CIAとは? わかりやすく解説

シー‐アイ‐エー【C.I.A.】


シー‐アイ‐エー【CIA】


シー‐アイ‐エー【CIA】

読み方:しーあいえー

certified internal auditor》⇒公認内部監査人


【CIA】(しーあいえー)

アメリカ諜報機関 Central Intelligence Agency の略称。(米中央情報局とも訳される
ヒューミント担当する
第二次世界大戦中ルーズベルト大統領の命によって組織された軍事諜報機関 Office of Strategic ServicesOSS戦略事務局)が戦争終結と共に解体されたため、OSS長官だったドノヴァンによって、それに代わる強力な権限持った中央集権的な諜報機関設立提案された。
当初は周囲の強い反対で実現しなかったものの、時の大統領トルーマンがこれに興味示し National Intelligence AuthorityNIA国家情報局)の管理下におくという条件でCIAの前身となる Central Intelligence Group を設立した

しかし、翌年国家安全保障法成立に伴い軍機関や情報機関再編され際に現在のCIAが設立されると、その後俗に言うCIA法の成立国家安全保障法改正によって強力な権限を得るに至り現在の形態となった
CIAは権限強まるにつれ予算使い道から職員数まであらゆる情報を隠すようになり、数々のCIA陰謀説生まれ事となった。
実際昨今の情報公開により映画さながら要人暗殺計画などが明らかになるほどの組織であったが、冷戦の終結予算大幅削減などで影響力低下しているもの事実である。

関連ゲーリー・パワーズ事件


Cia

名前 チーア

中央情報局

(CIA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/17 14:58 UTC 版)

中央情報局(ちゅうおうじょうほうきょく、英語: Central Intelligence Agency, 略称:CIA)は、アメリカ合衆国の対外情報機関。主に人的情報(HUMINT)を利用して世界中から国家安全保障に関する情報を収集・処理・分析することを公式任務としている。アメリカの情報コミュニティ(IC)の主要メンバーであるCIAは国家情報長官の直属であり、主に大統領と内閣に情報を提供することを目的としている。


注釈

  1. ^ Chief,Physical Security Division,Office of Security
  2. ^ 一部を削除したがあまりにも詳細なので問題になり、一旦出版停止になった[67]
  3. ^ CIAの違法活動を調査した「上院情報活動調査特別委員会United States Senate Select Committee
  4. ^ 『臨時増刊 CIAの外国指導者暗殺計画 全訳 米上院調査特別委員会レポート』(注 :コンゴ=ルムンバ、キューバ=カストロ、ドミニカ=トルヒーヨ、南ベトナム=ゴ・ジン・ジエム、チリ=ルネ・シュナイダー)「朝日ジャーナル」1975・12・25、Vol.17、No.55、通巻880号
  5. ^ Inspector General。
  6. ^ Assistant Deputy Director for Operations
  7. ^ The Crowley Files CRYPTOME 2001

出典

  1. ^ History of the CIA”. Central Intelligence Agency. 2014年3月28日閲覧。
  2. ^ CIA Observes 50th Anniversary of Original Headquarters Building Cornerstone Laying”. Central Intelligence Agency. 2012年9月18日閲覧。
  3. ^ a b Gellman, Barton; Miller, Greg (2013年8月29日). “U.S. spy network's successes, failures and objectives detailed in 'black budget' summary”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/national-security/black-budget-summary-details-us-spy-networks-successes-failures-and-objectives/2013/08/29/7e57bb78-10ab-11e3-8cdd-bcdc09410972_story.html 2013年8月29日閲覧。 
  4. ^ Kopel, Dave (1997年7月28日). “CIA Budget: An Unnecessary Secret”. Cato Institute. 2007年4月15日閲覧。
  5. ^ “Cloak Over the CIA Budget”. The Washington Post. (1999年11月29日). https://fas.org/sgp/news/1999/11/wp112999.html 2008年7月4日閲覧。 
  6. ^ http://www.huffingtonpost.com/.../president-harry-truman-an...
  7. ^ http://espionagehistoryarchive.com/.../malta-masonry-the-cia/
  8. ^ http://foreignpolicy.com/.../mapped-the-7-governments-the-u-s-has-...
  9. ^ CIAがひた隠す秘密暗殺部隊 ニューズウィーク 2009年7月15日
  10. ^ The World Factbook
  11. ^ Studies in Intelligence
  12. ^ 『米国 国家情報会議 「グローバル・トレンド2030:未来の姿」(2012年12月版)の要旨(全訳) 2012年12月21日 海上自衛隊幹部学校』
  13. ^ Global Trends 2030: Alternative Worlds
  14. ^ ウィリアム・E.コルビー著、大前 正臣、山岡 清二訳『栄光の男たち―コルビー元CIA長官回顧録』日本語版に寄せて、政治広報センター、1980年1月第1刷発行 ISBN B000J742DU、PP.1-5。
  15. ^ a b ティム・ワイナー「CIA秘録」文藝春秋
  16. ^ 角間隆 (1979). ドキュメント日商岩井. 徳間書店 
  17. ^ 川端治 (1963). 自民党 その表と裹. 新日本出版社 
  18. ^ CIA Records - Name Files
  19. ^ Research Aid: Cryptonyms and Terms in Declassified CIA Files Nazi War Crimes and Japanese Imperial Government Records Disclosure Acts
  20. ^ Truman Library - Truman Papers: Psychological Strategy Board Files
  21. ^ Foreign Relations of the United States, 1964-1968, Vol. XXIX, Part 2, Japan(英語)
  22. ^ C.I.A. Spent Millions to Support Japanese Right in 50's and 60's New York Times, October 9, 1994(英語)
  23. ^ 左派弱体化狙い、秘密資金提供~CIAが50年前、日本の保革両勢力に U.S. FrontLine, 2006年7月19日
  24. ^ 松浦総三 (1977). 現代ジャーナリズム事件誌. 白川書院 
  25. ^ 日本共産党 (1978). 韓国の謀略機関―国際勝共連合=統一協会. 日本共産党中央委員会出版局 
  26. ^ 田岡俊次著『日本を囲む軍事力の構図』 中経出版 2003年9月18日第1刷発行 ISBN 4-8061-1872-9
  27. ^ 2,619 CIA Sources: The Crowley Files
  28. ^ 有馬哲夫 (2015). 「スイス諜報網」の日米終戦工作-ポツダム宣言はなぜ受けいれられたか. 新潮社 
  29. ^ 吉田則昭 (2012). 緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像. 平凡社 
  30. ^ 有馬哲夫 (2006). 日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」. 新潮社 
  31. ^ 有馬哲夫 (2008). 原発・正力・CIA 機密文書で読む昭和裏面史. 新潮新書 
  32. ^ 100,000 Pages Declassified in Search for Japanese War Crimes Records
  33. ^ Japanese War Crimes
  34. ^ Records of the Central Intelligence Agency (RG 263
  35. ^ 20世紀メディア研究所
  36. ^ 研究所活動
  37. ^ 20世紀メディア研究所・特別研究会―CIA と緒方竹虎
  38. ^ Courson, Paul (1999年4月26日). “Former President Bush honored at emotional ceremony renaming CIA headquarters”. CNN. 2019年1月20日閲覧。
  39. ^ 『米国が12月に公開した国家文書に注目せよ 2008年米国の対外政策を読む』2008年1月21日付配信 日経ビジネスオンライン
  40. ^ "Bush: Top terror suspects to face tribunals". CNN. Associated Press. September 6, 2006.
  41. ^ "Bush admits to CIA secret prisons". BBC News. September 7, 2006.
  42. ^ 無人機攻撃作戦、CIAから米軍に移管へ”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2013年3月21日). 2019年7月7日閲覧。
  43. ^ CIAに初の女性長官 米上院議会がジーナ・ハスペル氏を承認”. ハフィントンポスト (2018年5月18日). 2018年5月20日閲覧。
  44. ^ https://www.cia.gov/news-information/press-releases-statements/2015-press-releases-statements/message-to-workforce-agencys-blueprint-for-the-future.html Central Intelligence Agency 6 March 2015.
  45. ^ http://www.coldwar.org/articles/50s/guatemala.asp
  46. ^ アメリカ合衆国国務省発行『米国の外交』第29巻第2部 2006年7月18日(Foreign Relations of the United States, 1964-1968, Vol. XXIX, Part 2, Japan, Document 1
  47. ^ 春名幹男『秘密のファイル(下)CIAの対日工作』 共同通信社 2000年3月、ティム・ワイナー『CIA秘録』 文藝春秋社
  48. ^ “U.S. admits CIA gave LDP money in 1950s, 1960s”. The Japan Times. (2006年7月20日). http://www.japantimes.co.jp/news/2006/07/20/national/u-s-admits-cia-gave-ldp-money-in-1950s-1960s/#.V5Gn4JOyOko 2016年7月22日閲覧。 
  49. ^ CIAの雇い兵三百人 アンゴラに派遣 政府は否定『朝日新聞』1976年1月3日朝刊、13版、4面
  50. ^ ウィリアム・ブルム「アメリカの国家犯罪全書」
  51. ^ ジョビー・ウォリック『三重スパイ――CIAを震撼させたアルカイダの「モグラ」』太田出版, 2012年
  52. ^ “中国でCIA要員12人殺害 中国の米スパイ網壊滅、と米紙”. 産経ニュース. (2017年5月21日). https://www.sankei.com/world/news/170521/wor1705210015-n1.html 2019年1月15日閲覧。 
  53. ^ “中国とロシア、CIAスパイ情報を共有か”. サンケイスポーツ. (2019年1月21日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180121/sot18012108340004-n1.html 2019年6月19日閲覧。 
  54. ^ “北朝鮮「韓米情報機関、北首脳部のテロ企図」主張…労働新聞の報道”. 中央日報. (2017年5月12日). http://japanese.joins.com/article/016/229016.html 2017年5月12日閲覧。 
  55. ^ “North Korea calls US-South Korea plot a 'declaration of war'”. FOXニュース. (2017年5月11日). http://www.foxnews.com/world/2017/05/11/north-korea-calls-us-south-korea-plot-declaration-war.html 2017年5月12日閲覧。 
  56. ^ “北朝鮮 米韓がキム委員長暗殺狙い派遣のグループ摘発と発表”. NHK. (2017年5月5日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170505/k10010971691000.html 2017年5月12日閲覧。 
  57. ^ “北朝鮮、金正恩氏の暗殺企んだとしてCIAを非難 スパイの存在に言及”. AFP. (2017年5月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3127321 2017年5月12日閲覧。 
  58. ^ “「正恩氏狙った米韓テロ計画摘発」…北秘密警察”. 読売新聞. (2017年5月6日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20170506-OYT1T50004.html 2017年5月10日閲覧。 
  59. ^ “北朝鮮、韓国情報機関トップの引き渡し要求 「正恩氏暗殺計画」で”. CNN. (2017年5月13日). https://www.cnn.co.jp/world/35101105.html 2017年5月13日閲覧。 
  60. ^ “北朝鮮が米国に「正式な謝罪」要求、金正恩氏暗殺計画で―米メディア”. Record China. (2017年5月8日). http://www.recordchina.co.jp/b177439-s0-c10.html 2017年5月12日閲覧。 
  61. ^ “「金正男氏はCIAの情報提供者」 米紙報道”. 日本経済新聞. (2019年6月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45931320R10C19A6000000/?n_cid=TPRN0026 2019年6月11日閲覧。 
  62. ^ “イラン、米CIAのスパイネットワーク解体と発表”. AFPBB. (2019年6月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3230815 2019年6月19日閲覧。 
  63. ^ “米、元CIA職員逮捕 中国に最高機密漏えい疑い”. 日本経済新聞. (2020年8月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62741280Y0A810C2000000 2020年8月18日閲覧。 
  64. ^ “米 CIA元工作員を逮捕 中国に機密情報を売り渡した疑い”. NHK. (2020年8月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200818/k10012571571000.html 2020年8月18日閲覧。 
  65. ^ 『ケネディ――栄光と苦悩の一千日(上・下)』(河出書房, 1966年)
  66. ^ http://harvardmagazine.com/2011/01/kermit-roosevelt
  67. ^ 『CIAの逆襲―ドキュメント「パーレビ復権」 イラン1953年』小西昭之訳 1980年12月。"Countercoup"1980年
  68. ^ E.H. Cookridge『ゲーレン 世紀の大スパイ』向後英一訳、角川書店、1974年
  69. ^ Antn.tervlew W1t11 Fo~er DOCI John N. McMahon
  70. ^ William Broe, former high-level CIA official, dies at 97 Washington Post,October 26, 2010
  71. ^ "Inside the Company: CIA Diary". Penguin. ISBN 0-14-004007-2。「CIA日記」1975年、青木栄一 訳
  72. ^ OSS Catalogue 2015
  73. ^ 「ヴェール(上)」p263



CIA (曖昧さ回避)

(CIA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/10 03:36 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

CIA

C.I.A

  • C.I.A. キューブに所属する俳優による、『Infinity(無限)』な可能性を秘めたアーティスト達のサポーターズクラブ。

CiA



C.I.A.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 06:39 UTC 版)

C.I.A.(シーアイエー)は、キューブに所属する俳優による、『Infinity(無限)』な可能性を秘めたアーティスト達のサポーターズクラブ。


  1. ^ キューブ若手俳優「C.I.A.」発足、白洲迅「見守っていただけたら」”. ステージナタリー. 2017年12月17日閲覧。
  2. ^ 新メンバー加入のお知らせ”. C.I.A公式サイト. 2018年8月8日閲覧。
  3. ^ お知らせ”. C.I.A公式サイト. 2019年4月3日閲覧。
  4. ^ 新メンバー加入のお知らせ”. C.I.A公式サイト. 2019年5月15日閲覧。
  5. ^ お知らせ”. C.I.A公式サイト. 2020年3月5日閲覧。
  6. ^ 新メンバー加入のお知らせ”. C.I.A公式サイト. 2021年1月1日閲覧。
  7. ^ 冨森ジャスティン 卒業のお知らせ”. C.I.A公式サイト. 2021年3月21日閲覧。
  8. ^ 新メンバー加入のお知らせ”. C.I.A公式サイト. 2021年7月15日閲覧。
  9. ^ 【超 SUPER LIVE 2021】C.I.A.2次プレオーダースタート & 大切なお知らせ”. C.I.A公式サイト. 2021年10月27日閲覧。
  10. ^ お知らせ”. C.I.A公式サイト. 2022年1月31日閲覧。
  11. ^ 【第二章キックオフイベント2022】C.I.A.会員限定イベント3/20(日)開催決定!&プレオーダー開始!”. C.I.A公式サイト. 2022年2月14日閲覧。
  12. ^ お知らせ”. C.I.A公式サイト. 2022年2月25日閲覧。
  13. ^ 超 春のファン祭り”. C.I.A公式Twitter. 2021年3月21日閲覧。


「C.I.A.」の続きの解説一覧

CIA (Central Intelligence Agency)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 15:30 UTC 版)

メタルギアシリーズの用語一覧」の記事における「CIA (Central Intelligence Agency)」の解説

中央情報局国家情報長官によって統括されるインテリジェンス・コミュニティー中核組織のひとつであり、アメリカ合衆国国策遂行のために、主にヒューミント用いた情報収集対外工作を行う諜報機関である。軍事組織ではないが組織内に準軍事部門と呼ばれる機関があり、FOXもその一つである。ネイキッド・スネークゼロ少佐FOX在籍時に所属していた時期があり、ソリッド・スネーク半年ほど勤務していた経験があるまた、オセロット冷戦時代に3重スパイとして所属していた。作中何らかの形で暗躍もしくは関係していることが多い。

※この「CIA (Central Intelligence Agency)」の解説は、「メタルギアシリーズの用語一覧」の解説の一部です。
「CIA (Central Intelligence Agency)」を含む「メタルギアシリーズの用語一覧」の記事については、「メタルギアシリーズの用語一覧」の概要を参照ください。


CIA(アメリカ中央情報局)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 02:56 UTC 版)

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」の記事における「CIA(アメリカ中央情報局)」の解説

ケイト・ラズウェル 英語版声優リヤ・キールステッド 日本語吹替小林さとみ CIAのアナリストアレックスの上司。 過去に通信アナリストとしてパキスタン活動した後、AFRICOMキャンプ・レモニエ所属していたが、自爆テロ被害を受ける生き延びその後にCIAに転属SAD監視官務める。SASシャーリーとはCIAのセーフハウステロリスト包囲されたところを助けられた過去があり、現在でも彼女とは親友の関係になっているCO-OPモードではアメリカ軍中心とするCoalition指揮官務める。 ジャガー4-1、4-7 ラズウェル指揮下にあるアメリカ軍所属UAVオペレーター4-1は在ウルジクスタン米大使館での戦闘で、4-7バルコフ化学兵器工場での戦闘上空からプライス達を援護するバイパー1-1 ラズウェル指揮下にあるアメリカ軍所属のアパッチパイロット。「代理戦争」でアレックス達を包囲したロシア軍一掃するシェパード 本編終了後、"タスクフォース141"の設立関連して前の上がった人物ケイトメンバーに関する資料預かりプライス提供するMW2登場したアメリカ陸軍将校同名

※この「CIA(アメリカ中央情報局)」の解説は、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」の解説の一部です。
「CIA(アメリカ中央情報局)」を含む「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」の記事については、「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「CIA」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「CIA」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「CIA」の関連用語

CIAのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CIAのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中央情報局 (改訂履歴)、CIA (曖昧さ回避) (改訂履歴)、C.I.A. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメタルギアシリーズの用語一覧 (改訂履歴)、コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS