人生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 時期 > 期間 > 人生の意味・解説 

じん‐せい【人生/人世】

人がこの世生きていくこと。また、その生活。「第二の—を送る」「—を左右する出来事」「—経験

人の、この世生きている間人の一生生涯。「芸術長く—は短い」

[補説]  
2015年実施したあなたの言葉辞書載せよう。2015キャンペーンでの「人生」への投稿から選ばれた優秀作品

やり直したいと言う声が多い割に、結構多くの人満足して終え不思議な旅。
ウラノスさん

◆なんて不公平なんだろう…って思うけど、それなりに楽しいことしあわせな事もある本人しだいで、変わるもの
はるひさん

◆なんで生まれてきたのかを探す旅。
さっちゃんさん

リセットできないオリジナルのRPGロールプレイングゲーム)。
まーさんさん

笑い皺をつくること。
がちお、さん

全ての人間に与えられた試練。ただし必ずしも試練平等では無い。
あの頃は…さん

神様から借りてきたもの。だから全うするまで頑張らなければならない
マーサさん

たくさんの道、まっすぐで曲がってもいる。山もあれば、谷も、川もある。行先も違う。
あきいさん

自らが主人公ある物語。しかしそのように感じられない人も多い、少し切ない物語
JKさん

死ぬまで与えられた時間
こかちだ福さん

気付いたら始まっている、とてつもなく長い成長の旅。
mayuさん

家族親友との出会いの場
あつこさん

選択し決断繰り返してきた足跡
ぴろこさん

振り返ることはできるが戻ることはできない
どらみんさん


人生

作者遠藤周作

収載図書ピアノ協奏曲21番
出版社文芸春秋
刊行年月1987.5
シリーズ名遠藤周作 小説の館

収載図書ピアノ協奏曲二十一番
出版社文芸春秋
刊行年月1990.5
シリーズ名文春文庫


人生

作者夏目漱石

収載図書ザ・漱石全小全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月1999.6


人生

作者笹沢左保

収載図書江戸人生論木枯し紋次郎ことわざ漫歩
出版社光文社
刊行年月1999.10
シリーズ名光文社文庫


人生

作者高橋源一郎

収載図書君が代は千代に八千代に
出版社文藝春秋
刊行年月2002.5

収載図書君が代は千代に八千代に
出版社文藝春秋
刊行年月2005.9
シリーズ名文春文庫


人生

作者黄氏寳

収載図書台湾純文学集 1
出版社緑蔭書房
刊行年月2002.11
シリーズ名日本統治台湾文学集成


人生

作者マクシム・ゴーリキイ

収載図書田山花袋国木田独歩
出版社大空社
刊行年月2003.7
シリーズ名明治翻訳文学全集


人生

作者ふみともしん

収載図書笑った顔が一番素敵。
出版社SDP
刊行年月2008.12


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 09:53 UTC 版)

人生(じんせい)とは、がこの世で生きていくこと[1]。人の、この世に生きている間[1]。あるいは、この世で生きている間に経験することなどである。「人の一生」「生涯」などとも言う[1]


  1. ^ a b c [1]
  2. ^ 飯田史彦『人生の価値: 私たちは、どのように生きるべきか』PHP出版、2003年。ISBN 4569660401
  3. ^ a b 飯田史彦、吉田武男『スピリチュァリティ教育のすすめ: 「生きる意味」を問い「つながり感」を構築する本質的教育とは』PHP研究所、2009年。
  4. ^ [2]
  5. ^ 徳川家康の遺訓
  6. ^ a b c d e f g This 75-Year Harvard Study Found the 1 Secret to Leading a Fulfilling Life
  7. ^ a b c d e STUDY OF ADULT DEVELOPMENT


「人生」の続きの解説一覧

人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 15:34 UTC 版)

ホイットニーニューヨーク・シティ1907年3月23日生まれた父親であるエドワード・ボールドウィン・ホイットニー(英語版)は最初の地区ニューヨーク州高位裁判所英語版)の判事だった母親であるA. ジョジーファ・ニューコム・ホイットニーは芸術家で、政治活動的だった父方の祖父ウィリアム・ドワイト・ホイットニーで、イェール大学古代語教授で、言語学者で、サンスクリット研究者だった。ホイットニーコネティカット州知事上院議員のロジャー・シャーマン・ボールドウィン(英語版)の孫であり、アメリカ生みの親であるロジャー・シャーマン玄孫だった。母方の祖父母は、天文学者数学者であるサイモン・ニューカムと、海岸調査最初の監督者であったフェルディナンド・ルドルフ・ハスラー(英語版)の孫娘であるメアリー・ハスラー・ニューコム(Mary Hassler Newcomb)だった。叔父であるジョサイア・ホイトッニー(英語版)は、ホイットニー山調査した最初の人である。 ホイットニー3度結婚した最初の妻マーガレット・R・ハウエル1930年5月30日結婚した3人の子供ができ、ジェームズ・ニューコムとキャロルマリアンという名だった。最初の離婚後1955年1月16日、メアリー・バーネット・ガーフィールドと結婚した2人の娘、サラ・ニューコムとエミリー・バールドウィンができた。最後にホイットニー2番目の妻と離婚し1986年2月8日にバーバラ・フロイド・オスターマンと結婚したホイットニー最初の妻であるマーガレットは、1939年ニューイングランド現代建築歴史影響を与える革新的な決定をした。この時二人建築家エドウィン・B・グーデル・ジュニア(英語版)に、マサチューセッツ州ウェストン家族のための新居設計するよう依頼した二人は、グーデルにより数年前設計され別の国際的な様式住居隣にリチャードそしてカロライン・フィールドの設計した歴史上重要な道路上の岩が多い丘の中腹敷地購入した当時珍し建築だった平らな屋根同じ高さ木材羽目、端の窓などの際立った特徴により、ホイットニーハウスはまたその地域で、想像力豊かであるとの反応受けた住居は、メイン住居空間を、南の太陽美し眺め見渡せる窓を伴う地上階据え置いた。ホイットニーハウスは今日でもフィールドハウスと共に残っており、最初の建設から75年以上経っている。二つの家は、歴史上有名なSudbury Road Area貢献した構造物である。 人生を通してホイットニー2つ趣味没頭した。それは音楽登山である。バイオリンヴィエラ熟達した演奏家としてホイットニーPrinceton Musical Amateursと共に演奏したホイットニー一日置きに6から12マイル外で習慣として走った学部生の時、いとこであるBradley Gilmanと共にホイットニー1929年ニューハンプシャー州のキャノン・マウンテン(英語版)のホイットニー・ギルマン背の初の登頂成し遂げた。それは東部の最も困難で最も有名なロッククライムであったホイットニーはスイス・アルペン境界イェール登山協会(イェール・アウトドアクラブの前身)の会員で、スイス山の頂上を最も踏破した人物だった

※この「人生」の解説は、「ハスラー・ホイットニー」の解説の一部です。» 「ハスラー・ホイットニー」の概要を見る


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 15:34 UTC 版)

ホイットニーニューヨーク・シティ1907年3月23日生まれた父親であるエドワード・ボールドウィン・ホイットニー(英語版)は最初の地区ニューヨーク州高位裁判所英語版)の判事だった母親であるA. ジョジーファ・ニューコム・ホイットニーは芸術家で、政治活動的だった父方の祖父ウィリアム・ドワイト・ホイットニーで、イェール大学古代語教授で、言語学者で、サンスクリット研究者だった。ホイットニーコネティカット州知事上院議員のロジャー・シャーマン・ボールドウィン(英語版)の孫であり、アメリカ生みの親であるロジャー・シャーマン玄孫だった。母方の祖父母は、天文学者数学者であるサイモン・ニューカムと、海岸調査最初の監督者であったフェルディナンド・ルドルフ・ハスラー(英語版)の孫娘であるメアリー・ハスラー・ニューコム(Mary Hassler Newcomb)だった。叔父であるジョサイア・ホイトッニー(英語版)は、ホイットニー山調査した最初の人である。 ホイットニー3度結婚した最初の妻マーガレット・R・ハウエル1930年5月30日結婚した3人の子供ができ、ジェームズ・ニューコムとキャロルマリアンという名だった。最初の離婚後1955年1月16日、メアリー・バーネット・ガーフィールドと結婚した2人の娘、サラ・ニューコムとエミリー・バールドウィンができた。最後にホイットニー2番目の妻と離婚し1986年2月8日にバーバラ・フロイド・オスターマンと結婚したホイットニー最初の妻であるマーガレットは、1939年ニューイングランド現代建築歴史影響を与える革新的な決定をした。この時二人建築家エドウィン・B・グーデル・ジュニア(英語版)に、マサチューセッツ州ウェストン家族のための新居設計するよう依頼した二人は、グーデルにより数年前設計され別の国際的な様式住居隣にリチャードそしてカロライン・フィールドの設計した歴史上重要な道路上の岩が多い丘の中腹敷地購入した当時珍し建築だった平らな屋根同じ高さ木材羽目、端の窓などの際立った特徴により、ホイットニーハウスはまたその地域で、想像力豊かであるとの反応受けた住居は、メイン住居空間を、南の太陽美し眺め見渡せる窓を伴う地上階据え置いた。ホイットニーハウスは今日でもフィールドハウスと共に残っており、最初の建設から75年以上経っている。二つの家は、歴史上有名なSudbury Road Area貢献した構造物である。 人生を通してホイットニー2つ趣味没頭した。それは音楽登山である。バイオリンヴィエラ熟達した演奏家としてホイットニーPrinceton Musical Amateursと共に演奏したホイットニー一日置きに6から12マイル外で習慣として走った学部生の時、いとこであるBradley Gilmanと共にホイットニー1929年ニューハンプシャー州のキャノン・マウンテン(英語版)のホイットニー・ギルマン背の初の登頂成し遂げた。それは東部の最も困難で最も有名なロッククライムであったホイットニーはスイス・アルペン境界イェール登山協会(イェール・アウトドアクラブの前身)の会員で、スイス山の頂上を最も踏破した人物だった

※この「人生」の解説は、「ハスラー・ホイットニー」の解説の一部です。» 「ハスラー・ホイットニー」の概要を見る


人生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 09:45 UTC 版)

まりあと母と父とで三人暮らし始めた街中で父を見かけ、父の長い生活を垣間見る。海を恋しく感じていたまりあは、銀座街で母と潮の匂い感じる。つぐみからの電話旅館たたまれることを知り山本最後の夏に向かうことになった

※この「人生」の解説は、「TUGUMI」の解説の一部です。» 「TUGUMI」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

人生

出典:『Wiktionary』 (2021/07/11 07:59 UTC 版)

名詞

じんせい

  1. 人間この世生きていくこと。
  2. 人間この世生きている期間

類義語

発音(?)

じ↘んせー

「人生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



人生と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

人生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの人生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハスラー・ホイットニー (改訂履歴)、ハスラー・ホイットニー (改訂履歴)、TUGUMI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの人生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS