2011年6月とは? わかりやすく解説

2011年6月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 16:25 UTC 版)

Green500」の記事における「2011年6月」の解説

2011年6月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り。 1 2097.19 (IBMトーマス・J・ワトソン研究所BlueGene/Q プロトタイプ2) 2 1684.20 (IBMトーマス・J・ワトソン研究所BlueGene/Q プロトタイプ1) 3 1375.88 (長崎大学DEGIMA) 4 958.35 (東京工業大学HP ProLiant) 5 891.88 (CINECA/SCS - SuperComputing Solution、iDataPlex DX360M3)

※この「2011年6月」の解説は、「Green500」の解説の一部です。
「2011年6月」を含む「Green500」の記事については、「Green500」の概要を参照ください。


2011年6月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:40 UTC 版)

シリア内戦」の記事における「2011年6月」の解説

6月入って反政府デモ沈静化兆し見せことはなく、イギリスフランスなどからは国際連合安全保障理事会決議求める声も上がりはじめる。6月9日にはIAEAにて核問題安保理に付託する決議採択するなど国際的な包囲網敷かれる中、アサド新たな軍事活動開始する10日には全土反政府デモ発生し市民32人が死亡トルコへ脱出相次いだこうした弾圧に対してアメリカ英仏などが提案する決議案支持する姿勢明らかにし、16日には国連事務総長潘基文アサドに対して国民に対する弾圧停止要求対話求めた20日にはアサド憲法改正も含む国民との対話を行う意向表明するなど柔軟な姿勢見せたもののデモ沈静化にはつながらず、24日には全土で再びデモ発生数万人が参加し治安部隊発砲市民15人が死亡したアサド宣言した国民との対話7月10日行われる発表している。

※この「2011年6月」の解説は、「シリア内戦」の解説の一部です。
「2011年6月」を含む「シリア内戦」の記事については、「シリア内戦」の概要を参照ください。


2011年6月:

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/15 15:43 UTC 版)

ティンバーランド」の記事における「2011年6月:」の解説

経営難回避する為、大手アパレル企業VFコーポレーション」に買収された。

※この「2011年6月:」の解説は、「ティンバーランド」の解説の一部です。
「2011年6月:」を含む「ティンバーランド」の記事については、「ティンバーランド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2011年6月」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2011年6月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2011年6月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのGreen500 (改訂履歴)、シリア内戦 (改訂履歴)、ティンバーランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS