策定とは?

策定

読み方:さくてい

策定(さくてい)とは、企業などの政策戦略方針などを考え決めるという意味である。「策」の字には計画はかりごと、「定」の字には定める・決めるという意味があり、簡単に説明するならば「計画決める」ということである。ただ日常において使われることは少なく一般的にビジネスにおける計画スケジュール立てる際によく使われる。

策定の類義語には「制定」「決定」「計画」などがある。「制定」は法律に関することや何らかの規則決め意味合いが強い。「決定」「計画」は日常においてもよく使われ、何かをはっきりと決めること、ある物事実行するために手順方法考え意味合いがある。

策定の対義語としては「実行」が挙げられる。

会社経営管理の場でよく使われる「予算策定」は、予算管理を行うための基本となる予算作成すること。

戦略策定」は、企業事業において戦略立てること。またリーダーシップにおいて、将来自分理想とする姿と現在の自分の姿の差を明らかにし、理想の姿にたどり着くまでの道筋考え意思決定するという意味でも使われる。

指針の策定」は企業公共団体などが進むべき方向考え決定すること。

例文
会社新しスローガンロゴを策定した。
首相改憲原案の策定を促した。
災害時に発生したゴミ処理方針などをまとめた計画の策定を完了させる。 

さく‐てい【策定】

[名](スル)政策計画をいろいろ考え決めること。「都市計画を策定する」





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「策定」の関連用語

策定のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



策定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS