合いとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 合い > 合いの意味・解説 

あい〔あひ〕【合(い)】

(「間」とも書く)「合い着」「合い服」の略。「合いの服」

名詞の下に付いて接尾語的に用いる。

互いにある動作をすることを表す。「話し合い」「触れ合い

様子調子などの意を表す。「色合い」「風(ふう)合い」

㋒それに近いこと、そのあたり、の意を表す。「意味合い」「沖合い」「横合い


あい あひ 【合・会・相】

1 〔名〕 (動詞「あう(合)」の連用形名詞化) あうこと。また、動作を共にしたり、相互に関係をもったりする意を表わす

[一] あうこと。会合対面

万葉(8C後)四・七四一「夢(いめ)の相(あひ)は苦しかりけり覚(おどろ)きてかきさぐれども手にも触れねば」

[二] 人と行動を共にしたり、相手をしたりすること。

二人で向かい合って、互いに声をかけながら(つち)で物を打つこと。あいづち

*十巻本和名抄(934頃)五「撃 纂文云斉人以大槌。〈漢語抄云阿比〉」

共謀すること。また、その仲間同類。ぐる。

浄瑠璃吉野都女楠(1710頃か)四「ムム、扨(さて)はあいじゃの」

相手また、相手をすること。

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)四「ハテ、あいには愚僧が行かいでたまる物か」

④ あいこ。あいうち

2 〔接頭〕

[一] 動詞の上に付く。

① ともに関係することを表わす

(イ) ともに。ともどもに。いっしょに。

古事記(712)中・歌謡「道の後(しり)古波陀嬢子(こはだをとめ)を神の如(ごと)聞えしかども阿比(アヒ)枕まく

米沢沙石集(1283)四「今すこし若くおはす時(とき)人をも相語らひ給へ

(ロ) 向かい合った関係にあるさま。互いに

古事記(712)下・歌謡「肝(きも)向かふ 心をだにか 阿比(アヒ)思はずあらむ」

語調整えたり、語勢添えたりする。改まった言い方として、近代では手紙などに用いる。

源氏100114頃)手習小野侍りつる尼どもあひ訪(と)ひ侍らんとてまかり寄りたりしに」

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「脚気症に相(アイ)罹(かか)り、起臥共に、頗(すこぶる)困難を覚候故」

[二] 名詞の上に付く。

① 同じ関係にある間柄。「相弟子」「相番」など。

互いに向かい合った関係。「相対」「相たがい」「相四つ」など。

3語素〕 (名詞に付いて接尾語的に) 前後事情関連における、もののありかた。「意味合い」「色合い」「頃合い」など。

[補注]接頭語として動詞接す場合次のように間に助詞を伴うことがある。「正月たつ春のはじめにかくしつ安比(アヒ)し笑みてば時じけめやも」〔万葉‐四一三七〕、「大和なる耳無山山彦は呼べどもさらにあひも答へず」〔多武峰少将物語〕。


あい あひ 【間・合】

〔名〕

[一] 人、物、事柄などについて、二つのものの間をいう。

① 物と物との間。あわい。ま。

宇治拾遺(1221頃)一「この鹿の目のあひの、例の鹿の目のあはひよりも近くて」

断橋(1911)〈岩野泡鳴〉一〇「樹木がいい加減に合ひを置いて生えてゐる地上には」

② 人と人との間柄。関係。仲。

日葡辞書(1603‐04)「フタリノ aiga(アイガ) ワルウ ゴザル

酒杯やりとりの際、二人の間にはいって第三者代わりに杯を受けて酒席の興をたすけること。近世遊里発生した酒杯献酬作法

評判記秘伝書(1655頃)しょたいめんの名をしる事「かへすもかたきとて、あひをなどとて人出る事あるべし」

④ 「あいのしゅく間宿)」の略。

歌謡落葉集1704)四「間(アヒ)の土山雨が降る

(5)あいのて間手)」の略。

雑俳柳多留‐九(1774)「ふきがらをけしてくんなと間(あイ)をひき」

(6) 人形浄瑠璃で、太夫が語る文句文句とのあいだを三味線だけでつなぐ演奏。短い旋律で、おもに文意助け印象深める場合をいい、逆に人形動作助け舞台効果をあげる演奏を「めりやす」という。

(7)あいきょうげん間狂言)」の略。

(8)あいがたり間語)」の略。

日葡辞書(1603‐04)「Aiuo(アイヲ) ユウ、または、ノウ aiuo(アイヲ) ユウ

(9)あいごま合駒)」の略。

寒川入道筆記(1613頃)愚痴文盲口状之事「さる程に金をあひにはるかと見れは歩兵をはる」

(10)あいのもの間物)」の略。

大上臈御名之事(16C前か)「あひの物。あひ」

[二] 時間について、時と時との間や、ある定まった時期刻限をいう。

① ふだん。平日平常

咄本新板一口ばなし(1839)八「とし玉に酒一升おくれ。あいは頼まぬ」

② とき。折。機会場合

仮名草子都風俗鑑(1681)四「又都のわけをつとめたる女も、あひには此ところに来ぬれば」

③ 客に出ている遊女が、都合をつけて他の客の座敷に出ること。

洒落本戯言浮世瓢箪(1797)四「三更過迄遊んでも、いのふともいはぬは、さてもながい間(アイ)なり」

④ 二か月間(六〇日間)のことをいう上方語

浪花聞書(1819頃)「節季より節季の間を一間(ひとあへ)と唱ふ、あいと斗も云」

(5) 寒暑の間の移り変わり時季主として衣服についていう。

浅草日記(1930)〈川端康成〉「幅広ズボンの紺の服、同じ色の合(アヒ)の外套


あわい あはひ 【間・合】

〔名〕 (動詞「あふ(合)」に接尾語「ふ」の付いた「あはふ」の名詞化か)

① 物と物との交わったところ。重なったところ。また、境目のところ。中間。間。

伊勢物語(10C前)七「伊勢尾張のあはひの海づらを行くに」

源氏100114頃)蜻蛉几帳どもの立てちがへたるあはひより見通されて」

普賢(1936)〈石川淳〉八「夢と現(うつつ)とのあはひの帷(とばり)を愛惜しつつ」

② 人と人との間柄相互の関係。交際。仲。

源氏100114頃)乙女若き御心どちなれば、年頃見ならひ給へる御あはひを」

太平記14C後)二九将軍執事とのあはいを次第隔てんと」

③ 色の取り合わせ調和配色

源氏100114頃)浮舟濃き衣(きぬ)に、紅梅織物など、あはひをかしう着かへて居給へり」

機会。折。

平家13C前)一一「いくさといふ物は〈略〉あはひ悪しければ引くは常の習(ならひ)なり」

(5) あいだの距離。また、物のすきま。空間的にいう場合が多いが、時間的間隔にもいう。

平家13C前)一一「猶扇のあはひ七段ばかりはあるらんとこそ見えたりけれ」

不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉中「間(アハヒ)両三日を置きて、門を出づること稀なる川島未亡人尨大なる体は、飯田町なる加藤家の門を入りたり」

[語誌](1)平安時代、「あひだ」は和文には例が必ずしも多くはなく、時間的用法が主であるのに対し、「あはひ」は和文多用され、空間的用法中心となる
(2)鎌倉時代になると、「機会」「折」などという漠然とした時間をさす例が現われる


合い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

合い

大阪弁 訳語 解説
合い (っこ) 追い駆け合い背中流し合い、真似し合い。接尾に「っこ」を付けるのは東国特有方言




合いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「合い」に関係したコラム

  • FXの三空とは

    三空(さんくう)とは、4本の並んだ陽線、あるいは、陰線が隣り合うローソク足の高値と安値と重ならないように窓を空けて続いた状態のことです。4本の並んだ陽線の場合を三空吹き上げ、三空上放れといいます。また...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「合い」の関連用語

合いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



合いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS