壊滅とは? わかりやすく解説

かい‐めつ〔クワイ‐〕【壊滅/潰滅】

読み方:かいめつ

[名](スル)すっかりだめになってしまうこと。組織などが総崩れになること。「大地震で街が—した」


壊滅

作者佐伯海夫

収載図書佐伯海夫作品集
出版社佐伯海夫
刊行年月2001.6

収載図書佐伯海夫作品集
出版社佐伯海夫
刊行年月2006.11


全滅

(壊滅 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/01 17:12 UTC 版)

全滅(ぜんめつ)とは、軍事用語では部隊一つが大きな損害を受け組織戦闘力を喪失した状態を指す。一般的には文字通り全員の生命が失われることや、ものごとの全てが駄目になってしまう状況を指す。


  1. ^ 伊藤正徳「帝国陸軍の最後」1、P222、角川文庫


「全滅」の続きの解説一覧

壊滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 19:09 UTC 版)

双嶼」の記事における「壊滅」の解説

1548年嘉靖27年)、浙江巡撫紈(中国語版英語版)は、福建指揮盧鏜(中国語版英語版)に命じ明軍双嶼攻め込ませた。双嶼港口木石によって塞がれ、町には火が放たれた。数百人のポルトガル人殺害され、難を逃れた者たち王直らも含む)は海上逃れ去った。 のちにポルトガル人広東省澳門マカオ)に移り広東官人黙許のもとでマカオ拠点として貿易携わることになる。

※この「壊滅」の解説は、「双嶼」の解説の一部です。
「壊滅」を含む「双嶼」の記事については、「双嶼」の概要を参照ください。


壊滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 15:11 UTC 版)

赤い旅団」の記事における「壊滅」の解説

保守派」として知られるアンドレオッティ首相モーロ元首相誘拐事件への関与が示すように、赤い旅団1970年代後半に入ると、イタリア政界保守派や「カモッラ」などのマフィアとの関係深めて行き、「金のために動く腐敗した殺し屋集団」と揶揄されるようになっていった。それに合わせて政治家企業経営者へのテロ誘拐暗殺行わなくなりその代わりに警官地方官僚などへターゲット変えたまた、モーロ元首相誘拐事件をきっかけにイタリア政府対テロ組織NOCSNucleo Operativo Centrale di Sicurezza通称レザーヘッド)を編成し赤い旅団への圧力強めて行った。それらもあってか、赤い旅団形勢がさらに不利となる。 1981年12月にはNATO幕僚副長だったアメリカ陸軍のジェームス・ドジャー准将誘拐するが、その42後の1982年1月にはアジト特定されNOCS突入准将奪還された。その後も、1980年代半ばには組織の分裂活動家逮捕相次いだ1988年以降赤い旅団壊滅した思われた。

※この「壊滅」の解説は、「赤い旅団」の解説の一部です。
「壊滅」を含む「赤い旅団」の記事については、「赤い旅団」の概要を参照ください。


壊滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 06:52 UTC 版)

天誅組の変」の記事における「壊滅」の解説

忠光は十津川籠城天険頼りに決戦しようとするが、朝廷十津川郷に忠光を逆賊とする令旨下し京都御所警衛に当たっていた上平主税帰郷してそれを伝えると、十津川郷士天誅組からの離反決し天誅組行動を共にしていた郷士帰還した郷士達は天誅組同情したものの、郷内での戦闘回避しを守るため天誅組十津川からの退去求め天誅組への協力主導した野崎主計責任取って自刃した。15日進退窮まった忠光は遂に天誅組解散命じた天誅組残党山中難路歩いて脱出試みるが、重傷負っていた吉村一行から落伍してしまう。24日、忠光の一行鷲尾峠を経た鷲家口(奈良県東吉野村)で紀州彦根藩兵と遭遇那須信吾宍戸弥四郎は忠光を逃すべく決死隊編成して敵陣突入して討ち死にした。翌25日には一度は敵の包囲網逃れていた藤本鉄石鷲家口に引き返して紀州藩本陣奇襲をかけ、壮絶な激闘末に討ち死にし、同じ頃、負傷して失明していた松本奎堂逃亡中紀伊藩兵に発見され自刃した。一行から遅れていた吉村27日鷲家谷で津藩兵に潜伏先急襲され、銃殺他の兵達も相次いで捕縛自首戦死するなどして天誅組は壊滅。辛うじて生き残った者は各自散り散りになって逃亡したものの、幕府軍による追討徹底的に続けられ、その多く戦死し捕縛された者も後に京都六角獄刑死した。既に離脱した郡らの河内勢も逃げきれずに、紀州藩自首後に京都六角獄斬首された。最終的に、忠光を護衛して大坂長州藩邸に辿り着いた池内蔵太石田英吉、また高取城敗戦直後に離脱していた伊藤謙吉(三弥)、市川精一郎や、偵察として先行していた事鷲家包囲網回避できた平岡鳩平などの僅かな者達だけが京、大坂などに逃れることができた。 忠光は、自分含め7人だけとなった本隊守られながら、辛うじて敵の重囲掻い潜る事ができ、27日大坂到着して長州藩邸に匿われた。後に長州逃れて下関隠れていたが、禁門の変後に長州藩実権握った恭順派(俗論党)によって元治元年1864年11月絞殺された。 事件の後文久3年1863年10月には、藤本松本吉村那須宍戸をはじめとする天誅組隊士13人の首が賊徒として京都粟田口刑場晒されている。また、同月には平野国臣但馬国生野代官所襲撃し挙兵するも、幕府軍追討を受けて敗北している。(生野の変最終的に幕末・明治維新生き延びる事ができた天誅組隊士平岡鳩平石田英吉伊藤三弥と、英太郎水郡善之祐息子をはじめとする河内勢の数人けだった

※この「壊滅」の解説は、「天誅組の変」の解説の一部です。
「壊滅」を含む「天誅組の変」の記事については、「天誅組の変」の概要を参照ください。


壊滅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 04:42 UTC 版)

第21SS武装山岳師団」の記事における「壊滅」の解説

1945年5月にはオーストリアにまでたどり着きドイツ降伏まで戦い行なった師団西側連合軍降伏し将兵各自バラバラに逃走図った一部一般人溶け込むことができたが、残りほとんどはパルチザン処刑された。 シュミットフーバー師団長は、1945年逮捕されユーゴスラビア当局引き渡された。彼はベオグラード軍事法廷において、非戦闘員に対する虐殺残虐行為の罪で裁かれた。判決絞首刑となり、1947年2月27日処刑が行なわれた。

※この「壊滅」の解説は、「第21SS武装山岳師団」の解説の一部です。
「壊滅」を含む「第21SS武装山岳師団」の記事については、「第21SS武装山岳師団」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「壊滅」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

壊滅

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 09:06 UTC 版)

この単語漢字
かい
常用漢字
めつ
常用漢字
音読み 音読み

発音

か↗いめつ

名詞

(かいめつ)(歴史的仮名遣い:くゎいめつ)

  1. 元の姿とどめないほど完全に壊すこと。壊れて滅びること。
  2. 潰滅」の「同音の漢字による書きかえ

表記

類義語

翻訳

動詞

活用


「壊滅」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

壊滅のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



壊滅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全滅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの双嶼 (改訂履歴)、赤い旅団 (改訂履歴)、天誅組の変 (改訂履歴)、第21SS武装山岳師団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの壊滅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS