野生とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 植物学 > 野生 > 野生の意味・解説 

野生

読み方:やせい

(1)動植物が、人間の手加えられることなく自生していることを意味する語。
(2)誰にも教えられることなく体得しているさま、または自然そのままで荒々しいさまを表す語。例としては「野生の勘」「野性味溢れる」などがある。
(3)アマチュアであり、一般人中にまぎれながらもプロ比肩する何かをもつ人を意味する語。例えば「野生の」の後に有名芸能人の名前がくる場合一般人ありながらその有名人そっくりである人、劣らない技術をもつ人などを指す。

や‐せい【野生】

読み方:やせい

【一】[名](スル)

動植物自然に山野生育すること。「―の

「そら色の朝顔が―していた」〈寅彦・旅日記から〉

人が教育などによって整えられたりせず自然のままの状態で育つこと。

【二】[代]一人称人代名詞男子自分へりくだっていう語。近世多用される。〈書言字考節用集


野生

作者高橋三千綱

収載図書昭和文学全集 32 中短編小説集
出版社小学館
刊行年月1989.8


自然

(野生 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 03:40 UTC 版)

自然(しぜん、: φύσις : natura : nature)について解説する。


  1. ^ 生物としてのヒトは人工物ではない、という考え方より。
  2. ^ ガリレオの著作 Il Saggiatore のタイトルの日本語での訳語は全然定まっておらず、『自然計量者』『黄金計量者』『贋金鑑識官』等々である。なおIl Saggiatoreとは、そもそもは比重などの値を調べることで本物の黄金と偽物の黄金を見分ける仕事をする人のことである。
  3. ^ 外国語文献の翻訳を読む際には「本性」の含みがないか常に留意すべきである[要出典]。例えば「自然と人為」などという対比にぶつかった時、そこでの人為には単に「自然物に対して手が加えられた」という意味だけでなく「人為によって本性が捻じ曲げられた」というニュアンスが含まれているかもしれない[要出典]
  4. ^ 日本語で言う自然科学は、scienceとだけ呼ばれることがあり、わざわざ自然という分類を強調しない[要出典]。物理か、生物か、社会かなど確率・分布などの科学的な分類による。いずれにしても、言葉の包含関係を確認することが大事である。自然という言葉が何を含み、何を含まないかを確認するとよい。
  5. ^ 生命の起源を巡る諸説に関しては、どれも完全な証拠もなく、そのとおりに実験室で再現できたこともない。各説とも憶測の組み合わせであって、未解決。

出典

  1. ^ Droz, Layna; Chen, Hsun-Mei; Chu, Hung-Tao; Fajrini, Rika; Imbong, Jerry; Jannel, Romaric; Komatsubara, Orika; Lagasca-Hiloma, Concordia Marie A. et al. (2022-05-31). “Exploring the diversity of conceptualizations of nature in East and South-East Asia” (英語). Humanities and Social Sciences Communications 9 (1): 1–12. doi:10.1057/s41599-022-01186-5. ISSN 2662-9992. https://www.nature.com/articles/s41599-022-01186-5. 
  2. ^ Felix Heinimann, Nomos und Physis. ISBN 978-3534034154.
    F・ハイニマン『ノモスとピュシス』広川洋一・玉井治・矢内光一訳、みすず書房,1983年
  3. ^ カール・ラインハルトドイツ語版英語版の説。ハイニマン前掲書,p2、p.52
  4. ^ ハイニマン前掲書,p105
  5. ^ 同書p113,p127
  6. ^ 同書p128
  7. ^ a b 岩波『哲学・思想 辞典』
  8. ^ a b c d e f 村上陽一郎『奇跡を考える』岩波書店、p.133-138
  9. ^ 村上陽一郎『奇跡を考える』岩波書店、p.133-150
  10. ^ 沼田真『自然保護という思想』岩波書店〈岩波新書〉、1994年、ISBN 978-4004303275
  11. ^ 三省堂 大辞林 第三版 - Weblio辞書
  12. ^ a b 松本紹圭 (2013年10月17日). “すべての仕事は道に通ずる(仏教と経営 第7回)”. ハフィントンポスト日本版. ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン. 2015年12月2日閲覧。
  13. ^ World Climates”. Blue Planet Biomes. 2006年9月21日閲覧。
  14. ^ Calculations favor reducing atmosphere for early Earth”. Science Daily (2005年9月11日). 2007年1月6日閲覧。
  15. ^ Past Climate Change”. U.S. Environmental Protection Agency. 2007年1月7日閲覧。
  16. ^ Hugh Anderson, Bernard Walter (1997年3月28日). “History of Climate Change”. NASA. 2007年1月7日閲覧。
  17. ^ Weart, Spencer (2006年6月). “The Discovery of Global Warming”. American Institute of Physics. 2007年1月7日閲覧。
  18. ^ Margulis, Lynn; Dorian Sagan (1995). What is Life?. New York: Simon & Schuster. ISBN 0684813262 
  19. ^ Dalrymple, G. Brent (1991). The Age of the Earth. Stanford: Stanford University Press. ISBN 0-8047-1569-6 
  20. ^ Morbidelli, A.; et al. (2000). “Source Regions and Time Scales for the Delivery of Water to Earth”. Meteoritics & Planetary Science 35 (6): 1309–1320. doi:10.1111/j.1945-5100.2000.tb01518.x. http://adsabs.harvard.edu/abs/2000M&PS...35.1309M. 
  21. ^ “Earth's Oldest Mineral Grains Suggest an Early Start for Life”. NASA Astrobilogy Institute. (2001年12月24日). http://nai.arc.nasa.gov/news_stories/news_detail.cfm?ID=76 2006年5月24日閲覧。 
  22. ^ Murphy, J.B.; R.D. Nance (2004). “How do supercontinents assemble?”. American Scientist 92 (4): 324. doi:10.1511/2004.4.324. http://www.americanscientist.org/issues/page2/how-do-supercontinents-assemble. 
  23. ^ Kirschvink, J.L. (1992). “Late Proterozoic Low-Latitude Global Glaciation: The Snowball Earth”. In J.W. Schopf, C. Klein eds.. The Proterozoic Biosphere. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 51–52. ISBN 0-521-36615-1. http://www.gps.caltech.edu/~jkirschvink/pdfs/firstsnowball.pdf 
  24. ^ Raup, David M.; J. John Sepkoski Jr. (March 1982). “Mass extinctions in the marine fossil record”. Science 215 (4539): 1501. doi:10.1126/science.215.4539.1501. PMID 17788674. 
  25. ^ Margulis, Lynn; Dorian Sagan (1995). What is Life?. New York: Simon & Schuster. pp. 145. ISBN 0-684-81326-2 
  26. ^ Margulis, Lynn; Dorian Sagan (1995). What is Life?. New York: Simon & Schuster. ISBN 0-684-81326-2 
  27. ^ Diamond J; Ashmole, N. P.; Purves, P. E. (1989). “The present, past and future of human-caused extinctions”. Philos Trans R Soc Lond B Biol Sci 325 (1228): 469–76; discussion 476–7. doi:10.1098/rstb.1989.0100. PMID 2574887. 
  28. ^ Novacek M, Cleland E (2001). “The current biodiversity extinction event: scenarios for mitigation and recovery”. Proc Natl Acad Sci USA 98 (10): 1029. doi:10.1073/pnas.091093698. PMC 33235. PMID 11344295. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC33235/. 
  29. ^ "The mid-Holocene extinction of silver fir (Abies alba) in the ..." pdf
  30. ^ See, e.g. The Holocene Mass Extinction?, Mass Extinctions Of The Phanerozoic Menu, Patterns of Extinction
  31. ^ Ideal Gases under Constant Volume, Constant Pressure, Constant Temperature, & Adiabatic Conditions”. NASA. 2007年1月7日閲覧。
  32. ^ Pelletier, Jon D. (2002). “Natural variability of atmospheric temperatures and geomagnetic intensity over a wide range of time scales”. Proceedings of the National Academy of Sciences 99: 2546–2553. doi:10.1073/pnas.022582599. PMC 128574. PMID 11875208. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC128574/. 
  33. ^ “Tropical Ocean Warming Drives Recent Northern Hemisphere Climate Change”. Science Daily. (2001年4月6日). http://www.sciencedaily.com/releases/2001/04/010406073554.htm 2006年5月24日閲覧。 
  34. ^ Water for Life, 2005-2015 United Nations
  35. ^ CIA- The world fact book”. Central Intelligence Agency. 2008年12月20日閲覧。
  36. ^ Vital Water UNEP.
  37. ^ "Distribution of land and water on the planet". UN Atlas of the Oceans
  38. ^ Spilhaus, Athelstan F. 1942 (Jul.). "Maps of the whole world ocean." Geographical Review (American Geographical Society). Vol. 32 (3): pp. 431-5.
  39. ^ Brittanica online. “Lake (physical feature)”. 2008年6月25日閲覧。 “[a Lake is] any relatively large body of slowly moving or standing water that occupies an inland basin of appreciable size. Definitions that precisely distinguish lakes, ponds, swamps, and even rivers and other bodies of nonoceanic water are not well established. It may be said, however, that rivers and streams are relatively fast moving; marshes and swamps contain relatively large quantities of grasses, trees, or shrubs; and ponds are relatively small in comparison to lakes. Geologically defined, lakes are temporary bodies of water.”
  40. ^ Dictionary.com definition”. 2008年6月25日閲覧。 “a body of fresh or salt water of considerable size, surrounded by land.”
  41. ^ River {definition} from Merriam-Webster. Accessed February 2010.
  42. ^ Adams, C.E. (1994). “The fish community of Loch Lomond, Scotland : its history and rapidly changing status”. Hydrobiologia 290 (1-3): 91–102. doi:10.1007/BF00008956. http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=3302548. 
  43. ^ Pidwirny, Michael (2006年). “Introduction to the Biosphere: Introduction to the Ecosystem Concept”. Fundamentals of Physical Geography (2nd Edition). 2006年9月28日閲覧。
  44. ^ Odum, EP (1971) Fundamentals of ecology, third edition, Saunders New York
  45. ^ Pidwirny, Michael (2006年). “Introduction to the Biosphere: Organization of Life”. Fundamentals of Physical Geography (2nd Edition). 2006年9月28日閲覧。
  46. ^ Bailey, Robert G. (April 2004). “Identifying Ecoregion Boundaries” (PDF). Environmental Management 34 (Supplement 1): S14. doi:10.1007/s00267-003-0163-6. PMID 15883869. http://www.fs.fed.us/institute/news_info/Identifying_ecoregion_boundaries.pdf. 
  47. ^ No Man's Garden by Daniel B. Botkin p155-157
  48. ^ Definition of Life”. California Academy of Sciences (2006年). 2007年1月7日閲覧。
  49. ^ Leckie, Stephen (1999). “How Meat-centred Eating Patterns Affect Food Security and the Environment”. For hunger-proof cities : sustainable urban food systems. Ottawa: International Development Research Centre. ISBN 0-88936-882-1. http://www.idrc.ca/en/ev-30610-201-1-DO_TOPIC.html 
  50. ^ Sengbusch, Peter V.. “The Flow of Energy in Ecosystems - Productivity, Food Chain, and Trophic Level”. Botany online. University of Hamburg Department of Biology. 2006年9月23日閲覧。
  51. ^ Pidwirny, Michael (2006年). “Introduction to the Biosphere: Species Diversity and Biodiversity”. Fundamentals of Physical Geography (2nd Edition). 2006年9月23日閲覧。
  52. ^ How Many Species are There?”. Extinction Web Page Class Notes. 2006年9月23日閲覧。
  53. ^ "Animal." World Book Encyclopedia. 16 vols. Chicago: World Book, 2003. This source gives an estimate of from 2 to 50 million.
  54. ^ Just How Many Species Are There, Anyway?”. Science Daily (2003年5月). 2006年9月26日閲覧。
  55. ^ Withers, Mark A.; et al. (1998年). “Changing Patterns in the Number of Species in North American Floras”. Land Use History of North America. 2006年9月26日閲覧。 このウェブサイトは次の書籍に基づいている
    Sisk, T.D., ed., ed (1998). Perspectives on the land use history of North America: a context for understanding our changing environment (Revised September 1999 ed.). U.S. Geological Survey, Biological Resources Division. USGS/BRD/BSR-1998-0003 
  56. ^ Tropical Scientists Find Fewer Species Than Expected”. Science Daily (2002年4月). 2006年9月27日閲覧。
  57. ^ Bunker, Daniel E.; et al. (November 2005). “Species Loss and Aboveground Carbon Storage in a Tropical Forest”. Science 310 (5750): 1029–31. doi:10.1126/science.1117682. PMID 16239439. http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/310/5750/1029. 
  58. ^ Wilcox, Bruce A. (March 2006). “Amphibian Decline: More Support for Biocomplexity as a Research Paradigm”. EcoHealth 3 (1): 1. doi:10.1007/s10393-005-0013-5. http://www.springerlink.com/content/810227460032m460/. 
  59. ^ Clarke, Robin, Robert Lamb, Dilys Roe Ward eds., ed (2002). “Decline and loss of species”. Global environment outlook 3 : past, present and future perspectives. London; Sterling, VA: Nairobi, Kenya : UNEP. ISBN 92-807-2087-2. http://www.grida.no/geo/geo3/english/221.htm 
  60. ^ Why the Amazon Rainforest is So Rich in Species NASA
  61. ^ Why The Amazon Rainforest Is So Rich In Species Science Daily
  62. ^ a b Line M (1 January 2002). “The enigma of the origin of life and its timing”. Microbiology 148 (Pt 1): 21–7. PMID 11782495. http://mic.sgmjournals.org/cgi/content/full/148/1/21?view=long&pmid=11782495. 
  63. ^ Berkner, L. V.; L. C. Marshall (May 1965). “On the Origin and Rise of Oxygen Concentration in the Earth's Atmosphere”. Journal of the Atmospheric Sciences 22 (3): 225–261. doi:10.1175/1520-0469(1965)022<0225:OTOARO>2.0.CO;2. http://ams.allenpress.com/perlserv/?request=get-abstract&doi=10.1175%2F1520-0469(1965)022%3C0225:OTOARO%3E2.0.CO%3B2. 
  64. ^ Schopf J (1994). “Disparate rates, differing fates: tempo and mode of evolution changed from the Precambrian to the Phanerozoic.” (PDF). Proc Natl Acad Sci USA 91 (15): S14. doi:10.1073/pnas.91.15.6735. PMC 44277. PMID 8041691. http://www.pubmedcentral.nih.gov/picrender.fcgi?artid=44277&blobtype=pdf. 
  65. ^ Szewzyk U, Szewzyk R, Stenström T (1994). “Thermophilic, anaerobic bacteria isolated from a deep borehole in granite in Sweden.”. Proc Natl Acad Sci USA 91 (5): 1810–3. doi:10.1073/pnas.91.5.1810. PMC 43253. PMID 11607462. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC43253/. 
  66. ^ Wolska K (2003). “Horizontal DNA transfer between bacteria in the environment.”. Acta Microbiol Pol 52 (3): 233–43. PMID 14743976. 
  67. ^ Horneck G (1981). “Survival of microorganisms in space: a review.”. Adv Space Res 1 (14): 39–48. doi:10.1016/0273-1177(81)90241-6. PMID 11541716. 
  68. ^ flora”. Merriam-Webster Online Dictionary. Merriam-Webster. 2006年9月27日閲覧。
  69. ^ “Glossary”. Status and Trends of the Nation's Biological Resources. Reston, VA: Department of the Interior, Geological Survey. (1998). SuDocs No. I 19.202:ST 1/V.1-2 
  70. ^ Plant Conservation Alliance - Medicinal Plant Working Groups Green Medicine”. US National Park Services. 2006年9月23日閲覧。
  71. ^ Oosthoek, Jan (1999年). “Environmental History: Between Science & Philosophy”. Environmental History Resources. 2006年12月1日閲覧。
  72. ^ “Feedback Loops In Global Climate Change Point To A Very Hot 21st Century”. Science Daily. (2006年5月22日). http://www.lbl.gov/Science-Articles/Archive/ESD-feedback-loops.html 2007年1月7日閲覧。 
  73. ^ ラルフ・ワルド・エマーソンがこの主題について分析したもの: Emerson, Ralph Waldo (1849). “Beauty”. Nature; Addresses and Lectures. http://www.emersoncentral.com/beauty.htm 
  74. ^ History of Conservation BC Spaces for Nature. Accessed: May 20, 2006.
  75. ^ Some Theories Win, Some Lose”. WMAP Mission: First Year Results. NASA. 29 2006閲覧。
  76. ^ Taylor, Barry N. (1971年). “Introduction to the constants for nonexperts”. National Institute of Standards and Technology. 2007年1月7日閲覧。
  77. ^ D. A. Varshalovich, A. Y. Potekhin, A. V. Ivanchik (2000). “Testing cosmological variability of fundamental constants”. AIP Conference Proceedings 506: 503. doi:10.1063/1.1302777. http://arxiv.org/abs/physics/0004062. 
  78. ^ Bibring, J; Langevin Y, Mustard J, Poulet F, Arvidson R, Gendrin A, Gondet B, Mangold N, Pinet P, Forget F, Berthé M, Bibring J, Gendrin A, Gomez C, Gondet B, Jouglet D, Poulet F, Soufflot A, Vincendon M, Combes M, Drossart P, Encrenaz T, Fouchet T, Merchiorri R, Belluci G, Altieri F, Formisano V, Capaccioni F, Cerroni P, Coradini A, Fonti S, Korablev O, Kottsov V, Ignatiev N, Moroz V, Titov D, Zasova L, Loiseau D, Mangold N, Pinet P, Douté S, Schmitt B, Sotin C, Hauber E, Hoffmann H, Jaumann R, Keller U, Arvidson R, Mustard J, Duxbury T, Forget F, Neukum G (2006). “Global mineralogical and aqueous mars history derived from OMEGA/Mars Express data”. Science 312 (5772): 400–4. doi:10.1126/science.1122659. PMID 16627738. 
  79. ^ Malik, Tariq (2005年3月8日). “Hunt for Mars life should go underground”. The Brown University News Bureau. 2006年9月4日閲覧。
  80. ^ Scott Turner (1998年3月2日). “Detailed Images From Europa Point To Slush Below Surface”. The Brown University News Bureau. 2006年9月28日閲覧。


「自然」の続きの解説一覧

野生(アニマル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/08 09:13 UTC 版)

マイアニマル」の記事における「野生(アニマル)」の解説

人間の欲望具現化した存在動物の形をしている。形は本人親近感感じている動物形になる事が多く自覚あるかどうかは関係無く無意識に徐々に形が定まっていき、形が定まった後に感情抑えていると表に出てくる(もともと形定まっている人や、早い段階で形が定まる人もいる)。野生が逃げ出したり、強制的に抜かれると、人は無気力になってしまう。

※この「野生(アニマル)」の解説は、「マイアニマル」の解説の一部です。
「野生(アニマル)」を含む「マイアニマル」の記事については、「マイアニマル」の概要を参照ください。


野生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 00:23 UTC 版)

ソルウェー湾」の記事における「野生」の解説

水辺一般的に穏やかである干潟地域にしばしば流砂危険な場所できることのぞけば知られている災害もない。外部からの観光客には、慣れたガイド案内なしに散策するのは勧められないイギリス国防省は、1999年にダンドレナン・レンジの兵器試験場からソルウェー湾流出した6,350以上の劣化ウラン弾による汚染報告している。近隣アイリッシュ海は、近郊原子力施設セラフィールドからによる放射能汚染経験している750平方キロメートル以上の一帯スコットランド国立自然保護地域となっている。

※この「野生」の解説は、「ソルウェー湾」の解説の一部です。
「野生」を含む「ソルウェー湾」の記事については、「ソルウェー湾」の概要を参照ください。


野生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 23:27 UTC 版)

イノブタ」の記事における「野生」の解説

野生のイノブタは、ユーラシア南北アメリカオーストラリアヨーロッパなどに分布する家畜の豚が脱走し野生化し、イノシシ交配することで発生する交配率は様々で、よりイノシシ寄りイノブタ、より豚寄りイノブタまで様々であるオーストラリア北米では、スポーツ狩猟のために野生のイノシシイノブタ輸入されたことに伴い数多の野生イノブタ繁殖することになったオーストラリア米国一部地域ブラジル一部地域などでは、野生のイノブタ増えすぎて害獣見なされるレベルにまで達しており、個体数減ら目的狩猟が行われている。

※この「野生」の解説は、「イノブタ」の解説の一部です。
「野生」を含む「イノブタ」の記事については、「イノブタ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「野生」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

野生

出典:『Wiktionary』 (2021/06/27 09:11 UTC 版)

この単語漢字

第二学年
せい
第一学年
音読み 音読み

名詞

(やせい)

  1. 山野自然育つこと。

発音

動詞

活用

代名詞

野 生(やせい)

  1. 自分謙称

発音


「野生」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



野生と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野生」の関連用語

野生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



野生のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自然 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイアニマル (改訂履歴)、ソルウェー湾 (改訂履歴)、イノブタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの野生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS