出典とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 書類 > 書物 > 出典の意味・解説 

出典

読み方:しゅってん

出典とは、出典の意味

出典とは、引用した語句情報源である文献のことである。自著引用した箇所があれば、出典を明記するのが一般的である。出典は、英語では source of reference引用情報源)と表現する。出典の同義語には「出所」が挙げられる

ちなみに同音異義語の「出展」は、展覧会など作品を出すことを意味する語であり出典とは異なる。

出典の書き方

出典の書き方は、レポート論文提出先決定するものだが、一般的には次の情報添えることが多い。


著作権法における出典、引用の解釈

日本においては出典について著作権法48条規定している。

引用範囲について著作権法第32条規定している。


関連サイト著作権法e-Gov

しゅっ‐てん【出典】

読み方:しゅってん

故事・成語引用文、また引用され語句などの出所である書物典拠。「―をさがす」「―を明示する


参考文献

(出典 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 15:14 UTC 版)

参考文献(さんこうぶんけん、: reference, works cited, bibliography など)とは、記事書籍・学術論文執筆など、著述を行う際に参考にした図書や文献、新聞記事、またはその書誌事項を記したもの。参考や引用を行った出所を出典(しゅってん、: source, citation)という。


  1. ^ CiNii. “論文詳細表示画面の使い方”. CiNii マニュアル. 2022年7月13日閲覧。
  2. ^ Howard 2012, pp. 199–220.
  3. ^ 村上 2019, pp. 31–79.
  4. ^ 村上 2019, pp. 167–182.


「参考文献」の続きの解説一覧

出典(JR)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 13:50 UTC 版)

長岡駅」の記事における「出典(JR)」の解説

^ a b2008年3月 Suicaがますます便利になります” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2007年12月21日), オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160304095817/https://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20071214.pdf 2020年5月29日閲覧。 ^ “2008年3月15日(土)モバイルSuica特急券サービス開始!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2007年12月21日), オリジナルの2020年5月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20161002133542/https://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20071215.pdf 2020年5月25日閲覧。 ^ a bSuicaご利用いただけるエリア広がります。” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2008年12月22日), オリジナルの2020年5月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200524150337/https://www.jreast.co.jp/press/2008/20081218.pdf 2020年5月25日閲覧。 ^ “Suica一部サービスご利用いただける駅が増えます” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2013年11月29日), オリジナルの2020年5月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200525143648/https://www.jreast.co.jp/press/2013/20131114.pdf 2020年5月25日閲覧。 ^ “CoCoLo長岡1階お土産品7月20日10時リフレッシュオープン 新潟土産を扱うショップNewオープン&リフレッシュオープン。中央通路装い一新!より便利で快適な駅へ!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社トッキー, (2018年7月18日), オリジナルの2020年5月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200528155745/https://www.jrniigata.co.jp/press/20180718CoCoLonagaoka.pdf 2020年5月29日閲覧。 ^ “CoCoLo長岡 CoCoLoMart(ココロマート) 12月10日(火)10:00 リフレッシュオープン! 県内初出店2ショップを含む 生鮮・食品専門店 全5ショップご紹介” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社トッキー, (2019年11月29日), オリジナルの2020年5月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200528160045/https://www.jrniigata.co.jp/press/20191129cocolomart.pdf 2020年5月29日閲覧。 ^ a b “「新幹線eチケットサービス」が始まります!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道北海道旅客鉄道西日本旅客鉄道, (2020年2月4日), オリジナルの2020年2月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200226110513/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200204_ho01.pdf 2020年5月25日閲覧。 ^ “タッチでGo!新幹線 サービスエリア拡大について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年11月12日), オリジナルの2020年11月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201113025314/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf 2020年11月14日閲覧。 ^ “STATION WORK2020年度100カ所ネットワークへ ~東日本エリア全域一挙拡大。ホテルワーク・ジムワークなどの新たなワークスタイル提案します~” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2021年2月8日), オリジナルの2021年2月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210208053136/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210208_ho04.pdf 2021年2月8日閲覧。 ^ a b信越本線長岡駅生まれ変わります!” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2006年10月19日), オリジナルの2006年11月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20061105034028/http://www.jrniigata.co.jp/061019nagaokaekipuresu.pdf

※この「出典(JR)」の解説は、「長岡駅」の解説の一部です。
「出典(JR)」を含む「長岡駅」の記事については、「長岡駅」の概要を参照ください。


出典(Webなど)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 01:02 UTC 版)

キッチン戦隊クックルン (3代目)」の記事における「出典(Webなど)」の解説

^ a b c d4月から新シリーズスタート!料理おいしさパワーでたたかう『ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン』”. ママスタセレクト. インタースペース (2018年3月1日). 2021年9月23日閲覧。 ^ “木村佳乃NHK子ども番組初挑戦!「クックルン」で食材怪人と戦う主人公の母演じる”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年6月16日). 2021年9月23日閲覧。 ^ “ついにアズキ茶太郎パパ登場!「ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン」”. ウーマンエキサイト. エキサイト (2019年1月11日). 2019年2月9日閲覧。 ^ .mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}小林テキーラ [@tetete_tequila] (2017年4月3日). "突然ですが本日から放送です。" (ツイート). Twitterより2021年9月23日閲覧。 ^ “Eテレゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン2018年夏キャンプスペシャル放送”. ママスタセレクト. インタースペース (2018年8月1日). 2019年3月24日閲覧。 ^ a b 恒松あゆみ (2017年5月17日). “ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン”. FC2ブログ. 2019年3月24日閲覧。 ^ “番組表”. 日本放送協会. 2022年2月12日閲覧。 ^ “これまでに紹介したレシピ”. 日本放送協会. 2022年2月11日閲覧。 ^ “「ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン」に、あの“ひふみん”がアニメ登場!”. ウーマンエキサイト. エキサイト (2018年10月8日). 2018年10月27日閲覧

※この「出典(Webなど)」の解説は、「キッチン戦隊クックルン (3代目)」の解説の一部です。
「出典(Webなど)」を含む「キッチン戦隊クックルン (3代目)」の記事については、「キッチン戦隊クックルン (3代目)」の概要を参照ください。


出典(新聞記事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 14:29 UTC 版)

岐阜近鉄百貨店」の記事における「出典(新聞記事)」の解説

^ a b 1989年05月24日 中日新聞 朝刊 岐阜総合版『女子社員夏制服3年ぶりに一新 岐阜近鉄百貨店26日から着用』 ^ 「売上高1575千万円 岐阜近鉄百貨店 62年2月期の決算1987年0423日 中日新聞 朝刊 岐阜総版(中日新聞社) ^ 1988年11月08日 中日新朝刊 岐阜第2総 ^ 『前面競争直前の「秋の陣岐阜市内のデパート 「MASA21」は11月開業建設進む』1988年09月30日 中日新聞 朝刊 岐阜第2総 ^ 名古屋の4百貨店 東海地方主要都市進出火花 贈答品販売拡大狙う 1989年0129日 中日新聞 朝刊 広域経済 15頁 ^ 子供商品高級化 岐阜近鉄百貨店 60周年前に店内改装 1989年08月03日 中日新朝刊 岐阜総合版 ^ 「実現幾多の難関 地域発展前向き 新岐阜駅周辺再開発計画 歓迎反発反応さまざま」1991年07月05日 中日新聞 朝刊 岐阜岐阜 ^ “京都近鉄百、岐阜店駐車場収容台数倍に。”. 日経流通新聞 (日本経済新聞社): p. 6. (1991年11月7日) ^ 岐阜近鉄百貨店店長退任内定 1997年0418日 中日新聞 朝刊 岐阜総合21頁 ^ a b新規ブランドなど新たに店舗開店 改装進む岐阜近鉄百貨店1997年0419日 中日新聞 朝刊 岐阜近郊版岐各羽 22頁 ^ 1997年09月13日 中日新聞 朝刊 岐阜総合 21頁『段階的改装岐阜近鉄百貨店 来月17日“完全オープン1回から4回まで 婦人物売場に』 ^ ライバル けん引役へ期待柳ケ瀬ものがたり パート2:2)/岐阜 1997年7月10日朝日新聞朝刊 ^ a b c d 岐阜近鉄百貨店閉鎖へ 9月売り上げ不振で 1999年0426日 中日新聞 夕刊 1面 1頁 ^ 1999年0427日 中日新聞 朝刊 岐阜県岐阜 岐阜近鉄百貨店閉鎖決定 柳ケ瀬に、市民衝撃 郊外店と競合し打撃 相次ぐ進出 深刻な空洞化証明 ^ a b [とれたてNEWS丼]近鉄百貨店撤退揺れ岐阜柳ケ瀬ブランド」 /愛知 毎日新聞 1999年7月23日 地方版愛知 ^ a b 1999年10月1日 朝日新聞 朝刊34岐阜『「蛍の光」にむせび泣き 岐阜近鉄百貨店閉店岐阜』 ^ 岐阜近鉄百貨店ビル取り壊し来年延期--柳ケ瀬シンボル地元配慮 - 毎日新聞 1999年8月29日 中部朝刊27面 ^ a b岐阜近鉄百貨店 跡地本社売却”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 34. (2000年7月29日) ^ 1997年12月21日 中日新聞 朝刊 岐阜総合 19頁「中日慈善バザーにどうぞ 婦人服台所用品安く販売 岐阜23日から」 ^ “99年岐阜回顧(5) 岐阜近鉄百貨店閉鎖 しにせ消え各界衝撃 まだ再就職先ない社員も”. 中日新聞 朝刊 岐阜県版 (中日新聞社): p. 岐阜. (1999年12月28日) ^ 1994年12月06日 中日新聞 朝刊 1面 01JR駅西地区への移転 岐阜近鉄百貨店検討と交渉 再開発計画弾み ^ “岐阜近鉄百、「近鉄アミコ」を改装――女性客獲得狙う”. 日経流通新聞 (日本経済新聞社): p. 6. (1991年11月21日) ^ 『近鉄岐阜の2ホテル撤退長良川本館ルネッサンス――収入減債務超過』 - 2000年1月19日 日本経済新聞朝刊 地方経済面・中部 7面 ^ “大日本土木破たん 近鉄グループ県内撤退相次ぐ”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 30. (2002年7月6日)

※この「出典(新聞記事)」の解説は、「岐阜近鉄百貨店」の解説の一部です。
「出典(新聞記事)」を含む「岐阜近鉄百貨店」の記事については、「岐阜近鉄百貨店」の概要を参照ください。


出典(ニュース・新聞)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 19:06 UTC 版)

佐渡汽船」の記事における「出典(ニュース新聞)」の解説

^ “西三川ゴールドパーク(新潟県真野町)―人工の川で砂金採り名所新景)”. 日本経済新聞: p. 12 夕刊. (1991年3月7日) ^ “オートキャンプ人気上昇新潟県内施設相次ぎ新増設。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済新潟. (1991年8月4日) ^ “佐渡汽船、弾野にオートキャンプ場来年6月オープン観光菜園など併設。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済新潟. (1992年7月8日) ^ “「佐渡能楽の里」きょうオープン初年度年商4億円目標。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済新潟. (1997年4月16日) ^ “新潟ふるさと村社長渡辺正之氏―ふるさと村再建築の方向(焦点聞く)”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済新潟. (1994年1月27日) ^ “佐渡汽船みちのり傘下に 会長新潟交通提携必要」”. 日本経済新聞 (2022年3月31日). 2022年4月1日閲覧。 ^ “佐渡汽船みちのりHD傘下入り発表”. 日本経済新聞 (2022年2月7日). 2022年2月7日閲覧。 ^ “きょうか使用開始”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1981年7月21日) ^ “「すいせい」が竣工”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1991年4月24日) ^ “佐渡汽船ときわ丸就航”. 新潟日報. (2014年4月8日). https://web.archive.org/web/20140409234505/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20140408105205.html - WayBack Machineによるアーカイブ ^ “佐渡汽船新潟両津航路新造カーフェリーときわ丸」が就航”. レスポンス. (2014年4月18日). http://response.jp/article/2014/04/18/221511.html ^ “佐渡汽船寺泊小木航路 運輸局運航許可”. 日本経済新聞. (2019年2月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41343170V10C19A2L21000/ ^ a b “「あかね」に感謝惜別 佐渡汽船 最後の営業運航”. 新潟日報. (2021年3月21日). オリジナルの2021年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://archive.ph/g4X0e 2021年3月22日閲覧。 ^ “高速カーフェリー「あかね」 最後の定期運航”. 新潟日報. (2020年11月16日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20201116581522.html ^ Jフォイル14日から本来の7往復に[リンク切れ]新潟日報モア2019年4月13日2019年7月28日閲覧。 ^ Jフォイル「ぎんが」運航復帰 4カ月ぶり/座席改修安全に配慮[リンク切れ]新潟日報モア2019年7月19日2019年7月28日閲覧。 ^ “佐渡汽船双胴高速カーフェリー58億円で発注小木直江津航路投入”. レスポンス. (2013年11月29日). http://response.jp/article/2013/11/29/211939.html ^ “佐渡汽船、「こがね丸売却へ高速カーフェリー投入で”. レスポンス. (2015年1月6日). http://response.jp/article/2015/01/06/240965.html ^ “佐渡汽船新規フォイル導入断念 「あかね」代替既存転用の方針”. 新潟日報. (2020年10月16日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20201016575113.html ^ “佐渡汽船 赤字続きの「赤泊寺泊航路 撤退を軸に協議へ”. 産経新聞. (2017年7月14日). https://www.sankei.com/life/news/170714/lif1707140017-n1.html ^ “月24往復以上に削減 佐渡汽船 寺泊赤泊航路”. 新潟日報. (2018年1月18日). https://web.archive.org/web/20180121012743/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20180118368874.html - WayBack Machineによるアーカイブ ^ “寺泊赤泊廃止知事やむを得ない佐渡汽船航路見解”. 新潟日報. (2018年10月24日). https://web.archive.org/web/20181106220338/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20181024427839.html - WayBack Machineによるアーカイブ ^ “佐渡汽船 寺泊小木航路試験運航始まる”. 新潟日報. (2018年7月19日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000015568 ^ “佐渡ニューホテル、来月で自主廃業。”. 日本経済新聞: p. 22 地方経済新潟. (2002年10月31日)

※この「出典(ニュース・新聞)」の解説は、「佐渡汽船」の解説の一部です。
「出典(ニュース・新聞)」を含む「佐渡汽船」の記事については、「佐渡汽船」の概要を参照ください。


出典(新聞・ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 01:20 UTC 版)

上越市立水族博物館」の記事における「出典(新聞・ニュース)」の解説

^ a b c 浅見茂晴(2015年4月2日). “上越市立水族博物館:新し指定管理ペンギン応援式”. 毎日新聞 (毎日新聞社) ^ a b c d e f “夏休みお勧め新潟上越市うみがたりリニューアル1カ月年間入館者数超え”. 産経ニュース. (2018年8月27日). https://www.sankei.com/premium/news/180827/prm1808270002-n1.html 2019年8月20日閲覧。 ^ “上越市立水族博物館うみがたり」が本格オープン”. 朝日新聞デジタル (2018年6月27日). 2018年7月21日閲覧。 ^ “新水博物館うみがたり」は6月26日オープン 日本一から世界一に”. 上越タウンジャーナル (2018年4月11日). 2018年7月5日閲覧。 ^ “ケロポンズダンス創作 上越水族館・うみがたりイメージ”. 北陸新幹線行こう!北陸・信越観光ナビ新潟日報). (2018年6月12日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000015056 2019年8月20日閲覧。 ^ a b “現・上越水族博物館14日終了 水槽に入る企画”. 北陸新幹線行こう!北陸・信越観光ナビ新潟日報). (2017年5月11日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000010634 2019年8月20日閲覧。 ^ “海の友だち待ってるよ うみがたりグランドオープン 上越”. 北陸新幹線行こう!北陸・信越観光ナビ新潟日報). (2018年6月27日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000015268 2019年8月20日閲覧。 ^ “「うみがたり」が入館者100万人を突破 イルカジャンプ祝福”. 上越タウンジャーナル (2019年8月11日). 2020年6月21日閲覧。 ^ a b “「うみがたりが国初のマゼランペンギン生息域外重繁殖地に”. 上越タウンジャーナル (2019年10月28日). 2020年6月21日閲覧。 ^ “なぜか腹だ真っ上越市立水族博物館うみがたり珍しナマコ展示”. 上越タウンジャーナル (2019年5月30日). 2019年7月14日閲覧。 ^ “マンボウを初め生体展示 上越市立水族博物館うみがたり”. 上越タウンジャーナル (2019年6月30日). 2019年7月14日閲覧。 ^ “上越市立水族博物館うみがたり」のマンボウ死ぬ”. 上越タウンジャーナル (2019年7月10日). 2019年7月14日閲覧。 ^ “珍しい「アオイガイ」を生きた態で展示うみがたり」が早めの鑑呼び掛け”. 上越タウンジャーナル (2019年11月6日). 2020年6月21日閲覧。 ^ “【1月25日2月7日イベント】 少雪まつり内容変更も”. 上越タウンジャーナル (2020年1月24日). 2020年6月21日閲覧。 ^ “うみがたり人気者 シロイルカの「リーヤ」死ぬ”. 上越タウンジャーナル (2020年5月21日). 2020年6月21日閲覧。 ^ a b目玉展示シロイルカ全滅 うみがたり オープンからわずか2年”. 上越タウンジャーナル (2020年7月3日). 2020年7月3日閲覧。 ^ http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/13428.html[リンク切れ] ^ “先月オープンの「うみがたり」でイルカ1頭死ぬ ショー当面3頭で”. 上越タウンジャーナル (2018年7月13日). 2018年7月14日閲覧。 ^ “環境ストレス? 「パフォーマンス実施慎重にイルカ2頭の死で上越市議会が市側に要請”. 上越タウンジャーナル (2019年3月14日). 2019年7月1日閲覧。 ^ “冬は幻想的な水中パフォーマンス 上越市立水族博物館うみがたりイルカショー一新”. 上越タウンジャーナル (2019年10月31日). 2019年7月1日閲覧。 ^ “うみがたりバンドウイルカアルク」死ぬ 昨年続き頭目”. 上越タウンジャーナル (2019年3月11日). 2019年7月1日閲覧。 ^ “イルカ豪快な水しぶき”でびしょ濡れ! 「うみがたり」で夏限定の新プログラム始まる”. 上越タウンジャーナル (2019年7月13日). 2019年7月14日閲覧。 ^ “ハイジャンプで鐘鳴ら9月2日から新プログラム うみがたりのイルカパフォーマンス”. 上越タウンジャーナル (2019年8月30日). 2020年6月21日閲覧。 ^ “【11月23日12月6日イベント晩秋から師走イベント満載”. 上越タウンジャーナル (2019年11月22日). 2020年6月21日閲覧。 ^ “専門家による第三者検証設置イルカ連続死の原因究明 上越市教委”. 上越タウンジャーナル (2020年7月20日). 2021年2月12日閲覧。 ^ “「うみがたりイルカ連続死の原因究明始ま第三者検証委員会初会合”. 上越タウンジャーナル (2020年8月7日). 2021年2月12日閲覧。 ^ “屋外プール原因の可能性うみがたりイルカ連続検証委が報告書”. 上越タウンジャーナル (2020年2月10日). 2021年2月12日閲覧。 ^ “東京スカイツリー引越し マゼランペンギン 上越から”. 上越タウンジャーナル (2012年2月27日). 2018年7月4日閲覧

※この「出典(新聞・ニュース)」の解説は、「上越市立水族博物館」の解説の一部です。
「出典(新聞・ニュース)」を含む「上越市立水族博物館」の記事については、「上越市立水族博物館」の概要を参照ください。


出典(市・県・国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 09:57 UTC 版)

見附市」の記事における「出典(市・県・国)」の解説

^ 新潟県情報 - 降積雪資料 - 見附市 - 新潟県 ^ 第1回コンパクトシティ大賞最高賞受賞しました - 見附市 ^ 第5回プラチナ大賞最高賞受賞しました - 見附市 ^ 第3回先進的まちづくりシティコンペで国土交通大臣賞受賞しました - 見附市 ^ 市ガス事業民営化 北陸ガス株式会社ガス事業運営スタート - 見附市 ^ a b c d e f g h i j k l m n とうけい各年参照 ^ 新築建売住宅取得補助します - 見附市 ^ 中古住宅取得補助します - 見附市 ^ 高齢化率推移 - 会津若松市 ^ a b 広報見附 令和2年(2020年)10月号 (PDF) - 見附市 ^ a b c 見附市決算状況-財政事情公表各年参照 ^ a b c d e 広報見附各年参照 (PDF) - 見附市 ^ 広報見附 平成30年(2018年)10月号 P.8-11 (PDF) - 見附市 ^ 統一的な基準による地方公会計マニュアル令和元年8月改訂) - 総務省 ^ a b 財務書類分析レポート - 見附市 ^ 豪雨災害対応ガイドブック - 見附市 ^ ハザードマップ今一度ご確認ください - 見附市 ^ トイレトレーラー導入について - 見附市 ^ トイレトレーラー導入されました - 見附市 ^ 村上見附妙高 災害時庁舎機能移転含む協定締結 - 見附市 ^ 遊水地田んぼダム豪雨被害軽減大きな役割 - 見附市 ^ 見附市田んぼダム事業 - 見附市 ^ 今後選挙について任期満了一覧表) - 見附市 ^ 正副議長等の交代について - 見附市 ^ 平成31年4月7日執行 県議会議員選挙 - 新潟県 ^ 2010年農林業センサス結果(販売農家)|付録長岡市統計年鑑(平成23年版) ^ 市町村の姿グラフ統計でみる農林水産業 - 農林水産省 ^ 平成18年工業統計調査速報値) ^ まちなか賑わい向けた取組み - 見附市 ^ まちなか賑わい支援事業補助金とは - 見附市 ^ 姉妹都市提携40周年祝い ブラジル・マイリンケ市で式典 - 見附市 ^ とうけい2018 2.人口 (PDF) - 見附市 ^ 見附市地域コミュニティ - 見附市 ^ 水道事業について - 見附市 ^ 見附市水道ビジョン 平成20年度~30年度 (PDF) - 見附市 ^ 見附市水道ビジョン2020 (PDF) - 見附市 ^ 【青木浄水場更新事業募集要項公表します - 見附市 ^ 【青木浄水場更新事業事業契約の締結について - 見附市 ^ 広報見附 令和3年(2021年)4月号 P.12 (PDF) ^ 見附市下水道事業経営戦略概要版】 (PDF) ^ 新潟県汚水処理人口普及率(令和元年度末) - 新潟県 ^ 新潟県下水道接続率(令和元年度末) - 新潟県 ^ ガス事業について - 見附市 ^ a b 令和元年度ガス事業決算書 - 見附市 (PDF) ^ 健幸都市 - 総務省 ^ 平成30年度 見附市健幸ポイント参加者募集 - 見附市 ^ ネーブルみつけ - 見附市 ^ 子育て応援カードご案内 - 見附市 ^ デマンド型乗合タクシーご利用ください - 見附市 ^ 見附市コミュニティバス 時刻表運賃ルートについて - 見附市 ^ コミュニティバス位置携帯パソコンわかります。 - 見附市 ^ 見附市公共交通路線網 平成 29 年4月 (PDF) - 見附市 ^ 「緑の回廊バス出発進行~! - 見附市 ^ 見附市公共交通取り組み - 見附市 ^ みつけレンタサイクル4月1日より実施します - 見附市 ^ 越後長岡百景 - 新潟県 ^ 街路樹イルミネーション実行委員会メンバー募集 - 見附市 ^ 平成15年第3回(6月)見附市議会定例会会議録(第3号) - 見附市 ^ 見附市出身漫画家カトウコトノさんが第41回講談社漫画賞受賞 - 見附市

※この「出典(市・県・国)」の解説は、「見附市」の解説の一部です。
「出典(市・県・国)」を含む「見附市」の記事については、「見附市」の概要を参照ください。


出典(Source)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 22:44 UTC 版)

リョマル」の記事における「出典(Source)」の解説

^ “CoverGirls星降る夜の通り雨MUSIC VIDEO 公開続編公開決定”. lopi-lopi (2016年5月8日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “2025年から来たキミイロアイドル、CoverGirls今春メジャーデビュー 音楽ナタリー”. SPICE.eplus (2016年3月6日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “キミイロアイドルCoverGirls5th Singleリリースイベント開催!!”. ameba news (2015年7月26日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “J-Pop CDシングル CoverGirls 星降る夜の通り雨 (TypeC)”. tower records (2016年5月24日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “アイドル生演奏聴かせるアコースティックイベント「IDOL acoustic vol.3終了!”. miuzic (2016年9月19日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “emotional voice”. Innocent Days Riicoオフィシャルブログ by Ameba (2019年3月21日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “新生りり!”. Innocent Days Riicoオフィシャルブログ by Ameba (2019年4月14日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “【りりLIVE】「シアワセ」(at 夜空と月のピアス in 名古屋)2019.8.18”. miuzic Entertainment (2019年8月20日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “【LIVE情報・M.F.s.i-s】2019.11.16(SatIDOL Acoustic vol.18”. icmworks.(ex.i*chip_memory) ©︎2020 Monster Project LLC. Powered by SKIYAKI Inc. (2019年11月16日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “カラクリコネクション”. 武藤航official website- (2018年11月5日). 2020年10月5日閲覧。 ^ .mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg")right 0.1em center/9px no-repeat}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg")right 0.1em center/12px no-repeat}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:none;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}@freedom_gpp (2022年4月15日). "🌎pickup🕊️ いよいよ4/16(土)ステージデビュー!【我らが地球青い鳥】#ワレトリ🎫t.livepocket.jp/e/fastfes6" (ツイート). Twitterより2022年4月19日閲覧。 ^ “【LIVE】風/リョマル(オリジナル曲)”. リョマル (2021年5月10日). 2021年5月27日閲覧。 ^ “【LIVEリョマルシアワセ」(2019.9.28)”. miuzic Entertainment (2019年10月12日). 2020年10月5日閲覧。 ^ a b “【Music Videoカフェオレリョマル”. リョマル (2020年12月25日). 2020年12月25日閲覧。 ^ a b “【MusicVideo】暦/リョマル”. リョマル (2020年9月21日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “【LIVE灰色/リョマル(オリジナル曲)”. リョマル (2020年9月2日). 2020年10月5日閲覧。 ^ “【LIVE焼肉ハイボール/MC/風(オリジナル曲ライブ映像)”. リョマル (2021年6月19日). 2021年6月19日閲覧

※この「出典(Source)」の解説は、「リョマル」の解説の一部です。
「出典(Source)」を含む「リョマル」の記事については、「リョマル」の概要を参照ください。


出典(新聞・ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 03:15 UTC 版)

丸大 (新潟県)」の記事における「出典(新聞・ニュース)」の解説

^ a b c d e f gプライス丸大 8月閉店”. 新潟日報 (新潟日報社). (2000年7月1日) ^ 上越タウンジャーナル「イトーヨーカドー直江津店来年5月めどに閉店へ|上越タウンジャーナル」『上越タウンジャーナル』。2018年11月12日閲覧。 ^ “イトーヨーカ堂、ネットスーパー・サービスを新潟全4店で展開”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年7月8日) ^ a b “「丸大オープン戦争に突入”. 越後タイムス (越後タイムス社). (1981年4月26日) ^ a b新潟県ヨーカドー丸大長岡店閉店へ” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34846790R30C18A8L21000/ 2018年9月1日閲覧。 ^ “新潟ヨーカドー丸大撤退 柏崎駅前商店、住民に不安:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASL8F6D1YL8FUOHB00L.html 2018年8月19日閲覧。 ^ “ヨーカドー柏崎店8月閉店老朽化売上減が理由か”. archive.li. 新潟日報 (2018年3月15日). 2019年6月1日閲覧。 ^ “イトーヨーカドー丸大柏崎店閉店 建物解体の方針、跡地利用未定”. www.niigata-nippo.co.jp. 新潟日報 (2018年8月19日). 2019年6月1日閲覧。 ^ “ヨーカドー丸大長岡店 閉店来年2月11日社会新潟県内ニュース新潟日報モア”. archive.li (2018年12月30日). 2018年12月30日閲覧。 ^ “イトーヨーカ堂/「ヨーカドー丸大新潟店刷新簡便商品惣菜強化 | 流通ニュース”. web.archive.org (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。 ^ “家電量販店ノジマ新店舗 イトーヨーカドー丸大新潟店29日オープン経済新潟県内ニュース新潟日報モア”. www.niigata-nippo.co.jp (2019年6月22日). 2019年8月12日閲覧。 ^ “食品売り場拡充 12日改装オープン イトーヨーカドー丸大新潟店経済新潟県内ニュース新潟日報モア”. archive.ph (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。 ^ “〝攻め〟の新装開店期待拍手 新潟イトーヨーカドー丸大経済新潟県内ニュース新潟日報モア”. www.niigata-nippo.co.jp (2019年7月16日). 2019年8月12日閲覧。 ^ “懐かしの丸大看板 30年ぶり復活 新潟店屋上 にぎわい願い”. 新潟日報. (2019年11月29日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20191129510349.html ^ “丸大柏崎全館オープン”. 越後タイムス (越後タイムス社). (1986年10月5日) ^ “イトーヨーカドー丸大長岡店2月11日閉店 :日本経済新聞”. archive.vn (2019年1月5日). 2019年1月5日閲覧。 ^ “地元を含む5社グループ購入 2月閉店イトーヨーカドー丸大長岡店土地建物社会新潟県内ニュース新潟日報モア”. archive.ph (2019年1月8日). 2019年1月8日閲覧。 ^ “「丸大ストアそのまま”. 越後タイムス (越後タイムス社). (1981年4月5日) ^ “東本町2丁目丸大ストア閉店”. 越後タイムス (越後タイムス社). (1981年8月30日) ^ “4日33万人地元が9割 富山の「フェリオ祭り」を検証”. 富山新聞 (富山新聞社). (2007年9月25日)

※この「出典(新聞・ニュース)」の解説は、「丸大 (新潟県)」の解説の一部です。
「出典(新聞・ニュース)」を含む「丸大 (新潟県)」の記事については、「丸大 (新潟県)」の概要を参照ください。


出典(行政)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 03:15 UTC 版)

丸大 (新潟県)」の記事における「出典(行政)」の解説

^ a b c d e 長岡市100年のあゆみ編集委員会編 『長岡市100年のあゆみ』長岡市2006年3月。 ^ a b 新潟市中心市街地活性化基本計画 第10章 中心市街地における都市機能集積促進を図るための措置に関する事項 p.157 (Report). 新潟市. (2012-12). https://www.city.niigata.lg.jp/shisei/tokei/machisai_top/chuukatsu.html. ^ a b 高岡市中心市街地活性化基本計画 平成19年11月30日 (Report). 高岡市. (2007-11-30). ^ a b c d 長岡市中心市街地活性化基本計画 第3期計画 (Report). 長岡市. (2019). https://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/cate01/chukatsukeikaku/index.html. ^ ながおか市政だより No.331 1982年3月 pp.12-13 長岡駅前に共同ビル城内地区59年完成目指す - 長岡市 ^ ながおか市政だより No.394 1987年6月 p.4 長岡駅前「城内ビル」、来年11月オープン - 長岡市 ^ ながおか市政だより No.411 1988年11月 p.11 城内地区再開発ビル11月25日オープン - 長岡市 ^ a b c “【店舗名イトーヨーカドー丸大長岡店第 8 号様式第15条附則第8項関係) 地域貢献実施状況報告書”. 新潟県. 2018年12月28日閲覧

※この「出典(行政)」の解説は、「丸大 (新潟県)」の解説の一部です。
「出典(行政)」を含む「丸大 (新潟県)」の記事については、「丸大 (新潟県)」の概要を参照ください。


出典(新聞・ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 07:03 UTC 版)

新潟県中越地震」の記事における「出典(新聞・ニュース)」の解説

^ a b 新潟県中越地震から15年 今も生きる地震教訓 - ウェザーニュース ^ 朝日新聞 2005年8月31日六本木ヒルズエレベーター中越地震ワイヤ切断 ^ “【新潟県中越地震小泉首相映画祭連絡受ける 作品鑑賞中止”. (2004年10月23日). http://www.asahi.com/special/041023/TKY200410230268.html 2016年7月9日閲覧。 ^ “中越地震生き埋め男児発見警備犬レスター天国へ”. 朝日新聞. (2015年12月4日). http://www.asahi.com/articles/ASHD465HVHD4UTIL04D.html 2015年12月5日閲覧。 ^ “奇跡の犬レスター号、死す 中越地震2歳男児92時間ぶり救出”. スポーツ報知. (2015年12月5日). http://www.hochi.co.jp/topics/20151205-OHT1T50001.html 2015年12月5日閲覧。 ^ “新潟中越地震長岡仮設住宅、市幹部無資格入居 被災者カンカン別荘なのか」”. 毎日新聞 (2007年12月2日). 2007年5月14日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2007年12月2日閲覧。 ^ 中日新聞2004年10月25日朝刊 [要文特定詳細情報] ^ 中日選手会地震被災地100万寄付プロ野球 - 時事通信2004年10月24日 17時30分 更新)[リンク切れ] ^ “紀宮さまと黒田さん婚約宮内庁内定正式発表”. asahi.com ビデオニュース (朝日新聞社). (2004年12月30日). http://www.asahi.com/motion/TKY200412300116.html 2016年7月9日閲覧。 ^ 追悼そして復興へ 中越地震発生から6年各地行事 朝日新聞2010年10月23日 [要検証ノート] ^ “いつもそばに 震災ペット (5) 避難所 中越経験生かす”. 読売新聞 岩手版. (2015年2月28日). http://www.yomiuri.co.jp/local/iwate/feature/CO013911/20150227-OYTAT50069.html 2016年6月25日閲覧。 ^ “きょうは何の日2007年12月8日 映画『マリと子犬の物語』上映された日」”. DON!. 日本テレビ (2010年12月8日). 2016年6月26日閲覧。 ^ 蒔田備憲 (2008年1月16日). “阪神大震災13年災害弱者あなたの隣に/上 避難所盲導犬受け入れ態勢”. 毎日新聞 滋賀版: p. 24. "04年の新潟県中越地震で、「クララ」...と暮らす(引用略)さん...の自宅半壊した避難所には、...一時は200人が集まっていたが、当時担当職員クララ一緒に避難所入ること認めた。...住民拍手歓迎したクララ全国初め避難所入った盲導犬になった。"

※この「出典(新聞・ニュース)」の解説は、「新潟県中越地震」の解説の一部です。
「出典(新聞・ニュース)」を含む「新潟県中越地震」の記事については、「新潟県中越地震」の概要を参照ください。


出典(国の機関及び自治体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 07:03 UTC 版)

新潟県中越地震」の記事における「出典(国の機関及び自治体)」の解説

^ “震度データベース検索”. 気象庁. 2019年8月1日閲覧。 ^ “新潟県中越大震災関連情報:「新潟県中越大震災」の呼称について”. 新潟県 (2004年11月29日). 2021年1月23日閲覧。 ^ 【平成16年(2004年)新潟県中越地震2004年10月23日17時56新潟県中越地方 M6.8 気象庁 ^ 各地震度 気象庁 ^ a b 災害時地震速報 平成16年(2004年)新潟県中越地震 (PDF) 気象庁 ^ 防災科学技術研究所: “強震観測網”. 2014年3月16日閲覧。 ^ 新潟県中越地震北陸地方整備局のこの1年ー(第1章 新潟県中越地震概要国土交通省 北陸地方整備局 ^ 新潟平野静穏化地域周辺地震活動特性について (PDF) 地震予知連絡会 会報57巻 ^ 新潟平野静穏化地域周辺地震活動(震研) (PDF) 地震予知連絡会 会報66巻 ^ 2004年新潟県中越地震前の静穏化b値低下防災科研) (PDF) 地震予知連絡会 会報73巻 ^ 平成16年(2004年)新潟県中越地震確定報) - 消防庁.2009年10月日付 - WARPによるアーカイブ ^ 国総研資料616砂防事業に関する調査・研究動向(その7):第3分科会 新潟県中越地震 芋川河道閉塞対策国土交通省 湯沢砂防事務所国総研 ^ 水産総合研究センター水産庁栽培養殖課 (2004年11月16日). “資料5-3 新潟県中越地震にかかる錦鯉養殖業への技術的対応について (PDF)”. 平成16年度第8回農林水産技術会議懇談会). 農林水産省. 2016年7月9日閲覧。 - WARPによるアーカイブ ^ 東京消防庁消防救助機動部隊ハイパーレスキュー)について - WARPによるアーカイブ ^ 中山間地等の集落散在地域における地震防災対策に関する検討会第4回資料2(2) - 内閣府 ^ “新潟県中越大震災義援金受入配分結果報告”. 新潟県県民生活・環境震災復興支援課. 2019年9月14日閲覧。 ^ 新潟県中越大震災に関する情報 - 新潟県防災局.2019年9月14日閲覧。 ^ 「新潟県中越大震災災害対策本部」を解散しました。 - 新潟県防災危機対策課.2019年9月14日閲覧。 ^ “記録集新潟県中越大震災 動物救済本部活動の記録”. 新潟県. p. 2 (2015年4月23日). 2019年9月14日閲覧。 ^ a b cActive Woman fileミュージシャン 平原綾香さん」”. 平成21年度 広報ぼうさい. 内閣府 (2009年9月). 2016年7月9日閲覧

※この「出典(国の機関及び自治体)」の解説は、「新潟県中越地震」の解説の一部です。
「出典(国の機関及び自治体)」を含む「新潟県中越地震」の記事については、「新潟県中越地震」の概要を参照ください。


出典(新聞記事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 13:50 UTC 版)

長岡駅」の記事における「出典(新聞記事)」の解説

^ 『スマートなそば屋開店長岡駅ホーム昭和28年2月27日読売新聞新潟読売B ^ 『きょう着工 長岡市中央地下道昭和29年7月1日読売新聞新潟読売B ^ 『きょう開通式 県下初の長岡駅地下道昭和30年2月1日読売新聞新潟読売B ^ 『長岡駅屋上ネオン昭和30年7月21日読売新聞新潟読売B ^ 『長岡駅地下道全部完成昭和30年8月3日読売新聞新潟読売B ^ 『おつり出る乗車券自動発売新潟など三駅に新設 乗客便利だ大喜び 新潟支社昭和44年12月11日読売新聞新潟県民版 ^ 『仮駅舎が完成 業務開始 長岡駅昭和49年7月10日読売新聞新潟読売 ^ 「上越新幹線長岡駅完成 在来線部分使用開始」『交通新聞交通協力会1980年4月20日3面。 ^ 「きょうオープン 新鉄管内初の駅ビル「セゾン・ド・ナガオカ」」『交通新聞交通協力会1980年7月3日2面。 ^ 「スムーズ乗降威力 JR新潟支社 新幹線新潟駅自動改札機」『交通新聞交通新聞社1999年1月12日3面。 ^ a bCoCoLo長岡 西館全面改装」『交通新聞交通新聞社2017年10月18日2面。 ^ “奥羽羽越新幹線必要性訴え 山形知事” (日本語). 日本経済新聞 電子版. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27152470Q8A220C1L01000/ 2018年10月16日閲覧。 ^ “まち見つめて大和撤退】(中)個性化迫られる商店街”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2010年4月23日) ^ a bプライス丸大 8月閉店”. 新潟日報 (新潟日報社). (2000年7月1日) ^ “テナント撤退続き娯楽主体転換、丸専”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (1998年7月22日) ^ “ダイエー新潟店 11月閉鎖決定”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2005年10月5日) ^ “商店街ルネサンス まちは今「大和撤退<上>長岡駅変容好機に”. 読売新聞 (読売新聞社). (2010年4月22日)

※この「出典(新聞記事)」の解説は、「長岡駅」の解説の一部です。
「出典(新聞記事)」を含む「長岡駅」の記事については、「長岡駅」の概要を参照ください。


出典(新聞・ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 23:56 UTC 版)

萬代橋ライン」の記事における「出典(新聞・ニュース)」の解説

^ “新潟市の新バスシステム始動 中心部郊外分離運行”. 日本経済新聞. (2015年9月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO91377320U5A900C1L21000/ 2019年8月11日閲覧。 ^ “新潟BRT考える (上) 乗り換え増、利用者負担”. 産経新聞. (2015年8月25日). https://www.sankei.com/region/news/150825/rgn1508250059-n1.html 2019年8月11日閲覧。 ^ “都市の未来BRT地方公共交通を救う!?”. 日経BP. (2018年2月6日). https://project.nikkeibp.co.jp/mirakoto/atcl/city/012900012/ 2019年8月11日閲覧。 ^ 新潟市BRT専用先送り - 新潟日報2013年1月25日Web版)- Wayback Machine ^ a b BRT:連節バス製造三井物産落札−−新潟市新潟[リンク切れ] - 毎日新聞2013年11月28日

※この「出典(新聞・ニュース)」の解説は、「萬代橋ライン」の解説の一部です。
「出典(新聞・ニュース)」を含む「萬代橋ライン」の記事については、「萬代橋ライン」の概要を参照ください。


出典(ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 07:15 UTC 版)

中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」の記事における「出典(ニュース)」の解説

^ “香港国家安全立法について知っておくべき六つ事実”. 中華人民共和国駐日本国大使館. (2020年6月10日). http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zgyw/t1788307.htm 2020年6月21日閲覧。 ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t法制工作委员会负责人向十三全国人大常委会第十次会议作关于《中华人民共和国香港特别行政区维护国家安全法草案)》的说明”. 新华社. 新华网. (2020年6月20日). http://www.xinhuanet.com/legal/2020-06/20/c_1126139511.htm 2020年6月21日閲覧。 ^ “English translation of the Law of the People's Republic of China on Safeguarding National Security in the Hong Kong Special Administrative Region”. huaxia. HUAXIA NET. (2020年7月1日). http://www.xinhuanet.com/english/2020-07/01/c_139178753.htm 2020年7月1日閲覧。 ^ “香港国家安全維持法 6月下旬再審議で可決中国全人代”. NHK. (2020年6月21日). オリジナルの2020年6月30日時点におけるアーカイブ。. http://archive.ph/jOUMW 2020年6月26日閲覧。 ^ “香港国家安全維持法衝撃 自治喪失三権分立崩壊へ”. 産経新聞社. (2020年6月21日). https://www.sankei.com/world/news/200621/wor2006210018-n1.html 2020年6月26日閲覧。 ^ “香港国家安全法草案内容判明中国政府権限強まる”. TBS. (2020年6月21日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4009168.html 2020年6月26日閲覧。 ^ a b c d全国人民代表大会关于建立健全香港特别行政区维护国家全的法律制度和执行制的决定”. 新华社. 中国人大网. (2020年5月28日). http://www.npc.gov.cn/npc/c30834/202005/a1d3eeecb39e40cab6edeb2a62d02b73.shtml 2020年6月26日閲覧。 ^ a b中国香港治安法の導入方針採択 一国二制度岐路に:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月31日閲覧。 ^ “战书主持召开十三全国人大常委会第五十九次委员长会议 决定十三全国人大常委会第十次会6月18日20日在京举行”. 新华社. 新华网. (2020年6月9日). http://www.xinhuanet.com/politics/2020-06/09/c_1126093980.htm 2020年6月26日閲覧。 ^ a b第十三届全国人民代表大会常务委员会第十次会日程”. 新华社. 中国人大网. (2020年6月20日). http://www.npc.gov.cn/npc/c30834/202006/0e83379582f7483bb6c3302e91bf8082.shtml 2020年6月26日閲覧。 ^ “战书主持召开十三全国人大常委会第六十三次委员长会议决定十三全国人大常委会第二十次会议6月28日30日在京举行”. 新华社. 新华网. (2020年6月21日). http://www.xinhuanet.com/politics/2020-06/21/c_1126140876.htm 2020年6月26日閲覧。 ^ 共同通信 (2020年6月30日). “中国香港国家安全維持法可決 香港メディア共同通信” (日本語). 共同通信. 2020年6月30日閲覧。 ^ 香港国家安全法案を可決一国二制度形骸化決定的に中国 時事通信社 2020年6月30日 2020年6月30日閲覧] ^ 《2020年全國性法公布》 - 2020年136法律公告 - 林鄭月娥, 2020年6月30日. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “香港国家安全維持法全訳(全66条) なぜ一国二制度壊れたのか”. NEWS SOCRA (2020年7月2日). 2020年7月7日閲覧。 ^ “安全法執行マカオ参考に政府治安トップ”. NNA ASIA. (2020年6月16日). https://www.nna.jp/news/show/2056744 2020年12月7日閲覧。 ^ 薬師寺克行 (2020年7月8日). “香港・国家安全維持法条文で読む深刻事態”. 東洋経済オンライン. p. 4. https://toyokeizai.net/articles/-/361267?page=4 2020年7月8日閲覧。 ^ “「香港国家安全維持法」が施行 最高刑無期懲役”. BBC JAPAN. (2020年7月1日). https://www.bbc.com/japanese/53244732 2020年7月7日閲覧。 ^ “香港で「独立」の旗掲げ逮捕 国家安全維持法施行後で初”. BBCJapan (2020年7月1日). 2020年7月3日閲覧。 ^ “香港の「国家安全維持法」、初の逮捕10人に”. BBCJapan (2020年7月2日). 2020年7月3日閲覧。 ^ “なんだっけ/国家安全法って?” (日本語). www.jcp.or.jp. 日本共産党中央委員会. 2020年5月31日閲覧。 ^ “香港国家安全法 一国二制度踏みにじるのか : 社説” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年5月29日). 2020年5月31日閲覧。 ^ a b香港国家安全維持法案 “治安機関香港に” 市民から懸念の声” (日本語). NHKNEWSWEB (2020年6月21日). 2020年6月21日時点オリジナルよりアーカイブ2020年6月21日閲覧。 ^ a bジョンソン首相香港300万人イギリス市民権への道示す」『BBCニュース』、2020年7月2日2020年7月4日閲覧。 ^ “香港市民無力感移住動きデモ広がり欠く―国家安全法、来月施行か:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年7月3日閲覧。 ^ “香港民主化デモへの支持、3カ月前より減少”. Reuters (2020年6月26日). 2020年7月3日閲覧。 ^ “ジャッキー・チェンさんら、国家安全法制への支持表明朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月31日閲覧。 ^ “香港民主派政党解散発表 国家安全法可決受け”. AFPBB News. フランス通信社. (2020年6月30日). https://www.afpbb.com/articles/-/3291166 2020年7月1日閲覧。 ^ 【禁書時代】邵家臻質疑懲教 禁黃之鋒陳健民、陳淑莊著作轉交在囚人 李家超:無禁書名單 每宗個案獨立考慮 ^ 香港公立図書館民主派の著作物撤去 黄之鋒氏の著書も ^ Democracy books disappear from Hong Kong libraries, including title by activist Joshua Wong ^ “「イギリス香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督”. NEWSWEEK. (2020年5月25日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/05/post-93498.php 2020年6月1日閲覧。 ^ “中国香港国家安全法G7サミット議論を=元英香港総督”. 朝日新聞. (2020年5月24日). http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN2300W4.html 2020年6月1日閲覧。 ^ a b c d香港への国家安全法導入国際公約違反英米など4か国共同声明” (日本語). www.afpbb.com. 2020年5月31日閲覧。 ^ “英首相が国安法批判明確で深刻な違反香港市民市民権付与意向 中国報復示唆” (日本語). 毎日新聞. 2020年7月4日閲覧。 ^ “英、香港住民受け入れ大幅緩和 290万人対象時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年7月4日閲覧。 ^ “中国、「対応措置」を宣言 英の香港市民への市民権拡大反発” (日本語). www.afpbb.com. 2020年7月4日閲覧。 ^ “英、香港犯罪人引き渡し停止 対中強硬一段と” (日本語). 日経新聞 (2020年7月21日). 2020年7月21日閲覧。 ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年5月30日). “トランプ氏香港優遇措置見直し WHOと「断絶」も” (日本語). 産経ニュース. 2020年5月30日閲覧。 ^ “Treasury Sanctions Individuals for Undermining Hong Kong’s Autonomy | U.S. Department of the Treasury”. home.treasury.gov (2020年8月7日). 2020年8月10日閲覧。 ^ “米財務省香港林鄭月娥行政長官11人に制裁 自治侵害などで” (日本語). Newsweek日本版 (2020年8月8日). 2020年8月9日閲覧。 ^ “カナダ香港との犯罪人引き渡し条約停止国家安全法施行受け” (日本語). Bloomberg.com. 2020年7月21日閲覧。 ^ “オーストラリア香港との犯罪人引渡条約停止” (日本語). 日経新聞 (2020年7月9日). 2020年7月21日閲覧。 ^ “香港の「国家安全法制」 日本中国に「深い憂慮」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月31日閲覧。 ^ 共同通信 (2020年6月6日). “日本中国批判声明参加拒否 香港安全法巡り欧米失望も | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2020年6月6日閲覧。 ^ “日本側遺憾表明 香港国家安全法成立朝日新聞デジタル”. 朝日新聞. (2020年7月1日). https://www.asahi.com/articles/DA3S14532346.html ^ 共同通信 (2020年7月3日). “自民、習氏国賓来日中止要請香港国家安全法制定非難決議案 | 共同通信” (日本語). 共同通信. 2020年7月3日閲覧。 ^ “二階サイド自民の「習主席来日中止決議案猛反発待った」の可能性も” (日本語). 毎日新聞. 2020年7月7日閲覧。 ^ “習主席国賓来日中止自民決定中国政府反発テレビ朝日系ANN))” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年7月7日閲覧。 ^ “国际社会支持中国涉港国安立法”. https://m.chinanews.com/wap/detail/zw/gn/2020/05-28/9197439.shtml 2020年7月3日閲覧。 ^ “多国外长支持中方通过并实施香港国安法:香港事务是中国内政 外国无权干涉”. 中华网. https://3g.china.com/act/news/13000776/20200703/38438673.html 2020年7月3日閲覧。 ^ “第一报道|中俄元首再通话,习主席谈到这些大事”. 新華社. http://www.xinhuanet.com/politics/leaders/2020-07/08/c_1126213754.htm 2020年7月9日閲覧。 ^ http://en.kremlin.ru/events/president/news/63621 ^ https://jp.rti.org.tw/news/view/id/92599 ^ 子, 楊 (2020年6月30日). “Beijing’s move shows ‘one country, two systemsnot feasible: Tsai | The China Post” (英語). 2020年7月2日閲覧。 ^ “HK office opens as Tsai laments law - Taipei Times”. taipeitimes.com (2020年7月1日). 2020年7月2日閲覧。 ^ “End toone country, two systems’: DPP - Taipei Times”. taipeitimes.com (2020年7月2日). 2020年7月2日閲覧。 ^ “Hong Kong law not only targets Taiwanese but 'all people of the world': MAC”. www.taiwannews.com.tw. Taiwan News. 2020年7月2日閲覧。 ^ “米下院香港めぐり中国制裁法案可決 国家安全法非難”. BBC (2020年7月2日). 2020年7月4日閲覧。 ^ “27カ国が国連人理事会懸念示す親中途上国との温度差も”. フジサンケイビジネスアイ (2020年7月2日). 2020年7月4日閲覧。 ^ “「外部勢力追随勢力陰謀北朝鮮外務省香港問題中国支持”. デイリーNK (2020年5月30日). 2020年5月30日閲覧

※この「出典(ニュース)」の解説は、「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」の解説の一部です。
「出典(ニュース)」を含む「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」の記事については、「中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法」の概要を参照ください。


出典(書籍・Web)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 23:13 UTC 版)

あまちゃんの登場人物」の記事における「出典(書籍Web)」の解説

^ “北三陸市観光協会ホームページ”. 連続テレビ小説あまちゃん公式サイト. NHK. 2013年7月閲覧。 ^ a b c方言コーナー”. 連続テレビ小説あまちゃんNHK盛岡放送局ご当地サイト. NHK盛岡放送局. 2013年5月閲覧。 ^ “視聴者応報平成25年4月”. NHK. 2013年8月11日閲覧。 ^ “かつえのお気に入り? by ドロップスペシャルNHK連続テレビ小説あまちゃん」”. 「あまちゃん公式サイト. 日本放送協会 (2013年9月20日). 2013年9月22日閲覧。 ^ 「小泉今日子天野春子歴史あり」『週刊現代2013年8月10日号、講談社187頁。 ^ 「原宿百景第78回)」『SWITCH2013年10月号スイッチ・パブリッシング116頁。 ^ a bNHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 あまちゃん Part1小泉今日子(天野春子)の紹介ページ。 ^ “4月からの連続テレビ小説あまちゃん」新キャスト発表!”. ドラマトピックスブログ. NHKオンライン (2013年1月18日). 2013年7月15日閲覧。 ^ a bアキ恋のゆくえ大注目!」『NHKウイークリーステラ2013年8月1623日合併号、NHKサービスセンター16 - 19頁。 ^ 『NHKウイークリーステラ2013年8月9日号、NHKサービスセンター、 8頁。 ^ 「松田龍平インタビュー」『NHKウイークリーステラ2013年8月9日号、NHKサービスセンター6 - 7頁。 ^ a b水口嫉妬? by 松田龍平スペシャルNHK連続テレビ小説あまちゃん」”. 「あまちゃん公式サイト. 日本放送協会 (2013年8月20日). 2013年8月21日閲覧。 ^ 原田美紗HEW (2013年7月31日). “「あまちゃん」の隠れたアイドル? ミズタクの魅力に迫る”. トレンドニュース. GYAO!. 2013年8月4日閲覧。 ^ 「「あまちゃん」で“ミズタク祭りマネージャー松田龍平萌える女子急増中」『週刊文春2013年8月8日号、文藝春秋31 - 32頁。 ^ “あまちゃん挿入歌完成!”. NHK連続テレビ小説あまちゃん」 - 公式サイト (2013年5月13日). 2013年5月13日閲覧。 ^ “「あまちゃん」で好演八木亜希子アナ放つ異彩””. ゲンダイネット (2013年7月23日). 2013年9月13日閲覧。 ^ あまちゃんスペシャル|北三陸家族へ思い。 by 八木亜希子 NHKオンライン ^ “平成25年度前期朝ドラあまちゃん出演者発表!”. ドラマトピックスブログ. NHKオンライン (2012年9月6日). 2013年7月15日閲覧。 ^ 『週刊ポスト2013年8月1623日合併号、小学館172 - 173頁。 ^ a b 冷泉彰彦 (2013年9月26日). “『あまちゃん』とJR北海道、そして過疎高齢化考える”. ニューズウィーク日本版. 2013年9月28日閲覧。 ^ “あまちゃん”. 福田萌オフィシャルブログ (2013年5月10日). 2013年5月24日時点オリジナルよりアーカイブ2013年5月24日閲覧。 ^ “じぇじぇじぇ(o^o^o)”. 原史奈オフィシャルブログ (2013年6月7日). 2013年6月7日閲覧。 ^ a bOffice Heartful 荒巻太一”. NHKオンライン. 2013年7月6日閲覧。 ^ 「独占インタビュー 大人気朝ドラ出演するただ一人悪役 古田新太教えてくれたあまちゃん』のラストシーン」『週刊現代2013年8月17・24日号講談社62 - 64頁、2013年9月4日閲覧。 ^ 登場人物東京編〜|NHK連続テレビ小説あまちゃん NHKオンライン ^ “GMT47 選ばれた地元アイドルたち”. 2013年9月閲覧。 ^ “GMTリーダー入間しおり」さんへ知事から感謝状贈呈します ― 連続テレビ小説あまちゃん」で埼玉県魅力発信貢献 ―” (2013年9月3日). 2013年9月3日閲覧。 ^ “「あまちゃんファン必見 おなじみシーンセット見られるじぇじぇじぇ〜展」を見てきました”. ITmediaニュース (2013年7月26日). 2013年7月閲覧。 ^ “前髪クネ男とは”. コトバンク知恵蔵mini) (2013年8月30日). 2013年10月23日閲覧。 ^ “「あまちゃん」の魅力って?福士蒼汰から“前髪クネ男”まで分析”. モデルプレス (2013年9月26日). 2013年10月1日閲覧。 ^ ““前髪クネ男勝地涼3・26歌手デビュー クドカンプロデュース”. oriocn (2014年2月19日). 2014年5月22日閲覧。 ^ “ピエール瀧あまちゃん東京編謎の寿司屋大将に”. ナタリー (2013年6月12日). 2013年9月閲覧

※この「出典(書籍・Web)」の解説は、「あまちゃんの登場人物」の解説の一部です。
「出典(書籍・Web)」を含む「あまちゃんの登場人物」の記事については、「あまちゃんの登場人物」の概要を参照ください。


出典(話数・NHK公式サイト登場人物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 23:13 UTC 版)

あまちゃんの登場人物」の記事における「出典(話数NHK公式サイト登場人物)」の解説

リアス」=軽食&喫茶リアス、「明日」=スナック明日(りあす)、「EDOシアター」=東京EDOシアター ^ 11北三陸駅でのユイとの会話より。 ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s あまちゃん登場人物01 ヒロイン・アキの家族 NHKオンライン ^ 35話 ^ a b 47ナレーションより。 ^ 57話 ^ 第10・11週 ^ a b c d e f TV LIFE 2013. ^ 91話 「海女カフェ」でのユイとのやりとりより。 ^ 92天野家でのシーン。 ^ 9394天野家での水口ユイ作業小屋でのアキユイやりとりより。 ^ 101話 ^ 104無頼での荒巻鈴鹿やりとりより。 ^ a b 107話 「EDOシアター入口やりとりより。 ^ 110話 「EDOシアターGMT祭りでの入間しおりのセリフ中の語句。 ^ a b 108正宗マンションでのやりとりより。 ^ 第24週 ^ 4話 漁協にてアキが「春子から言われる」と語る。 ^ 第1-2週 アキ春子数回言及。 ^ a b 13北三陸駅前のアキユイやりとりより。 ^ 44話 「リアス」でのやりとりより。 ^ a b 114486ヒビキ言われるシーンなど。 ^ 47話、142話。 ^ 125話 ^ 138話 ^ 145話 ^ 131スタジオで春子鈴鹿やりとりより。 ^ 3話 より。 ^ 4・12話など。 ^ 12話 夏への春子セリフ。 ^ 78アキとの電話シーン。 ^ 123オーディション2次審査でのアキ発言より。 ^ 72話 袖が浜の回想シーン。 ^ 126天野家での夏と春子会話シーン。 ^ 154話のみ語りは夏・アキのため「語り表記が無い。 ^ メモリアルブック 2013, p. 98. ^ 6話 天野家での春子アキやりとりより。 ^ 28天野家での春子セリフ。 ^ 16足立家での功のセリフより。 ^ 2話 春子大吉やり取り居合わせた安部セリフより。 ^ 37足立家でのやりとりより。 ^ 38天野家2階にある春子部屋後にアキが使う部屋)での春子アキやりとりより。 ^ 38天野家2階及び「明日」でのやりとりより ^ 39天野家での夏・春子・北三陸人々との回想シーン。 ^ 39漁協での春子大吉回想シーン。 ^ 75回想シーンより。 ^ a b 76純喫茶「アイドル」でのシーンより。 ^ 132春子回想シーンより。 ^ a b c d e 9495春子回想シーンより。 ^ a b 103冒頭及び無頼での春子鈴鹿やりとりより。 ^ 96回想シーンより。 ^ 96・97回想シーンより。 ^ a b メモリアルブック 2013, p. 42. ^ 3話 天野家での夏のセリフ及び漁協からの放送テロップより。 ^ 1話 ナレーション2話 春子大吉とのやりとりより。 ^ 37漁協でのやりとりより。 ^ 33・34話「明日」でのシーン35観光組合での春子セリフより。 ^ 7071天野家2階シーンより。 ^ 90話 「明日」でのシーン。 ^ 83話など。 ^ 105106春子GMT指導するシーンより。 ^ 107奈落での春子荒巻とのやりとりより。 ^ 111純喫茶「アイドル」でのシーンより。 ^ 131アキレコーディング時のやりとりより。 ^ 132話。 ^ 136純喫茶「アイドル」でのやりとりより。 ^ 9話 「明日」での大吉とのやりとりより。 ^ 14春子セリフより。 ^ 9話 春子セリフより。 ^ 36アキセリフより。 ^ 40話 夏のナレーションより。 ^ 32北三陸高校でのやりとりより。 ^ 2話 大吉安部とのやりとりより。 ^ 152話 夏の「春子よりひとつ年上ですよね」の問いに対し、「早生まれなので学年2つ上です」と返答。 ^ a b c d e f g h i j k l あまちゃん登場人物05 東京の人NHKオンライン ^ 113鈴鹿セリフ。 ^ 101話 太巻セリフ。 ^ 9596春子回想シーンより。 ^ 101話EDOシアター」で荒巻言及。 ^ a b 99話 無頼アキ食事をする鈴鹿発言。 ^ 63話 「潮騒のメモリー」のビデオを見終わったアキセリフなどに多数描写がある。 ^ a b c これら一連の描写第14週より。 ^ 82無頼においてのアキとの会話より。 ^ 86アキ台本自分の役名発見する。 ^ 109アキ水口営業活動中に再会したシーンより。 ^ 141鈴鹿荒巻セリフより。 ^ a b c d e f g あまちゃん登場人物03 足立家人びと NHKオンライン。 ^ 18話 北三陸秋祭り春子が「すごいねあんたの親友」というセリフがある。 ^ a b 72畑野駅ホームでのユイヒロシセリフより。 ^ a b 81話 「明日」でのヒロシセリフにより判明。 ^ 106アキとの電話より。 ^ a b 27話 「明日」での春子と功のやりとりより。 ^ 16足立家でのやりとりより。 ^ 14アキヒロシのためにウニを獲ろうとしている弥生142話 「リアス」でのユイセリフなどより。 ^ 16足立家ヒロシ本人発言。 ^ 10話リアス」でヒロシ本人発言。 ^ 10話リアス」および「明日」でのシーンより。 ^ a b 47話 「リアス」でのヒロシ栗原吉田やりとりなどから判明。 ^ a b c 109話 「リアス」で春子電話する組合長セリフより。 ^ 114アキとの電話などから判明。 ^ 79アキとの電話シーンより。 ^ Cut 2013. ^ 35観光協会で功本人発言。 ^ a b 118話 「明日」でのやりとりより。 ^ 59話 ユイセリフより。 ^ 81話 「リアス」で夏が発言。 ^ 8081春子セリフより。 ^ 114純喫茶「アイドル」でよしえ本人発言。 ^ 5話リアス」のシーンより。 ^ a b c d e f g あまちゃん登場人物02 最北海に潜る海女たち NHKオンライン ^ 何気なく発した冗談に弥生怒りつかみかかられる(81話)など。 ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t あまちゃん登場人物04三陸人びと NHKオンライン ^ a b 140話 夏が発言。 ^ 148安部台詞。 ^ 79アキと夏の電話よる。 ^ 25ナレーションより。 ^ 第5週 海女クラブメンバーとのやりとりより。 ^ 137長内・鈴・琴のセリフ。 ^ 1話 1984年春子が北三陸鉄道に乗り込むシーン天野春子18歳大向大吉20歳)のテロップ表示される。 ^ 1話車で春子を送るシーンなど。 ^ 105純喫茶「アイドル」春子発言。 ^ 127話 「明日」でのシーンなど多数確認できる。 ^ 3話 大吉セリフよる。 ^ 第1週から確認できる。 ^ 67話 「明日」で吉田自身発言。 ^ 15観光協会での「なんも言えねえ」など。 ^ 55観光協会でのやりとりなど。 ^ 105鈴鹿との電話発言。 ^ 23天野家2階春子アキ会話から判明。 ^ 152鈴鹿セリフ。 ^ 第8-12週におけるユイとの会話シーン見られる。 ^ 1151964年橋幸夫リサイタルシーンで、天野夏19歳)・小田勉(17歳)のテロップ画面表示より。 ^ 110大吉セリフ。 ^ 35放送より。 ^ 59話明日」での春子セリフより。 ^ a b 76純喫茶「アイドル」荒巻本人発言。 ^ a b c d e f g h 73水口アキオフィス紹介するシーンより。 ^ 113無頼での鈴鹿発言。 ^ 76ナレーションより。 ^ 第13-15週によく行われた。 ^ a b c d e f g h i j 88・89国民投票結果その後奈落などでのシーンより。 ^ 77奈落でのメンバー会話シーンアキにそう呼ばれている。 ^ a b 84水口メンバーやりとりより。 ^ 90長内やりとり浦添と言っているため。 ^ 122河島セリフなどによる。 ^ 110ベロニカセリフ。 ^ a b c d 86話 「EDOシアター」でのヒビキ取材撮影シーンより。

※この「出典(話数・NHK公式サイト登場人物)」の解説は、「あまちゃんの登場人物」の解説の一部です。
「出典(話数・NHK公式サイト登場人物)」を含む「あまちゃんの登場人物」の記事については、「あまちゃんの登場人物」の概要を参照ください。


出典(新聞記事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 05:42 UTC 版)

新潟市新津鉄道資料館」の記事における「出典(新聞記事)」の解説

^ “新幹線車両、“超鈍行”で公道陸送 秋葉区資料館へ”. archive.li. 新潟日報2013年5月27日Web版). 2013年6月25日時点オリジナルよりアーカイブ2013年6月19日閲覧。 ^ “新幹線SLそろい踏み 新津鉄道資料館プレオープン 新潟”. MSN産経ニュース. (2014年4月19日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140419/ngt14041902070002-n1.htm 2014年4月19日閲覧。 ^ “鉄道資料館 2万人スピード達成”. archive.li. 新潟日報 (2014年8月16日). 2014年9月1日時点オリジナルよりアーカイブ2014年9月1日閲覧。 ^ “ブーム加速 入館者5倍に 新津鉄道資料館”. archive.li. 新潟日報社 (2015年4月1日). 2015年7月23日時点オリジナルよりアーカイブ2015年7月23日閲覧。 ^ “鉄道で絆さらに強く 西条市文化館南館、新潟市資料館姉妹協定”. 愛媛新聞社. (2015年7月21日). http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20150721/news20150721478.html 2015年7月21日閲覧

※この「出典(新聞記事)」の解説は、「新潟市新津鉄道資料館」の解説の一部です。
「出典(新聞記事)」を含む「新潟市新津鉄道資料館」の記事については、「新潟市新津鉄道資料館」の概要を参照ください。


出典(新聞・ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 09:51 UTC 版)

山形県沖地震」の記事における「出典(新聞・ニュース)」の解説

^ “新潟県震度6強 沿岸部津波注意報”. 日本経済新聞 (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。 ^ “新潟震度6強津波10cm観測 けが人複数確認”. 朝日新聞. (2019年6月19日). https://www.asahi.com/articles/ASM6L7GWTM6LUTIL051.html 2019年6月19日閲覧。 ^ “震源は「日本海東縁ひずみ集中帯逆断層型繰り返し発生 新潟震度6強”. 毎日新聞. (2019年6月18日). https://mainichi.jp/articles/20190618/k00/00m/040/340000c 2019年6月19日閲覧。 ^ “山形沖の地震地震頻発プレート衝突帯」で発生か”. 日本経済新聞. (2019年6月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46281000Z10C19A6000000/ 2019年6月19日閲覧。 ^ “鶴岡震度6弱 酒田津波観測”. NHK. 2019年6月19日時点オリジナルよりアーカイブ2019年6月19日閲覧。 ^ “新潟震度6強 山形酒田津波観測”. フジテレビ (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。 ^ “<新潟山形地震>5県で28人け屋根瓦崩落や塀倒壊”. 河北新報. (2019年6月20日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190620_73020.html ^ “山形震度6弱 鶴岡温海温泉休業、荘内銀は移動店舗車”. 日本経済新聞. (2019年6月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46294150Z10C19A6L01000/ ^ “進む生活再建 被災地落ち着き 新潟山形地震から1年”. 新潟日報. (2020年6月18日). https://web.archive.org/web/20200704074623/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20200618550285.html - WayBack Machineによるアーカイブ ^ “新潟山形地震 18日発生1カ月 復旧復興へ動き加速 高齢世帯負担軽減課題”. 新潟日報. (2019年7月17日). https://web.archive.org/web/20200424090437/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190717483199.html - WayBack Machineによるアーカイブ ^ “<新潟山形地震震度6弱鶴岡市屋根瓦落下相次ぐ 小学校相撲場倒壊”. 河北新報. (2019年6月19日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201906/20190619_73065.html 2019年6月23日閲覧。 ^ a b山形新潟地震高速道路規制”. 福井新聞 (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。 ^ “落石不通道路通行止め解消 新潟山形地震 山北地区学校保育園再開”. 新潟日報. (2019年6月21日). オリジナルの2020年4月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200424091653/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190621477993.html 2019年7月11日閲覧。 ^ “上越新幹線地震一部運転見合わせ 東北北陸再開”. 朝日新聞 (2019年6月19日). 2019年6月19日閲覧。 ^ “走行中列車が緊急停車 津波注意報乗客高台避難 新潟震度6強”. 毎日新聞. (2019年6月19日). https://mainichi.jp/articles/20190619/k00/00m/040/102000c 2019年6月19日閲覧。 ^ “JR羽越線緊急停止 車掌津波恐怖が頭よぎった新潟震度6強”. 産経新聞. (2019年6月19日). https://www.sankei.com/affairs/news/190619/afr1906190018-n1.html 2019年7月11日閲覧。 ^ “新幹線1万人に影響 19日朝から平常運行”. 日本経済新聞 (2019年6月19日). 2019年6月19日閲覧。 ^ [リンク切れ]“羽越線全線再開家屋被害140棟超に-新潟山形地震”. 時事通信. (2019年6月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062000345&g=soc 2019年7月11日閲覧。 ^ “小岩川駅復旧作業続く”. NHK山形放送局. (2019年6月21日). https://web.archive.org/web/20190622102103/https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20190621/6020004071.html ^ “新潟山形地震26人けが=停電復旧800人超避難”. 時事通信. (2019年6月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061900335 2019年6月19日閲覧。 ^ “停電全て復旧 新潟震度6強”. 産経新聞. (2019年6月19日). https://www.sankei.com/affairs/news/190619/afr1906190027-n1.html 2019年6月19日閲覧。 ^ “「ガス止まった」と報告相次ぐ 北陸ガス 新潟震度6強”. 産経新聞 (2019年6月18日). 2019年6月18日閲覧。 ^ “【年の瀬記者ノート山形震度6弱地震から半年 鶴岡温泉街に高い防災意識”. 産経新聞. (2019年12月28日). https://www.sankei.com/region/news/191228/rgn1912280011-n1.html ^ “<新潟山形地震あつみ温泉、全旅館再開 本格的な夏の行楽シーズン前の復旧こぎ着ける”. 河北新報. (2019年7月2日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190702_53035.html ^ “復旧着々 新潟山形地震1年”. 河北新報. (2020年6月17日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202006/20200617_73017.html ^ “瀬波温泉・汐美荘が事業譲渡へ 「大江戸温泉物語」に”. 新潟日報. (2019年10月25日). https://web.archive.org/web/20200424043311/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/economics/20191025503314.html - WayBack Machineによるアーカイブ ^ [リンク切れ]“政府新潟地震官邸対策室設置”. 新潟日報. (2019年6月18日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20190618477180.html 2019年6月19日閲覧。 ^ “安倍首相被害状況把握指示 政府官邸対策室設置”. 中日新聞. (2019年6月19日). https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019061801003465.html 2019年6月19日閲覧。 ^ “災害応急対策全力を=山形沖地震受け安倍首相指示”. 時事通信. (2019年6月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061801297 2019年6月19日閲覧。 ^ [https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190618-OYT1T50346/ “菅官房長官原発異常なし大きな被害情報ない」 {”]. 読売新聞. (2019年6月19日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190618-OYT1T50346/ 2019年6月19日閲覧。 ^ “新潟震度6強官邸対策室設置 被害状況把握進める”. 朝日新聞デジタル. (2019年6月18日). https://www.asahi.com/articles/ASM6L7RH4M6LUTFK036.html 2019年6月19日閲覧。 ^ “新潟市内で4600人余り避難 津波注意報避難指示避難所開かれず”. ライブドアニュース. (2019年6月19日). https://news.livedoor.com/article/detail/16644983/ 2019年7月12日閲覧

※この「出典(新聞・ニュース)」の解説は、「山形県沖地震」の解説の一部です。
「出典(新聞・ニュース)」を含む「山形県沖地震」の記事については、「山形県沖地震」の概要を参照ください。


出典(仮面ライダーカード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 23:47 UTC 版)

ショッカー怪人 (テレビシリーズ新1号編)」の記事における「出典(仮面ライダーカード)」の解説

カルビー仮面ライダースナック付属仮面ライダーカードより(参照仮面ライダーカード 1993, pp. 5–187カード図鑑 1997, pp. 17172)。 ^ a b c No.108「ジャガーマン」 ^ a b c No.171「ジャガーマン使命」 ^ a b c d No.114「海蛇男」 ^ a b c d No.178「海へ男の使命」 ^ a b c No.173「ゴキブリ男」 ^ a b c d e f No.109「毒ギリーラ」 ^ a b c d e No.182「ギリーラ使命」 ^ a b c d e No.116「土ぐもドクモンド」 ^ a b c d No.183「ドクモンド使命」 ^ a b c d e No.172「毒とかげ」 ^ a b c d No.110「ミミズ男」 ^ a b c No.176「ミミズ男使命」 ^ a b c d e No.113「怪奇フクロウガン」 ^ a b c d e f No.181「フクロウガンの使命」 ^ No.145「フクロウガンとライダーたたかい」 ^ a b c No.126「ナマズギラー」 ^ a b No.164「ナマズギラー放電むちはおそろしいぶきだ」 ^ a b c No.125「ハリネズラス」 ^ a b c No.185「ハリネズラス使命」 ^ No.127「人間骨にするおそろし毒針」 ^ a b c d No.189「サイギャング」 ^ a b No.198「馬上のセミミンガー」 ^ a b c d e No.111「昆虫博士カブトロング」 ^ a b c No.188「カブトロング使命」 ^ a b c d e No.208「ギリザメス」 ^ No.206「ギリザメスのしめい」 ^ a b c No.213「ギラーコオロギ」 ^ a b No.214「でるか、きょうふ殺人音波!」 ^ a b No.215「ギラーコオロギ弱点」 ^ No.212「ギラーコオロギ使命」 ^ a b c d e No.216「エレキボタル」 ^ a b No.218「エレキボタルライダーたたかい」 ^ No.219「エレキボタルのさいご」 ^ a b c d e No.220「アブゴメス」 ^ No.221「アブゴメスのしめい」 ^ a b c d e No.247「モスキラス」 ^ a b No.248「モスキラスのはり」 ^ No.249「ショッカーのたくらみ」 ^ a b No.252「2号ライダーモスキラスたたかい」 ^ No.251「ライダー・うしろげり」 ^ a b c d e No.258「シラキュラス」 ^ No.259「おそうシラキュラス」 ^ a b c d No.257「バラランカ」 ^ a b No.256「バラランカのしめい」 ^ No.267「バラランガライダーたたかい」 ^ No.270「シードラゴン武器」 ^ No.272「シードラゴンライダーたたかい」 ^ No.273「イモリギャランのしめい」 ^ a b c No.283「ウニドグマ」 ^ No.285「まけるなライダー」 ^ No.293「ライダーのひみつ」

※この「出典(仮面ライダーカード)」の解説は、「ショッカー怪人 (テレビシリーズ新1号編)」の解説の一部です。
「出典(仮面ライダーカード)」を含む「ショッカー怪人 (テレビシリーズ新1号編)」の記事については、「ショッカー怪人 (テレビシリーズ新1号編)」の概要を参照ください。


出典(JR)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 06:06 UTC 版)

上越妙高駅」の記事における「出典(JR)」の解説

^ a b c北陸新幹線 長野金沢開業に伴う運行計画概要について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道西日本旅客鉄道, (2014年8月27日), オリジナルの2014年8月27日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140827062226/http://www.jreast.co.jp/press/2014/20140814.pdf 2014年8月27日閲覧。 ^ a b c d脇野田駅新駅舎が10月19日使用開始となります” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2014年6月30日), オリジナルの2014年10月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20141013033241/http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/wakinodaekisha.pdf 2014年6月30日閲覧。 [リンク切れ] ^ a b c d北陸新幹線開業! 3/14 "上越妙高駅がいよいよ営業開始します"” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2015年2月27日), オリジナルの2019年6月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190624161323/https://www.jrniigata.co.jp/press/20150227joetsumyoko.pdf 2020年12月20日閲覧。 ^ “運行管理システム変革 (PDF)”. 東日本旅客鉄道. 2020年11月8日時点オリジナルよりアーカイブ2020年12月20日閲覧。 ^ a b北陸新幹線新駅仮称上越駅)の駅名について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2013年6月7日), オリジナルの2013年6月12日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130612162606/http://www.jreast.co.jp/press/2013/20130607.pdf 2013年6月7日閲覧。 ^ “Suica FREX 定期券ご利用いただける駅が増えます” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2015年12月21日), オリジナルの2019年7月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190715072502/https://www.jreast.co.jp/press/2015/20151214.pdf 2020年5月25日閲覧。 ^ “「新幹線eチケットサービス」が始まります!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道北海道旅客鉄道西日本旅客鉄道, (2020年2月4日), オリジナルの2020年2月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200226110513/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200204_ho01.pdf 2020年5月25日閲覧。 ^ “タッチでGo!新幹線 サービスエリア拡大について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年11月12日), オリジナルの2020年11月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201113025314/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf 2020年11月14日閲覧。 ^ “脇野田駅付近線路切換工事に伴う列車の運休及びバス代行輸送実施について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2014年6月30日), オリジナルの2014年10月16日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20141016054848/http://www.jrniigata.co.jp/Scripts/press/wakinodabus.pdf 2014年7月5日閲覧。 ^ “北陸新幹線 上越妙高駅発車メロディーについて” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2015年1月20日), オリジナルの2019年6月24日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190624161322/https://www.jrniigata.co.jp/press/0f947b3e1031ce3cabc19a61d53bbd910259916e.pdf 2020年12月20日閲覧。 ^ “組織改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2019年2月5日), オリジナルの2019年2月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190205051413/https://www.jreast.co.jp/press/2018/20190203.pdf 2020年12月20日閲覧

※この「出典(JR)」の解説は、「上越妙高駅」の解説の一部です。
「出典(JR)」を含む「上越妙高駅」の記事については、「上越妙高駅」の概要を参照ください。


出典(新聞・ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 06:06 UTC 版)

上越妙高駅」の記事における「出典(新聞・ニュース)」の解説

^ a b c d e f “北陸新幹線上越妙高駅引っ越し住所大和5丁目」から「大和2丁目」に”. 上越タウンジャーナル (デジコロ). (2018年12月29日). https://www.joetsutj.com/articles/84189354 2018年12月31日閲覧。 ^ “北陸新幹線上越妙高駅脇野田駅移設開業 東西口と自由通路供用開始”. 上越タウンジャーナル (2014年10月19日). 2015年2月25日閲覧。 ^ a b c北陸新幹線上越妙高駅開業間近! 旧JR脇野田駅付近撤去進む”. マイナビニュース (2015年3月10日). 2021年12月18日閲覧。 ^ a b c d e f g h i “北陸新幹線新駅上越妙高駅」「黒部宇奈月温泉駅」「新高岡駅」に行ってみた”. トラベルwatch (2015年4月16日). 2021年12月18日閲覧。 ^ a b3回変わ周波数乗務員交代北陸新幹線秘話」”. NIKKEI STYLE (2015年2月27日). 2021年12月18日閲覧。 ^ “東京 - 上越妙高所要時間どれくらい北陸新幹線運行体系発表”. 上越タウンジャーナル (2014年8月27日). 2014年8月29日閲覧。 ^ a b北陸新幹線 3月14日開業 脇野田駅旧駅舎、取り壊し始まる” 朝日新聞 (朝日新聞社). (2014年11月6日)[要ページ番号] ^ 浅見茂晴、山本愛板鼻幸雄(2015年3月15日). “北陸新幹線:開業 上越変革期待背負い”. 毎日新聞 (毎日新聞社)[要ページ番号] ^ a b北陸新幹線 豪雪地帯快走支え駅・構造物”. 日本経済新聞. (2015年3月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO83650480V20C15A2000000/ 2021年12月18日閲覧。 ^ “どれがいい? 北陸新幹線上越駅デザイン3種”. 上越タウンジャーナル (2010年10月25日). 2014年10月9日閲覧。 ^ “北陸新幹線上越妙高駅観光物販施設運営業者決まる”. 上越タウンジャーナル (2014年8月26日). 2014年9月3日閲覧。 ^ “北陸新幹線上越妙高駅に「SAKURAプラザ観光案内飲食”. 上越タウンジャーナル (2015年2月20日). 2015年2月23日閲覧。 ^ “脇野田駅敷地寄付恩人偉業末永く”. 上越タイムス (2014年11月15日). 2014年2月21日閲覧。 ^ “上越妙高駅SAKURAプラザ初公開 馬上の上謙信公像も除幕”. 上越タウンジャーナル (2015年3月13日). 2014年3月15日閲覧。 ^ “上越妙高駅前でシンボル謙信像を除幕”. 上越タイムス (2015年3月14日). 2014年3月15日閲覧。 ^ 上嶋紀雄(2014年10月19日). “北陸新幹線 3月14日開業 移転脇野田駅現駅舎最終営業”. 朝日新聞(朝日新聞社)[要ページ番号] ^ “大正時代駅舎役目終え脇野田駅”. The Page (2014年6月24日). 2015年5月6日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月18日閲覧。 ^ “上越妙高駅に「駅弁山崎屋出店”. 上越タイムス (2015年2月2日). 2014年2月13日閲覧。 ^ “「タクシーラウンジ北陸新幹線の上妙高駅前誕生 ソファ暖炉”. 乗りものニュース (2020年7月31日). 2021年12月18日閲覧。 ^ “「スーパーホテル上越妙高駅前に開業”. 北陸新幹線行こう!北陸・信越観光ナビ新潟日報). (2020年1月31日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000023019 2021年12月18日閲覧。 ^ “上越妙高駅前に東横イン30日開館 仕事観光など幅広い利用へ”. 新潟日報モア (2020年3月27日). 2020年4月1日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月18日閲覧。 ^ “上越妙高駅初の商業施設 「フルサット」17日開業 居酒屋カフェなど5店舗”. 北陸新幹線行こう!北陸・信越観光ナビ新潟日報). (2016年6月14日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000007341 2021年12月18日閲覧。 ^ “「レジなし」店舗 上越に! 11月11日開設 スマホ必要”. 新潟日報モア (2019年10月18日). 2019年10月19日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月18日閲覧。 ^ “レジなし店舗お目見え 上越「フルサット」 来春まで実験”. 新潟日報モア (2019年11月12日). 2019年11月19日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月18日閲覧。 ^ “上越妙高駅西口 商業施設4月開業 居酒屋など5店入居”. 新潟日報モア (2020年3月8日). 2020年4月24日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月18日閲覧。 ^ “上越妙高駅西口商業施設「エンジョイプラザ」4月1日オープン 大戸屋魚民なども”. 上越タウンジャーナル. (2020年3月31日). https://www.joetsutj.com/articles/03530775 ^ “[北陸新幹線始動新潟魅力売り込もう 改札抜けたら古代風 上越・釜遺跡ガイダンス施設 報道機関公開”. 新潟日報: p. 32朝刊). (2015年3月19日) ^ “乗客1000人達成で記念品贈呈 妙高高原ライナー外国人利用者大幅増”. 新潟日報モア (2020年1月26日). 2020年4月24日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月18日閲覧。 ^ “上越妙高駅周遊バス 1日3便から1便へ 観光時間ゆったり”. 北陸新幹線行こう!北陸・信越観光ナビ新潟日報). (2016年4月5日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000006622 2021年12月18日閲覧。 ^ “要望書 信越本線脇野田駅移設事業について (PDF)”. 上越タウンジャーナル (2010年4月28日). 2014年9月20日閲覧。 ^ “信越本線脇野田駅移設事業に係る弊社へのご要望に対す回答 (PDF)”. 上越タウンジャーナル (2010年6月21日). 2014年9月20日閲覧。 ^ “40円投じて脇野田駅移設 新幹線新駅併設へ、工事の安全祈願”. 上越タイムス (2012年8月29日). 2015年2月25日閲覧。 ^ “信越線移設工事 関係者安全祈願祭”. 市民新聞上越よみうり上越情報プレス) (2012年8月29日). 2016年4月1日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月18日閲覧。 ^ a b c “「上越妙高駅決定で残る火種 北陸新幹線上越」と混同懸念”. SankeiBiz (2013年6月15日). 2021年12月18日閲覧。 ^ “新幹線駅名「上越」「妙高高田」で議論こう着”. 上越タウンジャーナル (2012年2月2日). 2014年7月5日閲覧。 ^ “北陸新幹線新駅名に「妙高入れて要望書”. 上越タウンジャーナル (2012年2月11日). 2014年8月31日閲覧。 ^ “北陸新幹線上越新駅一転2案並列要望へ”. 上越タウンジャーナル (2012年4月10日). 2014年7月7日閲覧。 ^ “新駅名を「妙高高田」に 考える会がJR要望”. 上越タウンジャーナル (2013年8月7日). 2014年7月18日閲覧。 ^ “新幹線駅名は「上越妙高駅」”. 上越タイムス (2013年6月7日). 2014年7月18日閲覧。 ^ “「上越妙高駅」に両市長“歓迎””. 上越タイムス (2013年6月7日). 2014年7月18日閲覧。 ^ “並行在来線駅名 脇野田駅から上妙高駅への変更提案”. 上越タウンジャーナル (2013年9月7日). 2014年7月18日閲覧。 ^ “えちごトキめき鉄道だより 第6号 (PDF)”. 上越タウンジャーナル (2014年1月). 2014年6月5日閲覧。 ^ “自由通路名は「脇野田通り」に”. 上越タイムス (2013年11月9日). 2014年6月5日閲覧。 ^ a b上越妙高駅発車メロディー完成 市議会新幹線特別委披露”. 上越タウンジャーナル (2015年2月20日). 2015年2月20日閲覧。 ^ “上越妙高駅発車メロディー 上越市JR提案した2曲は非公表”. 上越タウンジャーナル (2014年12月23日). 2015年1月17日閲覧。 ^ “上越妙高駅発車メロディーに「夏は来ぬ上越市JR採用依頼”. 上越タウンジャーナル (2015年1月8日). 2015年1月17日閲覧。 ^ “長野駅乗務員交代列車停車 北陸新幹線”. 信濃毎日新聞 (2013年6月17日). 2013年6月22日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ

※この「出典(新聞・ニュース)」の解説は、「上越妙高駅」の解説の一部です。
「出典(新聞・ニュース)」を含む「上越妙高駅」の記事については、「上越妙高駅」の概要を参照ください。


出典(ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/22 16:40 UTC 版)

香港特別行政区が国家安全を守るための法律制度と執行メカニズムの確立・健全化に関する全国人民代表大会の決定」の記事における「出典(ニュース)」の解説

^ a b各国各界関係者全人代による香港国家安全立法推進支持”. 中国網日本語版. (2020年6月8日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2020-06/08/content_76139065.htm 2020年6月26日閲覧。 ^ “第19期中全会が2831日北京開催”. 人民網日本語版. (2019年10月25日). http://j.people.com.cn/n3/2019/1025/c94474-9626560.html 2020年6月26日閲覧。 ^ “(受权发布)中共中央关于坚持和完善中国特色社会主义制度推进国家治理体系和治能力现代化若干重大问题的决定”. 新华社. 新华网. (2019年11月5日). http://www.xinhuanet.com/politics/2019-11/05/c_1125195786.htm 2020年6月26日閲覧。 ^ a b “关于《全国人民代表大会关于建立健全香港特别行政区维护国家全的法律制度和执行制的决定草案)》的说明”. 新华社. 中国政府网. (2020年5月28日). http://www.gov.cn/xinwen/2020-05/28/content_5515771.htm 2020年6月26日閲覧。 ^ “「国家安全法香港はどうなるのか?」” (日本語). 公益社団法人 日本経済研究センター (2020年5月29日). 2020年6月1日閲覧。 ^ “香港国家安全法6月末にも制定 行政長官市民支持要請全国のニュース京都新聞” (日本語). 京都新聞. 2020年6月1日閲覧。 ^ “香港国家安全法 一国二制度踏みにじるのか : 社説” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年5月29日). 2020年6月1日閲覧。 ^ “香港国家安全法 米中対立激化心配だ山陽新聞デジタル|さんデジ” (日本語). 山陽新聞デジタル|さんデジ. 2020年6月1日閲覧。 ^ “香港国家安全法6月末にも制定” (日本語). 西日本新聞ニュース. 2020年6月1日閲覧。 ^ “香港版国家安全法」でこれから何が起きるか コロナ戦争読み解く” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年5月29日). 2020年6月1日閲覧。 ^ “香港版国家安全法草案内容発表香港ポスト” (日本語). 香港ポスト. 2020年6月1日閲覧。 ^ “十三全国人大三次会议闭幕会(第13全国人民代表大会第3回会議閉会式)” (中国語). 中国经济网 (2020年05月28日 15:00). 2021年3月15日閲覧。 ^ a b c d全国人民代表大会关于建立健全香港特别行政区维护国家全的法律制度和执行制的决定”. 新华社. 中国人大网. (2020年5月28日). http://www.npc.gov.cn/npc/c30834/202005/a1d3eeecb39e40cab6edeb2a62d02b73.shtml 2020年6月26日閲覧。 ^ a b中国香港治安法の導入方針採択 一国二制度岐路に:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月31日閲覧。 ^ 共同通信 (2020年6月30日). “中国香港国家安全維持法可決 香港メディア共同通信” (日本語). 共同通信. 2020年6月30日閲覧。 ^ 香港国家安全法案を可決一国二制度形骸化決定的に中国 時事通信社 2020年6月30日 2020年6月30日閲覧] ^ 《2020年全國性法公布》 - 2020年136法律公告 - 林鄭月娥, 2020年6月30日.

※この「出典(ニュース)」の解説は、「香港特別行政区が国家安全を守るための法律制度と執行メカニズムの確立・健全化に関する全国人民代表大会の決定」の解説の一部です。
「出典(ニュース)」を含む「香港特別行政区が国家安全を守るための法律制度と執行メカニズムの確立・健全化に関する全国人民代表大会の決定」の記事については、「香港特別行政区が国家安全を守るための法律制度と執行メカニズムの確立・健全化に関する全国人民代表大会の決定」の概要を参照ください。


出典(日本語訳記事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 16:56 UTC 版)

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜」の記事における「出典(日本語訳記事)」の解説

東京外国語大学の「News from the Middle East 日本語で読む中メディア」などによる日本語訳記事。 ^ エルドアン首相TVドラマ華麗なる世紀」を批判 2012年11月26日Zaman紙 (東京外国語大学日本語で読む中メディア」より) ^ オスマン家末裔も「不愉快」―TVドラマ華麗なる世紀」に批判集中 2011年0108日付 Zaman紙 (東京外国語大学日本語で読む中メディア」より) ^ 「華麗なる世紀」、2013年には見れなくなる? 2012年12月08日付 Milliyet紙 (東京外国語大学日本語で読む中メディア」より) ^ SHOWTVの新ドラマ華麗なる世紀」、スルタン・スレイマンへの侮辱 2011年0103日付 Yeni Safak紙 (東京外国語大学日本語で読む中メディア」より) ^ Taha Akyol コラムTVドラマ華麗なる世紀」を考え2011年01月10日付 Milliyet紙 (東京外国語大学日本語で読む中メディア」より)

※この「出典(日本語訳記事)」の解説は、「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜」の解説の一部です。
「出典(日本語訳記事)」を含む「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜」の記事については、「オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜」の概要を参照ください。


出典(仮面ライダーカード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 17:22 UTC 版)

ショッカー怪人 (テレビシリーズ2号編)」の記事における「出典(仮面ライダーカード)」の解説

カルビー仮面ライダースナック付属仮面ライダーカードより(参照仮面ライダーカード 1993, pp. 5–187カード図鑑 1997, pp. 17172)。 ^ a b c d No.13「魔人サボテグロン」 ^ a b c No.14「悪魔のレスラー ピラザウルス」 ^ No.15「化石ヒトデンジャー」 ^ a b No.15・184 ^ No.184「ヒトデンジャー使命」 ^ a b c d e No.16「泡怪人カニバブラー」 ^ a b c d No.17毛虫怪人ドクガンダー」 ^ a b No.17・No.18 ^ a b c d No.18「毒蛾怪人ドクガンダー」 ^ a b c d No19「怪魚アマゾニア」 ^ a b c d No.20「空とぶ怪人ムササビードル」 ^ a b c d e No.21死霊キノコモルグ」 ^ a b c No.22地獄サンダー」 ^ a b c d No.23催眠怪人ムカデラス」 ^ a b c d e No.24「地底怪人モグラング」 ^ a b c No.25電気怪人クラゲダール」 ^ a b c d No.26「吸血怪人ザンブロンゾ」 ^ a b c No.27アリくい怪人アリガバリ」 ^ a b c No.28「人くい花ドクダリアン」 ^ a b c No.180「ドクダリアン使命」 ^ a b c d No.29鋼鉄怪人アルマジロング」 ^ a b c d No.31「毒蟇怪ガマギラー」 ^ a b c d No.30怪人アリガバリ」 ^ a b c d No.33火炎怪人エジプタス」 ^ a b c d e No.32「毒草怪人トリカブト」 ^ No.34稲妻怪人エイキング」 ^ a b No.34・No.174 ^ No.174「エイキング使命」 ^ a b c d e f No.72「怪人雪男スノーマン」 ^ a b c d e No.65「耐熱怪人ゴースター」 ^ a b No.67「毒性怪人ハエ男」 ^ a b c d No.67・No.187 ^ a b c d e No.68「怪鳥プラノドン」 ^ a b c d No.62「墓場の怪カビビンガ」 ^ a b c d e f g No.61「軟体怪人ナメクジラー」 ^ a b c d No.115「ベアコンガー」 ^ No.146・No.165 ^ No.146「死をよぶ氷魔人トドキラー」 ^ a b c d No.70「吸血怪人ヒルゲリラ」 ^ a b c d No.112「人喰怪人イソギンチャック」 ^ a b c d No.64オーロラ怪人カメストーン」 ^ a b c d e f No.106「石怪人ユニコルノス」 ^ a b c No.170「ギルガラス

※この「出典(仮面ライダーカード)」の解説は、「ショッカー怪人 (テレビシリーズ2号編)」の解説の一部です。
「出典(仮面ライダーカード)」を含む「ショッカー怪人 (テレビシリーズ2号編)」の記事については、「ショッカー怪人 (テレビシリーズ2号編)」の概要を参照ください。


出典(Webなど)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 22:10 UTC 版)

キッチン戦隊クックルン (5代目)」の記事における「出典(Webなど)」の解説

^ a b c d eゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン”. 日本放送協会. 2021年3月27日閲覧。 ^ “番組表”. 日本放送協会. 2022年1月30日閲覧。 ^ “これまでに紹介したレシピ”. 日本放送協会. 2022年1月30日閲覧。 ^ “小松菜奈結婚発表直後に小松7」登場タイムリー過ぎる」Eテレ番組話題に”. J-CASTニュース. ジェイ・キャスト (2021年11月17日). 2022年1月24日閲覧

※この「出典(Webなど)」の解説は、「キッチン戦隊クックルン (5代目)」の解説の一部です。
「出典(Webなど)」を含む「キッチン戦隊クックルン (5代目)」の記事については、「キッチン戦隊クックルン (5代目)」の概要を参照ください。


出典(Webなど)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 02:02 UTC 版)

キッチン戦隊クックルン (2代目)」の記事における「出典(Webなど)」の解説

^ “牧野羽咲”. サンミュージック. 2015年4月3日閲覧。 ^ “NOA”. ディケイド. 2015年4月3日閲覧。 ^ “外川燎”. NEWSエンターテインメント. 2015年7月10日閲覧。 ^ a b てっちゃんねっと 日本語ラオス語辞典 Ver2.0 p.p.111 ^ 番組にさんかしよう!“アズキチャレンジのくわしいルール (PDF)”. キッズワールド. 日本放送協会. 2015年4月10日閲覧。 ^ “ゴスペラーズ今日放送NHK食育番組声優に”. 音楽ナタリー (2017年2月16日). 2017年3月22日閲覧。 ^ “正月料理楽しくリメイクスペシャルゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン”. NHK_PR. 日本放送協会 (2015年12月15日). 2015年12月20日閲覧

※この「出典(Webなど)」の解説は、「キッチン戦隊クックルン (2代目)」の解説の一部です。
「出典(Webなど)」を含む「キッチン戦隊クックルン (2代目)」の記事については、「キッチン戦隊クックルン (2代目)」の概要を参照ください。


出典(JRプレスリリース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:14 UTC 版)

新津駅」の記事における「出典(JRプレスリリース)」の解説

^ “新津駅東口コンビニオープン!” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2004年9月15日), オリジナルの2005年3月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20050305171540/http://www.jrniigata.co.jp/press/200409niitsu-daily.pdf 2022年5月16日閲覧。 ^ “平成16年11月27日(土)新潟駅自動改札使用開始!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2004年11月27日), オリジナルの2006年1月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060108154725/http://www.jrniigata.co.jp/information/20041127jidoukaisatsu.pdf 2021年1月8日閲覧。 ^ “2006年1月21日(土)新潟エリアSuicaデビュー!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道新潟支社, (2005年9月21日), オリジナルの2006年1月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060105212914/http://www.jrniigata.co.jp/information/20050921suica.pdf 2021年1月8日閲覧。 ^ “2008年3月 Suicaがますます便利になります” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2007年12月21日), オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160304095817/https://www.jreast.co.jp/press/2007_2/20071214.pdf 2020年5月29日閲覧。 ^ a b新津駅が「エコステ」モデル駅として生まれ変わります!” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2017年2月23日), オリジナルの2018年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181223055553/http://www.jrniigata.co.jp/press/20170223niitsuecost.pdf 2022年5月16日閲覧。 ^ “新津駅西口パーク&ライド駐車場移転お知らせ” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2008年1月10日), オリジナルの2010年10月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20101030153306/http://jrniigata.co.jp/080110nitsuekipr.pdf 2022年5月16日閲覧。 ^ “新津駅「エコステ」モデル整備について” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2016年9月27日), オリジナルの2018年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181223055946/http://www.jrniigata.co.jp/press/20160927niituecostute.pdf 2022年5月16日閲覧。 ^ “新津駅「エコステ」PRイベント開催ご案内!” (プレスリリース), 東日本旅客鉄道 新潟支社, (2017年3月27日), オリジナルの2018年12月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181223054423/http://www.jrniigata.co.jp/press/20170327ecost.pdf 2022年5月16日閲覧

※この「出典(JRプレスリリース)」の解説は、「新津駅」の解説の一部です。
「出典(JRプレスリリース)」を含む「新津駅」の記事については、「新津駅」の概要を参照ください。


出典(新聞・ニュース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:32 UTC 版)

糸魚川駅」の記事における「出典(新聞・ニュース)」の解説

^ a b c d e 浅見茂晴、山本愛板鼻幸雄(2015年3月15日). “北陸新幹線:開業 上越変革期待背負い”. 毎日新聞 (毎日新聞社)[要ページ番号] ^ a b c大糸線 踏切事故旅程崩壊1つ目の姫川駅へはいきなりの徒歩”. 日刊スポーツ (2021年10月14日). 2021年10月14日時点オリジナルよりアーカイブ2021年12月15日閲覧。 ^ a b妙高山染め紅葉えちごトキめき鉄道>”. 読売新聞オンライン (2020年10月10日). 2021年10月24日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月16日閲覧。 ^ a b 浅見茂晴(2014年11月2日). “えちごトキめき鉄道:新車両公開”. 毎日新聞 (毎日新聞社)[要ページ番号] ^ “北陸新幹線「かがやき」上越妙高糸魚川停車せず 新潟”. 産経ニュース. (2014年8月28日). https://www.sankei.com/article/20140828-ARCLTTPHQNJR5AR2WVUZQBUETA/ 2021年12月16日閲覧。 ^ “JR西日本糸魚川駅12月1日から橋上化翌日北陸新幹線試験列車歓迎イベント”. Response. (2013年11月12日). 2021年12月15日閲覧。 ^ “自由通路開通南北往来でにぎわい”. 上越タイムス (上越タイムス社). (2014年9月14日). http://www.j-times.jp/news.php?seq=9397 2014年9月15日閲覧。 ^ “糸魚川駅南北2つ出口つなぐ自由通路”. 読売新聞 (2014年9月15日). 2014年9月15日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月15日閲覧。 ^ 浅見茂晴(2014年9月17日). “JR糸魚川駅:南・北口、自由通路渡り初め”. 毎日新聞 (毎日新聞社)[要ページ番号] ^ a b c糸魚川丸ごと再現ジオパルオープン”. 北陸新幹線行こう!北陸・信越観光ナビ新潟日報). (2015年2月16日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000000914 2021年12月16日閲覧。 ^ a b 浅見茂晴(2015年2月16日). “北陸新幹線:周辺整備糸魚川駅完工式典 ジオパルオープンも祝う”. 毎日新聞 (毎日新聞社)[要ページ番号] ^ “新潟上越妙高駅糸魚川駅発車メロディー”. 朝日新聞デジタル (2014年9月26日). 2015年9月24日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月16日閲覧。 ^ “新潟県糸魚川駅多言語観光案内所 訪日客対応”. 日本経済新聞. (2020年1月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54232500Z00C20A1L21000/ 2021年12月15日閲覧。 ^ “「糸魚川ジオステーション ジオパルキハ52 待合室)」オープン”. 鉄道ホビダス RMニュース (2015年2月16日). 2018年6月17日時点オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ2021年12月16日閲覧。 ^ “寝台特急トワイライトエクスプレス再現糸魚川8月公開 天空鉄道物語展示”. 乗りものニュース (2020年7月27日). 2021年12月16日閲覧。 ^ 糸魚川14日鉄道祭り」、レンガ車庫記念品販売 新潟日報 2012年10月11日付 上越地域版[要ページ番号] ^ “新潟県糸魚川市駅北広場キターレが4月1日オープン”. にいがた経済新聞 (2020年3月26日). 2021年12月16日閲覧

※この「出典(新聞・ニュース)」の解説は、「糸魚川駅」の解説の一部です。
「出典(新聞・ニュース)」を含む「糸魚川駅」の記事については、「糸魚川駅」の概要を参照ください。


出典(解決事案)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:36 UTC 版)

北海道警察」の記事における「出典(解決事案)」の解説

^ “大森死刑囚即時抗告札幌地裁再審請求棄却 北海道庁爆破事件”. 産経ニュース. (2016年3月26日). https://www.sankei.com/smp/affairs/news/160328/afr1603280048-s1.html 2018年8月26日閲覧。 ^ “平成26(わ)396 住居侵入激発物破裂建造物侵入現住建造物等放火現住建造物等放火未遂窃盗被告事件 平成28年3月11日 札幌地方裁判所”. 札幌地方裁判所. (2016年3月11日). https://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/911/085911_hanrei.pdf 2018年8月26日閲覧。 ^ “札幌ボンベ連続爆発 53歳の女被告関与否認”. 産経ニュース. (2016年2月15日). https://www.sankei.com/smp/affairs/news/160215/afr1602150007-s1.html 2018年8月20日閲覧

※この「出典(解決事案)」の解説は、「北海道警察」の解説の一部です。
「出典(解決事案)」を含む「北海道警察」の記事については、「北海道警察」の概要を参照ください。


出典(国の機関及び自治体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:40 UTC 版)

新潟交通観光バス」の記事における「出典(国の機関及び自治体)」の解説

^ a b 平成24年度 村上市地域公共交通活性化協議会:“書面による議決実施しました議案1 山北地区海岸部での路線バス新規運行について(案)”. 村上市 (2012年12月19日). 2019年8月3日閲覧。 ^ 平成25年度 村上市地域公共交通活性化協議会:“第1回 議題1 村上北中線 路線バス運行経路変更について”. 村上市 (2013年6月21日). 2019年8月3日閲覧。 ^ 平成24年度 村上市地域公共交通活性化協議会:“書面による議決実施しました議案2 馬下板貝線の寒川延伸運行について(案)”. 村上市 (2013年1月11日). 2019年8月3日閲覧。 ^ 平成28年度 村上市地域公共交通活性化協議会:“第3回 参考資料2 村上市公共交通実証運行利用者実績”. 村上市 (2017年2月10日). 2019年8月3日閲覧。 ^ 平成29年度第2回新発田市地域公共交通活性化協議会:“第2号議案 乗廻松浦線見直しについて”. 新発田市 (2018年1月26日). 2019年8月3日閲覧。 ^ 平成29年度第2回新発田市地域公共交通活性化協議会:“第3号議案 松浦地区デマンド乗合タクシー実証運行について”. 新発田市 (2018年1月26日). 2019年8月3日閲覧。 ^ a b 平成29年度第1回新発田市地域公共交通活性化協議会:“第7号議案 乗合バス路線見直しについて”. 新発田市 (2017年6月23日). 2019年8月3日閲覧。 ^ 平成29年度第2回新発田市地域公共交通活性化協議会:“第1号議案 東赤谷線の見直しについて”. 新発田市 (2018年1月26日). 2019年8月3日閲覧。 ^ 阿賀野市地域公共交通網形成計画 p.37 (PDF) - 阿賀野市 ^ 西蒲区生活交通改善プラン p.10、p.19 (PDF) - 新潟市西蒲区 - WARP ^ a b路線バス金津線、下新線)の運行事業者運行車両変更について”. 新潟市. 2019年8月3日閲覧。 ^ a b c 平成30年度 第11回 西蒲区自治協議会:“資料3 路線バスの運行事業者代わります”. 新潟市西蒲区 (2019年2月25日). 2019年8月3日閲覧。 ^ 角田山周遊バス - 新潟市西蒲区 - WARPによるアーカイブ ^ 角田山周遊バス運行事業補助金 - 新潟市西蒲区 - WARPによるアーカイブ ^ 阿賀町地域公共交通活性化協議会:“平成30年度第2回 資料2”. 阿賀町. 2019年10月4日閲覧。 ^ 阿賀町地域公共交通活性化協議会:“平成30年度第2回 資料3”. 阿賀町. 2019年10月4日閲覧。 ^ “三川駅赤谷間コミュニティワゴンの運行開始について”. 阿賀町. 2019年10月4日閲覧

※この「出典(国の機関及び自治体)」の解説は、「新潟交通観光バス」の解説の一部です。
「出典(国の機関及び自治体)」を含む「新潟交通観光バス」の記事については、「新潟交通観光バス」の概要を参照ください。


出典(書籍・Web記事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 00:04 UTC 版)

尾久車両センター」の記事における「出典(書籍Web記事)」の解説

^ a b c d e f g 交友社鉄道ファン2022年7月別冊付録JR旅客会社車両配置表」 ^ 第34期有価証券報告書 43頁 (PDF) - 東日本旅客鉄道 ^ a b 三宅俊彦 『j train Vol.63Autumn 2016 特集 タイムスリップ 首都圏15機関区めぐり イカロス出版 P37,38 ^ a b 鉄道ファン2022年7月号 p.37 ^ a b 祖田圭介鉄道ファン2001年12月号 特集短絡線ミステリー5 車両基地はどこだ?〜在来線特急配置区を探る〜 交友社 P22 - P25 ^ 祖田圭介鉄道ファン2006年1月号 特集短絡線ミステリー8 首都圏関西圏JR通勤電車車両基地 交友社 P42 ^ 祖田圭介鉄道ファン2001年12月号 特集短絡線ミステリー5 車両基地はどこだ?〜在来線特急配置区を探る〜 交友社 尾久客車区田端運転所構内配線図 ^ 祖田圭介鉄道ファン2008年6月号 特集短絡線ミステリー9 東京都心鉄道複雑エリア 交友社 P13 ^ 『JR気動車客車編成表2017交通新聞社 JR車両 配置東日本旅客鉄道 p.50 ^ (2001年開催について)『鉄道ファン2002年2月交友社鉄道写真プレゼンテーションP120 - P123 ^ 「第16回 みんな集まれふれあい鉄道フェスティバル」の開催についてJR東日本プレリリース 2016年10月26日掲載。 ^ 尾久車両センターで『ふれあい鉄道フェスティバル開催- 『鉄道ファン railf.jp鉄道ニュース 交友社 2017年11月12日掲載 ^ 『第7回ふれあい鉄道フェスティバル』- 『鉄道ファン railf.jp鉄道ニュース 交友社 2007年11月12日掲載 ^ a bJR気動車客車編成表2017交通新聞社 JR現業機関一覧表 東日本旅客鉄道-1 p.221 ^ 祖田圭介鉄道ピクトリアル2006年11月号特集】ターミナルシリーズ上野 電気車研究会上野駅をめぐる線路配線 今昔P51 ^ a b c d 山田亮鉄道ピクトリアル2006年11月号特集】ターミナルシリーズ上野 電気車研究会上野駅 思い出共有する空間」 P17 ^ a b 祖田圭介鉄道ピクトリアル2006年11月号特集】ターミナルシリーズ上野 電気車研究会上野駅をめぐる線路配線 今昔P53 ^ 祖田圭介鉄道ピクトリアル2006年11月号特集】ターミナルシリーズ上野 電気車研究会上野駅をめぐる線路配線 今昔」 P54 ^ “JR東日本、「四季島展望車外観公開”. ジョルダンニュース (ジョルダン (企業)). (2016年8月24日). オリジナルの2016年8月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160828040142/http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=JD1471948550635 2016年8月28日閲覧。 ^ “JR東ゴールド寝台列車披露 トランスイート四季島”. 東京新聞. 共同通信 (中日新聞東京本社). (2016年8月24日). オリジナルの2016年8月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160826085834/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016082401001036.html 2016年8月28日閲覧。 ^ 上新大介 (2016年9月6日). “JR東日本トランスイート四季島神戸出発機関車牽引東海道本線へ”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2016/09/06/281/ 2016年9月7日閲覧。 ^ “「TRAIN SUITE 四季島」が甲種輸送される”. railf.jp鉄道ニュース). 交友社 (2016年9月8日). 2016年9月9日閲覧。 ^ a b 交友社鉄道ファン2017年7月号 「JR旅客会社車両配置表」 ^ 上新大介 (2016年9月27日). “JR東日本トランスイート四季島全車出そろう - 中間車3両を都内輸送”. マイナビニュース (マイナビ). オリジナルの2016年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20161007050158/http://news.mynavi.jp/news/2016/09/27/433/ 2016年10月7日閲覧。 ^ “「TRAIN SUITE 四季島」3両が甲種輸送される”. railf.jp鉄道ニュース). 交友社 (2016年9月28日). 2016年10月7日閲覧。 ^ ジェー・アール・アール編『JR電車編成表2021交通新聞社2021年、p.356。ISBN 9784330025216。 ^ “E26系カシオペア車両使用した臨時列車運転します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2016年4月6日), オリジナルの2016年4月6日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160406100520/http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160403.pdf 2016年4月6日閲覧。 ^ “〜2016年9月 カシオペア初め長野へ〜 カシオペアで行く信州の旅” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2016年7月20日), オリジナルの2016年7月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160728210732/http://www.jreast.co.jp/press/2016/20160723.pdf 2016年7月28日閲覧

※この「出典(書籍・Web記事)」の解説は、「尾久車両センター」の解説の一部です。
「出典(書籍・Web記事)」を含む「尾久車両センター」の記事については、「尾久車両センター」の概要を参照ください。


出典(書籍など)