神奈川中央交通とは? わかりやすく解説

神奈川中央交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/05 18:55 UTC 版)

神奈川中央交通株式会社(かながわちゅうおうこうつう、: Kanagawa Chuo Kotsu Co.,Ltd.[2])は、神奈川県平塚市に本社を設置し、神奈川県、東京都山梨県で営業する大手バス事業者である。通称は「神奈中バス(かなちゅうバス)」。神奈川県バス協会と東京バス協会の双方に加盟している[3][4]


注釈

  1. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.6の表記による。
  2. ^ 現代でいうタクシーのこと(『神奈川中央交通五十年史』 p.6)。
  3. ^ 鉄道の「硬券」と同様のもの。
  4. ^ 東急バスが1975年に東急コーチを運行開始した際にも、同様の理由で法的には貸切扱いとしていた。
  5. ^ 通常運賃を20円から30円に改定する際に通常運賃の2倍に変更したため、深夜運賃は60円のままとなった。
  6. ^ 定期券の場合は通常運賃の支払いで利用可能に変更された。
  7. ^ 2004年までは食糧管理制度により登録が義務付けられており、米の販売には必ず県知事への登録が必要だったため、車内の売店をスーパーマーケット「神奈中ストア」の店舗扱いとすることで対応し、車内にも登録証が掲示されていた。
  8. ^ 3か月券は3,500円、6か月券は5,900円、1年券は10,800円(2014年3月31日までは3か月券は3,000円、6か月券は5,000円、1年券は9,000円、2019年9月30日までは3か月券は3,250円、6か月券は5,400円、1年券は9,850円)
  9. ^ 発売金額は大人1,050円、小児530円(2014年3月31日までは大人1,000円、小児500円、2019年9月30日までは大人1,030円、小児520円)で、空港リムジンバス、深夜急行バス、一部のコミュニティバスを除く各線で利用可能。当初はスクラッチ式、磁気券の乗車券を発売していた。2011年12月19日からICカード「PASMO」または「Suica」を利用した1日フリー乗車券の発売が開始され、ICカードに発売金額がチャージされていれば車内でも乗務員に申告の上で購入できるようになった(交通系ICカード全国相互利用開始後も発売できるICカードは「PASMO」または「Suica」のみとなる)
  10. ^ 例えば、1999年に制定された構造用件では第1軸と第3軸が同一の軌跡を辿る事とされたが、セントロライナーでは第3軸にはステアリング機構がないため、必然的に第1軸と第3軸の軌跡は異なる。
  11. ^ 日本の道路運送車両の保安基準第二条において最大車体幅は2.5mと定められている他、第二十六条では定員30名以上の車両には非常口扉の設置が義務付けられている。
  12. ^ 但し、在来車の塗り変えは行われなかった。塗り変えるより車両置き換えの方が早く終了するためとされている。
  13. ^ 但し、日野中型車を除くU-車は全車改造扱いで平成6年排出ガス規制適合(KC-)車に移行された1997年以降のいすゞ(富士架装車)、日産ディーゼル(現・UDトラックス)車も改造扱いとなる。
  14. ^ 後に再度取り付けられ、現在はカバーで覆われている。
  15. ^ a b c 運行開始当時は京浜急行電鉄
  16. ^ ただし、京急車は田村車庫には乗り入れない。
  17. ^ a b 運行開始当時は京成電鉄
  18. ^ 戦時中から1948年8月までは事業を中断していた(『神奈川中央交通六十年史』 p.80
  19. ^ 舞岡営業所は神奈川中央交通の営業所に復帰した。
  20. ^ 大和営業所については、この時点では旧藤沢神奈交バスの営業所(現在の大和営業所鶴間操車所)のみ神奈川中央交通東に移管された。
  21. ^ この際に大和営業所は神奈川中央交通東の営業所に一本化されたが、旧神奈川中央交通の営業所と旧藤沢神奈交バスの営業所(2017年1月1日付で神奈川中央交通東に移管済)では営業所の名称が異なる体制となり、前者は単に「大和営業所」であるが後者は「大和営業所鶴間操車所」となった。
  22. ^ 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.61の記述によれば、厚木・横浜・戸塚・舞岡の各営業所に配置されているギャラリーバス「カナちゃん号(初代)」も長尺車だった。
  23. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.106によると、1985年3月31日の時点で199台、1986年3月31日の時点で205台となっていた。
  24. ^ なお、三菱ふそうの本社も同じ神奈川県(川崎市中原区)に所在する。
  25. ^ 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.29の表によれば、2005年10月31日時点での神奈中本体のいすゞ路線車は238台で、このうち茅ヶ崎の配置数は58台、藤沢が39台、大和が32台、綾瀬が47台。中山操車所開設後は大和のいすゞ大型路線車のほとんどが中山操車所配置となった。
  26. ^ 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.29の表によれば、2005年10月31日時点での神奈中本体の日野路線車は45台で、このうち21台が伊勢原に配置されている。また、『バスジャパン・ハンドブックR・57』 pp.54-55によれば、1991年から2004年までの日野製大型路線車は伊勢原にしか配置されていない。
  27. ^ なお、2004年以降は日産形低公害車の実証実験を厚木営業所が担当することとなり、尿素SCRステーションを設置した関係から日産ディーゼル車が継続的に配備され、2009年2月28日現在で41台在籍、稼動車の30%程度にまで比率が上がっている。
  28. ^ 一般乗合可能車両で最も古いのは2002年式。
  29. ^ ただし、高速路線車および貸切車(一部を除く)では三菱ふそうバス製造に一本化されるまでは当時の三菱自動車工業名古屋製作所大江工場製で導入していた。
  30. ^ 特にいすゞ+富士重工の組み合わせは富士重工のバス車体製造撤退時まで取引を続けており、これらは茅ヶ崎営業所に集中的に配備された他、藤沢・綾瀬を除く営業所では新製配置のいすゞ車は原則として富士重工車体であった。ただし、中型車では1999年導入のエルガミオ以降は純正車体で導入されている。
  31. ^ ごく一部を除き英語表記は行われていない。回送は英語表記された表示をしており、表記内容は「OUT OF SERVICE」である。
  32. ^ エアロスターではセイフティウィンドーが標準装備されている部分。
  33. ^ 運賃収受が前払いか後払いかを表示するためのもので、一部車を除き幕式になっている。ただし、1987年に26台が導入されたギャラリーバス「カナちゃん号」に限っては設置されていなかった。
  34. ^ 三菱ふそう・エアロスター、P-MP218P改。
  35. ^ その後、北陸鉄道京浜急行バスなどでも導入例が見られたが、ニューエアロスターでは設定されなくなった。
  36. ^ ごく短期間、現行の塗り分けに決まるまで車体前面上部に赤色が掛かるなど細部に変遷が見られた。
  37. ^ 「かなちゅう」ロゴマークは「Kanachu」ブランドマークに貼り替えられているが、2003年までに導入された車両の正面の社紋は残し、前面以外に「Kanachu」ブランドマークを貼り付けしている。
  38. ^ 各社の色は、湘南が黄橙、横浜が濃い青、藤沢が淡い青、相模が明るい青緑、津久井が深緑。
  39. ^ 神奈中の車両では "Kanagawa Chuo AIR EXPRESS SALOON" となるのに対し、横浜神奈交バスの車両では "Yokohama Kanako Bus AIR EXPRESS SALOON" となっていた。
  40. ^ これらの事業者は一般車両にもステッカーが貼られているが、神奈中ではラッピングバスのみの貼り付けとなっている。
  41. ^ 一般路線で使用することがある。
  42. ^ 2001年の多摩営業所開設時に同所へ転出車が大量発生した際の相模原営業所での事例などが該当する。
  43. ^ システム上では神奈中・神奈交委託車の区別はされておらず、神奈交委託車の頭の0番(や05など)は入力しなくても表示される。
  44. ^ 2017年1月1日に厚木北を分離したため台数が減少(『神奈川中央交通100年史』 p.59
  45. ^ a b c d e 神奈川中央交通と神奈川中央交通東の車両数を合算
  46. ^ a b 2008年5月16日に伊勢原に統合のため、伊勢原の台数には旧秦野の台数も含む(『神奈川中央交通九十年史』 p.97
  47. ^ 2017年1月1日に秦野を分離したため台数が減少(『神奈川中央交通100年史』 p.59
  48. ^ a b 2005年4月16日に相模原に統合のため、相模原の台数には旧津久井の台数も含む(『神奈川中央交通九十年史』 p.95
  49. ^ 2017年1月1日に津久井と橋本を分離したため台数が減少(『神奈川中央交通100年史』 p.58
  50. ^ 1989年3月時点での台数は91台(『神奈川中央交通七十年史』 p.111)。
  51. ^ 2001年7月29日開設時点での台数(『神奈川中央交通八十年史』 p.75)。
  52. ^ a b 2005年4月16日に茅ヶ崎に統合のため、茅ヶ崎の台数には旧藤沢の台数も含む(『神奈川中央交通九十年史』 p.95
  53. ^ 2017年1月1日に藤沢を分離したため台数が減少(『神奈川中央交通100年史』 p.58
  54. ^ a b c 神奈川中央交通と神奈川中央交通西の車両数を合算
  55. ^ 2017年1月1日に相模原より分離
  56. ^ 2017年1月1日に伊勢原より分離
  57. ^ 1988年12月24日に綾瀬を分離したため台数が減少。1988年3月時点での台数は165台(『神奈川中央交通七十年史』 p.101)。
  58. ^ 2017年1月1日に茅ヶ崎より分離
  59. ^ 2017年1月1日に中山を分離したため台数が減少(『神奈川中央交通100年史』 p.56
  60. ^ 一部地域で自治体からコミュニティバスを受託運行している。
  61. ^ 神奈中タクシーホールディングスとして神奈中ハイヤー相模中央交通の経営統合を目的として2009年9月に設立。2019年7月に子会社を吸収合併し、現商号に改称
  62. ^ 2019年11月13日から2020年10月31日までの期間、乗合事業として相模大野駅北口~南町田グランベリーパーク駅間を結ぶ路線バスを運行していた時期が存在する

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 神奈川中央交通株式会社 (2020-06-26). 第146期(2019年4月1日 - 2020年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 神奈川中央交通株式会社 定款 第1章第1条
  3. ^ 乗合バス事業者一覧” (日本語). 神奈川県バス協会. 2012年4月19日閲覧。
  4. ^ 会員バス事業者一覧” (日本語). 東京バス協会. 2012年4月19日閲覧。
  5. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.43
  6. ^ a b c d e f 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.18
  7. ^ a b c d 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.16
  8. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.6
  9. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通五十年史』 p.8
  10. ^ a b c d e f g h i 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.17
  11. ^ a b c d e f g h i 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.19
  12. ^ a b c d e f g h i j k 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.18
  13. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.5
  14. ^ 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 pp.17-18
  15. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.16
  16. ^ a b c d e f g 『神奈川中央交通五十年史』 p.17
  17. ^ a b c d e f g 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.20
  18. ^ a b c d e f g h i 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.19
  19. ^ a b c d 『神奈川中央交通六十年史』 p.7
  20. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.18
  21. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 pp.20-21
  22. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.19
  23. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.24
  24. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.29
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.21
  26. ^ a b c d e f g h i j k l 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.20
  27. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.41
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.22
  29. ^ a b c d e f 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.21
  30. ^ a b c d 『神奈川中央交通五十年史』 p.67
  31. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.71
  32. ^ a b 『小田急グループの未来戦略』 p.191
  33. ^ a b c 『日本のバス年代記』 p.164
  34. ^ a b c d e f g h 『神奈川中央交通六十年史』 p.49
  35. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.50
  36. ^ a b c d e f 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.23
  37. ^ a b 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.22
  38. ^ a b c d e f 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.23
  39. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.67
  40. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.68
  41. ^ a b 『小田急グループの未来戦略』 p.190
  42. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.65
  43. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.81
  44. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.82
  45. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.40
  46. ^ a b c d e f g h i j k l 『バス・ジャパン』通巻8号 p.43
  47. ^ 中村幸安 (1971-01-22). “総合生協への道--都下鶴川団地からの報告”. 朝日ジャーナル 第13巻 (3号(通巻622号)): 31-37. ISSN 0571-2378. 
  48. ^ a b c d 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.53
  49. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.53
  50. ^ a b 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.24
  51. ^ a b c d e f g h 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.25
  52. ^ a b c d e f g 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.24
  53. ^ a b 『小田急グループの未来戦略』 p.187
  54. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.56
  55. ^ a b c 『神奈川中央交通七十年史』 p.55
  56. ^ 『バス・ジャパン』通巻8号 p.47
  57. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.92
  58. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.173
  59. ^ a b c 『神奈川中央交通七十年史』 p.88
  60. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.90
  61. ^ a b c 『バス・ジャパン』通巻9号 p.52
  62. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.40
  63. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.42
  64. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 pp.41-42
  65. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.41
  66. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.46
  67. ^ 『バス・ジャパン』通巻9号 p.51
  68. ^ a b 鈴木敏 『バス・ジャパン 第9号「乗合バスへのカードシステム導入とバス交通活性化について」』バス・ジャパン刊行会、1988年7月、50-52頁。ISBN 4795277648 
  69. ^ 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.13
  70. ^ 100周年記念サイト - Gallery バス車両”. 神奈川中央交通 (2021年4月20日). 2021年5月29日閲覧。 “夜間高速バス(1989年)横浜と各都市をダイレクトに結ぶ高速バスの運行は当社が初めてでした。”
  71. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.51
  72. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.44
  73. ^ a b c d 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.26
  74. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻30号 p.93
  75. ^ a b 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.25
  76. ^ 『神奈川中央交通八十年史』 p.68
  77. ^ 『神奈川中央交通八十年史』 p.69
  78. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻16号 p.95
  79. ^ a b c d 『路線バスの現在・未来』 p.110
  80. ^ 『路線バスの現在・未来』 pp.110-111
  81. ^ a b c d 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.27
  82. ^ a b 『路線バスの現在・未来』 p.185
  83. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.45
  84. ^ a b c d e f 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.46
  85. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.47
  86. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.42
  87. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通八十年史』 p.40
  88. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.50
  89. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『神奈川中央交通九十年史』 p.97
  90. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通九十年史』 p.40
  91. ^ a b c 『鉄道ジャーナル』通巻512号 p.143
  92. ^ “路線バス車内にデジタルサイネージ(電子看板)を導入!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2011年9月30日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/release_20110930.pdf 2012年1月11日閲覧。 
  93. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.52
  94. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻89号 p.21
  95. ^ a b c d 『バスラマ・インターナショナル』通巻89号 p.24
  96. ^ 厚木市 (2006年2月13日). “厚木市連節バス運行システム導入事業補助金交付要綱” (日本語). 2012年5月2日閲覧。
  97. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻106号 p.11
  98. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻106号 p.14
  99. ^ a b c d 『神奈川中央交通九十年史』 p.37
  100. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻107号 p.19
  101. ^ a b c 『鉄道ジャーナル』通巻551号 p.159
  102. ^ 2022年3月期 決算説明資料および「神奈中グループ中期経営計画(2021年度~2023年度)」の進捗” (日本語). 神奈川中央交通 (2022年4月27日). 2022年5月2日閲覧。
  103. ^ a b 『グループ組織再編(連結子会社の吸収合併並びに連結子会社間の吸収合併及び連結子会社の商号変更)に関するお知らせ』の一部変更及び未確定事項の確定に関するお知らせ - 神奈川中央交通(企業に関する情報) 2016年4月27日
  104. ^ グループ組織再編(連結子会社の吸収合併並びに連結子会社間の吸収合併及び連結子会社の商号変更)に関するお知らせ - 神奈川中央交通(企業に関する情報) 2015年3月27日
  105. ^ 社名再編のお知らせ2016-6 - 神奈川中央交通(企業に関する情報) 2016年12月26日
  106. ^ a b 神奈中グループバス会社再編に伴う会社名・営業所名の変更について神奈川中央交通 2019年3月18日
  107. ^ a b 神奈中グループバス会社再編に伴う会社名・営業所名の変更について (PDF)神奈川中央交通 2019年3月18日
  108. ^ 川崎市交通局井田営業所管理の受委託に係る受託事業者の募集について - 川崎市交通局 2015年10月30日
  109. ^ 平成28年度 川崎市自動車運送事業会計予算の概要(PDF形式, 388.04KB) - 川崎市交通局 2016年3月20日、「管理委託する営業所の変更(菅生営業所→井田営業所)」と記載。
  110. ^ 社会人採用 神奈川中央交通グループ 各社バス運転士募集要項 - 神奈川中央交通(採用情報) 2016年6月5日、「川崎市交通局井田営業所(高津区明津)管理受託(予定)」と記載。
  111. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.162
  112. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.164
  113. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.167
  114. ^ a b c 『神奈川中央交通七十年史』 p.168
  115. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.169
  116. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.170
  117. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.171
  118. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.172
  119. ^ a b c 『神奈川中央交通八十年史』 p.120
  120. ^ 『神奈川中央交通八十年史』 p.122
  121. ^ 『神奈川中央交通八十年史』 p.123
  122. ^ a b 『神奈川中央交通八十年史』 p.124
  123. ^ a b c d e f g h 『神奈川中央交通八十年史』 p.126
  124. ^ a b 『神奈川中央交通八十年史』 p.127
  125. ^ a b c d e f g 『神奈川中央交通九十年史』 p.92
  126. ^ a b c d e f g 『神奈川中央交通九十年史』 p.38
  127. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.94
  128. ^ a b c d e f g h 『神奈川中央交通九十年史』 p.95
  129. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通九十年史』 p.96
  130. ^ a b c d e f g h i 『神奈川中央交通九十年史』 p.98
  131. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.99
  132. ^ “相模神奈交バス(当社100%子会社)が川崎市バスの受託予定事業者に決定!!” (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2011年9月3日), http://www.kanachu.co.jp/news/2010/pdf/release20100903.pdf 2012年1月11日閲覧。 
  133. ^ “神奈川中央交通、創立100周年を機に新制服導入。4月1日から”. トラベルWatch. (2021年3月22日). https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1313677.html 2022年8月14日閲覧。 
  134. ^ 【重要】バス利用特典サービス(バス特)の終了のお知らせ” (日本語). 神奈川中央交通 (2021年3月12日). 2022年6月17日閲覧。
  135. ^ 金額式IC定期券を導入します!” (日本語). 神奈川中央交通 (2021年7月16日). 2022年6月17日閲覧。
  136. ^ a b 神奈中高速バス予約センター 予約受付業務終了のお知らせ” (日本語). 神奈川中央交通 (2022年3月1日). 2022年6月17日閲覧。
  137. ^ a b c d “?(ふしぎ)探検隊 週1便だけの路線バス”. 朝日新聞(第2神奈川北版): p. 26. (2011年1月29日) 
  138. ^ a b c d 『旅』通巻726号 p.105
  139. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻2号 p.44
  140. ^ 『路線バスの現在・未来』 p.186
  141. ^ a b c d e f g h i 『神奈川中央交通九十年史』 p.43
  142. ^ “茅ヶ崎営業所管内のバス乗降方法の変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年3月5日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/chigasaki_nakanori.pdf 2012年4月26日閲覧。 
  143. ^ “秦野営業所管内のバス乗降方法の変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年9月28日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/info20120928.pdf 2012年9月29日閲覧。 
  144. ^ “平塚営業所管内のバス乗降方法の変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年5月21日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/info20130521.pdf 2013年6月25日閲覧。 
  145. ^ “相模原営業所、相模神奈交バス相模原営業所および津久井神奈交バス津久井営業所の路線バス(一部を除く※)において、乗車・降車方法を「中乗り」「前降り」方式に変更致します。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2013年9月17日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf01/2013sagamihara-nakanori.pdf 2013年11月18日閲覧。 
  146. ^ 3/24(月)から厚木営業所管内(一部を除く)で乗降方式が変更神奈川中央交通 2014年2月17日
  147. ^ 『綾瀬営業所および茅ヶ崎営業所藤沢操車所、藤沢神奈交バス藤沢営業所の路線バス全路線(※一部を除く)において、乗車・降車方法を「中乗り・前降り」方式に変更致します。』神奈川中央交通 2014年8月15日
  148. ^ 戸塚営業所管内の乗車方法変更について神奈川中央交通 2015年2月20日
  149. ^ 大和営業所の路線バスにおいて、乗車・降車方法を「中乗り・前降り」方式に変更致します。神奈川中央交通 2016年2月19日
  150. ^ 3/21(火)から町田・多摩営業所管内で乗降方式を変更(一部系統除く)神奈川中央交通 2017年3月17日
  151. ^ バスサービスの充実|相模原市
  152. ^ 「広報さがみはら」 2014年3月15日号
  153. ^ 神奈川中央交通 「平塚駅北口~(国道1号線)~国府津駅間、押切~比奈窪間のバス路線の変更について」
  154. ^ a b c 『鉄道ジャーナル』通巻533号 p.116
  155. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.69
  156. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.29
  157. ^ a b 『神奈川中央交通九十年史』 p.48
  158. ^ a b c 『高速バス大百科』p.110
  159. ^ 『新版・高速バス大百科』p.143
  160. ^ a b 『神奈川中央交通八十年史』 p.121
  161. ^ a b c 『神奈川中央交通八十年史』 p.118
  162. ^ a b 『新版・高速バス大百科』p.134
  163. ^ 『新版・高速バス大百科』p.132
  164. ^ a b 『新版・高速バス大百科』p.133
  165. ^ a b c 『新版・高速バス大百科』p.38
  166. ^ a b 『新版・高速バス大百科』p.182
  167. ^ 『新版・高速バス大百科』p.39
  168. ^ 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.16
  169. ^ 夜行高速バス『盛岡横浜線』路線廃止のお知らせ” (日本語). 岩手県交通. 2016年7月4日閲覧。
  170. ^ a b c “相模大野・町田から三井アウトレットパーク木更津への直行バスの運行を開始します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年11月27日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/release_20121127.pdf 2012年12月6日閲覧。 
  171. ^ a b c d 7/1から南町田駅と空港を結ぶ路線など新たなバスアクセスが誕生神奈川中央交通
  172. ^ 12/16より三井アウトレットパーク木更津線を延伸神奈川中央交通
  173. ^ a b c d e f “「藤沢駅」「辻堂駅」「本厚木駅」ならびに「町田駅」「橋本駅」から「富士急ハイランド」「河口湖駅」を結ぶ高速バス2路線の運行を8月10日(月)より開始します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2015年8月5日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf01/2015/pdf_201508/8.10FUJI-Q.pdf 2016年7月4日閲覧。 
  174. ^ “【高速バス】圏央ライナー川越湘南線の運行再開について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通西, (2022年8月2日), https://www.kanachu.co.jp/news/pdf01/eigyo2/new_folder2/HP_1.pdf 2022年8月5日閲覧。 
  175. ^ a b c d 『神奈川中央交通八十年史』 p.55
  176. ^ 9月1日より、東名大和バス停と羽田空港を結ぶ新たなバスアクセスが誕生します! (PDF) - 神奈川中央交通・2018年7月13日リリース
  177. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.39
  178. ^ a b 『神奈川中央交通九十年史』 p.93
  179. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻131号 p.86
  180. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.52
  181. ^ a b c d 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.56
  182. ^ a b c d e f g h i j k l 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.55
  183. ^ 『路線バスの現在・未来 PART2』 p.287
  184. ^ a b c d e f g 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.28
  185. ^ 『バス・ジャパン』通巻5号 p.8
  186. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.63
  187. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.74
  188. ^ a b c d 『神奈川中央交通六十年史』 p.94
  189. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.165
  190. ^ a b c 『神奈川中央交通七十年史』 p.71
  191. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.78
  192. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.84
  193. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.92
  194. ^ a b c d 『神奈川中央交通六十年史』 p.98
  195. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.80
  196. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.82
  197. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.90
  198. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.86
  199. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.88
  200. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.96
  201. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.131
  202. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.132
  203. ^ a b c d 『神奈川中央交通五十年史』 p.63
  204. ^ a b c d 『神奈川中央交通六十年史』 p.133
  205. ^ a b 『神奈川中央交通六十年史』 p.134
  206. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.20
  207. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.135
  208. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.136
  209. ^ a b c 『神奈川中央交通六十年史』 p.34
  210. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.70
  211. ^ a b c d e 『神奈川中央交通八十年史』 p.75
  212. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.35
  213. ^ a b 『路線バスの現在・未来 PART2』 p.283
  214. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.15
  215. ^ a b c d e f g 『神奈川中央交通五十年史』 p.26
  216. ^ a b c d e f g h 『神奈川中央交通五十年史』 p.27
  217. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.28
  218. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通五十年史』 p.34
  219. ^ a b c 『神奈川中央交通五十年史』 p.36
  220. ^ a b c 『神奈川中央交通五十年史』 p.38
  221. ^ a b 『神奈川中央交通五十年史』 p.60
  222. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.58
  223. ^ a b 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.59
  224. ^ a b 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.76
  225. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻550号 p.160
  226. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻106号 p.15
  227. ^ a b 『神奈川中央交通九十年史』 p.44
  228. ^ 神奈中バス情報誌「くる~ず」No.60(2016年12月9日発行)
  229. ^ a b c d 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.28
  230. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.57
  231. ^ 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.9
  232. ^ “ステップリフトで楽々乗降 神奈中、乗合バスに導入 高さ地上から21センチ低床式の限界克服”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1992年10月6日) 
  233. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻16号 p.52
  234. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻16号 p.53
  235. ^ 『路線バスの現在・未来』 p.31
  236. ^ a b 『鉄道ジャーナル』通巻238号 p.134
  237. ^ a b c d e f g 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.30
  238. ^ a b “ブランドマークを制定” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 神奈川中央交通, (2012年6月1日), http://www.kanachu.co.jp/news/pdf/release_20120604.pdf 2012年7月10日閲覧。 
  239. ^ 『神奈川中央交通七十年史』 p.57
  240. ^ a b c d e 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.31
  241. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.62
  242. ^ a b c d e 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.61
  243. ^ a b c 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.60
  244. ^ 『神奈川中央交通五十年史』 p.47
  245. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.65
  246. ^ 『バスラマ・インターナショナル』通巻68号 p.64
  247. ^ 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.31
  248. ^ a b c d e f g h 「バス事業者訪問No.203 神奈川中央交通グループ」『バスラマインターナショナル』第168号、ぽると出版、2018年6月25日、 23頁、 ISBN 978-4-89980-168-9
  249. ^ a b c d e f g h 「おじゃまします! バス会社潜入レポートvol.100 神奈中グループ」『バスマガジン』第100号、講談社ビーシー、2020年3月27日、 76頁、 ISBN 978-4-06-519691-5
  250. ^ 携帯電話・パソコンでリアルタイム情報発信 (PDF)” (日本語). 神奈川中央交通. 2012年4月25日閲覧。
  251. ^ a b c d e f g h i j k l m 『神奈川中央交通五十年史』 p.116
  252. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.106
  253. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『バスジャパン・ニューハンドブック23』 p.29
  254. ^ a b c d 『神奈川中央交通八十年史』 p.74
  255. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『バスジャパン・ハンドブックR・57』 p.29
  256. ^ a b c d 『神奈川中央交通九十年史』 p.68
  257. ^ a b c 『神奈川中央交通100年史』 p.57
  258. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.105
  259. ^ a b c d 『神奈川中央交通八十年史』 p.73
  260. ^ a b 『神奈川中央交通100年史』 p.60
  261. ^ 『神奈川中央交通六十年史』 p.76
  262. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.99
  263. ^ a b c d 『神奈川中央交通八十年史』 p.72
  264. ^ a b c d 『神奈川中央交通九十年史』 p.67
  265. ^ a b c 『神奈川中央交通100年史』 p.55
  266. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.108
  267. ^ a b c d e f 『神奈川中央交通100年史』 p.58
  268. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.111
  269. ^ a b c d 『神奈川中央交通九十年史』 p.69
  270. ^ a b c 『神奈川中央交通100年史』 p.59
  271. ^ a b c 『神奈川中央交通100年史』 p.56
  272. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.102
  273. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.107
  274. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.100
  275. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.104
  276. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.103
  277. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.101
  278. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.110
  279. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.109
  280. ^ a b 『神奈川中央交通七十年史』 p.98
  281. ^ 『神奈川中央交通100年史』 p.54
  282. ^ くる~ず” (日本語). 神奈川中央交通. 2022年6月18日閲覧。
  283. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.76
  284. ^ 神奈中岩手金ヶ崎太陽光発電所を所有。平成15年8月竣工、最大出力1500KW、パネル枚数7440枚、発電電力量約190万KWh/年。
  285. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.72
  286. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.73
  287. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.74
  288. ^ 『神奈川中央交通九十年史』 p.77
  289. ^ a b c 『神奈川中央交通九十年史』 p.75


「神奈川中央交通」の続きの解説一覧

神奈川中央交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 02:10 UTC 版)

稲城市」の記事における「神奈川中央交通」の解説

21鶴川駅 - 和光学園 - 若葉台駅)、22鶴川駅 - 和光学園 - 若葉台駅 - 調布駅)、26若葉台駅 - 柿生駅 - 市が尾駅)、27若葉台駅 - 柿生駅)の4系統がある。但し、21以外の3系統土曜1往復のみ運行

※この「神奈川中央交通」の解説は、「稲城市」の解説の一部です。
「神奈川中央交通」を含む「稲城市」の記事については、「稲城市」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「神奈川中央交通」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

神奈川中央交通のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神奈川中央交通のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神奈川中央交通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの稲城市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS