弁証法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 弁証法 > 弁証法の意味・解説 

べんしょう‐ほう〔‐ハフ〕【弁証法】

《(ギリシャ)dialektikē/(ドイツ)Dialektik対話弁論技術の意。ソクラテスプラトンでは、事物本質概念的把握するための方法とされ、アリストテレスでは、真の命題からの論証的推理から区別され、確からしい前提からの推論を意味した。カントは、理性不可避的に陥る錯覚として、仮象論理の意に用いた。ヘーゲルは、思考存在を貫く運動発展論理ととらえたが、その本質思考概念)の自己展開にある。概念自己内に含む矛盾止揚して高次段階へ至るという論理構造は、一般には正・反・合定立反定立総合という三段階で説明されている。また、マルクスエンゲルスは、唯物論立場から、自然・社会歴史運動発展論理ととらえた。


べんしょう‐ほう ‥ハフ 【弁証法】

〔名〕 (ドイツ Dialektik訳語原語はもと、対話弁論の術を意味しソクラテスプラトンでは真の認識に至る方法とされた。アリストテレスでは、真偽未定場面での論議の術とみなされ、その後論理学一般をさす語として用いられた。カントはこの語を、推論だけで認識生み出すかのように思わせる仮象論理として用いた。ヘーゲル哲学では、形式論理学よりも積極的・具体的なものと解され、正・反・合段階を経ることによって矛盾止揚して高次認識に至るべき思考形式とされた。さらに、マルクスは、これを唯物論的に社会歴史発展論理とした。→弁証法的唯物論。〔普通術語辞彙(1905)〕


弁証法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 23:17 UTC 版)

弁証法(べんしょうほう、: διαλεκτική: dialectic)は、哲学の用語であり、現代において使用される場合、ヘーゲルによって定式化された弁証法、及びそれを継承しているマルクスの弁証法を意味することがほとんどである。それは、世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる(ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。しかし、弁証法という用語が指すものは、哲学史においてヘーゲルの登場よりも古く、ギリシア哲学以来議論されているものであり、この用語を使う哲学者によってその内容は多岐にわたっている。したがって「弁証法=ヘーゲルの弁証法的論理学」としてすべてを理解しようとするのは誤りである。弁証法は、元来哲学の内部で問題とされ、哲学固有の考え方、或いは哲学的論理というものであったが、今日では、ほとんど常識化され、無造作に用いられるようになった[1]


注釈

  1. ^ 意識は意識外の物を対象とする。一般に真理は対象の方に、確実性は意識の方にあると常識は考える。意識の経験は対象と意識の分裂態における経験である。
  2. ^ 悟性の立場を通り意識の経験は対象と意識との一致する自覚の状況に進み、真理と確実性とは合致し、意識は他の意識ではなく自己自身の意識である。
  3. ^ エヴァリッド・ヴァシーリエヴィチ・イリエンコフ(ロシア語: Э́вальд Васи́льевич Илье́нков, ラテン文字転写: Evald Vassilievich Ilyenkov、1924年2月18日—1979年3月21日)。ソビエト連邦の哲学者。マルクス主義哲学を研究。チェルヌイシェフスキー賞受賞者。著書に『カール・マルクスの「資本論」における抽象的なものと具体的なものの弁証法』、『偶像と理想について』。訳書にヘーゲル『大論理学』(ローゼンターリ、シトコフスキーとの共訳)。1979年に自殺。イリエンコフ『資本論の弁証法(カール・マルクスの「資本論」における抽象的なものと具体的なものの弁証法)』花崎皋平訳、合同出版、1979年、pp.369-377

出典

  1. ^ 高山岩男『辨證法入門』弘文堂、1949年、p.3
  2. ^ ディオゲネス・ラエルティオス『ギリシア哲学者列伝(下)』加来彰俊訳、岩波書店、1994年、pp.114-118。ISBN 4-00-336633-6
  3. ^ プラトン『パイドロス』藤沢令夫訳、岩波文庫、1967年、p.111
  4. ^ 高山岩男『辨證法入門』弘文堂、1949年、p.15
  5. ^ 高山岩男『辨證法入門』弘文堂、1949年、p.8
  6. ^ カール・マルクス『資本論』第1巻、前文
  7. ^ イリエンコフ『資本論の弁証法』花崎皋平訳、合同出版、1979年、p.7



弁証法

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 17:48 UTC 版)

名詞

弁証 べんしょうほう

  1. 哲学において真理接近到達)することを目的として提唱された方法一つで、少なくとも二人論者を必要とし、ある程度時間をかけて段階的に目標に向かって進む方法。(近代哲学においては単なる方法というよりも、方法についての理論方法論)という側面濃厚に持つ。)

発音

ベ↗ンショーホー

語源

哲学用語としてのドイツ語 Dialektik, 英語 dialectic訳語。その基は, 古典ギリシア語 διαλεκτική (ディアレクティケー)。

関連語




弁証法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弁証法」の関連用語

弁証法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



弁証法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弁証法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの弁証法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS