コムギとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 穀物 > コムギ > コムギの意味・解説 

こ‐むぎ【小麦】

イネ科一年草。高さ約1メートルは節のある円筒状で、細長く基部を抱く。5月ごろに穂状の花をつけ、実は楕円形で溝があり、熟す褐色になる。西アジア原産で、重要な穀物として世界中栽培多く品種があり、春小麦冬小麦とに大別される。実を主に粉にひいてパンなどの原料にする。まむぎ。パン小麦。《 夏》

小麦の画像

古无歧

読み方:コムギ(komugi

イネ科の一~二年草薬用植物


コムギ

英訳・(英)同義/類義語:triticum, Triticum aestivum

生物の分類で、単子葉植物綱イネ科属する重要な作物種。農業上の重要種であるほか、複数異な異種性のゲノムから構成されていることも知られており、ゲノム解読も進められている。

コムギ

コムギ
科名 イネ科
別名: -
生薬名: ショウバク小麦
漢字表記 小麦
原産 西アジア
用途 世界三大穀物一つで、主食まかなう重要な植物です。中国では種子強壮解熱などに用います。
学名: Triticum aestivum Lam.
   

古无歧

読み方:コムギ(komugi

イネ科の一~二年草薬用植物

学名 Triticum aestivum


小麦

読み方:コムギ(komugi

イネ科の一~二年草薬用植物

学名 Triticum aestivum


小麦

読み方:コムギ(komugi

ムギ一種

季節

分類 植物


コムギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/08 22:00 UTC 版)

コムギ(小麦)はイネ科コムギ属に属する一年草植物。一般的にはパンコムギ学名: Triticum aestivum)を指すが、広義にはクラブコムギ(学名: Triticum compactum)やデュラムコムギ(学名: Triticum durum)などコムギ属(学名: Triticum)の植物全般を指す。世界三大穀物の一つで、パン麺類菓子など様々に調理され、食用にされる。古くから栽培され、世界で最も生産量の多い穀物の一つである。年間生産量は約7.3億トンであり、これはトウモロコシの約10.4億トンには及ばないが、米の約7.4億トンにほぼ近い(2014年)。




注釈

  1. ^ 総輸出量と総輸入量が等しくならないのは、輸送に要する時間が原因である。

出典

  1. ^ 岡田哲(編)『コムギの食文化を知る事典』東京堂出版、2001年、26頁。ISBN 4-4901-0573-8
  2. ^ 小麦の栄養と機能”. 日清製粉グループ. 2020年1月30日閲覧。
  3. ^ 商品情報/小麦ふすま”. 日本製粉. 2018年9月23日閲覧。
  4. ^ “コムギゲノム解読が完了 農研機構など610機関”. 日本経済新聞 朝刊: サイエンス面. (2018年9月16日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35376020U8A910C1MY1000/ 2018年9月23日閲覧。 
  5. ^ a b 吉田宗弘. “うどん類の歴史と分類”. 関西大学. 2020年11月8日閲覧。
  6. ^ 古賀登『両税法成立史の研究』雄山閣、2012年、198頁。ISBN 978-4-6390-2208-4
  7. ^ 南直人『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、54頁。ISBN 4-0625-8123-X
  8. ^ ブリュノ・ロリウー『中世ヨーロッパ 食の生活史』吉田春美(訳)、原書房、2003年、57-58頁。ISBN 4-5620-3687-7
  9. ^ 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫『商業史』有斐閣〈有斐閣双書〉、1980年、123頁。ISBN 4-6410-5617-X
  10. ^ a b 加藤鎌司「コムギが日本に来た道」(所収:佐藤洋一郎(編著)、加藤鎌司(編著)『麦の自然史 人と自然が育んだムギ農耕』北海道大学出版会、2010年、113-115頁。ISBN 978-4-8329-8190-4
  11. ^ 国分牧衛『食用作物』養賢堂、2010年、新訂、145頁。ISBN 978-4-8425-0473-5
  12. ^ FAOSTAT”. FAOSTAT. Food and Agriculture Organization of the United Nations. 2007年10月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年10月20日閲覧。
  13. ^ a b c 矢野恒太記念会(編)『日本国勢図会』矢野恒太記念会、2014年、2014/15年版、164頁。ISBN 978-4-8754-9146-0
  14. ^ 麦の需給に関する見通し (PDF)”. 農林水産省 (2015年3月). 2016年10月19日閲覧。
  15. ^ a b c 宮嶋康彦 (2008年7月31日). “大規模農家の豊かさに隠れた開拓者精神と努力 「たった一晩」で数百万円の損害が出る繊細な作物との格闘”. 日経BP社. http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20080730/166712/ 
  16. ^ 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年12月17日閲覧。
  17. ^ “輸入麦の平成19年10月からの売渡価格について” (プレスリリース), 農林水産省, (2007年8月24日), オリジナルの2008年1月28日時点におけるアーカイブ。, http://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/250942/www.maff.go.jp/www/press/2007/20070824press_2.html 2007年12月21日閲覧。 
  18. ^ 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律の施行に関する件 農林水産省告示第四百五十七号
  19. ^ 農林認定品種データベース”. 農林水産省アグリナレッジ. 農林水産省. 2011年2月24日閲覧。
  20. ^ 麦の品種別作付面積”. 図書館システム. 農林水産省. 2012年9月8日閲覧。
  21. ^ a b c d e Celiac disease”. World Gastroenterology Organisation Global Guidelines (2016年7月). 2016年12月7日閲覧。
  22. ^ a b c Definition and Facts for Celiac Disease”. The National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases, National Institutes of Health, US Department of Health and Human Services, Bethesda, MD (2016年). 2016年12月5日閲覧。
  23. ^ a b “The Oslo definitions for coeliac disease and related terms”. Gut 62 (1): 43–52. (January 2013). doi:10.1136/gutjnl-2011-301346. PMC: 3440559. PMID 22345659. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3440559/. 
  24. ^ “Systematic review: noncoeliac gluten sensitivity”. Aliment Pharmacol Ther 41 (9): 807–20. (May 2015). doi:10.1111/apt.13155. PMID 25753138. 
  25. ^ a b c “Clinical and diagnostic aspects of gluten related disorders”. World J Clin Cases 3 (3): 275–84. (Mar 16, 2015). doi:10.12998/wjcc.v3.i3.275. PMC: 4360499. PMID 25789300. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4360499/. 
  26. ^ “Celiac disease from a global perspective”. Best Pract Res Clin Gastroenterol 29 (3): 365–79. (Jun 2015). doi:10.1016/j.bpg.2015.05.004. PMID 26060103. 
  27. ^ “Spectrum of gluten-related disorders: consensus on new nomenclature and classification”. BMC Medicine 10: 13. (2012). doi:10.1186/1741-7015-10-13. PMC: 3292448. PMID 22313950. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3292448/. 
  28. ^ “Non-celiac gluten sensitivity: questions still to be answered despite increasing awareness”. Cellular and Molecular Immunology 10 (5): 383–392. (2013). doi:10.1038/cmi.2013.28. ISSN 1672-7681. PMC: 4003198. PMID 23934026. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4003198/. 
  29. ^ “Nonceliac gluten sensitivity or wheat intolerance syndrome?”. J Pediatr 166 (4): 805–11. (Apr 2015). doi:10.1016/j.jpeds.2014.12.039. PMID 25662287. "The increase in world-wide consumption of a Mediterranean diet, which includes a wide range of wheat-based foods, has possibly contributed to an alarming rise in the incidence of wheat (gluten?)-related disorders.1, 2" 
  30. ^ a b “Non-celiac gluten sensitivity: questions still to be answered despite increasing awareness”. Cellular & Molecular Immunology 10 (5): 383–92. (September 2013). doi:10.1038/cmi.2013.28. PMC: 4003198. PMID 23934026. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4003198/. 
  31. ^ Belderok B (2000). “Developments in bread-making processes”. Plant Foods Hum Nutr 55 (1): 1–86. doi:10.1023/A:1008199314267. PMID 10823487. 
  32. ^ “Sourdough lactobacilli and celiac disease”. Food Microbiol 24 (2): 187–96. (Apr 2007). doi:10.1016/j.fm.2006.07.014. PMID 17008163. 


「コムギ」の続きの解説一覧



コムギと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コムギ」の関連用語

1
100% |||||

2
78% |||||


4
72% |||||

5
72% |||||

6
72% |||||

7
72% |||||

8
72% |||||



コムギのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コムギのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2020 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2020, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコムギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS