永久法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 永久法の意味・解説 

永久法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/01 09:53 UTC 版)

永久法(えいきゅうほう、羅:lex aeterna)とは、主にキリスト教の法律用語で、を頂点とする世界秩序の法則性を意味する。アウグスティヌスのような教父の法理論においては神定法と同義に扱われるが、トマス・アキナスにおいては両者は分離され、神定法は特に聖書によって啓示されたを指す。永久法が人間の自然本性である理性によって把握された場合は、自然法と呼ばれる。しばしば永遠法とも訳される。






「永久法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「永久法」の関連用語

永久法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



永久法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの永久法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS