人生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > 期間 > 人生の意味・解説 

じん‐せい【人生/人世】

読み方:じんせい

人がこの世生きていくこと。また、その生活。「第二の—を送る」「—を左右する出来事」「—経験

人の、この世生きている間。人の一生生涯。「芸術長く—は短い」

[補説]  
2015年実施した「あなたの言葉辞書載せよう。2015キャンペーンでの「人生」への投稿から選ばれた優秀作品。

やり直したいと言う声が多い割に、結構多くの人が満足して終え不思議な旅。
ウラノスさん

◆なんて不公平なんだろう…って思うけど、それなりに楽しいことしあわせな事もある。本人しだいで、変わるもの
はるひさん

◆なんで生まれてきたのかを探す旅。
さっちゃんさん

リセットできないオリジナルRPGロールプレイングゲーム)。
まーさんさん

笑い皺をつくること。
がちお、さん

全ての人間与えられ試練。ただし必ずしも試練は平等では無い。
あの頃は…さん

神様から借りてきたもの。だから全うするまで頑張なければならない
マーサさん

たくさんの道、まっすぐでも曲がってもいる。山もあれば、谷も、川もある。行先も違う。
あきいさん

◆自らが主人公である物語。しかしそのように感じられない人も多い、少し切ない物語
JKさん

◆死ぬまでに与えられた時間
こかちだ福さん

気付いた始まっている、とてつもなく長い成長の旅。
mayuさん

家族親友との出会いの場。
あつこさん

選択し決断繰り返してきた足跡
ぴろこさん

振り返ることはできるが戻ることはできない
どらみんさん

「人生」に似た言葉

人生

作者遠藤周作

収載図書ピアノ協奏曲21番
出版社文芸春秋
刊行年月1987.5
シリーズ名遠藤周作 小説の館

収載図書ピアノ協奏曲二十一番
出版社文芸春秋
刊行年月1990.5
シリーズ名文春文庫


人生

作者夏目漱石

収載図書ザ・漱石全小全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月1999.6


人生

作者笹沢左保

収載図書江戸人生論木枯し紋次郎ことわざ漫歩
出版社光文社
刊行年月1999.10
シリーズ名光文社文庫


人生

作者高橋源一郎

収載図書君が代千代に八千代に
出版社文藝春秋
刊行年月2002.5

収載図書君が代千代に八千代に
出版社文藝春秋
刊行年月2005.9
シリーズ名文春文庫


人生

作者黄氏寳

収載図書台湾純文学集 1
出版社緑蔭書房
刊行年月2002.11
シリーズ名日本統治期台湾文学集成


人生

作者マクシム・ゴーリキイ

収載図書田山花袋国木田独歩
出版社大空社
刊行年月2003.7
シリーズ名明治翻訳文学全集


人生

作者ふみともしん

収載図書笑った顔が一番素敵。
出版社SDP
刊行年月2008.12


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/16 16:04 UTC 版)

人生(じんせい)とは、がこの世で生きていくこと[1]。人の、この世に生きている間[1]。あるいは、この世で生きている間に経験することなどである。「人の一生」「生涯」などとも言う[1]


  1. ^ a b c 字通, デジタル大辞泉,精選版 日本国語大辞典,普及版. “人生(ジンセイ)とは? 意味や使い方”. コトバンク. 2024年7月16日閲覧。
  2. ^ a b c d This 75-Year Harvard Study Found the 1 Secret to Leading a Fulfilling Life
  3. ^ a b c d e STUDY OF ADULT DEVELOPMENT


「人生」の続きの解説一覧

人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 15:34 UTC 版)

ハスラー・ホイットニー」の記事における「人生」の解説

ホイットニーニューヨーク・シティ1907年3月23日生まれた父親であるエドワード・ボールドウィン・ホイットニー(英語版)は最初地区ニューヨーク州高位裁判所英語版)の判事だった母親であるA. ジョジーファ・ニューコム・ホイットニーは芸術家で、政治活動的だった父方祖父ウィリアム・ドワイト・ホイットニーで、イェール大学古代語教授で、言語学者で、サンスクリット研究者だった。ホイットニーコネティカット州知事上院議員のロジャー・シャーマン・ボールドウィン(英語版)の孫であり、アメリカ生みの親であるロジャー・シャーマン玄孫だった。母方の祖父母は、天文学者数学者であるサイモン・ニューカムと、海岸調査最初監督者であったフェルディナンド・ルドルフ・ハスラー(英語版)の孫娘であるメアリー・ハスラー・ニューコム(Mary Hassler Newcomb)だった。叔父であるジョサイア・ホイトッニー(英語版)は、ホイットニー山調査した最初の人である。 ホイットニー3度結婚した最初の妻マーガレット・R・ハウエル1930年5月30日結婚した。3人の子供ができ、ジェームズ・ニューコムとキャロルマリアンという名だった。最初離婚後1955年1月16日、メアリー・バーネット・ガーフィールドと結婚した2人の娘、サラ・ニューコムとエミリー・バールドウィンができた。最後にホイットニー2番目の妻と離婚し1986年2月8日にバーバラ・フロイド・オスターマンと結婚したホイットニー最初の妻であるマーガレットは、1939年ニューイングランド現代建築歴史影響与え革新的な決定をした。この時、二人建築家エドウィン・B・グーデル・ジュニア(英語版)に、マサチューセッツ州ウェストン家族のための新居設計するよう依頼した二人は、グーデルにより数年前設計され別の国際的な様式住居の隣に、リチャードそしてカロライン・フィールドの設計した歴史上重要な道路上の岩が多い丘の中腹敷地購入した当時珍しい建築だった平らな屋根、同じ高さの木材羽目、端の窓などの際立った特徴により、ホイットニーハウスはまたその地域で、想像力豊かであるとの反応受けた住居は、メイン住居空間を、南の太陽美し眺め見渡せる窓を伴う地上階据え置いた。ホイットニーハウスは今日でもフィールドハウスと共に残っており、最初の建設から75年以上経っている。二つの家は、歴史上有名なSudbury Road Area貢献した構造物である。 人生を通してホイットニー2つ趣味没頭した。それは音楽登山である。バイオリンヴィエラ熟達した演奏家としてホイットニーPrinceton Musical Amateursと共に演奏したホイットニー一日置きに6から12マイル、外で習慣として走った学部生の時、いとこであるBradley Gilmanと共にホイットニー1929年ニューハンプシャー州のキャノン・マウンテン(英語版)のホイットニー・ギルマン背の初の登頂成し遂げた。それは東部の最も困難で最も有名なロッククライムであったホイットニーはスイス・アルペン境界イェール登山協会(イェール・アウトドアクラブの前身)の会員で、スイスの山の頂上を最も踏破した人物だった

※この「人生」の解説は、「ハスラー・ホイットニー」の解説の一部です。
「人生」を含む「ハスラー・ホイットニー」の記事については、「ハスラー・ホイットニー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 17:48 UTC 版)

ナフマン・アロンシャイン」の記事における「人生」の解説

1930年ポーランドワルシャワ大学博士号取得。シュテファン・マズルキヴィッチが彼の論文指導行った。彼は1935年パリ大学でも博士号取得。このときはモーリス・ルネ・フレシェ論文指導行ったオクラホマ農工大学(現オクラホマ州立大学)に勤めた1951年に、同僚のダイアモンド・アインスリー(クエーカーで、新たに設定され忠誠の誓い署名することを拒んだために解雇された) と共にカンザス大学移籍し1977年辞職1964年から死去するまでサマーフィールド著名な学者となった

※この「人生」の解説は、「ナフマン・アロンシャイン」の解説の一部です。
「人生」を含む「ナフマン・アロンシャイン」の記事については、「ナフマン・アロンシャイン」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 16:04 UTC 版)

ブランシュ・ダンティニー」の記事における「人生」の解説

ブランシュ・ダンティニーは、マリー・エルネスティーヌ・アンティニー(Marie Ernestine Antigny)として、フランスのマルティゼ(Martizay)に生まれた。父ジャン・アンティニー(Jean Antigny)は、地元教会聖具室であった。彼女は14歳恋人ブカレスト駆落ちしたが、彼を彼女は数人ジプシーのために捨てたパリ戻ってくるや、彼女はサーカスさまざまなダンス・ホール働いた。彼女はまた、ポール・ボードリーの絵『The penitent Madeleine』のモデルになった。彼女はロシアの警察本部長情婦になったが、彼は彼女をサンクトペテルブルクに、そして彼女がツァーリナの特別命令によってロシアを去らなければならなかったときに、ヴィースバーデンWiesbaden)に、連れて行った。彼女がオペレッタ舞台でスターになるということを頭の中に入れたとき、すべてが、まさにゾラがのちに『ナナ』に記述することになるとおりになった:彼女はただちに舞台で成功をおさめ、裕福な多く恋人らの心をひきつけたエルヴェHervé)は彼女をオペレッタ『Chilpéric』(1868年)のフレデグンドFrédégonde)役に出演させ、自分自身はその傑作Le petit Faust』(1869年)の舞台で、彼女のマルグリットMarguerite)を相手ファウスト演じたが、これはゲーテの劇とグノーオペラ両者輝かしパロディーである。ブランシュ・ダンティニーは、次に1870年1873年とのあいだのエルヴェオッフェンバックおよび彼らの弟子らのすべてのヒット作品主役演じた(『Le tour du chien vert』、『L'oeil crevé』、『パリの生活』(La vie parisienne)、『La Cocotte aux œufs d'or』等々)。彼女の恋人らは彼女に贈り物をたくさん贈り、彼女のために大金費やしたが、しかし彼女はそのうちひとつでも手放さないでいることはできなかった。恋人のひとりの破産によってひきおこされ醜聞ののち、彼女はしばらくの間パリを発つほうがよいと考えた。彼女はエジプト行き、そこでカイロ舞台現われ、ケディヴ(Khedive)と情事持った。彼女はこの旅行から腸チフスかかって戻ってきて、一文無しになって友人全員から見捨てられて、ゆっくりと苦しみながら死んだブランシュ・ダンティニーは、パリペール・ラシェーズ墓地葬られた。

※この「人生」の解説は、「ブランシュ・ダンティニー」の解説の一部です。
「人生」を含む「ブランシュ・ダンティニー」の記事については、「ブランシュ・ダンティニー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 16:47 UTC 版)

アウルトニ・マグヌッソン」の記事における「人生」の解説

1663年アイスランド西部のダーラシスラ (Dalasýsla) 県クヴェンナブレカ (Kvennabrekka) に生まれたコペンハーゲン大学で学ぶためにデンマーク渡り王室古物研究家トーマス・バルトリン(デンマーク語版、英語版)の元で6年助手として働いた2年ドイツ旅したのち、1697年デンマーク戻ってきて、デンマーク王立文書館事務員となった48歳になったとき、コペンハーゲン大学デンマーク古物研究に関する教授となった1700年アイスランド戻り、そこで10年間を過ごしたのちコペンハーゲン戻りその後はそこで教授司書として生涯全うした。 彼は自身生涯多く写本蒐集費やし、主に彼の生地であるアイスランド写本集めただけでなく、他の北欧諸国写本蒐集していた。彼のコレクションは、個人によるこの手コレクションとして最大級規模誇りアウルトニ・マグヌッソン写本コレクションとして知られている。かつてはコペンハーゲン収蔵されていたが、今は一部アイスランド返還されており、コペンハーゲンレイキャヴィーク分割して保存されている。

※この「人生」の解説は、「アウルトニ・マグヌッソン」の解説の一部です。
「人生」を含む「アウルトニ・マグヌッソン」の記事については、「アウルトニ・マグヌッソン」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 01:38 UTC 版)

デビッド・リー (物理学者)」の記事における「人生」の解説

リーニューヨーク州ライ生まれた両親イングランドリトアニアからの移民ユダヤ人だった。彼は1952年ハーバード大学卒業しアメリカ陸軍所属したコネティカット大学修士号取得し1955年イェール大学大学院博士課程入学してヘンリー・フェアバンクに師事したイェール卒業するコーネル大学教授となり、2009年11月16日コーネル大学からテキサスA&M大学移籍した既婚二人の息子がいる。

※この「人生」の解説は、「デビッド・リー (物理学者)」の解説の一部です。
「人生」を含む「デビッド・リー (物理学者)」の記事については、「デビッド・リー (物理学者)」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/30 04:35 UTC 版)

シピオーネ・デル・フェッロ」の記事における「人生」の解説

シピオーネはボローニャで、FlorianoとFilippaの間の子供として生まれた。父のFlorianoは印刷工業働き1450年代活字改良行った。 彼はボローニャ大学学び1496年から死去するまで代数学幾何学教えた

※この「人生」の解説は、「シピオーネ・デル・フェッロ」の解説の一部です。
「人生」を含む「シピオーネ・デル・フェッロ」の記事については、「シピオーネ・デル・フェッロ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/23 16:22 UTC 版)

ドミニク・スモレ」の記事における「人生」の解説

ドミニクイバナ次男としてうまれた1935年から1939年までブルタチャの学校にいた。高校リュブリャーナ通った。1944/45年に解放戦線参加してから1年間除籍した。ドミニク・スモレはもうこのときふまじめだった1944年8月10日お父さん自殺深く傷いた。1947年卒業して記者としてラジオリュブリャーナに働き出した1952年9月1年間軍隊にいた。1954年4月、ズデンカ・プレクという司書結婚した二人には二人の子供が生まれた1957年1958年の間、Revija 57という雑誌編集局部員だった。1959年1960年の間、ガスステーション働いたその後1964年まで、Perspektiveという雑誌編集者だった。1972年1976年の間、Slovensko mladinsko gledališče (スロベニア若者劇場) の院長で、1980年まで劇作家で、のちにドミニク・スモレ自由な作家になった1984年スロベニア国立劇場リュブリャーナ劇作家になった1986年、スモレの劇アンティゴネーのため、プレシェーレン賞をもらった1991年、スモレの友達、ブラネ・イバンツ、の死のためスモレは自分隔離した次の年スモレは62歳で死んだ

※この「人生」の解説は、「ドミニク・スモレ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ドミニク・スモレ」の記事については、「ドミニク・スモレ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/12 07:35 UTC 版)

ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ」の記事における「人生」の解説

ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ(ブロンサルトとも呼ばれる)はプロイセン軍人家庭生まれベルリン大学学んだ。彼は1853年ヴァイマルに赴き、リストに会うとともに当時リストサークルにいたあらゆる音楽家たちと親しくなった。その中にはベルリオーズブラームスなどがいる。ブロンサルトとリスト近しい関係は、リストの「ピアノ協奏曲第2番」のヴァイマル初演の際にリスト指揮をし、ブロンサルトがソロ受け持ったことからも窺える。この協奏曲出版に際してリストはブロンサルトに献呈行っている。リストの下で数年間の研鑽積んだのち、ブロンサルトはライプツィヒベルリン指揮者として活動したその後ハノーヴァー1867年から1887年の間、王立劇場総監督務める。1887年からはヴァイマル同様のに就き1895年引退するまでその地位とどまった。 ブロンサルトの2番目の妻、インゲボルクIngeborg 旧姓Lena Starck)(1840年 - 1913年)もまた作曲家であり、2人ヴァイマル出会って1861年結婚している。 ブロンサルトは1913年ミュンヘン没した

※この「人生」の解説は、「ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ」の記事については、「ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/20 13:37 UTC 版)

ウィリアム・ルイス」の記事における「人生」の解説

リッチモンド生まれた1730年3月17日クライスト・チャーチ入学し1734年B.A.1737年M.A.1741年にM.B.、1745年にM.D.の学位それぞれ取得した医師として研さんを積み1746年にはドーバー・ストリートに住んでいたが、直後キングストン・アポン・テムズ転居した。1749年ラドクリフ科学図書館開館した際には、式辞述べた1781年1月21日キングストン・アポン・テムズ死去しリッチモンド葬られた。

※この「人生」の解説は、「ウィリアム・ルイス」の解説の一部です。
「人生」を含む「ウィリアム・ルイス」の記事については、「ウィリアム・ルイス」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 06:30 UTC 版)

キング・オリヴァー」の記事における「人生」の解説

ジョセフ・オリヴァーは、アセンションドナルドソンビル近くルイジアナ州アベンに生まれ青年時代ニューオーリンズ引っ越したオリヴァーニューオリンズ・ブラスバンドダンス・バンドで、それに市の赤線地区であるストーリーヴィルでもコルネット演奏していた。オリヴァートロンボーン奏者であるキッド・オリーと共にバンド率いていたが、そのバンド1910年代ニューオーリンズでもっともホットで最高のバンドだと考えられていた。オリヴァー経済人種間垣根を越えてニューオーリンズ大変な人気博したオリヴァー人気があり、重労働階級黒人ダンス・ホールから白人社会初め社交界入りする少女パーティーまで、演奏仕事需要はあった。 オリヴァー未亡人ステラ・オリヴァーへのインタビューテュレーン大学Tulane University)のホーガン・ジャズ・アーカイブにあり、これによれば1919年オリヴァー演奏していたダンス・ホールで突然喧嘩起りオリヴァーバンド団員達は、喧嘩起こした人達と一緒に警官逮捕されてしまった。このことで、オリヴァージム・クロウ法のある南部を去る決心をしたのであるカリフォルニア州での旅の後、キング・オリヴァー彼のクレオール・ジャズ・バンドがロイヤル・ガーデンズ(のちにリンカーン・ガーデンズと改名)で演奏していたことで、1922年までに、キング・オリヴァーシカゴジャズ王様となっていた。このバンド事実上すべてのメンバー達は、有名なソロイストとして経歴積んでいるところだった。パーソネルオリヴァーコルネットプロテジェいわゆる弟子)のルイ・アームストロング第二コルネットベイビー・ドッズドラムスジョニー・ドッズクラリネット、リル・ハーディン(Lil Hardin。のちのアームストロングの妻)がピアノ、オノレ・ダトリー(Honoré Dutrey)がトロンボーンビル・ジョンソンWilliam Manuel Johnson)がコントラバスバンジョーだった。1923年のこのグループによる録音は、より幅広い人々集団的な即興演奏ディキシーランド・ジャズを聴かせた。 1920年代中後期に、オリバーバンドは、古くからのニューオーリンズ・スタイルのジャズ・バンド全国的に人気のより大きなダンス・バンドとを混ぜたようなバンド一変し1926年には「キング・オリヴァー彼のディキシー・シンコペーターズ」と名付けられた。オリヴァー歯周病苦しみ演奏能力衰え始めていたが、この 10 年通して人気のあるバンドリーダー居続けた。 不幸なことに、オリヴァーには音楽力量ほどには商才がなかった。どの興行主オリヴァーお金着服していたのであるオリヴァーはサヴォイ・ボールルーム(Savoy Ballroom)が快く支払うよりも多く金額要求したが、それにより仕事失ってしまった。同様により多くお金要求してオリヴァーニューヨーク市有名なコットン・クラブ契約失ったそのこと若きデューク・エリントン仕事得て有名になったのだ。

※この「人生」の解説は、「キング・オリヴァー」の解説の一部です。
「人生」を含む「キング・オリヴァー」の記事については、「キング・オリヴァー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 20:44 UTC 版)

サンウィン (モン歴史家)」の記事における「人生」の解説

サンウィンは1947年10月28日イギリス統治下のビルマタトン地区、パウンタウンシップのヒプバ生まれました彼の両親はトゥンティンとドーキンミャイントでした。彼らは月のレース属していました、 サンウィンはヒピュバピストンースクール、インニェイン中等学校、パウンハイトスクール、そして第1モールメインハイトスクールに通いました1964年に彼は高校辞め小学校の教師として働きました1970年から1975年の間、彼はモーラミャイン教師養成研究所通い研究所卒業すると、中等学校教えました。 彼は中等学校教師として働いていた間、私立候補として高校試験行き1975年試験合格しました。彼は1976年ラングーン大学入学し1979年それぞれ歴史学士号を、1988年歴史修士号取得しました1995年に彼はラングーン大学から考古学学位取得しました1992年、彼はインド国立公文書館ニューデリーインドでの記録管理トレーニング参加しました1998年から2000年まで、彼はタイチュラロンコン大学タイ語タイミャンマーの関係の歴史学びました

※この「人生」の解説は、「サンウィン (モン歴史家)」の解説の一部です。
「人生」を含む「サンウィン (モン歴史家)」の記事については、「サンウィン (モン歴史家)」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 09:45 UTC 版)

TUGUMI」の記事における「人生」の解説

まりあと母と父とで三人暮らし始めた街中で父を見かけ、父の長い生活を垣間見る。海を恋しく感じていたまりあは、銀座の街で母と潮の匂い感じる。つぐみからの電話旅館たたまれることを知り山本最後の夏に向かうことになった

※この「人生」の解説は、「TUGUMI」の解説の一部です。
「人生」を含む「TUGUMI」の記事については、「TUGUMI」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/04 14:13 UTC 版)

ジョン・ローレンス (ニューヨーク市長)」の記事における「人生」の解説

1635年プリマス到着し、後にイプスウィッチ、さらにロングアイランド移住した1644年オランダ植民地総督ウィレム・キーフト(英語版)の認可の元、ヘムステッドの特許権者一人であった1645年に、キーフトはフラッシング英語版)の特許ローレンスとその他16名に与えイギリス植民地総督リチャード・ニコルズ1666年認可した1658年ニューアムステルダム移住した1663年知事ピーター・ストイフェサントによってハートフォードConnecticut General Assemblyニューイングランドニューネーデルラント間の境界決定する交渉をするCommissioner任命された。 1665年ニューヨークができた時、最初市会議員一人となった1672年から1691年1691年ニューヨーク市長務めた1692年から死ぬまでニューヨーク州最高裁判所判事務めたスザンナ結婚し、6人の子供がいた。息子ジョン·ローレンストーマス・ウィレット市長未亡人サラ・ウィレットと結婚した。娘スザンナ最初ゲイブリエル・ミンヴィエール(英語版市長次に市会議員ウィリアム・スミス結婚した。娘メアリーはウィリアム・ホイッティングヘイムと結婚したメアリーの娘メアリー・ホイッティングヘイム(1728年生)はガードン・ソルトンストール(英語版知事結婚した

※この「人生」の解説は、「ジョン・ローレンス (ニューヨーク市長)」の解説の一部です。
「人生」を含む「ジョン・ローレンス (ニューヨーク市長)」の記事については、「ジョン・ローレンス (ニューヨーク市長)」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/11 07:39 UTC 版)

トーマス・ウィレット」の記事における「人生」の解説

1605年8月バーレイ (ハートフォードシャー)(英語版)の教区牧師舎内でアンドリュー・ウィレット(英語版)の四男として誕生し同月29日洗礼受けたThe King's School, Ely英語版)で教育受けた16歳時に父が死亡し成人するまで母と母方祖母一緒に暮らしたようである。成人後、すぐにライデン行きプリマス植民地ウィリアム・ブラッドフォード (プリマス知事)(英語版知事信頼を得るようになったネイティブアメリカンとの貿易成功し1633年植民地の自由を認め一級市民ジョン・ブラウンの娘と結婚したその後すぐにニューアムステルダムとの貿易で、大型船舶所有者となったプリマス植民地知事補佐1人として選出されイギリスオランダ植民地間の紛争仲裁人務めたまた、軍事会社所長となった1660年初頭プリマスの町を離れロードアイランド州一部設立しスウォンジー (マサチューセッツ州)(英語版)の創設者1人になった英国司令官付き添っていたリチャード・ニコルズは、1664年9月7日ニューアムステルダム平和な降伏貢献した。 新植民地ニューヨーク名付けられイギリスオランダ承認得て1665年6月12日初代市長8月23日海軍本部長官任命された。翌年市会議員選出され1667年に再び市長となった。 まもなくSwanseyに引退し、妻を亡くした後、ジョン・プルーデン牧師未亡人結婚した。リチャード・ラブレース(英語版)の元で1665年から1672年までNew York governor's executive councilメンバーだった。1673年引退し1674年69歳死亡したロードアイランド州のイーストプロビデンスの川沿いBullock's CoveLittle Neck Cemetery英語版)に埋葬された。宗教Independent (religion)英語版であった

※この「人生」の解説は、「トーマス・ウィレット」の解説の一部です。
「人生」を含む「トーマス・ウィレット」の記事については、「トーマス・ウィレット」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/06 08:01 UTC 版)

ウィテロ」の記事における「人生」の解説

ウィテロの母はポーランドの貴族出身で、父はドイツテューリンゲン州からの移民だった。彼は自身のことラテン語で"Thuringorum et Polonorum filius" 、つまり「テューリンゲン人とポーランド人息子」と呼んでいる。彼は1260年頃にパドヴァ大学学びその後ヴィテルボ移ってアリストテレス著書翻訳者であるWilliam of Moerbeke出会った1270年から1278年書かれた、現存するウィテロ主要な著書であるPerspectivaは、ウィリアム捧げられている。

※この「人生」の解説は、「ウィテロ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ウィテロ」の記事については、「ウィテロ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/19 07:45 UTC 版)

ニコマコス」の記事における「人生」の解説

ニコマコス生涯ピタゴラス学派であったこととゲラサ出身であることを除いてほとんど知られていない数字神秘的な性質を持つと考え傾向から、歴史家は彼を新ピタゴラス派であった考えている。彼が生きた時代100年頃)は、Manual of Harmonicsの中でトラシュロスについて言及していることとIntroduction to Arithmetic2世紀中頃アプレイウスラテン語翻訳したとみられることのみから知られている。Manual of Harmonicsは、彼に執筆求めた高貴な出自女性宛てられており、彼が地位のある尊敬され学者であったことが示唆される。彼は、より高度な研究著したいという興味とともに、しばしば行旅行のため時間取れない記している。

※この「人生」の解説は、「ニコマコス」の解説の一部です。
「人生」を含む「ニコマコス」の記事については、「ニコマコス」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/06 07:22 UTC 版)

ラース・フレデリク・スヴァンベリ」の記事における「人生」の解説

スヴァンベリは、1805年5月13日にイェンス・スヴァンベリの息子として、スウェーデンストックホルム生まれた1836年Augusta Rothと、1859年Baroness Frederica Augusta Stiernstedtとそれぞれ結婚している。1878年7月16日に、スウェーデンウプサラ死去した

※この「人生」の解説は、「ラース・フレデリク・スヴァンベリ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ラース・フレデリク・スヴァンベリ」の記事については、「ラース・フレデリク・スヴァンベリ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/29 15:50 UTC 版)

クレール・デルボス」の記事における「人生」の解説

1930年初頭メシアンピアノと彼女のヴァイオリンとによって、パリ演奏活動行っていたが、1932年に彼と結婚したその後室内楽推進する作曲家たちによって1935年パリ結成されグループ「ラ・スピラール(La Spirale=螺旋)」の一員として、メシアンたちと共に活動した結婚の年、メシアンによるヴァイオリンピアノのための作品主題と変奏》(1932年)を献呈され、夫婦でその初演行ったメシアンからは愛称で「ミ」と呼ばれており、連作歌曲集ミのための詩Poèmes pour Mi)》(1936年)はまさに、彼女への想い表現した作品であった家庭生活円満であったが、1937年長男パスカル・メシアン(Pascal Messiaen)を出産した後、徐々に健康が衰え始めた手術受けたものの、術後は脳の障害によって記憶喪失になってしまい、やがて精神思考の異常(精神疾患)を伴うようになったメシアン息子独り育てながら看病したが、脳の障害改善され1950年には精神科病棟に入ることとなり、永い治療の甲斐なく1959年息を引き取ったメシアンその後1962年にピアニストイヴォンヌ・ロリオと再婚したため、デルボスは彼の1回目夫人となった

※この「人生」の解説は、「クレール・デルボス」の解説の一部です。
「人生」を含む「クレール・デルボス」の記事については、「クレール・デルボス」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/27 23:48 UTC 版)

リュック・ラングロワ」の記事における「人生」の解説

1963年カナダ生まれた。 彼はカナダ小学校高校通っていた。

※この「人生」の解説は、「リュック・ラングロワ」の解説の一部です。
「人生」を含む「リュック・ラングロワ」の記事については、「リュック・ラングロワ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/15 02:48 UTC 版)

アリシア・サクラモーン」の記事における「人生」の解説

サクラモーンは1987年12月3日マサチューセッツ州ボストン歯科矯正医の父フレッドと母ゲイルの間に 生まれたイタリア人の血が入っている。兄弟には5歳上の兄のヨナタンがいる。2006年ウィンチェスター高校卒業したこの頃デンバー・ブロンコスクォーターバックであるブレイディ・クイン付き合っていた。

※この「人生」の解説は、「アリシア・サクラモーン」の解説の一部です。
「人生」を含む「アリシア・サクラモーン」の記事については、「アリシア・サクラモーン」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 14:23 UTC 版)

ホセ・デ・エスプロンセダ」の記事における「人生」の解説

エスプロンセダは、バダホス県アルメンドラレホ生まれた若い頃、彼は秘密結社組織しラファエル・デル・リエゴ復讐目的としてフェルナンド7世打倒企てた。この計画のせいで、彼は修道院幽閉され亡命したその後、彼はスペイン出てリスボンベルギーフランスイングランドホラント州等で生活した1833年スペイン帰国すると、彼は極左立場積極的に活動行った。エスプロンセダは、彼が"Canto a Teresa"の中で描いているTeresa Manchaと不倫関係にあったことでも知られている。 後にはマレー半島訪れオランダの植民地建設尽力した

※この「人生」の解説は、「ホセ・デ・エスプロンセダ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ホセ・デ・エスプロンセダ」の記事については、「ホセ・デ・エスプロンセダ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 22:50 UTC 版)

正田昭」の記事における「人生」の解説

正田裕福な中流家庭で兄3人と姉2人の末っ子として大阪府生まれる。弁護士だった父は生後5ヶ月他界し教師だった母親によって育てられる。母は賢母だったが印鑑銀行貸金庫の鍵を肌身離さず持つなど金に対す執着強くそのような母に耐えられなかった長兄家庭内暴力をするようになる1947年大阪府住吉中学校現・大阪府住吉高等学校卒業旧制高等学校受験二度失敗長兄暴力から逃げるような形で慶應義塾大学経済学部予科進学大学時代1歳年下女性交際。しかし、正田友人から交際相手同時に多く男性交際する女性だと聞かされ友人自身もその交際相手一人だったことを聞かされ衝撃を受けるそれ以降麻雀ダンス浪費癖激しくなって生活が堕落し自殺考えようになった大学卒業後は日産自動車への就職内定したものの、健康診断肺浸潤診断されたため内定取り消し憂き目にあい、腰掛けのつもりで中堅証券会社勤務交際していた相手叔母得意先となり資金運用していたが、顧客株券預り金使いこんだため、入社からわずか2ヶ月1953年6月25日付で会社から解雇された。 解雇され1ヶ月後の7月27日に彼女の叔母資金返すために仲間2人とともにバー・メッカ殺人事件起こし41万円強奪。その直後警察指名手配され逃亡していたが、10月12日京都逮捕される当初共犯者主犯とする供述をしていたが、やがて自分主犯だと自供した獄中福音接しカトリックの洗礼を受ける。それ以後正田模範であった東京拘置所ではカービン銃ギャング事件主犯親しかった1963年最高裁死刑確定した確定後は一人女性文通交際始め、彼女が心の支えとなり、獄中小説を書くようになる1963年書いた小説サハラ」は、「群像」の新人賞候補にもなった。 1969年12月9日死刑執行40歳没。 作家精神科医加賀乙彦獄中正田との交流関係者との接触に基づき1979年1月正田モデルとした小説宣告』を発表している。のちに加賀は、正田について、「私は正田昭からキリスト教学んだと言えるでしょう」、「不思議なことでした。死刑囚からキリスト教教わり、そして信者になる。まさに私の恩人一人」と発言している(門脇佳吉との対談中央公論2014年1月号)。

※この「人生」の解説は、「正田昭」の解説の一部です。
「人生」を含む「正田昭」の記事については、「正田昭」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 13:31 UTC 版)

権鳳洙」の記事における「人生」の解説

1870年7月23日生まれた宮内府官吏務め警務庁や警務官警務局長などを経て大日本帝国政府から勲章旭日章受けた1908年には忠清北道観察使忠北裁判所判事にも任命された。日本留学経歴土台に、日本人付き合いながら出世したものと把握される1910年日韓併合条約締結後中枢院の賛議に任命されたが、1912年夫人墓地に関する紛争の末、公文書偽造・変造詐欺罪により賛議を免職された。 2002年民族精気立て国会議員の会が発表した親日派708人名簿2006年親日民族行為真相究明委員会調査発表した親日民族行為106人名簿含まれた。また、2008年民族問題研究所選定した親日人名辞典収録予定名簿中枢院部門にも入っている。

※この「人生」の解説は、「権鳳洙」の解説の一部です。
「人生」を含む「権鳳洙」の記事については、「権鳳洙」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:54 UTC 版)

アレクサ・デミー」の記事における「人生」の解説

アレクサ・デミーカリフォルニア州ロサンゼルス生まれたデミー2015年から女優として活動し翌年には大ヒットドラマ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』へのゲスト出演果たした2019年デミーHBOテレビドラマユーフォリア/EUPHORIA』で初めメインキャスト入り果たしたデミー映画界でも積極的に活動しており、ジョナ・ヒル映画監督デビュー作『Mid90s ミッドナインティーズ』やトレイ・エドワード・シュルツ監督青春ドラマWAVES/ウェイブス』などに出演した

※この「人生」の解説は、「アレクサ・デミー」の解説の一部です。
「人生」を含む「アレクサ・デミー」の記事については、「アレクサ・デミー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 21:15 UTC 版)

フランス・ハルス」の記事における「人生」の解説

フランス・ハルスの人生の詳細は、かなり正確に伝わっている。彼は1582年または1583年アントウェルペン生まれた。父はカトリック教徒であった思われる1585年頃、当時フランドル多く住民がしたように家族ハールレム移り住む多く資料に、師匠カレル・ヴァン・マンデルであると書かれている。だがこの師の作品様式上の影響皆無等しく、すなわちヴァン・マンデルの北方マニエリスム様式影響ハルス作品には認められないハルス27歳になってようやく聖ルカ組合メンバーになれたが、もっと早く認められていてもよかったであろう組合入会後は風俗画制作始めたex.公園での宴会1610年頃。かつてベルリンにあった破壊され失われた。)。ハールレムハルス2度結婚し14人もの子供を儲けている。彼はスパールネ (Spaarne) 運河近く賑やかなこの都市で、多く肖像画描いて人生のほとんどの時間過ごした肖像画制作はあるときは注文に基づき、またあるときは老人子供女性酔っ払いなどの人物画家関心にしたがって選んで描いたハルス1666年84歳死去したとされるフローテ・マルクト (Grote Markt) 中央広場にある古バーヴォ教会 (Bavo Church) に埋葬された。 ハルスの弟ディルク・ハルス画家で、集団肖像画を得意とした。また、ハルス息子のうちHarmen Hals、Frans Hals JuniorJan Hals、Reynier Hals、Nicolaes Halsの5人が画家となった

※この「人生」の解説は、「フランス・ハルス」の解説の一部です。
「人生」を含む「フランス・ハルス」の記事については、「フランス・ハルス」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 01:42 UTC 版)

ヨーゼフ・エフナー」の記事における「人生」の解説

最初はエフナーも庭師として修行。マティアス・ディーゼル (de:Matthias Diesel) と一緒に1706年4月初旬君主であるマックス・エマヌエル(Elector Max Emanuel)によって最初にブリュッセルに、その後パリ派遣された。 パリでの滞在中、彼は自分適正志向にしたがって園芸職を諦め建築家になることに決めた1706年(他のデータでは1708年)は、パリの ジェルマン・ボッフラン(Jeanne Boffrand)から建築家として訓練を受ける私学生としてヨーセフ・エフナー(Joseph Effner)を授かったそれ以来、彼は家の名前をEffnerに変更1715年からは、バイエルン州選帝侯となるマックス・エマヌエル付の建築家で、エンリコ・ズッカーリ(Enrico Zuccalli)と共にエマニュエル治世下の全建物を担当。すでに1715年4月1日から、フランスから帰国した後、彼は低い身分類バウマイスター(Baumeistern)とは対照的な職名 "architect"を名乗る28歳ヨーセフ最初に現代的かつフランス仕込の建物アイデアミュンヘン裁判所適用1715年にはシュライスハイム城建築監督委ねられる前年エマヌエルフランス・サンクルー取得していたシャトー新築従事していた。エマヌエルサン=クルーから帰国後はニンフェンブルクの全体計画委嘱されている。シュライスハイムでは横に広いギャラリーとその両端パビリオン設け、これを全体の庭の幅に広げる表現用いた。この庭からドミニク・ジラール -Dominique Girardとともに、庭の仕事関与する1716年から1719年までに、庭園最初のブルゲンとパコデンブルクとを造り1719年から1721年の間には小浴場バーデンブルク造っている。その間1717年にはマックス・エマヌエルとイタリア旅し10週間ヴェネツィア経由してローマナポリに向かう。1720年宮廷主任建築家任命された。ズッカーリが1724年死後、さらに多く権限得た1726年にマックス・エマヌエルが死去しカール・アルブレヒト就任後にはフランソワ・ド・キュビリエ(François de Cuvilliés)に権限を譲る。1730年から、すべての新しい命系統直接キュビリエ側に移された。キュビリエは最初からドイツ語話せない人物だった。エフナーと同僚ヨハン・バプティスト・Gunetzrhainerは空の手となったが、エフナーはまだニンフェンブルク宮殿管理仕事もしていた。1738年からは建築事務所加え、ジラール死後には庭園と、水道管理長の地位まで引き継いだ彼の墓石は、ミュンヘン・フラウエン教会に。ミュンヘンのエフナー広場ダッハウJosef- Effner -Gymnasium彼にちなんで命名されている。

※この「人生」の解説は、「ヨーゼフ・エフナー」の解説の一部です。
「人生」を含む「ヨーゼフ・エフナー」の記事については、「ヨーゼフ・エフナー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 06:59 UTC 版)

ロクサネ」の記事における「人生」の解説

ロクサネは、バクトリアオクシュアルテスの娘としてバルフ生まれ16歳時にアレクサンドロス3世結婚したバルフ最後にアレクサンドロス3世の手落ちたペルシア帝国地域であった古代文献は、アレクサンドロス3世ロクサネ対す公然愛について記述している。ロクサネは、紀元前326年行われたアレクサンドロス3世インド北部への遠征同行した紀元前323年アレクサンドロス3世バビロニア突然死去すると、彼女はアレクサンドロス3世との間の子産みアレクサンドロス4世名付けたまた、アレクサンドロス3世の死後、ロクサネ別の后であるスタテイラと、その姉妹ドリュペティスまたは3人目の后パリュサティス2世英語版)を殺害したロクサネと息子のアレクサンドロス4世は、マケドニアアレクサンドロス3世の母オリュンピアス保護されたが、紀元前316年オリュンピアス暗殺されカッサンドロス即位望んだアレクサンドロス4世は、アレクサンドロス帝国正当な後継者であったため、カッサンドロス紀元前310年頃に彼とロクサネ殺害命じた

※この「人生」の解説は、「ロクサネ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ロクサネ」の記事については、「ロクサネ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/16 09:52 UTC 版)

エドゥアルド・ガレアーノ」の記事における「人生」の解説

ガレアーノモンテビデオヨーロッパルーツを持つ、カトリック系中産階級家庭生まれた多く若きラテンアメリカ少年のように、ガレアーノサッカー選手になることを夢見ていた。このことは『スタジアム神と悪魔 サッカー外伝のような彼の著書反映されている。十代の時ガレアーノ工場労働者やビル・コレクター、サイン・ペインター、メッサンジャー、タイピスト銀行の係などのアルバイト励んだ14歳時にガレアーノ彼の初めての論説を、ウルグアイ社会党機関誌『エル・ソル』に売り込んだ1960年代に『マルチャ』誌の編集者として彼のジャーナリストとしてのキャリア始まった。『マルチャ』誌はマリオ・バルガス・リョサマリオ・ベネデッティ、マヌエル・マルドナルド・デニス、ロベルト・フェルナンデス・レタマールなどといった貢献者がいた有力な週刊誌であり、ガレアーノ1961年から1964年まで編集長務めた1964年から1966年までガレアーノ日刊「エポカ」を編集し大学新聞編集長務めていた。1971年には『収奪された大地 ラテンアメリカ五百年』を出版したが、1973年左翼都市ゲリラトゥパマロス鎮圧のための軍事クーデターにより、ウルグアイ権力軍部握られるガレアーノ投獄され、後に亡命追いやられた。彼は隣国アルゼンチン拠点移し、そこで文芸雑誌『クリシス』誌を創設した1976年にビデラ将軍血塗られたクーデターによりアルゼンチン権力を握ると、彼の名前は死の部隊有罪宣告された者のリスト加えられ1976年末にスペインバルセロナに再び亡命した。彼はそこで彼の有名な三部作火の記憶』を書いている。 1985年3月ウルグアイ民政移管実施されるガレアーノモンテビデオ帰還し以来モンテビデオ住み続けている。 2004年ウルグアイ大統領選挙タバレ・バスケス拡大戦線同盟勝利により、ウルグアイ史上初の左翼政権成立すると、ガレアーノは『ザ・プログレッシヴ』に「人民恐怖反対して投票した場所」と題した小稿寄稿し、そこで彼は新政権への支持表明と、ウルグアイ大衆が「常識」を使ったこと、彼らが伝統的なコロラド党ブランコ党に「欺かれていることにうんざりしていた」と結論付けたカラカス拠点を置く汎ラテンアメリカテレビ局「テレスール」が創設されると、2005年ガレアーノはターリク・アリやアドルフォ・ペレス・エスキベルといった他の左翼知識人と共にネットワーク36諮問委員会加わった近年は、ガレアーノ国際的に名の知られ人物や、ノーベル文学賞作家ガルシア・マルケスマリオ・ベネデッティエルネスト・サバト、チアゴ・デ・メージョ、カルロス・モンシバイス、パブロ・アルマンド・フェルナンデス、ホルヘ・エンリケ・アドウム、ルイス・ラファエル・サンチェス、マイラ・モンテーロ、アナ・リディア・ベガなどのようなラテンアメリカ作家や、世界著名な歌手/作曲家であるパブロ・ミラネスらと共に2006年1月26日に、2006年11月ラテンアメリカ22の国の政党から満場一致批准されるように、プエルトリコ主権要求してラテンアメリカとカリブ海議会におけるプエルトリコ独立のための宣言島国権利としての彼らの独立主張承認するもの-に彼らの名前とサイン加えたガレアーノらの要求するプエルトリコ独立の承認プエルトリコ独立党(PIP)の要請によってなされた2007年2月10日ガレアーノ肺癌の手術に成功した2008年11月バラク・オバマアメリカ合衆国大統領当選したことについて、ジャーナリストエイミー・グッドマンとのインタビューの間に、ガレアーノはこう述べている。「このホワイトハウス黒人奴隷によって建設されたが、ホワイトハウスはやがてバラク・オバマの家になるだろう。そして私は、私は望む。彼が決して、決してこのことを忘れないことを。」。2009年4月17日に、第五回米州サミットトリニダード・トバゴポート・オブ・スペイン開催されベネズエラウーゴ・チャベス大統領ガレアーノの『収奪された大地 ラテンアメリカ五百年』のコピーを、当該地域への初の外交訪問となったアメリカ合衆国バラク・オバマ大統領贈った。このことはこの本のAmazon.comでの売り上げを、英語版2位に、スペイン語版11位にした。 2009年5月インタビューで、彼は過去著作最近著作について、それらは自由と奴隷制の関係、および民主主義独裁制の関係に対処していると発言した。「…アメリカ合衆国だけではなく幾つかのヨーロッパ国家においても、軍事独裁制が世界的に拡散している。そして彼らはまるで民主主義教育することができるかのように感じている…」。彼はまた如何になぜ書体変えたかについてや、最近人気上昇についても話した2015年4月13日に、肺ガンのために出身地であるモンテビデオ市内死去74歳

※この「人生」の解説は、「エドゥアルド・ガレアーノ」の解説の一部です。
「人生」を含む「エドゥアルド・ガレアーノ」の記事については、「エドゥアルド・ガレアーノ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/23 23:46 UTC 版)

ジョン・キャシディ (芸術家)」の記事における「人生」の解説

キャシディ1860年1月1日アイルランドミーズ県スレーン(英語版)のリトルウッド・コモンズで生まれた20歳ダブリン移り住み求職し、そこで夜の美術教室通い奨学金得てイタリアミラノ留学した2年後イギリスマンチェスター移り、そこで生涯送った 1883年、マンチェスター・スクール・オブ・アート(英語版)で学び1887年には同校教鞭を執った。 彼は多く公共施設彫刻、特に戦争記念碑制作しロイヤル・アカデミー、ロイヤル・ハイバーニアン・アカデミー(英語版)、マンチェスター市立美術館展示された。彼は一時地元彫刻家ジョン・アシュトン・フロイド(英語版)にアトリエ手助けしてもらったこともあった。 彼のキャリアのほとんどの期間、スタジオはチョールトン=オン=メドロック(英語版)のリンカーン・グローブに置かれていた。 彼の作品多くマンチェスター残っており、ディーンズゲートのジョン・ライランズ図書館英語版)の例をはじめ、神学触発され科学芸術表現した3人の人物のグループ1898年)、図書館創設者であるエンリケタ・オーガスティナ・ライランズ(英語版)(1907年)と彼女の夫ジョン・ライランズ(英語版)(1900年頃)の白い大理石像などがその一例である。 2020年6月7日キャシディ1895年制作した奴隷商人エドワード・コルストン銅像抗議者によってブリストル台座から引き倒されブリストル港(英語版)に投げ込まれた。 キャシディ1939年7月19日にホエーリー・レンジ(英語版)のセント・ジョセフ病院没し南部墓地英語版)に埋葬された。

※この「人生」の解説は、「ジョン・キャシディ (芸術家)」の解説の一部です。
「人生」を含む「ジョン・キャシディ (芸術家)」の記事については、「ジョン・キャシディ (芸術家)」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/22 02:36 UTC 版)

アントニオ・マチャード」の記事における「人生」の解説

1875年セビリアで、兄マヌエル・マチャードの一年後生まれた1883年家族マドリード引っ越し兄弟でエンセニャンサ文学学校入り教師から激励され文学目覚めるマドリード学位取り、金がなかったので役者などの仕事をした。 1899年兄弟フランス出版社翻訳家として働くためパリに行く。この時期フランス象徴詩ジャン・モレアスポール・フォールポール・ヴェルレーヌ同時代作家ルベン・ダリオオスカー・ワイルド知り合い、詩に人生を捧げることにする。 1901年文学雑誌エレクトラ』で最初の詩を発表1903年処女詩集孤独Soledades)』を発表その後数年間、同作改訂していき、いくつか削り多く追加して1907年決定版を『孤独ガレリア地方その他の詩(Soledades. Galerías. Otros Poemas)』として発表同年ソリア学校フランス語教授となる。ここで、宿泊先下宿大家の娘レオノール・イスキエルドと出会う1909年、マチャード34歳レオノール16歳結婚1911年パリに移住フランス文学哲学研究した。が、夏にレオノール結核診断されスペイン戻った一年後レオノール死去。『Campos de Castilla』の出版直後のことだった。マチャードは憔悴ソリア去り永遠に戻らなかった。 アンダルシア地方バエサ1919年までいた。ここでレオノールの死をあつかった詩を書き決定版Campos de Castilla』(1916年)に加えた1916年に『Nuevas canciones』を初版初期の作品華麗なモダニズム・スタイルだったが、『Campos de Castilla以降シンプルになった。 19191931年、兄マヌエルの住むマドリードに近いセゴビア大学フランス語教授だった。兄弟週末会って大衆大人気だった芝居取り組んだこのころ三人の子を持つ既婚女性ピラール・バルデラマと不倫し、彼女を作品中で「ギオマール」として登場させた。1932年マドリードカルデロン·デ·ラ·バルカ大学教授となった1936年スペイン市民戦争起こった時はマドリードにいた。兄マヌエルフランコ将軍国民軍についたので別れ、母と伯父とともにバレンシア地方避難し1938年バルセロナ移住フランコが勝つとフランスとの国境越えてコリウール地方住んだ。ここで1939年死んだ三日後に母も死んだ彼のポケットからは最後の詩『Estos días azules y este sol de infancia』が見つかった

※この「人生」の解説は、「アントニオ・マチャード」の解説の一部です。
「人生」を含む「アントニオ・マチャード」の記事については、「アントニオ・マチャード」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 20:38 UTC 版)

Missa Sinfonia」の記事における「人生」の解説

彼は1994年1月27日生まれました。彼らはRolandoCastañedaとSilviaVegaです。

※この「人生」の解説は、「Missa Sinfonia」の解説の一部です。
「人生」を含む「Missa Sinfonia」の記事については、「Missa Sinfonia」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 14:31 UTC 版)

ウェイン・ゴドリー」の記事における「人生」の解説

ゴドリーロンドンで第2男爵キルブラッケン・ヒュー・ゴドリーと彼の妻エリザベス・ウスボーンに生まれた彼の誕生は、兄のジョン・ゴドリーの誕生から6年後だった。 ゴッドリーはウィルトシャーのサンドロイド校に通いその後ラグビー校通ったその後オックスフォード大学ニューカレッジで政治哲学経済学学んだオックスフォード経済研究グループ主要な経済学者1人であるアイザイア・バーリンとフィリップ・アンドリューズが彼の最も重要なメンター2人だった。ゴッドリーはプロミュージシャンになるための訓練を受け、パリ音楽院3年勉強しその後BBCウェールズ交響楽団主なオーボエ奏者になった。しかし、彼は公の場演奏することに絶え神経質になり、このキャリアあきらめたが、彼は音楽興味持ち続け1976年から1987年までロイヤルオペラ監督務めた1955年に彼は彫刻家ジェイコブ・エプスタインの娘であるキティエプスタインと結婚した。彼は再建されコベントリー大聖堂彼の信じられないほどハンサムな」頭を聖ミカエル像のモデルとして使用した彼の音楽的キャリア終わった後、彼はメタルボックス会社エコノミストになり、1956年から1970年まで財務省働きマクロ経済政策問題短期予測取り組みハロルド・ウィルソンの下では1967年ポンドのの切り下げを含む経済政策問題橋渡した。 財務省にいる間、彼は政府経済顧問として働いていたニコラス・カルドアと関係を持ったノーマン・ラモントの「7人の賢者」の 一人として暗黒水曜日以降外部経済顧問としても働いていた。彼は、1973年から74年景気循環終わり1980年代失業率300万人達すると予測しました。彼の弟子一人指摘したように、これらの悲惨な警告は「…彼に「フェンズのカサンドラ」という称号与え、彼らが実現するまで嘲笑された」。 長年にわたる財務政策思考への彼の貢献は、財務のチーフエコノミックアドバイザーであるデイブラムスデンによって認められた。 「(2000 年代の研究際立っているのは)迫り来る金融・経済危機についての彼の独特の分析先見の明であり、それに対応するために当時革新的な政策となっていたもの潜在的な役割である。」 1992年に彼は、通貨動きに取って代わる共通の財政政策なければヨーロッパ通貨同盟問題があるだろうと警告した1983年、ゴッドリーはフランシス・クリップスと共著マクロ経済学という本を出版した1995年、ゴッドリーはニューヨーク州バード大学レビ研究所着任し米国世界経済戦略的展望と、構造的不均衡明らかにするための会マクロ経済モデル使用焦点当てました1998年に、彼は、急増するアメリカ民間部門債務によって煽られ世界経済不均衡拡大持続不可能であると警告した最初の一人でした。彼の著書マネタリー経済学お金収入生産、富への統合的アプローチ」 (2007年)は、マーク・ラヴォアとの共著で、ストックフロー一貫モデル扱っている。

※この「人生」の解説は、「ウェイン・ゴドリー」の解説の一部です。
「人生」を含む「ウェイン・ゴドリー」の記事については、「ウェイン・ゴドリー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 10:17 UTC 版)

ジャコポ・デ・ドンディ」の記事における「人生」の解説

ジャコポ・デ・ドンディは、イサクという名前の医師息子としてキオッジャ生まれたパドヴァ大学通い1313年キオッジャ町医者選ばれた。1327年頃、Zaccarota Centragoと結婚し、8人の子供をもうけた1330年生まれた2人目の子供がジョバンニで、天文時計製造者として有名である。1334年2月28日、ジャコポはドージェのフランチェスコ・ダンドロからヴェネツィア市民権与えられた。1342年パドヴァ移り大学医学天文学教授となった。 彼は、ウベルティーノ1世から依頼されダイヤル付き大時計建造監督した。さらに彼はその設計にも携わった可能性がある。時計は、1344年パドヴァのカピタニアート宮殿の塔に取り付けられた。この時計は、1時から24時まで示すことができ、また月齢月相黄道上の太陽の位置表示していたという証拠がある。塔と時計は、1390年ミラノ人が宮殿襲った際に破壊された。1428年作られ時計レプリカは、ベニス時計塔中にある。 彼は、1359年4月29日から5月26日の間にパドヴァ死去しサン・ジョヴァンニ洗礼堂の外に埋葬された。

※この「人生」の解説は、「ジャコポ・デ・ドンディ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ジャコポ・デ・ドンディ」の記事については、「ジャコポ・デ・ドンディ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 10:24 UTC 版)

フランチェスコ・ディ・マルコ・ダティーニ」の記事における「人生」の解説

1348年に共に黒死病死亡したマルコ・ディ・ダティーノとモンナ・ヴェルミーニャの一人息子として生を受ける両親の死亡後、彼が「母の代理人」呼ぶ人物によって育てられる手紙に「母へ愛を込めて」と署名していることから良好な親子関係だったことが伺える 。 フィレンツェ徒弟奉公出た後、15歳当時教皇住まいとなっていたアヴィニョンへ向かう商人一団参加する武器貿易から始め百年戦争の間ということもあり多大な利益を得る 。徐々にアヴィニョン在住富裕な枢機卿向けの贅沢品美術品も扱うようになる。こうして購入され美術作品初め宗教目的でなく個人的のために今日されたものの一つであるとされる中世フィレンツェ最大富豪だったペルッツィ家(英語版)やアルベルティ家(英語版)と同様に武器奴隷貿易毛織物香辛料葡萄酒オリーブオイルなど幅広く教皇庁取引おこなった。ダティーニはまだ社会に完全に浸透していなかった複式簿記事業利益適正に把握するために必要不可欠ツールであることを理解していた。ダティーニは、日々取引事業別仕訳帳記入し総勘定元帳転記し少額現金については現代現金出納帳のようなものに記載していた。その他に現代商品有高帳相当する在庫台帳不動産台帳給料記録簿に加え個人的な家計簿にはシーツろうそく石炭食品女中賃金など事細かに記載していた。そしてすべてを総合的に管理する秘密の本」に事業最終的な決算教会への寄進貧者への施しなどプライベートな内容記載した。またフィリッポ・リッピ聖母戴冠では寄進者の一人として名を残している。 1383年1月10日、ダティーニは40歳超えてから一時的にプラート戻り25歳年下のマーガレッタと結婚した。彼が仕事で出かけているときに交換した手紙今日彼の人生に関す多く情報残している。この手紙類は、現在プラートのダティーニ古文書館に保管され重要な当時商業史料として活用されている。また124549通にも及ぶ商用文書、573冊の帳簿元帳など、中世では最大となる個人会計記録残している。 1400年6月17日頃、黒死病禍を避けて夫妻ボローニャ彼の庶出の娘のところへ移る 。1410年彼はプラート戻り、そこで生涯を閉じる 。ダティーニが残した財産10万フローリン金貨にも及ぶ。

※この「人生」の解説は、「フランチェスコ・ディ・マルコ・ダティーニ」の解説の一部です。
「人生」を含む「フランチェスコ・ディ・マルコ・ダティーニ」の記事については、「フランチェスコ・ディ・マルコ・ダティーニ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 09:17 UTC 版)

バディ・ボールデン」の記事における「人生」の解説

バディ・ボールデンはキング・ボールデンとして知られ1900年頃から、当時精神分裂病呼ばれていた統合失調症によって演奏能力を失う1907年まで、彼のバンドニューオーリンズで最高の呼び物であった彼の演奏録音残存しているのかは不明であるが、非常に大きなであったことや絶え間のない即興演奏をしていたということ知られている。 バディ・ボールデンについてはしっかりとした口述歴史があるのに、彼の人生についての事実華やかな作り話により失われ続けている。彼について、理容師職業としていたとか、「クリケット」というスキャンダルタブロイド紙発行していたとかいった話は、何十年も前に暴かれているにも関わらず繰り返し活字となって出版され続けている。 ボールデン1907年30歳の時、急性アルコール精神病症状負った詳細な検査により精神分裂病診断され精神病院入院した。そしてそこが、彼が残りの人生を過ごす場所となったボールデンホールト共同墓地墓標のない墓に埋葬された。ニューオーリンズにある貧困者のための墓地である。1998年ボールデン記念碑ホールト共同墓地建てられたが、彼が埋葬され正確な場所は依然として不明である。

※この「人生」の解説は、「バディ・ボールデン」の解説の一部です。
「人生」を含む「バディ・ボールデン」の記事については、「バディ・ボールデン」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 02:55 UTC 版)

ロナルド・エヴァンス」の記事における「人生」の解説

エヴァンス1933年11月10日カンザス州セントフランシス生まれたボーイスカウト活動し、上から2番目のランクのライフスカウトまで昇進したカンザス州トピカハイランドパーク高校卒業し1956年カンザス大学電子工学学位取得した1964年には海軍大学院航空工学修士号取得した1957年6月、彼はカンザス大学予備役将校訓練課程終えた後、飛行訓練完了した宇宙飛行士プログラム選ばれたことを知らされた時、エヴァンスベトナム戦争のため空母タイコンデロガの上にいた。戦闘時間は合計で5100時間に及び、そのうち4600時間航空機乗っていた。

※この「人生」の解説は、「ロナルド・エヴァンス」の解説の一部です。
「人生」を含む「ロナルド・エヴァンス」の記事については、「ロナルド・エヴァンス」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/14 08:04 UTC 版)

マイケル・フィモナリ」の記事における「人生」の解説

1974年6月26日マイケル・フィモナリペンシルベニア州ピッツバーグ生まれUSC映像技術学校卒業したそれ以降、フィモナリは撮影監督として活動していたが、2020年配信される予定映画好きだった君へ: P.S.まだ大好きです』で映画監督デビュー果たした

※この「人生」の解説は、「マイケル・フィモナリ」の解説の一部です。
「人生」を含む「マイケル・フィモナリ」の記事については、「マイケル・フィモナリ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/17 06:03 UTC 版)

アレクセイ・トルップ」の記事における「人生」の解説

ロシア帝国ヴィテプスク県の現在はラトビア含まれる地域生まれたニコライ2世一家フットマンだったトルップは1918年5月両親達と合流するためにトボリスクからチュメニまで船で向かい、さらに列車エカテリンブルクへと向かうニコライ2世の子供達に同行したエカテリンブルクイパチェフ館滞在する従者の数は次第減っていった。2人投獄され6月には侍医エフゲニー・ボトキンメイドアンナ・デミドヴァ料理人イヴァン・ハリトーノフ皿洗い少年レオニード・セドネフかいなくなった。7月17日ヤコフ・ユロフスキー率い銃殺隊によってニコライ2世夫人アレクサンドラ夫婦の5人の子供(オリガタチアナマリアアナスタシアアレクセイ)、他の3人の従者とともに殺害された。トルップは銃殺隊による最初一斉射撃発射され弾丸が当たり、死亡した62歳没。

※この「人生」の解説は、「アレクセイ・トルップ」の解説の一部です。
「人生」を含む「アレクセイ・トルップ」の記事については、「アレクセイ・トルップ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:33 UTC 版)

オズワルド・チルトナー」の記事における「人生」の解説

オズヴァルト・チルトナーはウィーン叔母叔父育てられ、非常に宗教的で、10歳から神学校通った。彼は司祭になるつもりだったが、1937年ドイツ軍徴兵された。彼はスターリングラード戦いその後南フランス捕虜収容所過ごした戦後、彼は宗教的な熱狂暴力的な時期交互に現れて、1947年精神科研究所送られた。 1957年、彼はウィーン近郊クロスターノイブルク病院送られ、レオ・ナヴラティルや他の病院スタッフ監督の下、しぶしぶながらも絵を描き始めた。彼は線とディテール選択的に使用することで、彼の作品に独自のアプローチ示している。彼の描く人物は、特に1980年代以降彼のドローイングにおいて、非常に単純化されており、最小限視覚的詳細伝達通じて描写本質到達している。 チルトナーは、1981年開業以来芸術家の家 (マリア・グギング)住んでいる。オーストリアのマリア・グギングにあるクロスターノイブルク病院敷地内にあり、芸術的才能発揮する患者が非常に独立して生活し、彼らの創造的な仕事取り組んでいる。

※この「人生」の解説は、「オズワルド・チルトナー」の解説の一部です。
「人生」を含む「オズワルド・チルトナー」の記事については、「オズワルド・チルトナー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 20:21 UTC 版)

セルヒオ・バディーリャ・カスティーリョ」の記事における「人生」の解説

カスティーリョチリ大学ジャーナリズム学び1972年卒業した。またストックホルム大学でも社会人類学学んだカスティーリョスウェーデンラジオで約13年勤めその間文化記者としてスウェーデンの詩を英語に翻訳する仕事行ったカスティーリョ船乗りであった父の影響を受け、流浪の生活憧れていった。カスティーリョスカンジナビア半島過ごした12年の間にヨーロッパ北アフリカ中東旅した1975年には一時的にルーマニア住みワラキアトランシルヴァニアに伝わる神話興味持ったカスティーリョ1993年チリ帰ってくるまでの数年間はジャーナリスト大学教員として生活していた。

※この「人生」の解説は、「セルヒオ・バディーリャ・カスティーリョ」の解説の一部です。
「人生」を含む「セルヒオ・バディーリャ・カスティーリョ」の記事については、「セルヒオ・バディーリャ・カスティーリョ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/26 15:15 UTC 版)

シール・ハーン・ナセル」の記事における「人生」の解説

ナセルアフガニスタン南部にあるガズニーのハローティー族(ギルザイ部族連合)の族長息子として生まれた。しかし20世紀初頭にバーラクザイ朝ドゥッラーニー部族連合)のアミール国王)のアブドゥッラフマーン・ハーン政敵弱体化させるために、ナセル家族ガズニーからアフガニスタン北部追放したナセルクンドゥーズ建設し郊外開発する産業運動立ち上げたナセルはまたスピンザー・コットン・カンパニーの創始者としても知られており、後にシルハン・バンダルと呼ばれることになるキゼル・カラ港(Qizel Qala)を開港した。さらに「シルハン陸上港学校」(Sher Khan Dry Port School)のように彼の名前を冠した学校がを幾つもあるが、バークラザイの王はガズニーハーン王位奪われることを恐れてシールハーンを殺害したという噂が幾つもある。

※この「人生」の解説は、「シール・ハーン・ナセル」の解説の一部です。
「人生」を含む「シール・ハーン・ナセル」の記事については、「シール・ハーン・ナセル」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 19:23 UTC 版)

ハワヨ・タカタ」の記事における「人生」の解説

タカタ日本生まれ両親の下に生まれカウアイ島の彼女の父が働く砂糖きび農園育った。彼女は学校小学2,3年でやめ、農園で働くようになったが、年齢と共にさらに働かなくてはいけなくなり家政婦として働くようになった1917年3月10日、彼女が働いていた砂糖きび農園帳簿係として雇われていたサイチ・タカタと結婚1930年10月東京サイチ肺ガン治療中34歳亡くなったが、この時タカタ夫妻には2人の娘がいた。彼女は家族を養うために忙しく働いたが、そのため肺及び胃腸の様々な病気になり、神経衰弱から重いうつ病にもなり苦しむことになったこの後すぐに彼女の姉妹1人亡くなりタカタ両親そのこと伝えることと、自分病気の治療先を探す目的義妹蒸気船日本向かった両親訪ねた後、彼女は東京病院行き、癌や胆石等のために命にかかわる状況であると診断された。彼女はまず数週間かけて肺気腫から回復した後、虫垂炎等の胃腸の手術のために入院することになった手術が始まる直前の手術台の上で、タカタは「手術の必要は無い、手術の必要は無い。」と言う声を聞いたが、それは今まで聞いたことの無い声だった。それがどういう意味なのか不思議に思ったが、メッセージ3度目にはさらに大きな声で繰り返された。彼女は自分意識明瞭で、そんな声のことなど考えたこともなかった、と理解していた。それは不思議なことではあったが、医者尋ね行こう決心させる力があった。彼女は手術台降りシーツで身をくるんで医者に話をしに行ったタカタ手術医の長に手術を必要としない代替療法があるかと尋ね皇居近く診療をしている林忠次郎診療所連絡先教えてもらったは後にレイキの「グランドマスター」とされた人物である。治療によりタカタ毎日手当てを受け、目に見え回復していった。4ヶ月後、彼女は完全に治癒した。この結果、彼女は日本のものであり日本のみにあるべきと言われていたレイキ学びたいと望むようになった。レイキ日本国外人間には教えられないとされていたが、タカタ病院の手術医と話し、この医師タカタレイキを学ぶことを許すように説得した自分の妻以外の女性レイキ教えたい考えていたこともあり、タカタがとても熱心であったため、彼女に教えることを決めた。彼女はの下で1年間働いた後、セカンドディグリーを受けた1937年健康になったタカタレイキ開業準備ハワイ戻り、すぐに診療所軌道に乗った自分施術技術広めるためハワイ訪れた際に、彼のと共にタカタ訪ねた1938年の冬、タカタから神秘伝(師範として他人にレイキ伝授できる)の伝授受けた13番目の、そして最後1人となったタカタ夢に現われと言い1940年第2次世界大戦迫っていた東京戻った。そこでタカタ実績評価して自分後継者とした。日本海軍予備役将校であり軍に復帰するように求められていたが、仏教徒であり平和主義者として多くの血が流される戦争加担するよりはと切腹したとも伝えられている。 タカタハワイ戻ってから30年レイキ教えたが、1970年までファーストとセカンドディグリーのみを伝授した。彼女は多くレイキプラクティショナー開業者)を養成したが、マスター育てようとしなかった。 1970年以降亡くなる1980年までの間にタカタレイキのサードディグリーを伝授し22人にマスター伝授した。彼女はマスター伝授指導10,000USドル科したため、レイキマスターを富裕層のためのエリートクラブにした、と非難された。は妥当な「エネルギー交換」だと弁明して言われたとする治療のためにお金支払わない者は良くなろうとする動機持てない、という趣旨言葉引き合い出した。 彼女の残したもの今は様々な形混在している。確かに西洋社会において人生でレイキ恩恵受けている人々は、彼女が西洋レイキもたらしたことに感謝している。しかし過去10年の間に日本渡って独自に調査した人々は、レイキ創始者でありへの伝授者である臼井甕男言われているような「継承者」とは違うということ、また「グランドマスター」という地位に彼自身が不満であったということ発見している。彼は数名マスター伝授をし、林忠次郎その1であったが、彼らは全員平等であったのは明らかである。誰も他のマスターより上の地位にはなかった。臼井レイキ指導続けるための組織臼井靈氣療法学会)を設立したが、グランドマスターシステムは作らなかった。 タカタレイキプラクティショナーにはリーダー1人あるべき主張し、彼女が後継者指名しなかったため、それが何十年もの間のレイキ内の不協和原因となり、伝統派と非伝統派分かれる至った

※この「人生」の解説は、「ハワヨ・タカタ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ハワヨ・タカタ」の記事については、「ハワヨ・タカタ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 07:43 UTC 版)

シャルロッテ・スロッツベリ」の記事における「人生」の解説

かつら職人のアンドレアス・スロッツベリとダンサーのロヴィーサ・シャルロッタ・シュムバルトの一人娘としてストックホルム生まれた生家貧しかったと言われる。 母と母方叔母らは両方ともダンサーとして活動しており、シャルロッテ彼女らから手ほどき受けた考えられるまた、確認できる史料はないものの、子供時代彼女ら共演した伝えられている。父はフランスのデュ・ロンデル劇場仕事したことがあり、シャルロッタもその縁でルイ・ガロディエとの知遇得て幼い頃からフランスバレエ学校学び1768年8歳のときにウルリクスダール宮殿のコンフィデンセンでデビューした1771年10月には母「マダム・スロッツベリ」と2人叔母は、どちらもフランス劇場バレエ団員に名を連ねている。

※この「人生」の解説は、「シャルロッテ・スロッツベリ」の解説の一部です。
「人生」を含む「シャルロッテ・スロッツベリ」の記事については、「シャルロッテ・スロッツベリ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 16:27 UTC 版)

エレン・オチョア」の記事における「人生」の解説

エレン・オチョアは、1958年5月10日カリフォルニア州ロサンゼルス生まれたが、自身ラ・メサ故郷であると考えている。エレン1980年サンディエゴ州立大学物理学学位取得し1981年1985年スタンフォード大学電子工学修士号博士号それぞれ取得した両親は彼女が高校生時に離婚し、彼女は母親と3人の兄弟1人姉妹暮らした

※この「人生」の解説は、「エレン・オチョア」の解説の一部です。
「人生」を含む「エレン・オチョア」の記事については、「エレン・オチョア」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 19:19 UTC 版)

ビリー・ライト (ミュージシャン)」の記事における「人生」の解説

ライトジョージア州アトランタ生まれ誕生年は不明瞭となっている。自分では1932年生まれ主張したが、研究者のボブ・イーグルとエリック・ルブラン公式記録新聞死亡記事基づいて1918年生まれ述べた他の情報源では1928年示唆している。 子供の頃ライト地元教会ゴスペルを歌うことに秀でていた。若い頃、彼はダンサーおよび女性なりすまし として働いたが、アトランタ81シアターパフォーマンス開始して歌手として歩み出したサックス奏者ポール・"ハックルバック"・ウィリアムズは、チャールズ・ブラウンとワイノニー・ハリスの2ステージ両方出演するライトパフォーマンスを観た。そして、ウィリアムズは彼をサヴォイ・レコードのハーマン・ルビンスキーに推薦した。 ハワード・コランダーズ・オーケストラ (Howard Collander's orchestra)と録音され彼の最初レコードBlues for My Baby」は、1949年に『ビルボード』誌のR&Bチャート3位となったR&Bチャートではさらに、「You Satisfy」(1949年、9位)、「Stacked Deck」(1951年、9位)、「Heh, Little Girl」(1951年10位)という3枚レコード結果残した派手なパフォーマーであり、キャリア通じてブルース王子 (Prince of the Blues)」として知られていた。彼は第二次世界大戦後のアトランタ・ブルースの主要人物であり、ロックンロール先駆者であるリトル・リチャード大きな影響与え1951年に彼が最初レコーディング契約獲得する手助けをした。1950年代初頭ゲイであることを公言したライトは、リチャード外見確立することにも貢献し、顔にパンケーキ・メイクを施し彼に似た長髪のポンパドール・スタイルで髪を飾るようアドバイスした1954年ライトテキサス州ヒューストンにあるドン・ロビーが所有するピーコック・レコードと契約結んだ1959年最後となるレコーディング行ったその後アトランタ司会者として働いており、脳卒中倒れてしまうま仕事続けた1991年アトランタのロイヤル・ピーコックにおけるハロウィーン・ショーの直前肺血栓塞栓症亡くなった

※この「人生」の解説は、「ビリー・ライト (ミュージシャン)」の解説の一部です。
「人生」を含む「ビリー・ライト (ミュージシャン)」の記事については、「ビリー・ライト (ミュージシャン)」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 06:39 UTC 版)

左脚ブロック」の記事における「人生」の解説

大動脈狭窄症 拡張型心筋症 急性心筋梗塞 狭心症 他の疾患伴わない伝導障害 左脚ブロック(LBBB)は基礎疾患がある患者見られることが多い。心不全患者では30%にLBBBが見られる。LBBBが発症する患者70%に、先行する左室肥大(LVH)を認める。しかし12%の患者には器質的疾患認めない。QRS幅と、左室機能障害有病率重症度比例する新しく出現した左脚ブロックは、虚血性心疾患心不全意味しており、急性期には突然死関連する。しかし症状のない既知左脚ブロック長期的に突然死への寄与小さいことが報告されている。

※この「人生」の解説は、「左脚ブロック」の解説の一部です。
「人生」を含む「左脚ブロック」の記事については、「左脚ブロック」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 07:50 UTC 版)

ジョヴァンニ・バッティスタ・グァリーニ」の記事における「人生」の解説

グァリーニはフェラーラ生まれ若い頃パドヴァフェラーラ過ごした1567年から15年間、フェラーラ公アルフォンソ2世・デステ仕えた後、一族地所であるヴィッラ・グァリーナに隠退し、そこで代表作である『忠実な羊飼いIl pastor fido)』(1590年)を執筆した。このスタイル洗練された牧歌的悲喜劇は、多く言語翻訳され17世紀はとても人気があった。この作品18世紀後半まで続く優雅かつ勇壮な規則パターン定めた。 娘のアンナ・グァリーニ(Anna Guarini)はフェラーラ宮廷が誇る女性3人組ヴィルトゥオーサ歌手集団、コンチェルト・デッレ・ドンネ(Concerto delle donne)の1人だったが、1598年、夫と兄弟ジローラモ殺された。

※この「人生」の解説は、「ジョヴァンニ・バッティスタ・グァリーニ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ジョヴァンニ・バッティスタ・グァリーニ」の記事については、「ジョヴァンニ・バッティスタ・グァリーニ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 07:29 UTC 版)

ベルナルト・ディートリッヒ」の記事における「人生」の解説

ベルンハルト・トラウゴット・ディートリッヒはドイツケムニッツ生まれ、父は織者師で、後に宿屋経営するトラウゴット・レーベレヒト・ディートリッヒであった。彼は最初に機織り職業学んだが、その後叔父製織用品会社で約40年働き最初店員として、その後正式な代表者として働きケムニッツ亡くなった彼の趣味音楽であった1860年から1896年まで、彼はケムニッツ・ヤコビ教会教会合唱団メンバーであったまた、自分イニシャルにちなん名付けられ男声カルテット「Doppelquartett B.D.」でも歌った彼の死亡記事では、二つカルテットが「彼の歌の数々」に感謝しているので、彼はグループのためにいくつかの新しい歌書いた違いないディートリッヒまた、テオドール・シュナイダー男声合唱団共同創設者でもあり、それは長年指揮者であったケムニッツ教会音楽監督にちなん名付けられていた。ケムニッツ市は「ケムニッツ・タゲブラット」紙で「当市は男声合唱隆盛大部分ベルナルト・ディートリッヒ負っている。」と感謝している。 ディートリッヒ既婚で、妻のエミリーと6人の娘が残された。

※この「人生」の解説は、「ベルナルト・ディートリッヒ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ベルナルト・ディートリッヒ」の記事については、「ベルナルト・ディートリッヒ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 07:00 UTC 版)

カール・ネーゲリ」の記事における「人生」の解説

チューリッヒ近郊生まれ医学学んだ1839年からはジュネーヴオーギュスタン・ピラミュス・ドゥ・カンドール(Augustin Pyramus de Candolle) の下で植物学学び1840年チューリッヒ学位取得したマティアス・ヤーコプ・シュライデンの下で研究をした後にイェーナ植物学教授務め顕微鏡用いて植物の研究行った

※この「人生」の解説は、「カール・ネーゲリ」の解説の一部です。
「人生」を含む「カール・ネーゲリ」の記事については、「カール・ネーゲリ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/14 17:00 UTC 版)

伊陟」の記事における「人生」の解説

上級官僚として、彼は商人王太武の首相務め歴史的には「帝太戊伊陟為相」と呼ばれ太甲地位廃止し、後に太甲伊尹殺して王位取り戻すが、公功を抜け出した述べた

※この「人生」の解説は、「伊陟」の解説の一部です。
「人生」を含む「伊陟」の記事については、「伊陟」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/22 03:41 UTC 版)

ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニア」の記事における「人生」の解説

シャーマン貧し農家ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・シニア(1884–1935)とその妻ルー・Birchie・エアーズ(18931946)の9人の子供の一人として生まれたイングランド系アメリカ人かつスコットランド系アメリカ人英語版)で、13植民地時代から北米居住していた家系である。1935年12月18歳誕生日迎えるすぐ前に[要出典]、バージニア・アデル・ガッシュと結婚した。しかし、13ヶ月以内離婚した。彼らには離婚後宿った息子、ヘンリー・レオン・ブライスがいた。 ヘンリーは後に、継父チャールズ・Ritzenthalerの姓を名乗った1940年12月29日に、元妻の妹ミニー・フェイ・ガッシュと結婚した結婚は、1941年4月破棄された。1941年5月3日に、ジャクソン郡カンザスシティのWanetta・エレン・アレキサンダーと3度目の結婚をした。彼女との間には、フェイとの結婚中に子供宿していた。彼らの子供、シャロン・リー・ブライス(後にペティジョン)は、8日後の1941年5月11日誕生した。彼らは1944年4月13日離婚した1943年9月3日ヴァージニア・デル・キャシディ4回目結婚をした。1945年妊娠し息子ビル出産したビル生まれ前にブライス自動車事故死亡した。後にヴァージニアロジャー・クリントン・シニア再婚したヴァージニア50年後の父の日ワシントン・ポストブライスについての広範な記事掲載するまで、ブライス以前結婚について知らなかった

※この「人生」の解説は、「ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニア」の解説の一部です。
「人生」を含む「ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニア」の記事については、「ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニア」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/22 03:42 UTC 版)

ジェフ・ドワイヤー」の記事における「人生」の解説

Bodcaw, Arkansas英語版)で生まれた第二次世界大戦戦い、パラシュートジャンプ中に負傷し、後に大工として働いていた。苦労して大学出て美容師となったアメリカンフットボール選手柔道教育住宅建設し油井機器有価証券販売など様々な職に就いた

※この「人生」の解説は、「ジェフ・ドワイヤー」の解説の一部です。
「人生」を含む「ジェフ・ドワイヤー」の記事については、「ジェフ・ドワイヤー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/30 01:25 UTC 版)

ヴェロニカ・ロス」の記事における「人生」の解説

ロス1988年8月19日ニューヨークで生まれイリノイ州バリントン育った母親のバーバラ・ロスはバリントン在住画家である。ロス末っ子として生まれたロス5歳の時、両親離婚してバーバラ引き取られた。その後バーバラ不動産会社財務コンサルタント務めるフランク・ロスと再婚したロスの兄と姉はシカゴ暮らしている。なお、ロス自身父親に関して「彼(実の父親)は職に就いて遠く働いてます。今、義理の父親とは良好な関係です。」と述べている。 ロスバリントン高校在学中聖書研究会に参加していたため、キリスト教に関することを学び続けている。高校卒業後、ミネソタ州にあるカールトン・カレッジ入学したが、1年後ノースウェスタン大学転学して、小説執筆法を学んだ2011年ロス写真家のネルソン・フィッチと結婚した2人シカゴ暮らしている。

※この「人生」の解説は、「ヴェロニカ・ロス」の解説の一部です。
「人生」を含む「ヴェロニカ・ロス」の記事については、「ヴェロニカ・ロス」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/01 12:58 UTC 版)

ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ」の記事における「人生」の解説

祖先ネーデルラント騎士だったが、芸術家多く輩出する家系であり、職業画家となる人物多かったジョゼフの父は宗教画家、兄弟装飾画家務めており、幼い頃から絵に親しんでいた。10代後半からパリにある兄の工房装飾画家務めていたが、植物画家ヘーラルト・ファン・スパーンドンク才能見出され技術学び植物学者シャルル=ルイ・レリチエ・ド・ブリュテル著作新種植物の記述」の挿絵を手がけたことから博物画植物画)の世界入ったルドゥーテ植物画は絵の正確さから、園芸家などからも支持集めた王妃蒐集室付素描画家自然史博物館植物画家自然史博物館付図講師歴任し金銭的に恵まれていたが、浪費癖があったため生活はしばし困窮し死の直前には銀食器まで売り払うほどだった。

※この「人生」の解説は、「ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ」の記事については、「ピエール=ジョゼフ・ルドゥーテ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 01:48 UTC 版)

ハーバート・ハウプトマン」の記事における「人生」の解説

ドイツ系ユダヤ人移民のイスラエル・ハウプトマンとレア・ローゼンフィールドの長子として、ニューヨークで生まれた1940年11月10日にエディス・シトリネルと結婚し1947年バーバラ1950年キャロルという2人の子供に恵まれた幼い頃から科学数学興味抱き、タウンセンドハリス高校ニューヨーク市立大学シティカレッジ経て1939年コロンビア大学数学修士号得た戦後から、ワシントンD.C.海軍研究所ジェローム・カールとともに働き始め同時にメリーランド大学カレッジパーク校博士課程研究始めた数学物理化学組み合わせることで、X線結晶構造解析位相問題取り組むことができた。1954年博士号得て、彼らはX線結晶構造解析直接法基礎的な研究始めた1953年モノグラフ位相問題解決1 中心対称性を持つ結晶」 (Solution of the Phase Problem I. The Centrosymmetric Crystal) の中では、最も大切なのは確率的な方法論導入することだというアイデア述べられている。 1970年、彼はバッファロー医学財団結晶学グループ参加し1972年にリサーチドクターになった。この時代初期には、彼は近い原理系統立てて概念拡大することを進めた。これらの理論は後の数十年でさらに発展していった。 2011年10月23日アメリカ合衆国ニューヨーク州バッファロー死去94歳没。

※この「人生」の解説は、「ハーバート・ハウプトマン」の解説の一部です。
「人生」を含む「ハーバート・ハウプトマン」の記事については、「ハーバート・ハウプトマン」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 10:12 UTC 版)

ルーマニー・ポレット」の記事における「人生」の解説

1898年生まれクチュリエールとして働きオーステンデブリュッセル自分の店を持っていた。1927年8月27日にアーサー・コンスタント・デブライネと結婚し子供1人産んだ20世紀末死去した。それからは1996年から死去まで、彼女はガンショアンリタイヤメント・ホーム在住した。

※この「人生」の解説は、「ルーマニー・ポレット」の解説の一部です。
「人生」を含む「ルーマニー・ポレット」の記事については、「ルーマニー・ポレット」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 02:11 UTC 版)

ソフィー・アドレルスパッレ」の記事における「人生」の解説

エリック・ガブリエル・クヌットソン・レイヨンフーヴッド中佐とソフィー・エメレンティア・ホッペンシュテットの間に生まれた家庭内教育受けた後、ストックホルムフィニッシングスクール、ジュルストラムスカ・パンホーネン (Bjurströmska pensionen) で2年過ごした1869年貴族海軍中佐のアレックス・アドレルスパッレ (1812年1879年) と結婚彼の5人の子供の義母となったアレックスソフィー社会変革活動協力的だった。 フェミニスト作家フレデリカ・ブレーメル崇拝者であり、米国での数年間の滞在女性の権利興味持ち1857年スウェーデン帰国したロザリー・ロース(英語版)との交流通じてフェミニスト活動従事するようになったこのころフレデリカ・ブレーメル1856年小説ハルタ英語版)」(Hertha) に喚起されスウェーデン公の場女性の権利議論があった。この議論結果未婚女性後見人制度の廃止女性へ成年付与 (1858年 - 1863年) が行われ、 1861年最初女性向け公立学校である王立女子師範学校 (Högre lärarinneseminariet) が設立された。

※この「人生」の解説は、「ソフィー・アドレルスパッレ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ソフィー・アドレルスパッレ」の記事については、「ソフィー・アドレルスパッレ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 17:09 UTC 版)

アンナ・リー・フィッシャー」の記事における「人生」の解説

フィッシャーニューヨークで生まれたが、カリフォルニア州サンペドロ育ったため、そこを故郷だと考えている。1967年サンペドロ高校卒業し1971年カリフォルニア大学ロサンゼルス校化学学士号取得したその後同校大学院金属カルボニルX線回折研究行った翌年、彼女はUCLA医学部移籍し1976年医学博士号取得した1977年カリフォルニア州トーランスのハーバー・ジェネラル病院インターンシップ行った。彼女は救急医学専攻しロサンゼルス地区いくつかの病院働いたフィッシャーは後に大学院戻り1987年化学修士号取得した

※この「人生」の解説は、「アンナ・リー・フィッシャー」の解説の一部です。
「人生」を含む「アンナ・リー・フィッシャー」の記事については、「アンナ・リー・フィッシャー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 06:25 UTC 版)

ルイス・キュービット」の記事における「人生」の解説

ブリックレイヤーズ・アームズ駅、1844年 キングス・クロス駅1852年 彼は、19世紀第2四半期ロンドン代表する建築棟梁のトーマス・キュービット(英語版)の弟である。彼は兄によって手掛けられた多く住宅団地設計たずさわったまた、彼は、ロンドン市長のウィリアム・キュービット(英語版)の弟でもある。 彼はそのキャリアの中で多く建設したが、そのほとんどが南米オーストラリアインドにおける物だった。ルイス1844年に建てなおされロンドン・ブリッジ駅設計共同担当したまた、彼は、ブリックレイアーズ・アームズ駅(英語版)(1844年)、キングス・クロス駅(1851-52年)、グレート・ノーザン・ホテル(1854年)なども設計している。鉄道用地に隣接する地所再開発一環として、現在キングス・クロス・セントラル(英語版)として知られている地域作られキュービット設計穀倉が、改修の上ロンドン芸術大学構成大学であるセントラル・セント・マーチンズメインキャンパス施設として利用されている。 キュービット穀倉用いた構造リベットは、キュービット兄弟の名を冠したアイウェアブランド「キュービッツ(英語版)」で使用されているヒンジ影響与えた

※この「人生」の解説は、「ルイス・キュービット」の解説の一部です。
「人生」を含む「ルイス・キュービット」の記事については、「ルイス・キュービット」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 07:18 UTC 版)

エイブラハム・デ・ペイスター」の記事における「人生」の解説

1657年7月8日ニューアムステルダムでヨハネス・デ・ペイスター・シニアとコーネリア・Lubberts・デ・ペイスターの息子として誕生したアムステルダム訪問中の1684年4月5日従妹のカタリナ・デ・ペイスターと結婚した1691年10月にヘンリー・スローター知事により市長任命された。初期のジェイコブ・ライスラーの支持者であったが、彼の起こしたライスラーの反乱には参加しなかった。彼の提案通じ、市は貧し人々公的支援提供し始めた裕福な商人家系から、市会議員陪席裁判官州裁判所長、王立理事会議長最高裁長官ニューヨークニュージャージー州出納官など一生通し様々な公職就いたまた、民兵大佐務めた1701年にリチャード・クート知事死亡し、ジョン・ナンファン副知事外遊中に数ヶ月間、代理ニューヨーク植民地知事務めた1699年頃、新市役所建設の為、自宅敷地一部寄付した新市役所は後にフェデラル・ホールとなった1728年建設中のミドルオランダ教会の鐘製造依頼した1731年アムステルダムで完成し、現在"Liberty Bell"(自由の鐘)として知られMiddle Collegiate教会にある。 兄のヨハネス・デ・ペイスター1698年-99年まで市長務め義兄弟デイビッド・プロボストが後を継いだ

※この「人生」の解説は、「エイブラハム・デ・ペイスター」の解説の一部です。
「人生」を含む「エイブラハム・デ・ペイスター」の記事については、「エイブラハム・デ・ペイスター」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/24 03:32 UTC 版)

ルイ=レオポルド・ボワイー」の記事における「人生」の解説

ノール県のラ・バセ(英語版)で彫刻家息子として生まれた幼いころから芸術秀でており、独学絵画学び123歳頃から作品作り始めた1774年ドゥエー訪れた際に聖アウグスチノ会士に自作の絵を見せたところその才能認められその三年後アラス移りトロンプ・ルイユいくつか製作したフランス革命勃発した時には公安委員会不埒な絵画描いたとして逮捕される愛国的な作品制作したためジャン=ポール・マラーによって釈放されるまた、ナポレオン時代1803年にはサロン・ド・パリメダル授与される1833年にはレジオンドヌール勲章グラントフィシエを受章する

※この「人生」の解説は、「ルイ=レオポルド・ボワイー」の解説の一部です。
「人生」を含む「ルイ=レオポルド・ボワイー」の記事については、「ルイ=レオポルド・ボワイー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 06:19 UTC 版)

アナトリー・ソロヴィアネンコ」の記事における「人生」の解説

ソロヴィアネンコは、1932年9月25日ドネツィク当時スタリノ)で鉱夫家庭生まれた1954年ドネツィク工科大学卒業しその後、そこでエンジニアリンググラフィックスを教えた1950年から、ロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国功労芸術家のアレクサンデル・コロベイチェンコから歌唱法学んだ1962年にポピュラータレントショーに出演したのがきっかけで、ウクライナ国立歌劇場で歌うことを依頼されたが、そこで歌う前にミラノスカラ座行われた若手歌手コンテスト優勝し1963年から1965年3年間、そこで学んだ。彼は、ニューヨークメトロポリタン・オペラから招待受けた最初ソビエトとなった1965年以降は、ウクライナ国立歌劇場公演行った1967年ウクライナ社会主義共和国功労芸術家となり、1975年にはソ連人民芸術家選ばれた。 1978年キエフ音楽院卒業したウクライナ国立歌劇場ソリストとして『リゴレット』公爵、『椿姫』のアルフレード『レクイエム』テノール、『ランメルモールのルチア』のエドガルド、『ラ・ボエーム』のロドルフォ、『トスカ』のカヴァラドッシ、『ファウスト』のファウスト、『エフゲニー・オネーギン』のレンスキー、『ボリス・ゴドゥノフ』の僭称者、『ドナウ越えたザポロージェ人』のアンドレイ等、18パート歌った既婚で、2人の息子AndreyとAnatoliyがいる。 1999年7月29日に、心臓発作突然死した。葬儀には、ウクライナ大統領レオニード・クチマ等、多く政府官僚出席した。その数か月後の1999年12月には、彼を称えてドネツィクオペラ・バレー劇場改名することがウクライナ政府により決定された。2001年には、埋葬されキエフ州コジンに像が設置された。

※この「人生」の解説は、「アナトリー・ソロヴィアネンコ」の解説の一部です。
「人生」を含む「アナトリー・ソロヴィアネンコ」の記事については、「アナトリー・ソロヴィアネンコ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 09:06 UTC 版)

パーンドゥ」の記事における「人生」の解説

クル王家王位継承者不在危機瀕したとき、シャーンタヌ王の妃サティヤヴァティーはかつてパラーシャラ英語版)仙との間に生んだヴィヤーサ呼んで、彼女の亡き王子ヴィチトラヴィーリヤ2人寡婦アンビカーとアンバーリカーとの間に子をもうけてくれるように頼んだ苦行明け暮れていた彼は見るに堪えない姿だったので、アンビカーは彼が近づくと思わず目を閉じてしまった。その結果盲目のドリタラーシュトラが生まれた。アンバーリカーはヴィヤーサ見て真っ青になったので、蒼白パーンドゥ生まれたパーンドゥ盲目の兄に代わって王となり、クンティーマードリーを妃とした。しかしパーンドゥは狩の最中交合する鹿に出会い、これを射殺したことがあった。この鹿は隠者ムニ)のキンダマ(英語版)が化けた姿であり、彼は死の間際パーンドゥに「女性と交わろうとすると死ぬ」という呪いをかけた。パーンドゥ隠者殺してしまったことを後悔し出家して苦行して暮らすことを決意し2人の妃もそれに従ったパーンドゥ天界渡ろう考えて、シャタシュリンガ山を訪れ、この地で多く聖仙とともに苦行積んだ。しかし子供のない者は天界渡れないため、過去呪いパーンドゥ悩ませた。パーンドゥクンティーに、自分の母のように聖仙との間に子をもうけて欲しいと頼んだ。さいわい、クンティー神々呼び出して子を授かるという特権得ていたので、パーンドゥは彼女に頼んで神々の子産んでもらったクンティー正義と法の神ダルマ風神ヴァーユ雷神インドラ呼び出しユディシュティラビーマアルジュナ産んだパーンドゥはさらに子を望んだクンティー拒否された。しかしパーンドゥマードリーから自分子供欲しいと相談されたので、パーンドゥマードリーのためにも神々呼んで欲しいと頼んだクンティー1度限定したので、マードリー天界双生児であるアシュヴィン双神呼んでもらい、双神との間にナクラサハデーヴァ産んだパーンドゥは5人の子供を得て幸福に暮らした。しかしある日パーンドゥマードリー散歩するうちに、薄着姿のマードリー欲情して抱きしめてしまい、呪いによって死んだマードリーサティー慣習によってパーンドゥとともに逝った。長男ユディシュティラ幼かったため、王位はドリタラーシュトラに移り、彼は老境至って王権を弟の子返した

※この「人生」の解説は、「パーンドゥ」の解説の一部です。
「人生」を含む「パーンドゥ」の記事については、「パーンドゥ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 15:36 UTC 版)

ウルフ・スファンテ・フォン・オイラー」の記事における「人生」の解説

ウルフストックホルムで、化学教授ハンス・フォン・オイラー=ケルピン植物学地質学教授のアストリッド・クレーベという、二人著名な科学者の間に生まれた。父のハンスドイツ人で、1929年ノーベル化学賞受賞している。母方の祖父ペール・テオドール・クレーベウプサラ大学化学教授で、ツリウムホルミウムという元素の発見者である。 このような由緒ある家柄生まれ幼い頃から科学教育研究触れて育ったことから、ウルフ科学者目指したのも驚くことではなく、彼は1922年カロリンスカ研究所医学部進んだ。彼は赤血球沈降速度レオロジー専門家であるロビン・ファーレウスの下で、血管収縮物質病態生理学研究行った。彼は1930年博士号取得し同年薬理学助手採用された。1930年から31年にかけて、ウルフロチェスター大学フェローとなり、外国ポスドクとして研究を行う機会恵まれた。 彼はイギリス行きロンドンヘンリー・ハレット・デールバーミンガムのバーグ・デールの下で研究行い次いで大陸渡ってベルギー・ヘントのコルネイユ・ハイマンス、ドイツ・フランクフルトのグスタフ・エムデンの下でも研究行った。さらに1934年にはロンドン戻りアーチボルド・ヒルについて生物物理学学び1938年にはG.L.ブラウンについて神経-筋肉間の情報伝達について学んだ1946年から47年にかけてはブエノスアイレスバーナード・ウッセイにより設立され生物学・医学研究所のエドゥアルド・ブラウン・メネンデスの研究室働いた優秀な研究者嗅ぎ分ける彼の嗅覚優れているということはデールハイマンスヒルウッセイがみな後に、ノーベル生理学・医学賞受賞していることからも窺い知ることができる。1973年王立協会外国人会員選出ウルフ第二次世界大戦後に、ケーニヒスベルクラジオ局働いていたダグマー・クロンステッドと結婚した

※この「人生」の解説は、「ウルフ・スファンテ・フォン・オイラー」の解説の一部です。
「人生」を含む「ウルフ・スファンテ・フォン・オイラー」の記事については、「ウルフ・スファンテ・フォン・オイラー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 10:18 UTC 版)

シャノン・ルシッド」の記事における「人生」の解説

ルシッド中華民国の上海で、バプテスト教会布教者である両親オスカル・ウェルズとマートル・ウェルズの間に生まれたが、オクラホマ州ベサニー成長しベサニー高校卒業したオクラホマ大学進学し1973年生化学博士号取得したインディアナポリスのマイケル・ルシッドと結婚し1人息子2人の娘、5人の孫娘恵まれた

※この「人生」の解説は、「シャノン・ルシッド」の解説の一部です。
「人生」を含む「シャノン・ルシッド」の記事については、「シャノン・ルシッド」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 18:52 UTC 版)

アラン・ビーン」の記事における「人生」の解説

彼は既婚で、男女2人の孫がいる。

※この「人生」の解説は、「アラン・ビーン」の解説の一部です。
「人生」を含む「アラン・ビーン」の記事については、「アラン・ビーン」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 20:36 UTC 版)

ヴァスデーヴァ」の記事における「人生」の解説

マトゥラーの王カンサヴァスデーヴァデーヴァキーの子供によって殺される予言されていたので、2人投獄し、彼らから生まれ子供たち次々と殺していった。こうして6人の子供が殺されたが、第7子のバララーマ生まれ前にデーヴァキー胎内からローヒニー胎内移された。このときローヒニーナンダ治めゴークラ牛飼)にいて、バララーマを無事出産した。また第8子クリシュナ生まれると、ヴァスデーヴァ牢屋抜け出してゴークラ行きクリシュナナンダの妻ヤショーダーの生まれたばかりの娘とすり替えカンサにその娘を渡したカンサは娘をデーヴァキーの子思って殺した。その娘はヨーガ・マーヤー女神化身であり、女神現れて「お前を殺す者は別の場所に生まれている」といさめたので、カンサこれまでの罪業悔いて2人解放したという。

※この「人生」の解説は、「ヴァスデーヴァ」の解説の一部です。
「人生」を含む「ヴァスデーヴァ」の記事については、「ヴァスデーヴァ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 08:03 UTC 版)

マイケル・フォール」の記事における「人生」の解説

イングランドのリンカンシャーラウスでイギリス人イギリス空軍パイロットである父コリンアメリカ人の母マリーの間に生まれたケンブリッジ育ちカンタベリーキングズ・スクール教育受けたケンブリッジ大学クイーンズ・カレッジ1982年実験室宇宙物理学博士号取ったフォール1983年NASAミッション運用部に加わりスペースシャトル航行システム開発携わったイギリスアメリカ多重国籍所持しており、彼は2度宇宙飛行士候補応募したが、拒絶された。1986年1月チャレンジャー号爆発事故の後、彼は応募必要なエッセイ彼の夢を書いたものからNASA直面したリーダーシップ現実焦点当てたものに変更し1987年宇宙飛行士選ばれた。 彼は1992年STS-451993年STS-561995年STS-63参加した最後ミッションでは4時間の宇宙遊泳経験した。彼はその後ミールへの長期滞在メンバー選ばれた。 フォール1997年STS-84出発して先任乗り込んでいたジェリー・リネンジャー交代し4ヶ月ミール過ごしミール23ミール24ミッション経てSTS-86帰還したミール23の間にはプログレス補給船衝突した。彼は窓に当てた親指を軸にして星がどう動くかを計算しロシア地上管制に対して宇宙船回転止めるのにどうすればよいかアドバイスした。他の2人ロシア人宇宙飛行士ワシリー・ツィブリエフアレクサンドル・ラズトキン船内活動ミール内部損傷調べたミール24では、フォールロシア人アナトリー・ソロフィエフロシア製の宇宙服着て6度宇宙遊泳行い、「スペクトルモジュール外部損傷検査した1999年フォールSTS-103ミッションで8時間宇宙遊泳行いハッブル宇宙望遠鏡部品再配置した。2003年フォール第8次長期滞在船長指名されアレクサンドル・カレリとともにISS滞在した。6ヶ月滞在2004年4月29日終了したその後1年間、彼はワシントンD.C.NASA本部勤務した。現在はヒューストンソユーズISS支援宇宙服開発行っている。 フォール2000年7月リンカーン大学から名誉学位を、2000年9月ケント大学から名誉博士号を、2004年12月大英帝国勲章受章している。

※この「人生」の解説は、「マイケル・フォール」の解説の一部です。
「人生」を含む「マイケル・フォール」の記事については、「マイケル・フォール」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 05:01 UTC 版)

ゲイリー・ドーベルマン」の記事における「人生」の解説

ゲイリー・ドーベルマンデラウェア郡コミュニティ・カレッジ2年在籍した後、テンプル大学へと転学したドーベルマン同大学を2001年卒業した2007年テレビ映画スパイダー・キングダム』で脚本家デビュー果たしたその後死霊館シリーズや『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。2部作で脚本手掛けるなど、順調なキャリア歩んでいる。2019年には、『アナベル 死霊博物館』映画監督デビュー果たしたドーベルマンキリスト教信者であることを公言している。

※この「人生」の解説は、「ゲイリー・ドーベルマン」の解説の一部です。
「人生」を含む「ゲイリー・ドーベルマン」の記事については、「ゲイリー・ドーベルマン」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 23:35 UTC 版)

ウィリアム・アストベリー」の記事における「人生」の解説

アストベリーは7人兄弟4番目の子供としてスタッフォードシャーロングトン生まれた。父のウィリアム・アストベリー陶工であったアストベリーと弟のノーマン音楽愛していた。 アストベリー将来陶工になると思われていたが、幸いなことにロンドン高校奨学金もらって高校通った彼の関心は、どちらも化学者である校長副校長によって作られていった首席高校卒業すると、彼は地元唯一の奨学金貰ってケンブリッジ大学ジーザス・カレッジ進学したケンブリッジ2学期過ごした後、彼は第一次世界大戦動員された。盲腸の手術を受けたものの十分ながなかったため、彼は1917年アイルランドコークにあるイギリス陸軍医療部隊配属された。彼は後にケンブリッジ戻り物理学専門課程修了したケンブリッジ大学卒業すると、アストベリー最初にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンヘンリー・ブラッグの下で、1923年からはロンドン王立研究所働いたアストベリー酒石酸の構造など古典的な結晶学研究熱心に取り組んだ1945年には王立協会からクルーニアン・メダル受賞

※この「人生」の解説は、「ウィリアム・アストベリー」の解説の一部です。
「人生」を含む「ウィリアム・アストベリー」の記事については、「ウィリアム・アストベリー」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 16:07 UTC 版)

山道康子」の記事における「人生」の解説

1946年2月20日生まれ北海道沙流郡平取町二風谷出身1961年頃より、アイヌ女性活動家として活動したとある。アイヌ民芸店を営む。 1979年に、『沙流川を守る会』の立ち上げ中心人物となる。 1989年より、平取町二風谷で、フリースクールもかねた山道アイヌ語学校営んでいた。2009年閉校した模様である。 1989年より、アイヌモシリ一万年祭が行われている。中心人物一人として活躍している。日本全国講演活動展開している。

※この「人生」の解説は、「山道康子」の解説の一部です。
「人生」を含む「山道康子」の記事については、「山道康子」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 10:11 UTC 版)

郝明莉」の記事における「人生」の解説

1972年1月12日山東省肥城市生まれる。 1990年1991年に、2年連続大学入試失敗した1991年12月、彼は泰安帝国ホテル小さなレストランメートル・ドテルとなった1992年5月全国統一社会人試験受験し山東鉱業大学経済管理学部入学した1994年4月、母の邵華祖母張文秋と一緒に旅行来ていた毛新宇ホテル出会ったきだったその後、张文秋が体調崩し二人は再びそのホテル宿泊した毛新宇たちが北京市戻った後、彼女は再び電話連絡取った1994年5月、彼女は北京遊び招待され邵華は彼女を教子として認め北京への転勤提案した1994年6月末にホテル辞任 1994年から1997年まで、彼は北京大学国際ビジネス学部入学しその間邵華の家に滞在しました1997年9月12日毛新宇との結婚証明書受け取りました 1997年12月7日挙式は、北京西ホテル会議ホール行われました証人となったのは、全国人民代表大会常務委員会副委員長賽福鼎世子元中軍事委員委員の趙南齊将軍李先念の妻である林家宝、謝珏仔の妻でベテラン赤軍メンバー王定国の4人である。 マスターオブセレモニーは、中央人民ラジオ放送人である洪云氏。 2003年獄中死亡。なぜ投獄されたのかは不明

※この「人生」の解説は、「郝明莉」の解説の一部です。
「人生」を含む「郝明莉」の記事については、「郝明莉」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 21:19 UTC 版)

モーリス・アレ」の記事における「人生」の解説

1947年、モン・ペルランの会の設立同時に入会した1948年には、彼の最初期研究成果を数冊出版した。 彼は研究者教師として充実した生活を送り科学賞を14受賞した。その中には国立科学研究所金賞ノーベル経済学賞もある。ジャーナリストのマージョリー・ヘクトは、「アレノーベル経済学賞受賞アレ思想を英語を介して世界知らしめる転機となった」と述べている。

※この「人生」の解説は、「モーリス・アレ」の解説の一部です。
「人生」を含む「モーリス・アレ」の記事については、「モーリス・アレ」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/06 04:58 UTC 版)

何焯」の記事における「人生」の解説

著に『義門読書書記』六巻がある。

※この「人生」の解説は、「何焯」の解説の一部です。
「人生」を含む「何焯」の記事については、「何焯」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 04:33 UTC 版)

ジュディス・レズニック」の記事における「人生」の解説

レズニックオハイオ州アクロン生まれヘブライ学校通った4歳年下弟チャールズがいる。両親視力検定員のマーヴィンサラである。1966年ファイアーストーン高校卒業した数学秀で、クラシックピアノも得意であった高校時代、彼女はSATこの年女性では唯一の満点取った1970年ピッツバーグカーネギー・メロン大学電子工学学位取りこの年に彼女はフェローのマイケル・オルダックと結婚した。しかし、マイケル子供を作る事を希望したものの、ジュディス仕事続けたかったために1974年離婚したレズニックその後1977年メリーランド大学から電子工学博士号取得したカーネギー・メロン大学卒業後、彼女はRCA設計技師として就職し多くNASAプロジェクト携わった博士号向けた研究中、レズニックアメリカ国立衛生研究所から生物医学工学者として資金得ていた。後に彼女はゼロックスシステムエンジニアとして働いた

※この「人生」の解説は、「ジュディス・レズニック」の解説の一部です。
「人生」を含む「ジュディス・レズニック」の記事については、「ジュディス・レズニック」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/07 05:21 UTC 版)

ラルフ・ベア」の記事における「人生」の解説

ドイツ南西部生まれる。出生時の名前はルドルフ・ハインリッヒ・ベア(Rudolf Heinrich Baer)。ユダヤ人であり、11歳のときナチスユダヤ人迫害激しくなった為、通常の学校でなくユダヤ人学校に行かなければならなくなった。父はピルマゼンス靴工場で働いていた。1938年水晶の夜の2ヵ月前、家族と共にドイツ脱出アメリカでは独学勉強しつつ、週給12ドル工員として働いたニューヨークNational Radio Institute勉強1940年卒業してラジオ修理となった1943年には第二次世界大戦のために軍に召集されロンドン米陸軍本部情報部門働いた1949年シカゴAmerican Television Institute of Technologyで、テレビ工学学士号得た小さな電気医療機器会社Wappler, Inc.技師として就職し手術切断機、脱毛器、低周波筋肉増強装置など設計製作した1951年ニューヨークブロンクスにあるLoral Electronics転職しIBM向けの送電検知装置など設計1952年から1956年までTransitron, Inc.働き最終的に副社長にまで上りつめた。その後自らの会社を創業したが、間もなく軍需企業Sanders Associates(現在はBAEシステムズ一部)に入社し飛行機レーダーに関する仕事をするようになった引退する1987年まで同社に留まった。 世界初ゲーム機「ブラウンボックス」および「オデッセイ 」の発明者としてよく知られており、それによってビデオゲーム産業誕生した1983年以降Bob PelovitzのAcsiom, LLC組みおもちゃやゲームアイデア発明してマーケティングしている。2006年手元保管していたハードウェア試作品関連文書スミソニアン寄贈したIEEE生涯名誉会員でもある。 2014年12月6日ニューハンプシャー州マンチェスターにて死去92歳没。

※この「人生」の解説は、「ラルフ・ベア」の解説の一部です。
「人生」を含む「ラルフ・ベア」の記事については、「ラルフ・ベア」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 07:50 UTC 版)

メアリー・アニング」の記事における「人生」の解説

メアリー・アニング1799年イギリス南部沿岸ドーセット州のライム・レジス(英語版生まれた。彼女が生後15か月だった1800年サーカスで賑わう襲い、4人に直撃したその内3人が死亡したが、生き残った1人メアリーだった。このことから、後年の彼女の天才的な才能打たれたからだとする迷信うまれたメアリーの父リチャード家具職人だったが、ライム・リージス沿岸の崖で化石採集し、それを観光客に売ることで生計立てていた。ライム・リージス地形古代には赤道直下熱帯海の底だった位置で、現在でも豊富な化石恵まれ土地である。彼は子供達にも化石採集ノウハウ教えていたが、メアリーは特に強い興味示し幼い頃から化石採集積極であったという。1810年に父が結核亡くなるとアニング家の収入途絶え学校にも行けなくなったメアリーと兄のジョセフ化石採集し生計支えなければならなくなった。崖は急斜面海流影響がけ崩れをおこすこともこともあり、危険な仕事であったという。メアリー飼い犬トレイ」は、彼女の化石採集同行中に地滑り巻き込まれ命を落としている。 化石採集18世紀終わりから19世紀始めにかけてブームになった始めの頃は切手収集とおなじような余暇であったが、しだいに地質学生物学理解必要な科学になっていった。彼女は初め観光客相手化石採集始めたが、すぐに化石への興味強く高い値段買ってくれる科学界と関係を築いていった。 メアリー科学界との関係が最初にできたのは、父の死の数か月後の1811年、彼女がイクチオサウルス骨格の化石見つけたであった恐竜存在当時はまだそれほど世間知られはおらずジョセフ一年前大きなワニのように見え頭蓋骨化石を見つけていたが、骨格の残り部分始めは見つかっていなかった。しかしメアリーが嵐の後に来てみると、化石含んだ崖の一部削り取られていた。イクチオサウルス化石自体1699年ウェールズですでに発見されていたが、彼女が発見したのは最初全身化石であった。これは重要な発見で、化石はすぐに王立協会の手渡ったが、メアリーはこの時わずか12歳であった。彼女はその後も2体の別のイクチオサウルス化石発見している。 メアリー評判が高まると、彼女はリンカンシャー裕福な化石収集者であるトーマス・ジェームズ・バーチ(Thomas James Birch)の目に留まった。アニング家が貧困困っているのを見て、彼は自身化石売り売り上げの約400ポンドアニング家に与えた。ここ10年初め財政的な態勢整ったことで、メアリージョセフ家具職人として勤め始めてからも化石採集続けた。彼女の次の大発見は、1821年プレシオサウルス骨格化石初めての発見であった。この発見は後にウィリアム・ダニエル・コニベアによって記載されメアリー発見した化石その後タイプ標本となったその後1828年には新種化石ドイツ以外では初めてとなる翼竜ディモルフォドン)の、全身化石などを発見した。 以上の3つの発見によってメアリーの名前は歴史残ったが、彼女は生涯通じて化石発掘続け初期古生物学大きく貢献した30代後半になると、イギリス学術振興協会から収入を得ることになったが、女性であるという理由により本や論文出版することは許されなかった。ヴィクトリア朝時代イングランドにおいて、労働者階級女性教育受けられる階級男性と同じ仕事携わっただけでも異例こととされる。メアリー乳がんのため47歳世を去ったが、死の数か月前にロンドン地質学会名誉会員選ばれた。結婚はせず、生涯独身であった

※この「人生」の解説は、「メアリー・アニング」の解説の一部です。
「人生」を含む「メアリー・アニング」の記事については、「メアリー・アニング」の概要を参照ください。


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 05:27 UTC 版)

デボラ・キャヴェンディッシュ」の記事における「人生」の解説

イングランドオクスフォードシャーのアストホール・マナーで1920年3月31日生まれた。父は初代リーズデイル男爵アルジャーノン・フリーマン=ミットフォード息子である第2代リーズデイル男爵デイヴィッド・フリーマン=ミットフォード(1878年-1958年)で、母はその妻であり、庶民院議員だったトマス・ギブソン・ボウルズの娘であるシドニーであった(1880年1963年)。両親デボラ男の子なかったことに失望したという。 子ども時代オクスフォードシャーのスウィンブルックで育った家族からは「デボ」と呼ばれていた。両親はあまり娘たちの教育に熱心ではなく少女時代スケート狩猟など野外活動をして過ごした6歳の頃から家禽に大変興味持っており、この関心終生続いたその後パリル・コルドン・ブルー料理学んだデボラ1941年第10代デヴォンシャー公爵エドワード・キャヴェンディッシュの下の息子だったロード・アンドルー・キャヴェンディッシュと結婚したアンドルーの兄であるハーティントン侯爵ウィリアム1944年戦死したため、アンドルー公爵位の相続人になり、儀礼称号であるハーティントン侯爵名乗り始めた1950年に父のエドワード亡くなったため、ハーティントン侯爵アンドルーが第11デヴォンシャー公爵となった夫婦仲良好で、アンドルーアルコール依存症気味であった1980年代には快方向かったデボラは「