学習指導要領とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 基準 > 学習指導要領の意味・解説 

がくしゅうしどう‐ようりょう〔ガクシフシダウエウリヤウ〕【学習指導要領】

読み方:がくしゅうしどうようりょう

小・中・高等学校特別支援学校対象教育課程教科内容とその取り扱い基本的指導事項などを示したもの。文部科学大臣告示し教科書編集基準にもなる。指導要領


学習指導要領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 11:54 UTC 版)

学習指導要領(がくしゅうしどうようりょう)は、文部科学省告示する初等教育および中等教育における教育課程の基準である。


注釈

  1. ^ 教育基本法第8条では、「国及び地方公共団体は、その自主性を尊重しつつ、(以下略)私立学校教育の振興に努めなければならない」とされている。また私立学校法第1条により、私立学校に対しては「特性にかんがみ、その自主性を重んじ、公共性を高める」ことが求められている。
  2. ^ 提示された公式以外の公式の記述はなし、学習指導要領解説にはない公式を掲載しても検定を通る可能性が低い。このため、システム数学体系数学などの検定外教科書が登場した。
  3. ^ 理科と社会科は第3学年から学習する形式に変更された。
  4. ^ そのため、1984年4月2日から1985年4月1日生まれの児童は第1学年は理科と社会の授業を、第2学年は生活の授業を受けている。
  5. ^ これは、社会福祉士および介護制度の法規改正に伴うもの。

出典

  1. ^ 小学校及び中学校の学習指導要領等に関する移行措置並びに移行期間中における学習指導について”. www.mext.go.jp. 2019年5月11日閲覧。
  2. ^ 学習指導要領の改訂に伴う移行措置の概要”. www.mext.go.jp. 2019年5月11日閲覧。
  3. ^ 専業主婦はいつ定着したのか~そして未来は?意外な歴史を探る(石渡嶺司)”. Yahoo!ニュース (2019年8月23日). 2020年12月29日閲覧。
  4. ^ 昭和五十二年の小・中学校の教育課程の改訂”. www.mext.go.jp. 2019年5月11日閲覧。
  5. ^ 旧学習指導要領(平成元年度改訂)”. www.mext.go.jp. 2019年5月11日閲覧。
  6. ^ 教育課程部会におけるこれまでの審議のまとめ”. www.mext.go.jp. 2019年5月11日閲覧。
  7. ^ “新しい幼稚園教育要領、小学校学習指導要領及び中学校学習指導要領の公示について〔文部科学大臣談話〕” (プレスリリース), 文部科学省, (2008年3月28日), http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/03/08032702.htm 2009年12月24日閲覧。 
  8. ^ 高校の数学に「行列」復活も、国が本腰入れるAI人材教育の詳細が判明”. tech.nikkeibp.co.jp. 2019年5月22日閲覧。
  9. ^ 小・中学校の授業時数に関する基礎資料”. www.mext.go.jp. 2019年5月11日閲覧。
  10. ^ 新学習指導要領・生きる力 保護者用パンフレット”. www.mext.go.jp. 2019年5月11日閲覧。
  11. ^ 成人期における数式への関与についての一考察 佐々木隆宏 著”. swu.repo.nii.ac.jp (2018年3月1日). 2019年5月15日閲覧。
  12. ^ 教育格差と階層化”. www.hihyosya.co.jp. 2019年5月22日閲覧。
  13. ^ 新学習指導要領平成30年告示版”. www.mext.go.jp. 2019年5月14日閲覧。


「学習指導要領」の続きの解説一覧

学習指導要領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 06:55 UTC 版)

学校教育法」の記事における「学習指導要領」の解説

学習指導要領は、文部科学省告示となっているが、検索便宜上上記の告示とは別に掲載します幼稚園教育要領 (PDF) 小学校学習指導要領 (PDF) 中学校学習指導要領 (PDF) 高等学校学習指導要領 (PDF) 特別支援学校幼稚部教育要領 小学部中学部学習指導要領 (PDF) 平成30年4月1日から平成33年3月31日までの間における特別支援学校小学部中学部学習指導要領の特例定める件(特別支援学校小学部中学部特例告示 (PDF) 特別支援学校高等部学習指導要領 (PDF) 平成31年4月1日から新特別支援学校高等部学習指導要領が適用されるまでの間における現行特別支援学校高等部学習指導要領の特例定める件(特例告示) (PDF) この項目は、法分野関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:法学/PJ法学)。 この項目は、教育関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:教育)。 表 話 編 歴 学校 教育段階 初等教育まで就学前教育幼稚園初等教育小学校/義務教育学校国民学校 中等教育中学校/高等学校 義務教育学校 中等教育学校 ギムナジウム 総合学校 グラマースクール 専修学校高等課程高等専修学校第3期の教育 継続職業教育・訓練施設 継続教育カレッジ 高等教育専修学校専門課程専門学校大学 専門職大学 プロフェッショナル・スクール コミュニティ・カレッジ 短期大学 専門職短期大学 大学院 大学大学 高等専門学校 学校制度一貫教育幼小一貫教育 小中一貫教育 中高一貫教育 高大一貫教育 幼小中一貫教育 小中高一貫教育 中高大一貫教育 幼小中高一貫教育 小中高大一貫教育 学校の設置者国立学校 公立学校 私立学校 学校法人 株式会社立学校 国公立大学国立大学 - 公立大学私立大学 株式会社立大学 教育形式 インターナショナル・スクール在外教育施設マグネット・スクール ボーディングスクール コミュニティ・スクール オルタナティブ教育ホームスクーリング フリースクール サポート校 フォルケホイスコーレ モンテッソーリ教育の目的 義務教育 リメディアル教育 成人教育 特別支援学校 職業教育養成学校 専修学校 職業高等学校 職業大学 工業大学/工科大学/科技大学 技術科学大学 農業大学/農科大学/大学農学部 教育大学/大学教育学部 専門職大学院プロフェッショナル・スクール教育水準認定サーティフィケート / ディプロマ / バカロレア 学位/学術称号博士/修士/学士/短大士/準学士/高度専門士/専門士認定校制度アクレディテーション国家資格フレームワーク / ボローニャ・プロセス その他学齢 入学試験 公立学校選択制 校内暴力 廃校 教員養成機関 学校在籍者呼称児童 / 生徒 / 学生各国学校 日本の学校 一条校幼稚園 小学校 中学校 義務教育学校 高等学校 中等教育学校 特別支援学校 大学短期大学および大学院を含む) 高等専門学校 一条校外 専修学専門課程専門学校高等課程高等専修学校一般課程 各種学校 無認可校 学校制度学校教育法 体系 施設 職員 運営協議会 評議会 分校 小分類附属学校 系属校 幼小中一貫校 小中一貫校 中高一貫校 幼小中高一貫校 学習塾 予備校 フランス学校エコール・プリメール コレージュ リセ/高等技術部 一般大学/技術大学/グランゼコール ドイツの学校基礎学校 ギムナジウム/実科学校/基幹学校 ベルーフスシューレ 総合大学/ファッハホーホシューレ/ファッハシューレ 中華圏学校国民小学 初級中学国民中学高級中学/高級職業学校 一般大学/技術学院 台湾学校国民小学 国民中学 普通型高級中等学校/技術型高級中等学校 大学/技術学院 Portal:教育 - プロジェクト:学校 表 話 編 歴 専門職大学院認証評価機関 法曹裁判官検察官弁護士法科大学院日弁連法務研究財団 | 大学改革支援・学位授与機構 | 大学基準協会 教師 教職大学院教員養成評価機構 経営者MBAMOTホルダー経営専門職大学院ABEST21 | 大学基準協会 公認会計士 会計専門職大学院国際会計教育協会 弁理士 知的財産専門職大学院- 臨床心理士 臨床心理専門職大学院日本臨床心理士資格認定協会 行政官 公共政策専門職大学院大学基準協会 技術士エンジニア ICT専門職大学院産業技術系専門職大学院日本技術者教育認定機構 公衆衛生 公衆衛生大学院大学基準協会 学校教育法WikisourceWikibooks)| 学校教育法施行令 | 専門職大学院設置基準

※この「学習指導要領」の解説は、「学校教育法」の解説の一部です。
「学習指導要領」を含む「学校教育法」の記事については、「学校教育法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学習指導要領」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「学習指導要領」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



学習指導要領と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

学習指導要領のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学習指導要領のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学習指導要領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの学校教育法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS