アリバイとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アリバイの意味・解説 

アリバイ【alibi】

読み方:ありばい

《もとラテン語で、他の所に、の意》被疑者被告人が、犯罪行われたときに現場以外の所にいたという証明現場不在証明。「―を崩す」


アリバイ

作者藤雪夫

収載図書幻のテン・カウント本格推理名作リバイバル
出版社講談社
刊行年月1986.11
シリーズ名講談社文庫

収載図書ミステリー愉しみ 2 密室遊戯
出版社立風書房
刊行年月1992.2


アリバイ

作者ダフネ・デュ・モーリア

収載図書破局
出版社早川書房
刊行年月2006.5
シリーズ名異色作家短篇集


アリバイ

作者ジェフリー・アーチャー

収載図書プリズン・ストーリーズ
出版社新潮社
刊行年月2008.6
シリーズ名新潮文庫


アリバイ

作者西村京太郎

収載図書殺しのインターチェンジ
出版社角川書店
刊行年月1987.10
シリーズ名角川文庫

収載図書海辺の悲劇
出版社双葉社
刊行年月1997.7

収載図書海辺の悲劇
出版社双葉社
刊行年月1998.11
シリーズ名双葉ノベルズ

収載図書海辺の悲劇
出版社双葉社
刊行年月2001.5
シリーズ名双葉文庫


アリバイ

作者星新一

収載図書ご依頼の件
出版社新潮社
刊行年月1989.4
シリーズ名新潮文庫

収載図書星新一ショートショートセレクション 7 未来人の家
出版社理論社
刊行年月2002.9


アリバイ

作者エド・ゴーマン

収載図書フィリップ・マーロウ事件 2(1950-1959)
出版社早川書房
刊行年月1990.2
シリーズ名Hayakawa Novels


アリバイ

作者義月粧子

収載図書アリバイ
出版社桜桃書房
刊行年月2000.8
シリーズ名エクリプスロマンス


アリバイ

作者水壬楓子

収載図書ハイジャックナイト
出版社コアマガジン
刊行年月2000.12
シリーズ名バニラ新書


アリバイ

作者勝目梓

収載図書もうひとつ理由
出版社双葉社
刊行年月2001.8

収載図書もうひとつ理由
出版社双葉社
刊行年月2004.8
シリーズ名双葉文庫


アリバイ

作者滝川武司

収載図書EME RED 4 MR.CUBE
出版社富士見書房
刊行年月2005.2
シリーズ名富士見ファンタジア文庫


アリバイ

作者山田正紀

収載図書ロシアン・ルーレット
出版社集英社
刊行年月2005.3


アリバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 23:43 UTC 版)

アリバイ: alibi[1])とは、犯罪などで被疑者被告人が犯行に関わっていないことを推認させる間接事実の一つ。現場不在証明(げんじょうふざいしょうめい)とも訳される。


  1. ^ 英語発音: [ˈæləbaɪ]
  2. ^ “アリバイ作りはやめよう”. 日本経済新聞. (2018年9月27日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35802500W8A920C1UU8000/ 
  3. ^ 『マジックミラー』の「文庫版のためのあとがき」に紹介されている作品ではない。


「アリバイ」の続きの解説一覧

アリバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 09:40 UTC 版)

ミステリ」の記事における「アリバイ」の解説

ミステリにおけるアリバイとは、ある容疑者犯行機会存在しないことと定義できる。この意味先述密室全員にアリバイを証明可能な状況と言い直すことも出来る。現実刑事訴訟法同様にミステリおいても探偵役容疑者犯行機会あること証明しない限り真犯人とすることはできない。ゆえに犯人の側は様々なトリック用いてアリバイを偽装することになる。このようなアリバイを巡る攻防中心としたミステリはアリバイ崩しものと呼ばれる

※この「アリバイ」の解説は、「ミステリ」の解説の一部です。
「アリバイ」を含む「ミステリ」の記事については、「ミステリ」の概要を参照ください。


アリバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 00:09 UTC 版)

推理小説」の記事における「アリバイ」の解説

詳細は「アリバイ」を参照 被疑者犯行に関わっていないことを示す証拠推理小説では各被疑者のアリバイを検討して矛盾見つけ真犯人指摘する「アリバイ崩し」というプロセス一般的である。警察小説法廷ものでは取り調べ時の『アリバイ崩し』が大きなウェイトを占める作品も多い。 本格推理小説ではアリバイを偽装する様々な手法が考案されている。 ミステリ用語の越えて広く一般に定着してる言でもあるが、「のちの批判をかわすためのアリバイ作り」のように、「建前弁明の意味使われることも多い。

※この「アリバイ」の解説は、「推理小説」の解説の一部です。
「アリバイ」を含む「推理小説」の記事については、「推理小説」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アリバイ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アリバイ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:19 UTC 版)

名詞

アリバイ

  1. 犯罪行為が行われたときに、他の場所にいたことを証明することにより、犯罪現場にいなかった、即ち、犯罪行為かかわっていないことを証明すること、現場不在証明
  2. 比喩あること関わりの無いことを証明場合によっては偽装するために、同時間他の事をしていることを主張すること。

語源

翻訳


「アリバイ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アリバイ」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アリバイのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアリバイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミステリ (改訂履歴)、推理小説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアリバイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS