合いとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 合い > 合いの意味・解説 

あい〔あひ〕【合(い)】

(「間」とも書く)「合い着」「合い服」の略。「合いの服」

名詞の下に付いて接尾語的に用いる。

互いにある動作をすることを表す。「話し合い」「触れ合い

様子調子などの意を表す。「色合い」「風(ふう)合い」

㋒それに近いこと、そのあたり、の意を表す。「意味合い」「沖合い」「横合い


合い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合い

大阪弁 訳語 解説
合い (っこ) 追い駆け合い、背中流し合い、真似し合い。接尾に「っこ」を付けるのは東国特有方言




合いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「合い」に関係したコラム

  • FXの三空とは

    三空(さんくう)とは、4本の並んだ陽線、あるいは、陰線が隣り合うローソク足の高値と安値と重ならないように窓を空けて続いた状態のことです。4本の並んだ陽線の場合を三空吹き上げ、三空上放れといいます。また...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合い」の関連用語

合いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS