前身とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 前身の意味・解説 

ぜん‐しん【前身】

読み方:ぜんしん

その人以前身分職業また、団体・組織などの、現在のうになる前の形。「気象庁の―は中央気象台である」⇔後身

この世生まれ出る前の身。前世の身。⇔後身


まえ‐み〔まへ‐〕【前身】

読み方:まえみ

前身頃(まえみごろ)」の略。


前身

作者石川淳

収載図書石川淳全集 第5巻
出版社筑摩書房
刊行年月1989.9

収載図書石川淳選集 第5巻 小説 5
出版社岩波書店
刊行年月1993.9

収載図書歴史小説世紀 天の
出版社新潮社
刊行年月2000.9
シリーズ名新潮文庫


前身

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 04:05 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「前身」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「前身」を含むページの一覧/「前身」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「前身」が役に立つかも知れません。


前身(SEECシステム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 06:19 UTC 版)

SEEC-T」の記事における「前身(SEECシステム)」の解説

スバル排ガス対策機構市販車両への搭載は、1970年大気清浄法改正法(いわゆるマスキー法成立前後より北米輸出向け車両搭載されEA型水平対向4気筒エンジンスバル・レオーネスバル・ブラットなど)を中心に行われSEECシステムという名称が付けられていた。 SEECシステム開発1960年代後半スバル・ff-1北米輸出に合わせて開始されるスバルにとって初めての排出ガス対策であったことから万全を期してシールドブローバイガス還元装置、アイドリングリミッターなどのエンジン改良と同時に同年代初頭V型8気筒搭載するアメリカ車中心に「エアインジェクション・リアクター (AIR)」の名で採用模索されていたエアポンプ式二次空気導入装置が、69モデルイヤー(以下MY)から71MYまでの輸出車両採用されたその後排ガス規制に対する対処法スバル技術陣が慣れてきたこともあり、72MYから74MYに掛けてエアポンプを一旦廃してキャブレターへのオートチョーク採用や、減速時ハイドロカーボン (HC) 減少対策ディストリビューター改良による点火時期調整などのみで当時北米内規制を通過、74MYカリフォルニア州仕様においては前述の機構EGR組み合わせて対処された。 同時期日本仕様では1970年式昭和45年ff-1 1300Gよりシールド式ブリーザー、アイドリングリミッターのみの装着初歩排ガス対策開始され、翌1971年式昭和46年)からはチャコールキャニスター追加されるという状況であった1973年式昭和48年)より本格的に開始され昭和48年排出ガス規制には、前述の機構に加えスロットルバルブ温水予熱(キャブヒーター)、吸気予熱機構(ウォームエアインテーク(英語版))ダッシュポットディストリビューターへの負圧進角装置装着など、他社48年規制対策車と概ね類似した機器対処された。 75MYの北米輸出車では、マスキー法規制値の正式適用見送られるという米国内事情はあったものの、COHCは74MYの半分という新たな連邦規制値対処するため、一度廃止されていたエアポンプ再度採用され新たなエンジン改良として排気ポートにサイアミーズ・ポートが採用されたこの時期のEA型エンジンは熱放散効率良いアルミ合金シリンダーブロックバスタブ燃焼室採用バルブオーバーラップ広く取れ水平対向エンジン特性などもあり、同クラス直列エンジン比較してNOx発生量少な恵まれた状況にあり、1974年度(昭和49年当時車両でも、こうした特性来たるべき50年規制先行対策として謳われていた。 1975年以降日本の昭和50年排出ガス規制と、北米でのマスキー法正規規制値本格適用を見越して1973年ごろのスバル社内では当時実用化されていたあらゆる排ガス対策機器試験されたが、東洋工業(現・マツダ)によるロータリーエンジンマスキー法適合著名となったサーマルリアクターは熱問題から早々に採用見送られ酸化・還元三元などの各種触媒73年時点では信頼性生産コスト課題がある状況であったこの時にフルトランジスタ方式ディストリビューター全面採用と共に3つのSEECシステム同時平行的に研究開発された。 本命目されたのは75年マスキー法北米規制値および、日本の50年規制を見越して開発された、「エアポンプ又はリードバルブ方式二次空気導入装置」+「酸化又は還元触媒」の組み合わせカリフォルニア仕様EGR追加)を主体技術としたSEEC-Bシステムスバル排ガス減少装置-小型車)、および、規制値強化される1976年マスキー法北米正規規制と、日本の昭和51年排出ガス規制を見越して開発された、「エアポンプ又はリードバルブ方式二次空気導入装置」+「酸化触媒還元触媒二重触媒)、EGR」の組み合わせ主体技術としたSEEC-Cシステム二つであった当時日本の排ガス規制においては触媒定期交換義務付けられていたため、触媒交換作業容易なペレット型の採用見込まれていた。 しかし、スバル技術陣の間では貴金属多用する触媒耐久性価格安定供給面での不安要素根強くあったことから触媒に頼ることなくマスキー法クリアするための機構開発がSEEC-B/Cのサブプランという形で進められた。これが後のSEEC-Tである。

※この「前身(SEECシステム)」の解説は、「SEEC-T」の解説の一部です。
「前身(SEECシステム)」を含む「SEEC-T」の記事については、「SEEC-T」の概要を参照ください。


前身(名飯急行バス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 17:04 UTC 版)

中央道高速バス」の記事における「前身(名飯急行バス)」の解説

1938年昭和13年5月10日 - 名古屋飯田間を結ぶ名飯急行バス名鉄自動車後に名鉄本体吸収)・尾三自動車後に名鉄吸収)・南信自動車(現信南交通)により運行開始1日3往復各社1往復)、所要5時間半1941年昭和16年8月31日 - 名飯急行バスガソリン統制により休止1952年昭和27年7月25日 - 名古屋鉄道信南交通により運行再開1日3往復名鉄2、信南1)、所要4時57分。 1975年昭和50年8月24日 - 中央自動車道恵那山トンネル開業に伴い、名飯急行バス高速道路載せ替えた。 名飯急行バス運行ルート国道153号飯田街道)を主な経路とし、名古屋駅名鉄バスセンター - 今池 - 赤池 - 豊田四郷) - 足助 - 稲武 - 根羽 - 飯田結んでいた。赤池 - 平戸橋間は、国道離れ三ヶ峯峠を経由するルートであった。 現在も赤池駅 - 豊田市駅 - 足助名鉄バス)、浄水駅 - 足助 - 稲武・豊田市駅 - (快速) - 稲武(とよたおいでんバス)、稲武 - 根羽(どんぐりバス)、根羽 - 阿智西部コミュニティバス)、阿智 - 飯田信南交通)と路線バスがあり、名古屋・飯田間バス路線つながっている。ただし、豊田飯田都市圏内での通学利便性優先しているため、根羽バス停を跨いでの乗継移動の配慮は無い。

※この「前身(名飯急行バス)」の解説は、「中央道高速バス」の解説の一部です。
「前身(名飯急行バス)」を含む「中央道高速バス」の記事については、「中央道高速バス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「前身」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

前身

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 10:52 UTC 版)

名詞

 

  1. ぜんしん以前身分
  2. ぜんしん団体組織などの以前
  3. ぜんしん)(仏教前世身の上
  4. まえみ 参照

発音(?)

ぜ↗んしん
ま↘えみ

対義語


「前身」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



前身と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「前身」の関連用語

前身のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



前身の意味のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSEEC-T (改訂履歴)、中央道高速バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの前身 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS