部活とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 部活の意味・解説 

部活

作者一哲

収載図書異常なお話
出版社文芸社
刊行年月2008.10


クラブ活動

(部活 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 01:38 UTC 版)

クラブ活動(クラブかつどう、club activity)もしくは、部活動(ぶかつどう、extracurricular activity)、サークル活動(サークルかつどう)は、いずれも共通の趣味・興味を持つ仲間が集まった団体での活動のこと。学校内のほか企業内や市民サークルとしての活動もまた多く存在する。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 三菱総合研究所「体育活動中の事故防止に関する調査研究における海外調査(報告書)」 文部科学省
  2. ^ a b 文部科学省,高等学校学習指導要領解説 特別活動編,46. http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2011/01/05/1234912_014.pdf
  3. ^ 文部科学省,中学校学習指導要領解説 総則編,84. http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2011/01/05/1234912_001.pdf
  4. ^ 東京新聞-中高生とも入部率増加 部活動 07年度県教委調査
  5. ^ 賛否渦巻く部活の「朝練」-「廃止」に踏み出した長野の決断 中学生の燃え尽き症候群など懸念+(2-2ページ) - MSN産経ニュース、2013.11.14
  6. ^ 前園真聖(元プロサッカー選手)鹿児島実業高校卒サッカー部所属。しくじり先生 俺みたいになるな 3時間SP テレビ朝日 2015年 ゲスト出演
  7. ^ 我が国の文教施策 文部科学省]
  8. ^ 「児童生徒の運動競技に関する基準」(『児童・生徒の運動競技について」の廃止に伴う新たな児童生徒の運動競技の取扱いについて』・平13年12ス企体第6号、文部科学省スポーツ青少年局企画・体育課長通知「児童生徒の運動競技について」別添より)。
  9. ^ 文部科学省 現行学習指導要領 第1章 総則 第4 指導計画の作成等に当たって配慮すべき事項 (13)
  10. ^ 学校運動部活動指導者の実態に関する調査報告書公益財団法人日本体育協会指導者育成専門委員会 平成26年7月(PDF)
  11. ^ 日本部活動学会(2017年12月29日閲覧)
  12. ^ 「日本部活動学会」が発足 名古屋で記念集会毎日新聞ニュースサイト(2017年12月27日)
  13. ^ 『「死ね!バカ!」これが指導? ~広がる“ブラック部活”~』- NHKクローズアップ現代+、2016.8.1
  14. ^ 月に数回 楽しく運動/ゆる部活 始まっています『東京新聞』夕刊2018年3月26日
  15. ^ 高校の冬山登山半減 事故後の部活動 安全対策苦悩映す『日本経済新聞』夕刊2018年3月26日(調査は共同通信による)
  16. ^ 過労死 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭 毎日新聞 2018年7月17日
  17. ^ 2018年6月7日中日新聞朝刊27面
  18. ^ 2018年6月9日中日新聞朝刊29面


「クラブ活動」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「部活」の関連用語

部活のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



部活のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクラブ活動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS