立とは? わかりやすく解説

たつ【立】

読み方:たつ

和船で、船体上部構造用い柱状部材総称垣立(かきたつ)・車立(しゃたつ)・大立(おおたつ)など。立つ木。


りつ【立】

読み方:りつ

[音]リツ(慣) リュウリフ)(呉)(漢) [訓]たつ たてる リットル

学習漢字1年

[一]リツ

足場定めてたつ。まっすぐにたてる。「立錐(りっすい)・立像立体起立屹立(きつりつ)・侍立佇立(ちょりつ)・直立倒立林立

根拠基礎しっかりと定める。なりたつ。「立案立脚立証立身立法確立国立私立自立而立(じりつ)・樹立成立設立創立存立対立中立鼎立(ていりつ)・独立両立連立

ある地位に就かせる。「立太子廃立擁立

新しい季節始まる。「立夏立秋立春立冬

3乗すること。「立方

[二]リュウ

根拠基礎しっかりと定める。「建立(こんりゅう)・安心立命(あんじんりゅうみょう)・不立文字

立方。「立米(りゅうべい)/開立

名のりたか・たかしたち・たつる・たて・のぼる・はる

難読脚立(きゃたつ)・献立(こんだて)・衝立(ついたて)


リットル【(フランス)litre】【立】


りゅう【立】

読み方:りゅう

⇒りつ


立ち・立(たち)

同時に射つグループ言い、A/B/Cなどに分けられその分けられた数によって2立や3立射ちと称せられる。大きな試合になると一人的で行われるが、ローカルでは2人的で立の選手と同時に同じ的を射ことがある。これらを運営管理するのがドス

読み方:せいうちゃせいうちや

  1. 殺人。〔朝鮮人隠語
  2. 殺人。〔朝鮮人語〕
  3. 殺人を云ふ。

分類 朝鮮人朝鮮人


読み方:たち

  1. 巡査。〔神奈川〕 又は雑沓してゐる盛り場のこと。或は淫売のこと等を云ふ。
  2. 巡査。〔神奈川〕 又は雑踏している盛り場のこと。
  3. (一)給料(二)お茶子

分類 神奈川芸能


読み方:たち

  1. 淫売。〔第二類 人物風俗

読み方:たち

  1. 市街雑踏ノ場所ニ立紛レ犯ス掏摸犯-「立場稼」略。〔第三類 犯罪行為
  2. 掏摸取る際、被害者並んで歩みながら掏摸とる事を云ふ。
  3. 自動者(※ママ)ノ中ナドデ立ツテ居ル人ノ物ヲ掏ルコトヲ云フ。

分類 掏摸掏摸


読み方:たて

  1. 芝居にて大勢相手太刀打ちをすること、修羅場にいふ。
  2. 立廻りに同じ。

分類 演劇


読み方:たて

  1. 下座三味線首位

分類 芸能


読み方:だて

  1. 門。戸口を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/30 17:27 UTC 版)

(りつ、りゅう、かたし、たち、たつ、たつる、リー)




「立」の続きの解説一覧

立(たち)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 01:52 UTC 版)

ツルネ -風舞高校弓道部-」の記事における「立(たち)」の解説

試合における対戦回数単位バスケットなどに於ける「第1クオーター」などの感覚に近い)。「一立(ひとたち)ニ立(ふたたち)...」と数え最大でも五立の場合が多い。試合勝敗は立ごとの勝敗数、または全ての立の合計的中数によって決まる、どちらの場合かは試合形式により異なる。一立で引く矢数は四矢であるが、的中数が引き分けている場合一手競射によって勝敗を決する

※この「立(たち)」の解説は、「ツルネ -風舞高校弓道部-」の解説の一部です。
「立(たち)」を含む「ツルネ -風舞高校弓道部-」の記事については、「ツルネ -風舞高校弓道部-」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「立」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 09:08 UTC 版)

発音(?)

接辞・造語成分

  1. リットル
  2. リツリュウ)「立方」の略。
  3. (たて)最上位者の。

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「立」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

立のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



立のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
@-rchery.com@-rchery.com
copyright (c) 2022 @‐rchery.com All Rights Reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの立 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのツルネ -風舞高校弓道部- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS