交雑とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 交雑の意味・解説 

こう‐ざつ〔カウ‐〕【交雑】

読み方:こうざつ

[名](スル)

いりまじること。

遺伝的に異な系統・品種などの間で交配を行うこと。「品種改良のために—する」

「交雑」に似た言葉

交雑

同義/類義語:掛け合わせ, 交配
英訳・(英)同義/類義語:crossing, hybridization

遺伝学実験掛け合わせ交配)を行うとき、両親遺伝子型異な場合をさす。

交配

同義/類義語:交雑
英訳・(英)同義/類義語:mating, crossing

厳密に両親遺伝子型異な場合を交雑と呼ぶ

交雑

交配

交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/22 21:02 UTC 版)

交雑(こうざつ)または異種交配(いしゅこうはい)(英語: crossbreed)とは、生物学においては、異なるや異なる亜種の関係にある動物植物を特に人工的に組み合わせて交配させ、繁殖雑種を作ること。




「交雑」の続きの解説一覧

交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:59 UTC 版)

ヤマドリ」の記事における「交雑」の解説

野生状態でキジとの交雑が生じるが、交雑個体対し科学的な分析行った文献記録少なく繁殖力有無等は明かでは無い。

※この「交雑」の解説は、「ヤマドリ」の解説の一部です。
「交雑」を含む「ヤマドリ」の記事については、「ヤマドリ」の概要を参照ください。


交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 02:54 UTC 版)

タンポポ」の記事における「交雑」の解説

在来種各種セイヨウタンポポ基本的に別種ではあるが、細胞中の酵素性質違いアイソザイム)を用いた解析では交雑が起こっていることが報告されている。以下の特徴を持つものが見られる総苞片一部のみ反り返っている。ただし、シロバナタンポポ元よりこの特徴持っているの背が低い(在来種特徴)にもかかわらず総苞片反り返っている(外来種特徴)。 開花時までは在来種当にの背が低く種子綿毛として飛ばす段階になってセイヨウタンポポ相当まで伸ばす

※この「交雑」の解説は、「タンポポ」の解説の一部です。
「交雑」を含む「タンポポ」の記事については、「タンポポ」の概要を参照ください。


交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 07:51 UTC 版)

カルガモ」の記事における「交雑」の解説

日本ではカルガモと、飼育されいたもの野生化したと考えられるマガモマガモアヒル交雑し事例各地報告されている。また、カルガモと、放し飼いアヒルアイガモとの交雑が多く見られるようになっている日本カルガモアヒルとの種間雑種存在しているとされるアヒル原種マガモであり、3代野生放置される飛翔するほどになるが、日本カルガモアヒルと交雑することで、元々は狩猟対象であり、ヒト恐れていたはずのカルガモ前述のようなヒト恐れない行動をとるようになっていったと考えられ都市部カルガモ多くアヒルとの雑種であり、遺伝子汚染進行している。照明の多い都市部では夜間飛翔する個体もある。外形に関する遺伝形質カルガモの方が強いため、見た目カルガモでも性格アヒルに近いものが現れたと分析される

※この「交雑」の解説は、「カルガモ」の解説の一部です。
「交雑」を含む「カルガモ」の記事については、「カルガモ」の概要を参照ください。


交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/23 10:03 UTC 版)

イシイルカ」の記事における「交雑」の解説

Bairedらは、遺伝子解析により、ブリティッシュコロンビア州見つかった胎児イシイルカネズミイルカの交雑によるものであることを明らかにした[BAIRED98]。バンクーバー島の沖において、ネズミイルカ似ており、普通とは異な体色イシイルカ見られるが、その起源イシイルカネズミイルカとの交雑であるという説[要出典]もある。

※この「交雑」の解説は、「イシイルカ」の解説の一部です。
「交雑」を含む「イシイルカ」の記事については、「イシイルカ」の概要を参照ください。


交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 05:05 UTC 版)

オイカワ」の記事における「交雑」の解説

河川改修による平坦化農業用用水取水影響による水量減少のために、もともとは棲み分けをしているオイカワ近縁種ヌマムツ又はカワムツ産卵場所が重なることで、交雑が生じている 。オイカワヌマムツ交雑種オイカワカワムツ交雑種の雄は共に両種の特徴持った婚姻色となる。渡辺昌和氏越辺川支流での観察によるとヌマムツペアオイカワの雄が飛び込んで放精する姿が観察された。これはオイカワカワムツヌマムツ基本的に雌雄1対で産卵を行うがその回りには小型の雄が徘徊し産卵瞬間放精参加するという共通の習性持っており、渡辺氏観察ではヌマムツペアオイカワの雄が放精するパターンのみが観察されオイカワペアヌマムツの雄が放精する逆のパターン観察されなかった。産卵期にはヌマムツの雄は体側縦帯緑色変えるために、オイカワの雄が飛び込む引き金となっているとも考えられている。

※この「交雑」の解説は、「オイカワ」の解説の一部です。
「交雑」を含む「オイカワ」の記事については、「オイカワ」の概要を参照ください。


交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 17:12 UTC 版)

ヌマムツ」の記事における「交雑」の解説

オイカワヌマムツ交雑種発見されている。これは河川改修による平坦化農業用用水取水影響による水量減少のために産卵場所が重なってしまった事が原因考えられる渡辺昌和氏越辺川支流での観察によるとヌマムツペアオイカワの雄が飛び込んで放精する姿が観察された。これはオイカワヌマムツ共に雌雄1対で産卵を行うがその回りには小型の雄が徘徊し産卵瞬間放精参加するとの共通の習性持っており、渡辺氏観察ではヌマムツペアオイカワの雄が放精するパターンのみが観察されオイカワペアヌマムツの雄が放精する逆のパターン観察されなかった。産卵期ヌマムツの雄は体側縦帯緑色変えるために、オイカワの雄が飛び込む引き金となっているとも考えられている。

※この「交雑」の解説は、「ヌマムツ」の解説の一部です。
「交雑」を含む「ヌマムツ」の記事については、「ヌマムツ」の概要を参照ください。


交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/12 08:49 UTC 版)

ナガスクジラ」の記事における「交雑」の解説

1999年1月科学雑誌ネイチャーハーバード研究チーム論文掲載され、その論文のなかで「日本シロナガスクジラの肉が売られている」と報告された。その根拠になったのは、大阪販売されていた鯨肉から絶滅寸前シロナガスクジラ遺伝子検出されたことであった。この報告により、国際学会騒然となった。 これは後にナガスクジラシロナガスクジラとの交雑個体であった事が判明する資料によってナガスクジラとして調査捕鯨で獲られたという記述もある。)

※この「交雑」の解説は、「ナガスクジラ」の解説の一部です。
「交雑」を含む「ナガスクジラ」の記事については、「ナガスクジラ」の概要を参照ください。


交雑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:49 UTC 版)

イトヨ」の記事における「交雑」の解説

岩手県大槌町では東日本大震災による津波引き波淡水イトヨが川の下流運ばれ春に海から遡上してきたニホンイトヨと自然交雑している。

※この「交雑」の解説は、「イトヨ」の解説の一部です。
「交雑」を含む「イトヨ」の記事については、「イトヨ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「交雑」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

交雑

出典:『Wiktionary』 (2021/10/23 08:56 UTC 版)

発音

名詞

(こうざつ)

  1. (生物学) 遺伝的に異なる系統品種の間の交配

動詞

活用


「交雑」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



交雑と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「交雑」の関連用語

交雑のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



交雑のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Park TownPark Town
(C)ParkTown H&M
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交雑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヤマドリ (改訂履歴)、タンポポ (改訂履歴)、カルガモ (改訂履歴)、イシイルカ (改訂履歴)、オイカワ (改訂履歴)、ヌマムツ (改訂履歴)、ナガスクジラ (改訂履歴)、イトヨ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの交雑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS