たてるとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > たてるの意味・解説 

た・てる【立てる】

[動タ下一][文]た・つ[タ下二

ある場所にものを縦にして位置させる。

起き立った状態にする。「書棚に本を—・てる」

長いものを直立させて据える。「煙突を—・てる」「屏風(びょうぶ)を—・てる」

とがったものを刺し込む。「がつめを—・てる」

突き上がった形のものをつくる。「けばを—・てる」「角を—・てる」

座ったり横になったりしているものを起こす。「片ひざを—・てる」「襟を—・てる」

ある現象作用目立たせたり生じさせたりする。

㋐煙や蒸気などを立ちのぼらせる。「湯気を—・てる」

風・波などを起こす。「白波を—・てて走る」

人を差し向ける出発させる。「使いを—・てる」

表明した決意で身を律する。「誓いを—・てる」「願を—・てる」

(「閉てる」とも書く)戸や障子をしめる。「ぴったり襖(ふすま)を—・てる」

㋐ある立場状況に置く。「間に人を—・てて交渉する」

㋑重要な役目地位につかせる。「証人に—・てる」「候補に—・てる」

高位につかせる。「后に—・てる」

度合い強めて、明らかにする

㋐はっきり耳目認められるようにする。「足音を—・てる」

世に知れ渡らせる。「浮き名を—・てる」

事物や状態を新たにつくり仕立てる

物事新たにつくり示す。「新記録を—・てる」「学説を—・てる」

目標などを考え定める。「見通しを—・てる」「対策を—・てる」

縦目の線をつくり示す。「髪に櫛目を—・てる」

10

盛んに気泡を生じさせる。「泡を—・てる」

㋑湯などを沸かす。「風呂を—・てる」

㋒(「点てる」とも書く)抹茶に湯を注いでまぜ合わせる。「お薄を—・てる」

11 感情高ぶらせる。「腹を—・てる」

12 注意を向ける。「聞き耳を—・てる」

13 物事好ましい形で成り立たせたり維持させたりする。

目的にかなって使用価値のあるものとする。「役に—・てる」

㋑損なわずに保つ。「顔を—・てる」「暮らしを—・てる」

世間認められた存在とする。「文学で身を—・てる」

すぐれたものとして尊重する。「年長者を—・てる」

矛盾なく認められるようにする。道理順序正しくする。「筋道を—・てて話す」

14 (「経てる」とも書く)時を経過させる。月日を過ごす。

愛妻(つま)のことを思い悩んでわびしい月日を—・てて来た」〈近松秋江青草

15 進行をとめて、そのままの状態におく。

「もとの位置馬車を—・てて待っていた」〈大仏地霊

16 などを飛び立たせる。

朝狩(あさがり)に五百(いほ)つ—・て夕狩千鳥踏み—・て」〈・四〇一一

17 動詞連用形に付いて、物事盛んに行う意を表す。「書き—・てる」「騒ぎ—・てる」

[下接句] 青筋を立てる頭から湯気を立てる異を立てる伺いを立てる・我(が)を立てる・顔を立てる角(かど)を立てる聞き耳を立てる義理を立てる煙を立てる後家を立てる志を立てる情(じょう)を立てる世間の口に戸は立てられぬ立てる・腹を立てる人の口には戸が立てられない人を立てる身を立てる・操(みさお)を立てる・耳を立てる目に角を立てる目くじらを立てる


た・てる【建てる】

[動タ下一][文]た・つ[タ下二《「立てる」と同語源》

建物などをつくる。「ビルを—・てる」「記念碑を—・てる」

新しい国や都市をつくる。「都を—・てる」


た・てる【立・建】

〔他タ下一〕 [文]た・つ 〔他タ下二

[一] 物、人などを、目立つように動かす。

① 煙、湯気などを上方にのぼらせる。また、花火をあげる。灯をともす。

万葉(8C後)五・八九二「かまどには 火気(ほけ)ふき多弖(タテ)ず こしきには 蜘蛛の巣かきて」

② 風、波などを起こす

万葉(8C後)七・一三六六「明日香川七瀬の淀に住むも心あれこそ波立(たて)ざらめ」

横になっているものを起こす起きあがらせる。

日葡辞書(1603‐04)「ヒザヲ tatçuru(タツル)」

④ (からだを起こす意から) 出発させる。ある所へ行かせる

万葉(8C後)二〇・四四六五「大久米ますらたけを先に多弖(タテ) 靱(ゆき)とり負せ 山川磐根さくみて 踏みとほり」

大鏡(12C前)五「春日明神となづけたてまつりて、いまに藤氏の御氏神にて、公家男女使たてさせ給ひ」

(5) 人や動物追いたてる。飛び立たせる。

万葉(8C後)一六三八八七「天なるや神楽良(ささら)の小野茅草(ちがや)刈り草(かや)刈りばかを立(たつ)も」

[二] 作用、状態などを、はっきりわかるようにする。

① 音や声を高くひびかせる

万葉(8C後)一一二七一八高山石本(いはもと)たきちゆく水の音には立(たて)じ恋ひて死ぬとも」

② 人に知れわたるようにする。

万葉(8C後)一九・四一六四「後の代の 語り継ぐべく 名を多都(タツ)べしも」

③ はっきりわかるようにあらわす。

万葉(8C後)一八・四一〇六「世の人の 多都流(タツル)言立(ことだて)」

(10C終)四九いみじうみえ聞えて、をかしき筋などたてたることはなう」

④ 特に誓い願い神仏などに表わし示す。

書紀720仁徳二二年正月・歌謡貴人(うまひと)の 多菟屡(タツル)言立(ことだて) うさゆづる 絶えば継がむに 並べてもがも」

*竹取(9C末‐10C初)「此人々家にかへりて物をおもひ、いのりをし、願をたつ」

(5) 注意や力を集中する。

(10C終)二六七「げすなどのほども、親などのかなしうする子は、目たて耳たてられて、いたはしうこそおぼゆれ」

(6) (建) 建造物などを造るまた、国や都市会社などを建設する。

万葉(8C後)一八・四〇五九「下照る庭に殿(との)多弖(タテ)て酒みづきいますわが大君かも」

平家13C前)五「神武天皇より景行天皇まで十二代は、大和国こほりごほりにみやこをたて」

(7) 催す。

今昔1120頃か)五「其の後毎年此の墓に祭を立てて、国挙て崇めけり」

日葡辞書(1603‐04)「イチヲ tatçuru(タツル)」

(8) を十分に熱し湯気やあわを生じさせる。湯や風呂をわかす。

順徳院御集(1220頃か)「夕けぶり民のかまどにたつる湯のかけても誰か身を祈るらん」

(9) (「腹を立てる」などの形で) 怒りを外に表わす立腹する。

平家13C前)二「入道あまりに腹をたてて、教盛にはつひに対面もし給はず」

(10) ある気持や状態を生じさせる。

咄本昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「目に角をたててにらむ」

(11) (点) 粉などを液体に入れてかきまわし、味や香を発揮させる。かきまわし作る。転じて、抹茶を入れる。茶の湯行なう

今昔1120頃か)二九「竈(かまど)の土を立(たて)て呑せ、吉き酢を呑せて」

日葡辞書(1603‐04)「チャヲ tatçuru(タツル)〈略〉ミソヲ tatçuru(タツル)〈訳〉ミソ溶かす

(12) 匂いなどを放つ

*街の物語(1934)〈榊山潤〉「猫の死骸は腐って、悪臭立てるだらう」

[三] 物や人を、縦にまっすぐな状態にする。また、ある位置地位占めさせる。

① 足などでからだをまっすぐに支えさせる。立たせる。

万葉(8C後)一四・三三八六「鳰鳥(にほどり)の葛飾早稲(かづしかわせ)を饗(にへ)すともその愛(かな)しきを外に多弖(タテ)めやも」

② 下の面に垂直にすえたり刺し込んだりする。

古事記(712)中・歌謡「その鼓(つづみ)臼に多弖(タテ)て」

③ 刀、矢、とげ、針など、細長いものをからだや物に刺す。

平家13C前)九「熊谷あまりにいとほしくて、いづくに刀をたつべしともおぼえず

天草本伊曾保(1593)と、の事「アルトキ ヲウカメ ノドニ ヲウキナ ホネヲ tatete(タテテ)」

大きな物や重い物をすえる。

万葉(8C後)三・三八八淡路島 中に立(たて)置きて 白波伊予に廻(もとほ)し」

(5) 乗物などを、ある場所にとめる。休むために、駕籠、輿などをおろす。また、途中で休息する。

万葉(8C後)七・一一五三住吉(すみのえ)の名児浜辺馬立(たて)て玉拾ひしく常忘らえず」

古今(905‐914)恋一・四七六詞書「むかひにたてたりける車の」

(6) ある位置につける。ある立場に身を置かせる。また、重要な地位につける

続日本紀天平宝字八年(764)一〇月一四日宣命人々〈略〉此の人を立(たてて)我が功と成さむと念ひて」

医師高間一氏1941)〈田畑修一郎〉四「鍵屋の方でも辯護士立てて

(7) (閉) 門、戸、襖、障子などをとざす。しめる。

万葉(8C後)一二・三一一七門立(たて)て戸もさしたる何処(いづく)ゆか妹が入り来て夢に見えつる」

(8) のこぎりの歯ややすり、臼(うす)の目などを鋭くする。

雑俳柳多留一一四(1831)「角たてず丸く取りなす市ノ正」

(9) 花を活(い)ける。活花をさす。

たまきはる(1219)「つくりたる八重桜一間には余るばかりなるを、瑠璃の瓶にたてられたりしを」

[四] ある状態を保たせる。また、物事成立させる。

① 使ったり仕事をしたりするのに十分な働きをさせる。

中華若木詩抄(1520頃)中「いかな不才な者も、其時によりて、用に立つる也」

一段高いものとして大切にする

太平記14C後)一八「諸大将の被立た秘蔵名馬共を」

道草(1915)〈夏目漱石二七「比田さん比田さんって、立てて置きさへすりゃ好いんだ」

面目などを、そこなわないように保たせる。

浮世草子世間娘容気(1717)三「聟をもとめて家をたつべし」

④ 生活をしていけるようにする。

俳諧炭俵(1694)下「算用浮世立る京ずまひ〈芭蕉〉 又沙汰なしにむすめ産(よろこぶ)〈野坡〉」

(5) ある物事専門・職業とする。

平松家平家13C前)一「吾立てし道なれば、人の上とも覚えず

(6) 物事をはっきりと成立させる。確立させる。また、心を定める意志決意などをつらぬく。

源氏100114頃)帚木中の品になん、人の心々おのがじしのたてたる趣も見えて」

今昔1120頃か)二五「此の二人墓无(はかな)き田畠の事を諍て、各道理を立(たて)て」

日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉一「之が首領撰び之が規則を立つるも皆な自ら行へり」

(7) 賭け金を出す。金銭張る

太平記14C後)三三博奕をして遊びけるに、一立てに五貫十貫立ければ」

(8) 金銭年貢などをさし出す支弁弁償する。

結城氏新法度(1556)一〇一条「夏ねんぐは五月端午の日より六月晦日たてきるべし。中のねんぐ六月一日たてべし」

(9) 遊興費などを負担する。おごる。ふるまう。

浄瑠璃・本二十四孝(1766)二「潔白立てるといふはおらが小半酒(なから)を立てると同じことで」

(10) 遊興散財する。

談義本つれづれ睟か川(1783)五「青楼街を通りてはたてん事をおもふとかや」

[五] 時を経過させる。

栄花(1028‐92頃)花山たづぬる中納言「その月をたてて六月一日寅の時に」

[六] 補助動詞として用いる。動詞連用形に付いて、さかんに…する、しきりに…するの意を表わす

万葉(8C後)二〇・四三二〇「大夫(ますらを)の呼び多天(タテ)しかばさを鹿の胸分け行かむ秋野萩原


たて・る【立】

〔自ラ四〕 立つ。

*虎明本狂言花子室町末‐近世初)「某もたてらうやうがあってこそ、ああしないたるなりかなやれ」

仮名草子清水物語(1638)下「まづ君臣のみちなくては此世一日もたてりがたし」


建つ、建てる(たつ、たてる)

売り建玉もしくは買い建玉をつくること、または新たにある商品またはある銘柄取引所上場することをいいます。

たてる

甲州弁意味用例
たてる風呂を)わかす/(コタツを)出す

たてる【立てる】

品詞動詞
標準語》(雨戸障子、ふすまなどを)閉め
用例》「雨戸立ててごせ」(雨戸閉めてくれ)。
用例》「ちょっとそこ、立てとけ」(ちょっとそこを閉めておけ)。
参照動詞活用表(たてる)

(戸を)たてる

方言 意味 例文
(戸を)たてる 雨戸などを)閉め
戸をたてちょって!
戸を閉めといて!


たてる

出典:『Wiktionary』 (2019/07/05 10:04 UTC 版)

動詞:立

たてるてる】

  1. 横になっているものを縦にする。
  2. 高く響かせる。
  3. 位置につける
  4. はっきり示す。人に知られるようにする。
  5. 風呂をわかして入浴できるようにする。
  6. (「点てる」とも書きなどを飲める状態にする。
  7. 動詞連用形)しきりにする。

活用

た-てる 動詞活用日本語活用
タ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
てる てる てれ てよ
てろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 たてない 未然形 + ない
意志勧誘 たてよう 未然形 + よう
丁寧 たてます 連用形 + ます
過去・完了・状態 たてた 連用形 + た
言い切り たてる 終止形のみ
名詞化 たてること 連体形 + こと
仮定条件 たてれば 仮定形 + ば
命令 たてよ
たてろ
命令形のみ

関連語

動詞:建

たてるてる】

  1. 建物作る

活用

タ行下一段活用
建-てる
活用#動詞:立に同じ。



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たてる」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||


たてるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



たてるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2021 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
うっち~の甲州弁研究所うっち~の甲州弁研究所
Copyright(c) うっち ~の甲州弁研究所 All rights reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2021 gonbe007
下関弁辞典下関弁辞典
Copyright (C) 2021 下関弁辞典 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのたてる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS