怪しとは?

け・し【怪し/異し】

[形シク

あるべき態と異なっている。非難すべきである

はろはろ思ほゆるかも然れども—・しき心を我(あ)が思はなくに」〈三五八八

納得がいかない。変だ。→けしかるけしゅう

こなたざまならでは、方も(=方角モ塞ガラナイラシイ)、など—・しくて」〈かげろふ・中〉


し【怪・異】

〔形シク〕 (「け(異)」に形容詞語尾の付いたもの

あるべき態と異なっているさま。非難すべきであるよくないさま。

万葉(8C後)一四・三四八二「韓衣裾のうちかへ会はねども家思吉(ケシキ)心を吾が思(も)はなくに」

変わっていることに対して不審思うさまあやしげである。異様である。

伊勢物語(10C前)二一この女かくかきをきたるをけしう心をくべきこともおぼえぬをなにによりてかかからむといといたうなきて」

③ 怪しいまでに程度はなはだしいさま。ひどい。病気などが重い。劣っている通常、「けしうはあらず」「けしうはあらじ」の形で用いられることが多い。

蜻蛉(974頃)下「けしうつつましきことなれど、尼にとうけ給はるには、むつまじきかたにてもおもひはなち給ふやとてなん」

宇津保(970‐999頃)嵯峨院「さるまじらひせんにも、けしうは人におとらじ」

[語誌](1)形容動詞「けなり」と同根
(2)中古になると連用形ケシクとその音便形ケシウが②の意味で用いられることが多くなる。またケシウは③のように打消伴い、「たいして良くない」「たいして悪くない」「格別ことはない」の意味で使用されることが多くなる。
(3)さらに「けし」を否定した形の「けしからず」が意味的には肯定に使われることが多くなり、近世以降はこの「けしからず」が「けし」にとって替わった。→けしかるけしからず


あや‐し【怪】

〔形シク〕 ⇒あやしい(怪)




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怪し」の関連用語

怪しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



怪しの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS