前提条件とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 前提条件の意味・解説 

前提条件


前提

(前提条件 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 00:50 UTC 版)

前提(ぜんてい)とは、ある物事が成り立つためにあらかじめ満たされていなければならない条件のことをいう。論理学言語学では、いくつか異なった文脈で用いられる。


  1. ^ Stephen C. Levinson. Pragmatics. 1983. (安井稔・奥田夏子訳『英語語用論』研究社出版、1990年)
  2. ^ Karttunen, Lauri. (1973) “Presuppositions of compound sentences.”Linguistic Inquiry 4: 169-193.
  3. ^ Kripke, Saul 1990, 'Presupposition and Anaphora: Remarks on the Formulation of the Projection Problem', manuscript, Princeton University.


「前提」の続きの解説一覧

前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 18:53 UTC 版)

救命用ポータブル・アクア・ユニット」の記事における「前提条件」の解説

川や井戸などの水源原水)を必要とする。科学知識特別に訓練され人員一切必要とせず、工程全体4つピクトグラム示されているため誰でも簡単に使用することが可能である。また、使用関しインド様々な集団対しテストが行われており、誰もが事前知識無し操作することが可能であった

※この「前提条件」の解説は、「救命用ポータブル・アクア・ユニット」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「救命用ポータブル・アクア・ユニット」の記事については、「救命用ポータブル・アクア・ユニット」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 03:11 UTC 版)

スター・ウォーズシリーズ」の記事における「前提条件」の解説

スター・ウォーズシリーズは、「遠い昔遥か彼方銀河系で」の登場人物たちの冒険描いている。そこでは、人間多くの種の異星人多く場合ヒューマノイド)が、日常生活支援してくれるロボットや「ドロイド」と共存しており、光速超空間技術によって惑星間の宇宙旅行一般的に行われている。宇宙船には、小型スターファイターからスター・デストロイヤーのような巨大な宇宙戦艦月面サイズデス・スターのような宇宙ステーションまで様々なものがある。通信には、双方向オーディオやオーディオ・ビジュアル・スクリーン、ホログラフィック・プロジェクションなどがある。 フォース呼ばれる神秘的な力は、原作では「すべての生物作り出すエネルギーフィールド......(それは、)銀河束ねる」と説明されている。「フォースが強い」者は、訓練瞑想によって、さまざまな超能力念力予知能力テレパシー物理的エネルギー操作など)を発揮することができる。 ジェダイ銀河共和国平和維持者であり、無執着と仲裁によってフォースのライト・サイドを行使しシス恐怖攻撃性を操ることで闇ダーク・サイド行使するという、互いに対立する2つ主要な騎士団によってフォースが行使されている。ジェダイの騎士数が多いが、シスの暗黒卿(または「ダース」)は、マスターとその弟子2人限定されることになっているフォース使い手は、平均的な人口比べて数が非常に限られている。ジェダイシスは、ライトセーバー呼ばれる武器好んで使用するライトセーバーは、ほぼすべての表面切り裂き、エネルギーボルトを逸らすことができるエネルギーの刃である。それ以外の人々や、反逆者兵士は、レーザー使ったブラスター銃器使用する銀河系外縁部では、ハットカルテルのような犯罪シンジケート支配的である。賞金稼ぎギャング政府両方雇われることが多い。密輸奴隷制などの違法行為行われている。

※この「前提条件」の解説は、「スター・ウォーズシリーズ」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「スター・ウォーズシリーズ」の記事については、「スター・ウォーズシリーズ」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 22:11 UTC 版)

スコアリング関数 (分子)」の記事における「前提条件」の解説

スコアリング関数通常予測したい種に類似した分子種間での (実験的に決定された) 結合親和性データセット用いてパラメータ化 (またはチューニング) される。 現在使用されている手法では、タンパク質対すリガンド親和性予測するために、はじめに以下を知っている予測する必要があるタンパク質三次構造 - 三次元空間におけるタンパク質原子配置タンパク質の構造は、X線結晶構造解析液相NMR法などの実験的手法によって決定したり、ホモロジーモデリング (英語版) によって予測されることもある。 リガンド活性コンホメーション- タンパク質結合したときのリガンド三次元形状結合モード - 複合体内での2つ結合パートナー相対的な配向上記情報から、複合体三次元構造得られる。この構造基づいてスコアリング関数は、次に概説する方法1つ使用して複合体中の2つ分子間の結合強さ推定できる最後にスコアリング関数自体使用して複合体中の低分子結合モード活性コンホメーション両方予測するともできるし、あるいは、ドッキング実行(docking run)内でより単純で計算速度速い関数利用するともできる

※この「前提条件」の解説は、「スコアリング関数 (分子)」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「スコアリング関数 (分子)」の記事については、「スコアリング関数 (分子)」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 14:47 UTC 版)

基数ソート」の記事における「前提条件」の解説

このアルゴリズムは、データの種類有限で、最大値・最小値はっきりしているという仮定置いており、全ての入力データが「3整数」や「2文字アルファベット」など決まった形式であることが分かってなければならない。なおそれに加え、ある値のデータが必ず一つしか現れないとか、同じ値のデータ同一のものとしてしまって良い、といった場合には、もはやソートするではなく単純に全体が入る大きさ配列用意し対応する場所に入れるだけで良いこともある(バケットソート)。

※この「前提条件」の解説は、「基数ソート」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「基数ソート」の記事については、「基数ソート」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/03 16:20 UTC 版)

帳票処理」の記事における「前提条件」の解説

帳票自動処理には、手動データ入力比べて多く大きな利点があるが、それでもいくつかの制限がある。最高の精度達成するには、いくつかの前提条件に従う必要があるスキャン形式スキャンしたファイル形式解像度DPI、カラーモードが含まれる 構成スキャンされた画像レイアウトは、この自動化のために構成する必要がある 認識事前定義され出力形式 結果/分析キャプチャデータ表示結果特定の形式。 非常に重要な考慮事項1つは、文書含まれるデータ記述するために使用されるメタデータ決定するインデックス作成である。この属性は、おそらく他のどの帳票処理ソリューションよりも優れている

※この「前提条件」の解説は、「帳票処理」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「帳票処理」の記事については、「帳票処理」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/21 23:32 UTC 版)

ファウル (サッカー)」の記事における「前提条件」の解説

ある行為ファウルにあたるとして罰せられるには、以下の前提条件を満たす必要がある競技者によって犯されたものであること。 フィールド内で起きたのであること。 ボールインプレー中であること。

※この「前提条件」の解説は、「ファウル (サッカー)」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「ファウル (サッカー)」の記事については、「ファウル (サッカー)」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/02 08:45 UTC 版)

ガープス」の記事における「前提条件」の解説

ほとんどの呪文には前提条件が定められており、前提となる呪文を最低1CP費やして習得しないかぎり新たにその呪文習得することはできない呪文によっては「魔法の素質」が一定レベル上でなければ習得できないものもある。まれに前提条件が「有利な特徴や一レベル上の基本能力値技能になっている呪文もある。

※この「前提条件」の解説は、「ガープス」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「ガープス」の記事については、「ガープス」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 22:16 UTC 版)

ミルグラム実験」の記事における「前提条件」の解説

この実験における実験協力者新聞広告通じて、「記憶に関する実験に関する参加者として20歳から50歳の男性対象として募集され1時間実験対し報酬約束された上でイェール大学集められた。実験協力者教育背景小学校中退者から博士号保持者までと変化富んでいた。 実験協力者には、この実験参加者を「生徒役と教師」役に分けて行う、学習における罰の効果測定するものだと説明された。各実験協力者くじ引きで「教師」、ペアを組む別の実験協力者が「生徒となった実際に教師真の被験者で、生徒役は役者演じサクラであり、くじには2つとも「教師と書かれており、サクラ実験協力者はくじを開けないまま本来の被験者引かせ被験者確実に教師」役をさせるようにしていた。

※この「前提条件」の解説は、「ミルグラム実験」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「ミルグラム実験」の記事については、「ミルグラム実験」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 16:54 UTC 版)

中心地理論」の記事における「前提条件」の解説

理論構築するにあたっては前提条件を据えている。 交通妨げ障害存在せず輸送あらゆる方向向けて滑らかに行われ輸送費は移動距離比例する均質的な輸送平面想定しており、具体的には以下の3つである。 地表面アクセシビリティについて方向的な歪みがない 一つの財の価格地表上で変わらない 地表上の地点中心地になる確率が同じである また、以下の3つの行動仮定なされている。 購入者は最も安価な供給地求めようとする 供給者はその財の到達範囲下限達成されるときにのみ市場現れる 供給者は、中心地の数ができるだけ少なく1つ中心地あたりの供給可能な財ができるだけ多くなるように現れる ただし、人口均等な分布前提とされておらず、以下の四類型について検討している。 均等に分布する領域 小さ中心地をもって分布する領域 大き中心地をもって分布する領域 二つ中心地をもって分布する領域

※この「前提条件」の解説は、「中心地理論」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「中心地理論」の記事については、「中心地理論」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/06 01:52 UTC 版)

不就学」の記事における「前提条件」の解説

日本義務教育制度は、学齢期日本国籍者の義務教育諸学校小学校中学校特別支援学校中等教育学校)への自動的な就学保障しているが、学齢超過者や、非日本国籍者は義務教育制度対象外である。このため本人保護者希望しなければ就学なされない。ただし、学齢超過者の就学希望については、多く自治体拒否されやすい傾向にあるが、学齢期の非日本国籍者の就学希望については、原則的に受け入れることとなっている。

※この「前提条件」の解説は、「不就学」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「不就学」の記事については、「不就学」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/14 16:02 UTC 版)

判別分析」の記事における「前提条件」の解説

線形判別分析は、以下の前提条件が成立する必要がある各グループ多変量正規分布している 全てのグループが同じ共分散行列を持つ(等分散性その上でマハラノビス汎距離等距離の所に直線を引く。これらの前提条件が成立しないおかしな結果になる。 各グループ平均異なる以上、分散異なることは多々ある等分散性仮定外した物が二次判別分析である。それぞれのグループ異な共分散行列使用してマハラノビス距離計算して等距離になる場所を判別曲面とする方法である。この方法は二次関数となり、正規分布成立している場合正し結果になる。 線形判別分析において、グループ間の確率ロジット線形関数となるが、ここで線形関数という仮定残したまま、正規分布等分散性仮定を外すとロジスティック回帰単純パーセプトロンになる。 さらに別な方法としては、線形判別関数使用したい場合は、線形サポートベクターマシン線形判別関数求めるという方法もある。

※この「前提条件」の解説は、「判別分析」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「判別分析」の記事については、「判別分析」の概要を参照ください。


前提条件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 14:15 UTC 版)

新増沢式採点法」の記事における「前提条件」の解説

多数決多用する方式であるため、審査員数は奇数原則とする。偶数でも不可能ではないが、「票割れ」が生じやすくなり、作業複雑になる。 各審査員は、全参加団体に対して1位以下の順位付けをした順位表を、一括して作成して提出する理論的には、総合順位決定必要な場面ごとに投票を行うことも可能だが、「時間節約」「他の審査員影響与えない/他の審査員から影響受けない」「各審査員が、どういう順位付け行ったかを記録残し公開する」などの理由により、多く一括して作成し提出する方式を取る。 参加団体10団体程度までであれば、各審査員は全参加団体順位表を作成する参加団体がもっと多く、かつ、低位については総合順位確定させないであれば作業簡素化のため、例えば「上位10団体までの順位表」とすることもある。 各審査員順位付けの際に「同位」や「棄権」は行えない。

※この「前提条件」の解説は、「新増沢式採点法」の解説の一部です。
「前提条件」を含む「新増沢式採点法」の記事については、「新増沢式採点法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「前提条件」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「前提条件」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「前提条件」の関連用語

前提条件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



前提条件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前提 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの救命用ポータブル・アクア・ユニット (改訂履歴)、スター・ウォーズシリーズ (改訂履歴)、スコアリング関数 (分子) (改訂履歴)、基数ソート (改訂履歴)、帳票処理 (改訂履歴)、ファウル (サッカー) (改訂履歴)、ガープス (改訂履歴)、ミルグラム実験 (改訂履歴)、中心地理論 (改訂履歴)、不就学 (改訂履歴)、判別分析 (改訂履歴)、新増沢式採点法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS