それ以前とは? わかりやすく解説

それ以前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 00:08 UTC 版)

かっとびワイド」の記事における「それ以前」の解説

かっとびワイド 気分上々カガちゃん一座1995年4月〜、1996年当時 月〜金/2009年2015年3月(※タイトル復活) 月〜かっとびワイド ほら出たカガちゃん (2000年当時 月〜2004年当時2008年 月・火2008年〜2009年 月)上記タイトル放送していた際のジングルには、アニメ映画平成狸合戦ぽんぽこ』のメインテーマ「元気節」のワンフレーズ使用されていた。 かっとびワイド 天下泰平お昼ゴザル2000年当時 木・金かっとびワイド 元気発進ふるさと応援団2004年当時 かっとびワイド 健司ふれんどラジオけんじとかおりのふれんどラジオ2004年当時2008年 木・金2008年〜 木 → 2009年2017年3月 金) かっとびワイド 美智子恵秀 大人ラヂオ2008年〜2009年 火) かっとびワイド 快刀!おかんの新鮮街角ラジ問屋2008年〜2009年 かっとびワイド もちろん!金曜日2008年〜2009年 金) かっとびワイド 新と美智子午後いちばん!2009年2015年3月 木) かっとびワイド また出た!カガちゃん!!2015年4月2017年3月 月〜かっとびワイド 大人部活プロジェクトShimva美香のハッピーレディオン (2015年4月2017年3月 木)

※この「それ以前」の解説は、「かっとびワイド」の解説の一部です。
「それ以前」を含む「かっとびワイド」の記事については、「かっとびワイド」の概要を参照ください。


それ以前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 17:13 UTC 版)

人工多能性幹細胞」の記事における「それ以前」の解説

植物基本的に組織切片から全体再生することができる。例えニンジンを5ミリメートル程度切り出しエタノールなどにつけて消毒し適切な培地入れて適切な温度日照などの)条件におけば胚・不定芽などを経て生育し元のニンジン同様の形になる組織培養)。 しかし、(高等動物では、受精卵以外の組織はこうした能力全能性)を持たない一方培養下において、全ての組織分化し得る能力分化万能性)を持つ細胞存在する一般論をいえば、これらの分化万能性を持つ動物の細胞適切な培地にいれて適切な条件培養しても、秩序だった組織形成されず、細胞の塊ができるだけである。しかし、これらの細胞から組織器官分化形成させることができればドナーからの臓器提供を受ける事無く欠損部位必要な組織器官入手して移植することができる。また、ドナー由来する組織移植することに伴う拒絶反応発生抑制することも可能となると考えられるそのため、培養による組織の形成には様々な試みなされてきた。 ES細胞はその代表例であり、体を構成する様々な細胞分化誘導できること知られていた。しかしES細胞発生初期の胚からしか得ることができず、ヒトES細胞については胚の採取母体に危険を及ぼすことや、個体まで生育しうる胚を実験用滅失してしまうことについては倫理的な問題伴い、その作製実験等には厳し制約課せられているそのため、皮膚血液など、比較安全に採取でき、かつ再生可能な組織からの分化万能性をもった細胞発見期待されていた。

※この「それ以前」の解説は、「人工多能性幹細胞」の解説の一部です。
「それ以前」を含む「人工多能性幹細胞」の記事については、「人工多能性幹細胞」の概要を参照ください。


それ以前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 10:10 UTC 版)

笑福亭鶴二」の記事における「それ以前」の解説

月亭春松編の落語系圖には4代目笑福亭松鶴門人確認できる俗に「ひきうそ(ひき臼)」という。それ以前にもいたと思われる何人いたか不明

※この「それ以前」の解説は、「笑福亭鶴二」の解説の一部です。
「それ以前」を含む「笑福亭鶴二」の記事については、「笑福亭鶴二」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「それ以前」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「それ以前」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「それ以前」の関連用語

それ以前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



それ以前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのかっとびワイド (改訂履歴)、人工多能性幹細胞 (改訂履歴)、笑福亭鶴二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS