全体主義とは?

ぜん たいしゅぎ [5] 【全体主義】 〔totalitarianism〕

個人全体構成する部分であるとし、個人一切活動は、全体成長発展のために行われなければならないという思想または体制国家民族優先し、個人の自由権利無視される。 → 個人主義
〔wholism〕 クワインに代表される哲学的立場。各命題真偽は他の命題とは独立決定するという立場に対し、すべての命題真偽理論全体の中で決定するという立場ホーリズム


全体主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/02 07:08 UTC 版)

全体主義(ぜんたいしゅぎ、イタリア語: totalitarismo, : totalitarianism)とは、個人の全ては全体に従属すべきとする思想または政治体制の1つである[1][2][3][4][5]。この体制を採用する国家は、通常1つの個人や党派または階級によって支配され、その権威には制限が無く、公私を問わず国民生活の全ての側面に対して可能な限り規制を加えるように努める[6]




注釈

  1. ^ 統計上の数字に現れていない失業者数も考慮すれば、実際の失業率はさらに悪かったと考えられる。

出典

  1. ^ 小学館>国語辞典>大辞泉
  2. ^ 三省堂>国語辞典>大辞林
  3. ^ Oxford Dictionaries
  4. ^ Cambridge Dictionaries
  5. ^ Longman Dictionaries
  6. ^ Robert Conquest Reflections on a Ravaged Century (2000) ISBN 0-393-04818-7, page 74
  7. ^ C.C.W. Taylor. “Plato's Totalitarianism.” Polis 5 (1986): 4-29. Reprinted in Plato 2: Ethics, Politics, Religion, and the Soul, ed. Gail Fine (Oxford: Oxford University Press, 1999), 280-296.
  8. ^ "Sondrol, Paul C. "Totalitarian and Authoritarian Dictators: A Comparison of Fidel Castro and Alfredo Stroessner." Journal of Latin American Studies 23(3): October 1991, pp. 449-620.
  9. ^ Slouching Towards Utopia?: The Economic History of the Twentieth Century -XV. Nazis and Soviets- J. Bradford DeLong, University of California Berkeley, February 1997
  10. ^ 浜矩子 ユニクロ型デフレと国家破産、文春新書、2010
  11. ^ ロベール・ギラン、「日本人と戦争」、朝日文庫、1990年、234ページ
  12. ^ 「全体主義」(平凡社新書、2010年)185-187p
  13. ^ 「全体主義」エンツォ・トラヴェルソ(平凡社新書、2010年)63p
  14. ^ ケナン『アメリカ外交50年』岩波現代文庫、2000年、114ページ、219ページ
  15. ^ C・ダグラス・ラミス、『内なる外国「菊と刀」再考』、昭和56年、時事通信社、155ページ
  16. ^ 土居健郎、「表と裏」、弘文堂、昭和60年、95ページ


「全体主義」の続きの解説一覧





全体主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「全体主義」の関連用語

全体主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



全体主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの全体主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS