毛沢東思想とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 毛沢東思想の意味・解説 

毛沢東思想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 15:54 UTC 版)

毛沢東思想(もうたくとうしそう、中国語: 毛泽东思想拼音: Máo Zédōng Sīxiǎng)または毛沢東主義(もうたくとうしゅぎ、英語: Maoism)は、毛沢東を中心とする中華人民共和国の共産主義者が創立した政治思想[1]中華人民共和国憲法に記載。その信奉者は毛沢東主義者と呼ばれる。




  1. ^ a b 中国共産党規約 総綱
  2. ^ 毛沢東思想 - 人民中国インターネット版
  3. ^ Christophe Bourseiller,Les Maoistes. La folie hisitoire des gardes rouges francais,Points,2008(1996)サルコジと5月革命(下)―マオイストの変質 的場昭弘
  4. ^ Christophe Bourseiller,Les Maoistes. La folie hisitoire des gardes rouges francais,Points,2008(1996)サルコジと5月革命(下)―マオイストの変質 的場昭弘
  5. ^ Christophe Bourseiller,Les Maoistes. La folie hisitoire des gardes rouges francais,Points,2008(1996)サルコジと5月革命(下)―マオイストの変質 的場昭弘
  6. ^ 的場昭弘「資本主義の危機/新自由主義と国家--民主君主制としてのサルコジ政権」
  7. ^ 的場昭弘「資本主義の危機/新自由主義と国家--民主君主制としてのサルコジ政権」
  8. ^ Kimball, Roger (2001), The Long March: How the Cultural Revolution of the 1960s Changed America, Encounter Books, ISBN 978-1893554306 p. 15.
  9. ^ Andreas Kühn: Stalins Enkel, Maos Söhne : die Lebenswelt der K-Gruppen in der Bundesrepublik der 70er Jahre. Campus Verlag. Frankfurt. 2005. p. 302ff.
  10. ^ Lee, Martin A. The Beast Reawakens: Fascism's Resurgence from Hitler's Spymasters to Today, 2013. p. 195.
  11. ^ Giuseppe Bessarione, Lambro/Hobbit. La cultura giovanile di destra. In Italia e in Europa, Roma, Arcana Editrice, 1979, pp. 99-100
  12. ^ “Big Mike shakes off the pounds – and his lethargy”. BBC. (2006年4月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/4871610.stm 2016年11月8日閲覧。 
  13. ^ “元ボクシング王者マイク・タイソン氏、今後は「歌って踊りたい」”. AFP. (2012年9月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/2900568 2016年11月8日閲覧。 
  14. ^ New York Times, "How Rev. Jim Jones Gained His Power Over Followers", Robert Lindsay, November 26, 1978
  15. ^ Reiterman 1982. p. 163-4.
  16. ^ 佐々淳行『東大落城 安田講堂攻防七十二時間』
  17. ^ 横山光輝『長征』講談社漫画文庫
  18. ^ 藤子不二雄A「劇画毛沢東伝」実業之日本社2003年
  19. ^ 養老孟司『毒にも薬にもなる話』「毛沢東主義者の中国観」中央公論新社2000年
  20. ^ 高山文彦『麻原彰晃の誕生』文藝春秋〈文春新書〉、2006年2月。ISBN 978-4166604920 p.47
  21. ^ 【2】オウムの犯罪と武装化:1988年~1995年 1.上祐総括:オウム入信から現在まで 上祐史浩個人の総括 オウムの教訓 -オウム時代の反省・総括の概要-”. ひかりの輪. 2016年9月27日閲覧。
  22. ^ “石原知事記者会見(平成24年10月25日)”. 東京都. (2012年10月29日). http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/ARC/20121031/KAIKEN/TEXT/2012/121025.htm 2019年9月4日閲覧。 
  23. ^ 石原 慎太郎 前東京都知事の告白 「中央官僚支配を壊す」 日経ビジネス2012年11月1日
  24. ^ 【社会部プレミアム対談】石原知事×橋下市長 教育の破壊的改革を追求(産経新聞)2011年12月25日
  25. ^ 独占インタビュー:『ザ・コーヴ』上映中止を主張する「主権回復を目指す会」の西村修平氏がすべてを語る”. webDICE (2006年5月16日). 2019年9月5日閲覧。
  26. ^ Jackson, Karl D (1989). Cambodia, 1975–1978: Rendezvous with Death. Princeton University Press. p. 219. ISBN 978-0-691-02541-4.
  27. ^ Ervin Staub. The roots of evil: the origins of genocide and other group violence. Cambridge University Press, 1989. p. 202
  28. ^ David Chandler & Ben Kiernan, ed. (1983). Revolution and its Aftermath. New Haven.
  29. ^ Hunt, Michael H. (2014). The World Transformed: 1945 to the Present. New York, NY: Oxford University Press. p. 377. ISBN 978-0-19-937102-0.
  30. ^ Jackson, Karl D (ed) (2014) Cambodia, 1975–1978: Rendezvous with Death, Princeton UP, p.110
  31. ^ Kiernan, Ben (1997). The Pol Pot Regime: Race, Power, and Genocide in Cambodia under the Khmer Rouge, 1975–79. London: Yale University Press. pp. 31–158, 251–310. ISBN 0300096496.
  32. ^ 池上彰『そうだったのか!現代史』集英社、150頁。
  33. ^ Hinton, Alexander Laban (2005). Why Did They Kill? Cambodia in the Shadow of Genocide. University of California Press. p. 54.
  34. ^ Gellately, Robert; Kiernan, Ben (2003). The Specter of Genocide: Mass Murder in Historical Perspective. Cambridge University Press. pp. 313–314.
  35. ^ Gellately, Robert; Kiernan, Ben (2003). The Specter of Genocide: Mass Murder in Historical Perspective. Cambridge University Press. pp. 313–314.
  36. ^ Chan, Sucheng (2003). Remapping Asian American History. Rowman & Littlefield. p. 189.
  37. ^ Arms Transfers Database”. ストックホルム国際平和研究所. 2019年5月15日閲覧。
  38. ^ PEOPLE'S REPUBLIC OF CHINA: China: Secretive arms exports stoking conflict and repression”. アムネスティ. 2019年5月15日閲覧。
  39. ^ “Chinese 'deliver arms to Nepal'”. BBC. (2005年11月25日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/4469508.stm 2019年9月17日閲覧。 
  40. ^ 小倉清子 (2015-04). “武装勢力から議会政党へ――ネパールにおけるマオイストの変貌>Ⅱ 和平プロセスに入り、議会政党となったマオイスト>4 侮辱的な方法で行われた軍の統合と武装解除”. 地域研究 (地域研究コンソーシアム) 15 (1): 93-95. ISSN 1349-5038
  41. ^ Dan Connell (1993). Against All Odds: A Chronicle of the Eritrean Revolution : with a New Foreword on the Postwar Transition. The Red Sea Press. ISBN 978-1-56902-046-3. https://books.google.com/books?id=LoqJUPbPBEMC 2017年6月7日閲覧。. 
  42. ^ 土井香苗 (2010年1月31日). “人間を傷つけるな!「第10回 エリトリア人弁護士から見た“世界最悪”の独裁政権国家」”. WEBマガジン「風」. http://kaze.shinshomap.info/series/rights/10.html 2014年11月18日閲覧。 
  43. ^ H. R. Council, “Report of the detailed findings of the Commission of Inquiry on Human Rights in Eritrea,” 2015. p.414
  44. ^ “エリトリア難民、命がけの逃亡 失う物は何もない”. スイス放送協会. (2014年9月16日). http://www.swissinfo.ch/jpn/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E9%9B%A3%E6%B0%91-%E5%91%BD%E3%81%8C%E3%81%91%E3%81%AE%E9%80%83%E4%BA%A1-%E5%A4%B1%E3%81%86%E7%89%A9%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84/40694210 2014年9月24日閲覧。 
  45. ^ “地中海難民という「臭い物」にフタをしたいEUの人道主義また排外主義について”. Yahoo!ニュース. (2015年5月8日). http://bylines.news.yahoo.co.jp/nakasonemasanori/20150508-00045526/ 2015年5月9日閲覧。 
  46. ^ Eritrea Tops List of World Press Censors”. Media Alliance (3 May, 2015). 19 October, 2015閲覧。
  47. ^ The 10 Most Censored Countries in the World”. The Cheat Sheet. 19 October, 2015閲覧。
  48. ^ 報道の自由、世界で低下 日本72位に後退 「国境なき記者団」報告” (2016年4月20日). 2019年5月18日閲覧。
  49. ^ Robinson, Simon (2008年5月29日). “India's Secret War”. Time. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1810169-1,00.html 2019年5月18日閲覧。 
  50. ^ “India's Naxalite Rebellion: The red heart of India”. The Economist (London). (2009年11月5日). http://www.economist.com/world/asia/displaystory.cfm?story_id=14820724 2019年5月18日閲覧。 
  51. ^ "India: Maoist Conflict Map 2014". New Delhi: SATP. 2014.
  52. ^ “中国最后的人民公社”. BBC. (2009年9月29日). https://www.bbc.com/zhongwen/trad/china/2009/09/090924_chinacommunes 2019年5月18日閲覧。 
  53. ^ Harrison, Emma Graham (23 Septmber 2008). “"Maoist" Chavez eyes closer China energy ties”. ロイター. 2018年8月18日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「毛沢東思想」の関連用語

毛沢東思想のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



毛沢東思想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの毛沢東思想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS