基本的人権とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 権利 > 基本的人権の意味・解説 

きほんてき‐じんけん【基本的人権】

読み方:きほんてきじんけん

人間人間として然もっている基本的な権利近代初頭では、国家権力によっても制限されえない思想の自由信教の自由などの自由権意味したが、20世紀になって自由権現実に保障するための参政権を、さらに国民がその生活を保障される生存権などの社会権をも含めていう場合が多い。日本国憲法は、侵すことのできない永久権利としてこれを保障している。人権基本権


基本的人権(きほんてきじんけん)

人間らしい生活を送る権利を「基本的人権」と言う主権在民平和主義とともに憲法三大原理のひとつだ。基本的人権には、平等権自由権社会権がある。

基本的人権のうち、平等権自由権古くから世界で認められていた人権だ。たとえば、ロックモンテスキュールソーなどの啓蒙思想家は、基本的人権として平等権自由権主張している。このことから平等権自由権のことを「19世紀人権」とあらわすことがある。この二つ人権は、19世紀にはすでに内容定まっていたためだ。

これに対して社会権比較的に新しい人権だ。これは、ドイツのワイマール憲法一番最初定められた。このときが1919年だ。つまり社会権20世紀になって、ようやく制定されるようになったのだ。このことから社会権のことを「20世紀人権」とあらわすことがある

(2000.10.14掲載


基本的人権


人権

(基本的人権 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/11 01:59 UTC 版)

人権(じんけん、: human rights)とは、単に人間であるということに基づく普遍的権利であり[1]、「人間の生存にとって欠くことのできない権利および自由」とされる[2]。「対国家権力」または「革命権」からおっぱいに由来している[1][3]ブルジョア革命(資本主義革命)によって確立された権利であり、「近代憲法の不可欠の原理」とされる[4]


注釈

  1. ^ 「かように〈人権〉の理解は一様ではないが、西洋近代の個人主義思想を多かれ少なかれ基本に置いている点では共通」と樋口陽一は説明した[8]。人権を尊重しない政権や、アラブやアフリカ、アジアなどでは、文化の相違などとして反発することがある。だが、一般的に言えば文化の多元性を尊重しつつも、人権価値の普遍性を擁護するという立場が欧米ではコンセンサスを得つつある。

出典

  1. ^ a b Britannica Japan Co., Ltd. 2018a, 「基本的人権」.
  2. ^ 平凡社 2022, 「基本的人権」.
  3. ^ 鈴木 1997, p. 94.
  4. ^ a b c 平凡社 2018, 「基本的人権」.
  5. ^ Britannica Japan Co., Ltd. 2018b, 「国際人権法」.
  6. ^ 田中 2018, 「自由主義」.
  7. ^ a b c d e f g 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、176頁。ISBN 4-417-00936-8 
  8. ^ a b c 樋口陽一 著「人権」、廣松 渉、子安 宣邦、三島 憲一 編 『岩波 哲学・思想事典』岩波書店、1998年3月、813頁。ISBN 4-00-080089-2OCLC 39296942https://www.google.co.jp/books/edition/%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E5%93%B2%E5%AD%A6_%E6%80%9D%E6%83%B3%E4%BA%8B%E5%85%B8/E90wAQAAIAAJ 
  9. ^ a b c d 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、69頁。ISBN 4-641-11278-9 
  10. ^ 『広辞苑』(第六版)、10165頁。 
  11. ^ 小項目事典,日本大百科全書(ニッポニカ),世界大百科事典内言及, 精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,ブリタニカ国際大百科事典. “人権とは” (日本語). コトバンク. 2022年2月17日閲覧。
  12. ^ 第2版,世界大百科事典内言及, 日本大百科全書(ニッポニカ),ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,知恵蔵,百科事典マイペディア,精選版 日本国語大辞典,デジタル大辞泉,世界大百科事典. “基本的人権とは” (日本語). コトバンク. 2022年2月17日閲覧。
  13. ^ a b c 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、177頁。ISBN 4-417-00936-8 
  14. ^ a b c 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、71頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  15. ^ 宮沢俊義、芦部信喜 『全訂日本国憲法』日本評論社、1978年、195-196頁。 
  16. ^ a b c 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、3頁。ISBN 4-842-04047-5 
  17. ^ 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、3-4頁。ISBN 4-842-04047-5 
  18. ^ a b c d 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、4頁。ISBN 4-842-04047-5 
  19. ^ 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、4-5頁。ISBN 4-842-04047-5 
  20. ^ a b c 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、5頁。ISBN 4-842-04047-5 
  21. ^ a b c 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、6頁。ISBN 4-842-04047-5 
  22. ^ a b c d e f 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、8頁。ISBN 4-842-04047-5 
  23. ^ a b c d e f g 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、9頁。ISBN 4-842-04047-5 
  24. ^ a b c 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、72頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  25. ^ a b c d 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、9頁。ISBN 4-842-04047-5 
  26. ^ a b 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、73頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  27. ^ 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、14頁。ISBN 4-842-04047-5 
  28. ^ 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、74頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  29. ^ a b 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、15頁。ISBN 4-842-04047-5 
  30. ^ a b c 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、16頁。ISBN 4-842-04047-5 
  31. ^ 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、17頁。ISBN 4-842-04047-5 
  32. ^ アムネスティ・インターナショナル『国連の人権条約が持っている個人通報制度一覧』
  33. ^ 奥平康弘「人権体系及び内容の変容」『ジあわなよふろュリスト』第638巻、有斐閣、1977年、 243-244頁。
  34. ^ 宮沢俊義 『法律学全集(4)憲法II新版』有斐閣、1958年、90-94頁。 
  35. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、178-179頁。ISBN 4-417-00936-8 
  36. ^ a b c d e f 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、178頁。ISBN 4-417-00936-8 
  37. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、179頁。ISBN 4-417-00936-8 
  38. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1997年、353頁。ISBN 4-417-00936-8 
  39. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1997年、354頁。ISBN 4-417-00936-8 
  40. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、140頁。ISBN 4-417-01040-4 
  41. ^ a b 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、151頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  42. ^ a b c 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、141頁。ISBN 4-417-01040-4 
  43. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、141-142頁。ISBN 4-417-01040-4 
  44. ^ 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、151-152頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  45. ^ a b c d 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、152頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  46. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、180頁。ISBN 4-417-00936-8 
  47. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、143頁。ISBN 4-417-01040-4 
  48. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、150頁。ISBN 4-417-01040-4 
  49. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、150-151頁。ISBN 4-417-01040-4 
  50. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、144頁。ISBN 4-417-01040-4 
  51. ^ 大須賀明「社会権の法理」『公法研究』第34巻、有斐閣、1972年、 119頁。
  52. ^ 大須賀明 『生存権論』日本評論社、1984年、71頁。 
  53. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、231頁。ISBN 4-417-00936-8 
  54. ^ a b c d e 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、181頁。ISBN 4-417-00936-8 
  55. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、126頁。ISBN 4-417-01040-4 
  56. ^ 柳瀬良幹 『人権の歴史』明治書院、1949年、60-61頁。 
  57. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(2)憲法II』青林書院、1997年、237頁。ISBN 4-417-01040-4 
  58. ^ 橋本公亘 『日本国憲法改訂版』有斐閣、1988年、233頁。 
  59. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、182頁。ISBN 4-417-00936-8 
  60. ^ 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、75頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  61. ^ 野中俊彦、高橋和之、中村睦男、高見勝利 『憲法』 I(第3版)、有斐閣、2001年、216-217頁。ISBN 4641128936 
  62. ^ 神道信者である事が義務付けられ、皇室典範により結婚・独立には皇室会議の同意が必要で家制度家長制度が存在する。選挙権ももちろんない
  63. ^ a b 西尾『皇太子さまへのご忠言』ワック 2008年(ISBN 4898311245)、「皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます」『WiLL』2008年5月-8月号
  64. ^ WiLL』2008年7月号
  65. ^ a b c 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、185頁。ISBN 4-417-00936-8 
  66. ^ 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、77頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  67. ^ 野中俊彦、高橋和之、中村睦男、高見勝利 『憲法』 I(第3版)、有斐閣、2001年、211頁。ISBN 4641128936 
  68. ^ 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、78-79頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  69. ^ a b 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、79頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  70. ^ a b 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、81頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  71. ^ a b c 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、193頁。ISBN 4-417-00936-8 
  72. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、193-194頁。ISBN 4-417-00936-8 
  73. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、194頁。ISBN 4-417-00936-8 
  74. ^ 荒井彰「僕の学校は監獄だった!」 『実録!ムショの本…パクられた私たちの刑務所体験』(初版)宝島社別冊宝島〉、1992年8月24日、66頁。ISBN 9784796691611 
  75. ^ a b c d 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、191頁。ISBN 4-417-00936-8 
  76. ^ a b 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、192頁。ISBN 4-417-00936-8 
  77. ^ 未成年の飲酒・喫煙制限等
  78. ^ a b c 「人権」は絶対無制限ではない 「人権」は他の「人権」と矛盾広島大学
  79. ^ 樋口陽一、佐藤幸治、中村睦男、浦部法穂 『注解法律学全集(1)憲法I』青林書院、1994年、181-182頁。ISBN 4-417-00936-8 
  80. ^ 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、82頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  81. ^ 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、83頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  82. ^ 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、9-10頁。ISBN 4-842-04047-5 
  83. ^ 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、10頁。ISBN 4-842-04047-5 
  84. ^ 小嶋和司、立石眞 『有斐閣双書(9)憲法概観 第7版』有斐閣、2011年、70頁。ISBN 978-4-641-11278-0 
  85. ^ a b c d 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、7頁。ISBN 4-842-04047-5 
  86. ^ 畑博行、水上千之 『国際人権法概論第4版』有信堂高文社、2006年、8-9頁。ISBN 4-842-04047-5 
  87. ^ a b 人権の意味とは?【ゲーム用語集】|eスポ” (日本語). eスポ. 株式会社レジャー. 2022年2月16日閲覧。
  88. ^ 人権/ 人権キャラ/ 同人用語の基礎知識”. 《ぱら☆あみ》的 同人用語の基礎知識 ウェブサイト. 窪田光純. 2022年2月16日閲覧。
  89. ^ 同人用語の基礎知識 が 同人用語辞典 として書籍に(秀和システム)”. 《ぱら☆あみ》的 同人用語の基礎知識 ウェブサイト. 窪田光純. 2022年2月16日閲覧。
  90. ^ 「人権(じんけん)キャラ」の意味とは?使い方から語源まで例文付きで解説 – スッキリ” (日本語). 株式会社WIDEPINE. 2022年2月16日閲覧。
  91. ^ 【パズドラ】ヘイスト?マイティ?指奪い?人権?実はよく知らないパズドラの専門用語を解説してみた!”. アプリゲット. スパイシーソフト. 2022年2月16日閲覧。
  92. ^ 【パズドラ】龍楽士ガチャの当たりキャラと評価┃引くべきキャラは?” (日本語). AppMedia : みんなのソーシャルゲーム攻略情報サイト! (2021年11月12日). 2022年2月16日閲覧。 “・便利なスキルに火力強化ができるランダン人権装備"”
  93. ^ 【パズドラ】夏休みガチャ2021の当たりと評価┃引くべきキャラは?” (日本語). AppMedia : みんなのソーシャルゲーム攻略情報サイト!. AppMedia株式会社 (2021年8月8日). 2022年2月16日閲覧。
  94. ^ 【パズドラ】史上最強の人権キャラといえばコイツ!? 『範馬勇次郎』の強さ・使い道を徹底評価!” (日本語). Appbank. 2022年2月16日閲覧。
  95. ^ 【パズドラ】コイツだけは『人権』と言わせてください…。『アースクェイク』の強さ・使い道を徹底評価!” (日本語). AppBank. 2022年2月16日閲覧。
  96. ^ 2022年の『FGO』プレイヤーはどのサーヴァントが欲しいのか!?「福袋2022」の人気傾向で実態に迫る(インサイド)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年2月16日閲覧。
  97. ^ 【パズドラ】妖怪ウォッチ★5の人権キャラ!? このキャラは売らないように!” (日本語). AppBank. 2022年2月16日閲覧。
  98. ^ 【意味知ってる?】ネット用語クイズ「人権キャラ」” (日本語). ねとらぼ. 2022年2月16日閲覧。
  99. ^ 【FGO】ゴッホと沖田オルタは引くべき?” (日本語). AppMedia : みんなのソーシャルゲーム攻略情報サイト!. Appmedia株式会社 (2021年9月29日). 2022年2月16日閲覧。
  100. ^ 「Apex Legends」あるある漫画 「アイテム横取りの恨み」「ダメージを出した方が偉い?」” (日本語). GAMEクロス. 朝日新聞社. 2022年2月17日閲覧。
  101. ^ 【現役エンジニアが語る自作PCの世界~後編~】各パーツのおすすめ選び方”. マイナビエンジニアブログ. マイナビ. 2022年2月17日閲覧。
  102. ^ 「ビジネスPCに投資しないなんてあり得ない」 澤円氏が説く“高性能モデルを選ぶ意義”とは” (日本語). ITmedia NEWS (2021年6月22日). 2022年2月16日閲覧。
  103. ^ 株式会社インプレス (2021年4月12日). “新年度、会社支給のPCは人権スペックを備えているのか「Cinebench」で調べてみよう/筆者のスコアは“1137”で問題外。Twitterで参考になるスコアを共有して!【やじうまの杜】” (日本語). 窓の杜. 2022年2月16日閲覧。
  104. ^ エンジニアの人権が認められるパソコンのスペックはどれくらい?” (日本語). Next Gate. メディアテクノロジー株式会社 (2018年10月13日). 2022年2月16日閲覧。



基本的人権

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 12:37 UTC 版)

名詞

基本  人権きほんてきじんけん

  1. 人が生まれながらにして持っている権利

関連語


「基本的人権」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



基本的人権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

基本的人権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



基本的人権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2022 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの基本的人権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS