トマス・ホッブズとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 哲学者 > イギリスの哲学者 > トマス・ホッブズの意味・解説 

トマス・ホッブズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/15 13:44 UTC 版)

トマス・ホッブズ(Thomas Hobbes、1588年4月5日 - 1679年12月4日)は、イングランド哲学者17世紀近世哲学にあって、ルネ・デカルトなどと共に機械論的世界観の先駆的哲学者の一人であり、バールーフ・デ・スピノザなどとともに唯物論の先駆的思索を行った哲学者の一人である。政治哲学者として側面は広く周知され、人工的国家論の提唱と社会契約説により近代的な政治哲学理論を基礎づけた人物として一般的に知られる。イングランド王チャールズ1世王太子の家庭教師。




  1. ^ "Hobbes, Thomas (HBS608T)". A Cambridge Alumni Database. University of Cambridge. 
  2. ^ 福田歓一『政治学史』p.322、レオ・シュトラウス『ホッブズの政治学』p.12-13
  3. ^ Load Acton Essays on Freedom and Power, p.p. 47.. The Beacon Press/The Free Press,.1949.
  4. ^ 國際的精神の養成』。国際連盟協会『震災に関する諸名士の所感』、1923年。
  5. ^ J. A. Thomas, https://www.jstor.org/stable/2548202. Jstor.
  6. ^ カール・ヨアヒム・フリードリッヒ『伝統と権威 権力と正当性と権威』三辺博之訳、p.p. 145。福村出版、1976年。Carl J. Friedrich, Tradition and Authority. Phaidon, London, 1972.
  7. ^ B W. Hauptli,Selected Criticisms of Hobbes and Ethical Egoism. Florida International University, 2013.


「トマス・ホッブズ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トマス・ホッブズ」の関連用語

トマス・ホッブズのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トマス・ホッブズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトマス・ホッブズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS