胡散とは?

う‐さん【×胡散】

形動[文]ナリ《「う(胡)」は唐音怪しいさま。不審なさま。胡乱(うろん)。

「此国(ここ)では余り見掛けことがないが、—な奴さ」〈二葉亭訳・奇遇

[派生] うさんげ形動


う‐さん【胡散】

形動〕 (「う」は「胡」の唐宋音疑わしいさま。怪しいさま。不審胡乱(うろん)。

*虎明本狂言八幡の前(室町末‐近世初)「さだめてうさんにおぼしめさうほどに」

浮世草子好色一代男(1682)四「なを胡散(ウサン)成(なる)者也、重而(かさねて)せんさくすべし」

[語誌]語源未詳江戸中期頃から「胡散」「烏散」の表記見られるが、その後、意味の近い「胡乱(うろん)」との関連から、「胡散」と書くことが定着した。

〔他ラ四〕

形動

〔名〕


胡散

読み方:ウサンusan

怪しいさま




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「胡散」の関連用語

胡散のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



胡散のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS