T00222.htm?from=navr 2014年3月26日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ “武蔵小杉の西武・そごう閉店へ 高級路線では客足伸びず”. 朝日新聞. (2017年5月17日). https://www.asahi.com/articles/ASK5K54RZK5KULOB00Y.html 2018年1月13日閲覧。 
  7. ^ 西武・そごう武蔵小杉SHOP 営業終了のお知らせ”. そごう・西武. 2018年1月13日閲覧。
  8. ^ 外国人国籍地域別統計(オープンデータ)(平成30年度分)”. 川崎市. 2019年8月7日閲覧。
  9. ^ 下水道事業の概要”. 川崎市. 2019年8月7日閲覧。
  10. ^ 川崎市:羽田連絡道路整備事業について”. 2019年3月27日閲覧。
  11. ^ 川崎市麻生区:麻生区イメージソング 『かがやいて麻生』”. 川崎市. 2016年3月12日閲覧。



川崎市

出典:『Wiktionary』 (2008/02/12 02:13 UTC 版)

固有名詞

かわさきし)

  1. 神奈川県北部都市政令指定都市



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「川崎市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

川崎市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



川崎市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川崎市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの川崎市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS