憲法改正とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 憲法改正の意味・解説 

けん ぽうかいせい-ぱふ- [1][1][0] 【憲法改正】

成文憲法修正追加削除などの変更加えること。日本国憲法改正は、国会議院の総議員3分の2上の賛成国会発議し、国民投票に付され、その過半数承認を必要とする。

憲法改正(けんぽうかいせい)

日本国憲法条文改正すること

国の最高法規である憲法は、国民主権原理に基づき国民投票実施などの手続き経て改正できる。ただし、戦後半世紀の間、1947年施行された日本国憲法は、一度改正されたことがない

憲法改正するには、まず、衆議院参議院それぞれの議院で、総議員3分の2上の賛成を得た上で国会が憲法改正案を発議提案)する。そして、国民投票にかけて、過半数賛成で憲法改正が確定する。

このように法律改正するときと比べ条件厳しく、さらに従来冷戦下では、戦争の放棄規定した第9条に関するイデオロギー対立などがあったため、改正論議そのものタブー視されていた。しかし、1990年湾岸戦争の頃からは、国際社会への貢献という観点からの論議が高まっている。

また、第9条だけでなく、首相公選制導入や、知る権利プライバシー権環境権といった新しい権利概念についても憲法改正を視野に入れた議論があることから、最近世論調査では、憲法改正に賛成する割合反対を上回っている。

2000年通常国会から、衆議院参議院憲法調査会設置された。憲法改正に積極的な姿勢見せている小泉首相は、首相公選制導入目指しており、今後憲法論議が高まるもの考えられる

ただ、憲法改正のための国民投票に関する法律をまだ制定ていないことなどがネックとなり、今すぐには改正の手続きに入れないという現実もある。

関連キーワード「憲法調査会
関連キーワード「首相公選制

(2001.05.03更新


憲法改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 07:50 UTC 版)

憲法改正(けんぽうかいせい、英:Constitutional amendment)とは、成文法で示される憲法の条文を修正、追加または削除すること[1][2]で、改憲(かいけん)ともいう。の成り立ち(世界中で望まれる国家の姿、統治者(三権の長)を選出する方法(統治機構改革)、法の支配国民が国家に生活の基盤を委ねる信託のあり方)を再構築するもので、問題点は主として、


  1. ^ 憲法改正小学館デジタル大辞泉
  2. ^ 憲法改正(三省堂大辞林 第三版)
  3. ^ 憲法講義(上田勝美)p286
  4. ^ 憲法講義(上田勝美)p288法律文化社1983.6
  5. ^ 「憲法の改正」と「新憲法の制定」の違い(法学館憲法研究所HP)
  6. ^ コトバンク「立法権」
  7. ^ 憲法第5版(長谷部恭男)pp34-35 ISBN 978-4-88384-168-4
  8. ^ 憲法講義(上田勝美)p288
  9. ^ 宮沢俊義 『憲法講話』 岩波書店岩波新書〉、1967年6月1日(原著1967年4月20日)、第2版、p. 215。ISBN 97840041003482009年5月30日閲覧。
  10. ^ 憲法講話(宮沢俊義)p215
  11. ^ 憲法(第3版)(伊藤正己)pp18-19
  12. ^ ほんとうの憲法―戦後日本憲法学批判p118(ちくま新書)ISBN 978-4-480-06978-8
  13. ^ 法律で規定しても良いような政体の変更に結びつかない事項を憲法によって記載している場合『例:スイス憲法旧25条の2(出血前に麻酔させることなく動物を殺すことを禁止)に関する憲法改正』もあり、その改善がなされることもある
  14. ^ 「諸外国における戦後の憲法改正【第5版】」山岡規雄・井田敦彦 国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 932(JAN.10.2017)[1]
  15. ^ 『憲法改正がなぜ必要か-「革命」を続ける日本国憲法の正体-』pp114-116、PHPパブリッシング、ISBN 978-4-907440-03-9
  16. ^ 『憲法改正がなぜ必要か-「革命」を続ける日本国憲法の正体-』pp126-127


「憲法改正」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「憲法改正」の関連用語

憲法改正のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



憲法改正のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの憲法改正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS