栃木県とは? わかりやすく解説

とちぎ‐けん【栃木県】

読み方:とちぎけん

栃木[一]


栃木県

読み方:トチギケン(tochigiken)

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

栃木県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/20 14:43 UTC 版)

栃木県(とちぎけん)は、日本関東地方に位置する県庁所在地宇都宮市


注釈

  1. ^ 関東地方各地の雷日数と夏季の雷日数は、東京約11日のうち夏季約9日、横浜約12日のうち夏季約8日、群馬県前橋年間19.0日のうち夏季約18日、埼玉県熊谷年間19.3日のうち夏季約17日、茨城県水戸年間16.0日のうち夏季約13日となっており、いずれの地点でも夏季の雷日数が多くなっている。
  2. ^ 下野国は、正確には560,020人から342,260人。
  3. ^ 同じく、総人口は24,534,195人から27,063,910人。
  4. ^ 陸奥国は、1,962,839人から1,690,509人。
  5. ^ 同様に、隣の常陸国も人口減少が著しく、江戸後期においては、北関東が特に疲弊した地域であったことがわかる。
  6. ^ 上三川町、塩谷町は域内を鉄道路線が通過しているが、駅は存在しない。

出典

  1. ^ 阪部教宜 編、『橡木縣地誌略』、1877年、栃木町、集英堂 [1]
  2. ^ 土屋栄五郎 編、『府縣管轄便覽』、1872年、土屋栄五郎 [2]
  3. ^ 杤木縣、『杤木縣一覽概表』、1874年、栃木町、杤木縣 [3]
  4. ^ 杤木縣、『杤木縣治一覽表』、1876年、栃木町、杤木縣 [4]
  5. ^ 栃木県、『栃木縣治提要』、1881年、宇都宮町 [5]
  6. ^ 栃木縣會、『明治廿五年度 通常縣會日誌』、1892年、宇都宮町 [6]
  7. ^ 舟橋一也 編、『両毛文庫 栃木通巻 栃木縣誌』、目次、1904年、両毛文庫本部 [7]
  8. ^ a b 埼玉、栃木、群馬の三県境が観光地化している? デイリーポータルZ 2016年3月16日、2021年12月4日閲覧
  9. ^ 戦場ヶ原の気象
  10. ^ 継承途絶えたら「大きな痛手」 那珂川の特産品“温泉トラフグ”の岐路 海ない栃木県で全国初の海水魚の養殖と話題に”. 下野新聞 (2023年11月29日). 2024年1月8日閲覧。
  11. ^ 山下龍一 (2024年1月4日). “那珂川町の「温泉トラフグ」姿消す 業者撤退で 地元に復活望む声”. 朝日新聞. 2024年1月7日閲覧。
  12. ^ 橋本澄朗「栃木のあけぼの」 阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 11-12ページ
  13. ^ 季刊・東北学2008年第15号『高原山黒曜石原産地遺跡の発掘』P27-45より、国武貞克著
  14. ^ 高原山黒曜石原産地遺跡群詳細(矢板市ホームページより)
  15. ^ 2007年04月14日Asahi.comニュース
  16. ^ 2008年2月23日産経ニュース
  17. ^ 2009年2月27日産経ニュース
  18. ^ 2009年2月とちぎテレビニュース
  19. ^ とちぎテレビ動画ニュース
  20. ^ 橋本澄朗「栃木のあけぼの」阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 14ページ
  21. ^ a b 武光誠『県民性の日本地図』文藝春秋〈文春新書〉、2001年、78頁。ISBN 4-16-660166-0 
  22. ^ 森浩一著『古墳の発掘』中公新書(65)(中央公論社 1965年(昭和40年)4月発行) 35ページの「私はこれまで天皇陵をも含めて多くの古墳を見てきたが、そのなかでいちばん美しい古墳を一つえらべといわれたら即座に下侍塚と答えよう。」を指しているのか。
  23. ^ 橋本澄朗「古代の下野」阿部昭・橋本澄朗・千田孝明・大嶽浩良『栃木県の歴史』山川出版社 1998年 6-57ページ
  24. ^ 平家物語による。
  25. ^ 社伝による。
  26. ^ 鎌倉府政庁の公式記録である吾妻鏡による。
  27. ^ 塙静夫著「とちぎの社寺散歩」(下野新聞社発行)ISBN 4-88286-210-7
  28. ^ 武光誠『県民性の日本地図』文藝春秋〈文春新書〉、2001年、79-80頁。ISBN 4-16-660166-0 
  29. ^ 以下の各人口推計は、「日本歴史大事典 4」(小学館 2001年)による。
  30. ^ 藤原哲也(2015年6月16日). “「県民の日」で催し 県庁などにぎわう”. 東京新聞 (中日新聞社)
  31. ^ 労農大衆党員が生産党員と乱闘、三人が死ぬ『東京日日新聞』昭和7年1月10日夕刊(『昭和ニュース事典第4巻 昭和6年-昭和7年』本編p196 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  32. ^ 五百人を検束、五十六人を送検『東京日日新聞』昭和7年1月10日(『昭和ニュース事典第4巻 昭和6年-昭和7年』本編p196 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  33. ^ 双方、小作調停法により調停に応じる『中外商業新報』昭和7年1月12日夕刊(『昭和ニュース事典第4巻 昭和6年-昭和7年』本編p197)
  34. ^ 土浦、減水の後に飢餓の恐怖『東京朝日新聞』(昭和13年7月2日夕刊)『昭和ニュース辞典第6巻 昭和12年-昭和13年』p224
  35. ^ 死者・不明百人越す、関東各地の被害『東京日日新聞』昭和13年9月3日夕刊(『昭和ニュース事典第6巻 昭和12年-昭和13年』本編p224)
  36. ^ <栃木県内の空襲> 焼かれ、撃たれた県民 刻まれた恐怖、悲嘆”. 下野新聞 (2020年). 2022年8月16日閲覧。
  37. ^ 栃木県の県民経済計算
  38. ^ 最新版日本の地理5『関東地方』15頁
  39. ^ 宇都宮牛協会”. 農業王国うつのみや. うつのみやアグリネットワーク運営委員会事務局. 2024年1月13日閲覧。
  40. ^ ④宇都宮の農産物”. 小学校版「宇都宮学」副読本. 宇都宮市教育委員会事務局学校教育課指導グループ. 2024年1月13日閲覧。
  41. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v とちぎの公共交通(令和2(2020)年度版)”. 栃木県生活交通対策協議会 (2021年6月). 2022年3月25日閲覧。
  42. ^ 地上デジタルテレビ放送のエリア(関東広域圏東京親局) (PDF) 総務省 2020年7月15日閲覧。
  43. ^ 栃木県栃木市のコミュニティ放送局に予備免許(総務省関東総合通信局2015年1月28日確認)
  44. ^ イチゴ新品種、甘く大粒 開発7年、王国の主力候補 栃木県”. 下野新聞 (2018年11月15日). 2021年1月2日閲覧。
  45. ^ イチゴ新品種は「とちあいか」 栃木県が開発、名称決定”. 下野新聞 (2020年7月29日). 2021年1月2日閲覧。
  46. ^ とちぎのシンボル(栃木県庁)
  47. ^ a b c 沖縄県名誉県民条例 - 沖縄県、2019年7月28日閲覧。
  48. ^ 人物「明治時代以降」島岡達三 - 栃木県、2019年7月28日閲覧。
  49. ^ 人物「明治時代以降」船村徹 - 栃木県、2019年7月28日閲覧。
  50. ^ 人物「明治時代以降」渡辺貞夫 - 栃木県、2019年7月28日閲覧。



栃木県

出典:『Wiktionary』 (2018/12/14 14:17 UTC 版)

固有名詞

とちぎけん

  1. 関東地方北部にあり、茨城県埼玉県群馬県福島県隣接する地方自治体県庁所在地宇都宮市

「栃木県」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「栃木県」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

栃木県のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
栃木県の温泉情報



栃木県のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの栃木県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの栃木県 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS