破局とは? わかりやすく解説

は‐きょく【破局】

読み方:はきょく

事態が行詰まって、関係・まとまりなどがこわれてしまうこと。また、その局面悲劇的な終局。「結婚生活が―を迎える」

[補説] 書名別項。→破局


はきょく【破局】

読み方:はきょく

遠野遥小説令和2年2020発表。ある大学生の生活や恋愛を描く。第163芥川賞受賞


破局

作者大藪春彦

収載図書ザ・血闘
出版社徳間書店
刊行年月1989.1
シリーズ名徳間文庫

収載図書現金強奪
出版社飛天出版
刊行年月1993.11
シリーズ名飛天文庫

収載図書汚れた野望
出版社双葉社
刊行年月1996.11


破局

作者スーザン・マイノット

収載図書欲望
出版社東京書籍
刊行年月1990.8
シリーズ名シリーズ永遠のアメリカ文学


破局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/31 01:27 UTC 版)

破局(はきょく)とは、事態が健常な状態を維持することが不可能になり滅するという形で終焉を迎えるということ。


  1. ^ [1]
  2. ^ 大坊 2011, pp. 96–99.
  3. ^ a b c 多川 2012, pp. 71–78.
  4. ^ 適合性モデルの研究では最終段階が死別か別離に分岐する場合があるが、ここでは別離による終結について解説する。


「破局」の続きの解説一覧

破局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/02 04:06 UTC 版)

フェルナン・ピレス・デ・アンドラーデ」の記事における「破局」の解説

これに先立つ1521年4月から5月にかけて、5隻のポルトガル船がタマオ入港していた。しかし正徳帝死により、彼らも地元当局から立ち退き要求された。ポルトガル人がこれを拒絶したため、明当局艦隊派遣してポルトガル船を沈め多くのポルトガル人殺し残り捕虜とした(屯門戦い)。6月にはさらに2隻のポルトガル船がやってきた。彼らは中国船攻撃受けたが、逃げ延びることができた。9月にも3隻のポルトガル船が来航しかろうじて明軍攻撃かわしたフェルナン・ピレス・デ・アンドラーデやトメ・ピレスら使節団広東帰ってきたのはこの月だった。明当局アンドラーデらに捕虜との面会認めずポルトガル人の船から奪った物品整理していた。 1522年8月、マルティム・アフォンソ・デ・メーロ・コウティーニョが3隻の船率いてタマオ到来した彼もまた中国での貿易を行う許可明から得るために来ていて、戦闘の準備はしていなかった。明水軍の奇襲受けたポルトガル艦隊は2隻を沈められ、1隻のみがポルトガル逃げ帰れた(西湾の戦い)。明軍圧勝続けた理由としては、これ以前からのポルトガル人との接触を通じて後装式フランキ砲入手していたことも挙げられる広東ではいち早く査係広東按察使の汪鉉がポルトガル兵器導入提言して蜈蚣船と呼ばれる新式船を建造しフランキ砲載せて西湾の戦い投入した内陸でも、既に1519年江西反乱王陽明鎮圧した際にフランキ砲用いられていたという記録がある。 最終的にポルトガル人捕虜たちは1523年に「外海での強盗行為」および食人の罪で処刑された。ただしトメ・ピレスはポルトガル王インド副王マラッカ総督に向けて書簡出させるために囚人のまま留め置かれた。彼の手紙は、新たに即位した嘉靖帝からの「ポルトガル人マラッカ離れ、これを正当ながら追放されていた王のもとに返すべきである」という書簡とともに各方面に送られた。フェルナン・ピレス・デ・アンドラーデに関しては、この間獄死たとする文献もあるが、弟シモン行状などから本物使節ではないと疑われ信任状偽造罪を着せられ他のポルトガル人とともに斬首されたとするものもある。トメ・ピレスは中国から出られないまま獄死した。その年については1524年とするものと1540年とするものの2説がある。少なくとも1536年ごろの時点では使節団のうち2人生存していて、マラッカゴアに向けてポルトガル広東力ずくで奪うための詳細な計画書き送っている。こうした生存者たちは、広東のLampaco(Lampa)という貿易拠点隠棲していた。1537年時点でポルトガル広東Lampa上川島マカオという3つの貿易拠点有していた。といって公式に貿易許されたわけではなく表向きは嵐で濡れた積み荷乾かす場として認められたけだった

※この「破局」の解説は、「フェルナン・ピレス・デ・アンドラーデ」の解説の一部です。
「破局」を含む「フェルナン・ピレス・デ・アンドラーデ」の記事については、「フェルナン・ピレス・デ・アンドラーデ」の概要を参照ください。


破局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/08 15:06 UTC 版)

サイパン事件」の記事における「破局」の解説

5月23日キーンアイリッシュ・タイムズ紙とのインタビューにおいて、代表チーム現状批判した具体的には、マンチェスター・ユナイテッド比較するアイルランド代表チーム運営姿勢はなっていないというもので、このインタビュー内容インターネット配信されるマッカーシーをはじめとする代表チーム目に触れるところとなり、代表チーム激震見舞われた。 マッカーシー夕食後に全選手スタッフ招集しミーティング行いキーン真意問いただした。しかしキーンはこのミーティング激昂してしまい、マッカーシー罵声浴びせたマッカーシーキーン代表チームから外すことを決め帰国指示した。またマッカーシーナイアル・クインスティーヴ・ストーントン、アラン・ケリーらとともに記者会見開きキーン離脱発表した

※この「破局」の解説は、「サイパン事件」の解説の一部です。
「破局」を含む「サイパン事件」の記事については、「サイパン事件」の概要を参照ください。


破局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/09 03:40 UTC 版)

エア・フロリダ」の記事における「破局」の解説

そんな中1982年1月13日ワシントン・ナショナル空港離陸したフォートローダーデール行き90便がポトマック川墜落乗客乗員74人と地上巻き込まれた4人の計78人が死亡するという大事故エア・フロリダ90便墜落事故)を起こしてしまった。この事故によって利用客激減しエア・フロリダ定期国際線からの撤退余儀なくされた。 こうして、急成長遂げたエア・フロリダも、事故後は坂を転がり落ちるように衰退路線縮小していき、1984年には倒産その年7月3日には全ての運航停止し消滅してしまった。

※この「破局」の解説は、「エア・フロリダ」の解説の一部です。
「破局」を含む「エア・フロリダ」の記事については、「エア・フロリダ」の概要を参照ください。


破局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 01:00 UTC 版)

ぼっけもん」の記事における「破局」の解説

夏休み帰省した義男白石たちからシアタービル建設について説明され高校時代の夢を実現しようとするが、加奈子反対する義男卒論締め切り間に合わず、半年間の留年となる。義男退学決断し加奈子就職内定する加奈子京都観光間に義男退学思いとどまらようとするが、二人の関係精神的な破局を迎える。加奈子は「あたしたち終わりにしよう」と告げ義男退学届け出し鹿児島に戻る。

※この「破局」の解説は、「ぼっけもん」の解説の一部です。
「破局」を含む「ぼっけもん」の記事については、「ぼっけもん」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「破局」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

破局

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 10:38 UTC 版)

発音(?)

は↗きょく

名詞

はきょく

  1. 事態従来状態維持できなくなり惨め結果となること。破滅カタストロフィ
  2. 結婚恋愛関係が破綻すること。

動詞

活用

サ行変格活用
破局-する

「破局」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「破局」の関連用語

破局のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



破局のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの破局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフェルナン・ピレス・デ・アンドラーデ (改訂履歴)、サイパン事件 (改訂履歴)、エア・フロリダ (改訂履歴)、ぼっけもん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの破局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS