発光ダイオードとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気化学 > ダイオード > 発光ダイオードの意味・解説 

はっ こうダイオード -くわう- [7] 【発光ダイオード】

LED ABC 略語

発光ダイオード−未来の光源−

発光ダイオード

 発光ダイオード(LED)とはLight Emitting Diodesの略。簡単にいえば電流を流すとエネルギー発生して発光する半導体のこと。シリコンSI)にガリウムGa)やリン(P)、ヒ素(As)などを加えることによってさまざまな発色実現しました。省電力白熱電球の約1/8蛍光灯の約1/2)、長寿命構造上は半永久的実際製品では約50,000時間)、発熱少なく衝撃強く扱いやすく安全、とても経済的次世代光源です。

 LED利点は、熱を出さずにエネルギーを無駄なく光にすることができる効率のよさ。しかも水銀などの有害物質含まないので、地球環境に優しいともいえます。LEDにはアノード(anode)とカソード(cathode)の2つの端子があり、アノードに正(+)、カソードに負(−)の電圧をかけると、数ボルト電圧電流流れ発光します。 赤、緑、オレンジなどの種類があり、12年ほど前に難しいとされていた青色ダイオード実用化され、赤・青・緑光の三原色揃いました。これらの組み合わせ白色を含むさまざまな色の光を作ることができ、携帯電話画面からフルカラー街頭ディスプレイ表示装置)、競技場巨大スクリーン照明光ディスク駆動装置ヘッドなどその用途が急激に拡大しました。

 最近信号機ランプ電球ではなく何やらブツブツしたもの集まりになっているのを見かけませんか。実はこれがLEDです。夜を彩るイルミネーションもこのLED代わり、また取り替えづらい電化製品パイロットランプには随分前から使われているなど、もはや私たちの生活には欠かせないものになっています。最近ではホームセンター家電電器店でも簡単にLEDを買うことができます

 LED電球違いは、発光ダイオードの光そのものに色がついていること。ですから消灯するとLED無色太陽光が入っても発色しないため、西日などが入っても点灯したように見えません。蛍光灯などと違い紫外線も含まれていません。皆さんは、美術館博物館でちょっと暗めのスポットライト見たことがありませんかLEDには写真絵画などの展示物を色あせたりしない利点もあるのです。

 また、DVDに使われているレーザーダイオードレーザー反射の力を利用して一方向に強い光を出すことができ、これによってDVDへの記憶データ呼び出しをするのですが、青色発光ダイオード登場記憶容量格段に増え、次世代DVDブルーレイディスクHDDVD)を読み取る要部品となっています。さらに、医療分野でも応用され、手術などで使うレーザーメスに使われています。光を当てる有機物分解する「光触媒」とLED組み合わせ手術室殺菌などをすることもできます

 半導体や発光ダイオード(LED)は、現在でも活発に研究開発されていて、毎月のようにさまざまな製品発表されています。単に消費電力少なく長持ちする「効率のいい蛍光灯」といった照明器具だけにとどまらない多く可能性秘めているのです。
今後光るもの全て半導体ベースになるといって過言ではありません。


 写真愛知淑徳大学三洋電機のソーラーアプローチライトは、太陽光直接電気エネルギー変換してLED照明点灯させる環境対応型の街路灯災害時など電気ストップした時に照明機能維持。しかも雨天などで太陽光照射減少しても充電した電力により点灯することができるため、防災対応の街路灯としても活躍します。写真提供:三洋電機



(掲載日:2007/01/15)

発光ダイオード(Light-Emitting Diode, LED)

半導体発光素子一つである。レーザダイオードと同様半導体p-n接合面に注入されたキャリア再結合するさいに放出する光を利用したものであるが、LED場合は光の放出自然放出レーザダイオード誘導放出)であるところが異なる。LED特長寿命長く安定である、安価である、直線性がよいなどであり、一方ファイバ入射する出力小さい、高速変調できないなどの理由から、比較短距離・小容量方式およびアナログ方式などに有利な発光素子といえる

LED

フルスペル:Light Emitting Diode
読み方エルイーディー
別名:発光ダイオード

LEDとは、電流を流すことで発光する半導体素子のことである。

LEDには、順方向電流を流すと、電気エネルギー直接光変わり発光するという特質持っている従来から一般的に利用されている白熱灯蛍光灯のような光源比較すると、構造が単純であるため破損しにくく、小型化が可能、長寿命であるといった長所がある。そのため新しタイプ照明として多方面着目され、電灯液晶ディスプレイバックライトなど、様々な用途普及進んでいる。


参照リンク
LEDの基礎知識 - (東芝ライテック
半導体メモリのほかの用語一覧
技術・産業:  キルビー特許  コーデック  LSI  LED  MOSFET  マスク  マルチチップモジュール

発光ダイオード

英語 light emitting diode

電圧印加により電子正孔結合し、発光する現象利用したpn接合ダイオードLEDと略す。2V前後の低電圧、小電流発光する。pn接合ダイオードに順方向バイアス加えて電子正孔動きやすくすると、電子が余っていたn型半導体と、電子が不足し正孔(電子不在の孔、プラス電荷)をもっているp型半導体接合付近電子正孔結合しやすくなる。この電子正孔盛んに再結合して消滅し、消滅するときにエネルギーを光として放出する。半導体にはさまざまの不純物材料が使われ、発光する色が異なる。ガリウムアルミニウムヒ素では赤色ガリウムヒ素リンでは桜色および黄色窒化ガリウムでは青色などに発光する。

発光ダイオード

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

LED(エルイーディー)

【別称】発光ダイオード
スペル】LED
Light-Emitting Diode頭文字取った略称。いわゆる発光ダイオード。ごく平たくいってしまえば、小さなガラス玉のようなもので、電気を通すと光を放つという構造になっているいわゆる従来電球比べて、端に強い光は得られないけど、消費電力少ない、寿命長い衝撃に強いなどのメリット多数あるので、バイクには適した素材である。 最近は、テールランプブレーキランプ(ブレーキを踏むとチカッと赤く光るところ)、インジケーターランプウインカー(フラッシャー)などへ電球に代わって採用されているモデルも増えてきた。マグザムテールランプなどが代表的で、美し光を放つ
LED


関連用語】インジケーターランプ

発光ダイオード

LED

発光ダイオード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/17 01:19 UTC 版)

発光ダイオード(はっこうダイオード、: light emitting diode: LED)はダイオードの一種で、順方向[4]電圧を加えた際に発光する半導体素子である。




  1. ^ “The life and times of the LED — a 100-year history”. The Optoelectronics Research Centre, University of Southampton. (2007年4月). http://holly.orc.soton.ac.uk/fileadmin/downloads/100_years_of_optoelectronics__2_.pdf 2012年9月4日閲覧。 
  2. ^ US Patent 3293513, "Semiconductor Radiant Diode", James R. Biard and Gary Pittman, Filed on Aug. 8th, 1962, Issued on Dec. 20th, 1966.
  3. ^ “Inventor of Long-Lasting, Low-Heat Light Source Awarded $500,000 Lemelson-MIT Prize for Invention”. Massachusetts Institute of Technology. Washington, D.C.. (2004年4月21日). http://web.mit.edu/invent/n-pressreleases/n-press-04LMP.html 2011年12月21日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ ダイオードのように電流の流れに方向性がある回路素子に,順方向の電圧を加えたとき流れる電流のこと
  5. ^ エジソンに続く物語:GEのエンジニア、ニック・ホロニアックのLED発明から50年GE imagination at work / 原文(英語):2012年8月15日公開)
  6. ^ : organic light-emitting diodes
  7. ^ White LEDs CSM-360 - Luminus Devices, Inc.
  8. ^ White LEDs SST-90 - Luminus Devices, Inc.
  9. ^ 日亜化学工業 LEDテクニカルデータ GaN系LEDの並列接続回路について (PDF)
  10. ^ Z-Power LED P7 Series - Seoul Semiconductor Co., Ltd.
  11. ^ 「腐った司法に怒り心頭」 中村教授、帰国し批判会見”. 共同通信 (2005年1月12日). 2012年1月2日閲覧。
  12. ^ 日本の3氏に2014年度ノーベル物理学賞—青色LEDの開発で nippon.com 2014年10月8日
  13. ^ 青色LEDがノーベル賞に値する理由 WIRED 2014年10月9日
  14. ^ <研究2部報>照明用光源(LEDを含む)の演色性評価方法に関する調査研究”. 一般財団法人 日本色彩研究所. 2015年10月19日閲覧。
  15. ^ 東芝(高演色) キレイ色の例では540lm/8.8W=63lm/Wとなっており、高演色LEDのランプ効率はそれほど高くない。
  16. ^ 豊田合成/ニュース/プレスリリース「高演色性 ハイパワー白色LEDランプの開発・販売」”. 豊田合成株式会社 (2003年10月7日). 2012年1月1日閲覧。
  17. ^ 製品例
  18. ^ 液晶ディスプレイの構造と作り方
  19. ^ 世界初、1.1インチQVGA高輝度LEDディスプレイの開発に成功|2009年|ニュースリリース情報|OKIデータ”. 株式会社沖データ (2009年11月26日). 2012年1月1日閲覧。
  20. ^ 大画面・高画質に優れた次世代ディスプレイ“Crystal LED Display”を開発 ~2012 International CESに55型フルHD試作機を出展~
  21. ^ http://eneken.ieej.or.jp/data/3862.pdf
  22. ^ 例 パナソニック社のLED電球
  23. ^ 12社の概要 (PDF)
  24. ^ LED電球販売業者12社に対する景品表示法に基づく措置命令文 (PDF)
  25. ^ 光量=全光束ルーメン対比表 (PDF)
  26. ^ 世界初 LEDヘッドランプの開発、実用化 株式会社小糸製作所 (PDF)
  27. ^ 次世代ヘッドライトはLEDに! All About
  28. ^ 新型「レクサスIS」のLEDヘッドランプは第4世代、消費電力は第1世代の半分以下
  29. ^ 通常の半導体加工のように、1回の加工で数千から数万個ならべる。
  30. ^ 商品例(タミヤ純正):GP.384 N-03・T-03バンパーレス LED(赤)ユニット
    過去にはLEDのみの製品もあった(レッド:No.081 グリーン:No.224)が、2017年3月現在絶版品。
  31. ^ 風で光ゆらぐLED照明 和ろうそくの風情再現 神奈川工科大など開発『日本経済新聞』夕刊2018年3月31日(1面)
  32. ^ 産経ニュース 【水を殺菌】深紫外LED「未来の光」


「発光ダイオード」の続きの解説一覧



発光ダイオードと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「発光ダイオード」の関連用語

発光ダイオードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



発光ダイオードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2019 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2019 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLEDの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2019 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
大光電機大光電機
Copylight 2019.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発光ダイオード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS