木星とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 宇宙 > > 木星の意味・解説 

木星

読み方:もくせい
英語:Jupiter

木星(英:Jupiter)とは、太陽系内側か5番目の惑星のこと。太陽系の中で1番大きく質量最大惑星である。衛星総数79個で、太陽系の惑星の中で最も多い。

太陽からの距離は約7億7800キロメートル地球からの距離は、軌道により異なるため一定ではないが、だいたい約6億〜9億kmほど。木星の質量地球の約318倍あり、重力地球の約2.3倍にも及ぶ。「大赤斑」と呼ばれる高気圧性の巨大な渦があることが特徴のひとつである。

木星には地球のように固い地面がなく、水素ヘリウムなどのガス大量に集まって形を成している。そのため木星は「巨大ガス惑星」と呼ばれることもある。固い地面のある惑星を「地球型惑星」と呼び、木星や土星のように巨大な惑星を「木星型惑星」と呼ぶ。

ヨーロッパでローマ神話主神ユピテル(別名:ジュピター)の名前で呼ばれる日本語名は、古代中国からある「この世すべての物は、木・火・土・金・水5つ元素から成り立っている」という考え方を指す「五行説」からきている。

1660年代ジョヴァンニ・カッシーニ望遠鏡用いて観測行い、木星表面の斑や多彩な帯を発見した。さらに、惑星全体方向つぶれた扁平状であることも視認した。木星を特徴づける大赤斑は、1664年ロバート・フック発見したとも、1665年カッシーニ発見したとも言われている。 

木星

大きいながらもすばやく自転する惑星、木星について

太陽系中でもっとも大きな惑星(わくせい)が木星です。直径地球の約11倍、体積は約1,300倍もあります。しかし、重さ地球の約318倍しかなく、大きいけれど、軽い惑星であることがわかります。木星は火星よりもさらに地球外側をまわり、地球から太陽までの距離の5倍ほどの大きな半径をもつ軌道(きどう)の上まわってます。太陽のまわりひとまわりする公転は約12年ですが、大きなわりに約10時間という速さ自転します。木星は水素ヘリウムからできているため、地球のようにかたい地面はありません。

太陽系最大の惑星・木星。大気のようすが縞(しま)もようとなって見えます。
太陽系最大惑星・木星。大気のようすが縞(しま)もようとなって見えます

水素やヘリウムのガスからできている地面のない木星

木星は、地球金星火星などの岩や金属からできている惑星はちがい水素ヘリウムガスからできています。地球のような硬い地面がないので、大気との境ははっきりしませんが、いちばん外側厚さ1,000kmほどの大気の層、そこから2万km下にいくと液体水素の層があり、その下には圧力が3気圧もある液体金属水素の層が続いてます。中心にある温度が3以上もあり、金属岩石などで構成されています。

巨大なガスのかたまりの木星
巨大なガスかたまりの木星

木星の赤い斑点は台風のようなもの

地球からも見える木星の縞(しま)もようと赤い斑点。この赤い斑点は「大赤斑(だいせきはん)」と呼ばれ、木星のもようのなかでもとくに有名です。これは17世紀フランス天文学者カッシーニよって発見されてから、300年以上も存在しているものです。大きさ地球3つ分もあり、木星をとりまくによってつくられ地球台風ハリケーン似た現象だといわれています。これは1977年打ち上げられボイジャー観測わかったものです。大赤斑時速100kmで左まきにうずまいています。

約300年も前から確認されている大赤斑のクローズアップ
300年も前から確認されている大赤斑クローズアップ

活火山をもつ地球以外の星が木星の衛星イオ

今から約390年前の1610年ガリレオ・ガリレイによって木星に4つ衛星発見されました。それらは木星に近い順にイオエウロパガニメデカリスト名づけられ、この4つガリレオ衛星いいますなかでもいちばん木星に近いイオは月と同じくらいの大きさで、硫黄(いおう)と二酸化炭素でできていて、地球以外の天体初め活火山発見されました。また、エウロパ地表をおおう氷の下には、液体の海があることを示す証拠発見されています。

木星と4大衛星(合成)。手前から、ガニメデ、カリスト、エウロパ、イオ。
木星と4大衛星(合成)。手前から、ガニメデカリストエウロパイオ

エウロパに接近し、氷のうねをとらえたガリレオ

1998年3月2日NASAブラウン大学研究チームは、ガリレオ1997年12月木星の衛星エウロパに最接近した際に撮影した画像公表しました。それには、隆起した氷のうねが縦横に走る様子などがくっきりとらえられいましたエウロパ表面氷点下160低温ですが、地表を覆う氷の下には海があり、生命はぐくんでいる可能性があるとされています。このとき発表され一連の画像は、こうした仮説裏付ける有力な証拠になるといわれましたガリレオとらえたエウロパ赤道付近は、2列1組となった氷のうねが複雑に交錯しており、うねの幅は大きいもので1km前後あります。このほか、氷どうしがぶつかったり、氷のうねが切断されたりしている地域ありました

ガリレオがとらえた木星の衛星エウロパの地表
ガリレオとらえた木星の衛星エウロパ地表

エウロパにあった含水塩と海水は生命の存在を推測させる

NASAジェット推進研究所などの研究チームは、ガリレオ観測により、エウロパ含んだ塩類(含水塩炭酸カルシウム硫酸マグネシウム)が存在することを、科学誌サイエンス」(1998年5月発売)に発表しました。この含水塩発見で、氷の下に液体海水存在する可能性高まりました研究チームは「地球同じように、エウロパ海底では火山熱水活動で、生命必要な塩類放出されているかもしれない」と推測してます。NASAは、1999年まで観測続けガリレオ続きエウロパ周回する探査機打ち上げる計画立ててます。これは2008年打上げ2010年に木星に到達し、さらに2011年からエウロパを主に探査するという計画です。

21年ぶりに見つかった木星の17番目の月

木星は、太陽系の中で最も大きな惑星で、多く衛星をもってます。最初に見つかったのは、1610年ガリレオ発見したイオエウロパガニメデカリストという4つ大きな衛星です。1977年打ち上げられボイジャー1号が、これらの撮影成功しましたまた、同じ年に打ち上げられボイジャー2号によって、衛星16個あることがわかりました
2000年7月アリゾナ大学スミソニアン宇宙物理センターチームが木星の17番目の月を発見した発表しました。同グループ前年10月11月行った観測で、この天体小惑星だと考えたのですが、のちに、天体軌道小惑星としては例外的なことがわかり、コンピューターによる軌道計算衛星だという可能性確認しました。木星の新し衛星見つかったのは、1979年以来21年ぶりです。

木星と、ガリレオ・ガリレイが発見したイオ、エウロパ、ガニメデ、カリストの4つ大きな衛星(イメージ)
木星と、ガリレオ・ガリレイ発見したイオエウロパガニメデカリスト4つ大きな衛星(イメージ)

直径わずか4.8km、太陽系の衛星の中では最小

新しくみつかった17番目の衛星は、木星から2,400km離れた位置を、約2年軌道周期回ってます。衛星直径は4.8kmしかなく、太陽系の惑星周回する衛星としては一番小さいものだと考えられています。これまで発見されているアケンナ、カルメパシファエ、シノーベの4つ衛星からなる最も外側グループ属しますが、これらの衛星は、他の12衛星とは逆の方向に木星を回ってます。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/13 00:15 UTC 版)

木星(もくせい、英語: Jupiter)は太陽系にある惑星の1つで、内側から5番目の公転軌道を周回している第5惑星である[2]。太陽系の中で大きさ、質量ともに最大の惑星である[7]


注釈

  1. ^ 使用例:“IAUC 2844: Jupiter; 1975h”. International Astronomical Union. (1975年10月1日). http://cbat.eps.harvard.edu/iauc/02800/02844.html 2010年10月24日閲覧。 Query Results from the Astronomy Database”. Smithsonian/NASA. 2007年7月29日閲覧。

出典

  1. ^ 天文年鑑2008年版より
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 金光理. “木星に関する事実”. 福岡教育大学教育学部. 2011年5月5日閲覧。
  3. ^ Seidelmann, P. Kenneth; Archinal, B. A.; A’Hearn, M. F.; et al. (2007). “Report of the IAU/IAGWorking Group on cartographic coordinates and rotational elements: 2006” (英語). Celestial Mechanics and Dynamical Astronomy 90 (3): 155–180. doi:10.1007/s10569-007-9072-y. https://adsabs.harvard.edu/doi/10.1007/s10569-007-9072-y 2011年5月5日閲覧。. 
  4. ^ a b c d e f Refers to the level of 1 bar atmospheric pressure
  5. ^ a b c d e f g h i j Williams, Dr. David R. (2004年11月16日). “Jupiter Fact Sheet”. NASA. 2011年5月1日閲覧。
  6. ^ Seidelmann, P. K.; Abalakin, V. K.; Bursa, M.; Davies, M. E.; de Burgh, C.; Lieske, J. H.; Oberst, J.; Simon, J. L.; Standish, E. M.; Stooke, P.; Thomas, P. C. (2001年). “Report of the IAU/IAG Working Group on Cartographic Coordinates and Rotational Elements of the Planets and Satellites: 2000” (英語). HNSKY Planetarium Program. 2011年5月5日閲覧。
  7. ^ a b c ニュートン (別2009)、pp. 24–25、惑星の密度と種類
  8. ^ ニュートン (別2009)、pp. 18–19、太陽系の構成員
  9. ^ Stuart Ross Taylor (2001). Solar system evolution: a new perspective : an inquiry into the chemical composition, origin, and evolution of the solar system (2nd, illus., revised ed.). Cambridge University Press. p. 208. ISBN 0-521-64130-6 
  10. ^ ニュートン (別2009)、pp.26-27、惑星の密度と種類
  11. ^ Michtchenko, T. A.; Ferraz-Mello, S. (February 2001). “Modeling the 5 : 2 Mean-Motion Resonance in the Jupiter–Saturn Planetary System”. Icarus 149 (2): 77–115. doi:10.1006/icar.2000.6539. 
  12. ^ Interplanetary Seasons” (英語). Science@NASA. 2011年5月5日閲覧。
  13. ^ a b Lang, Kenneth R. (2003年). “Jupiter: a giant primitive planet” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  14. ^ 木星の概要”. 独立行政法人科学技術振興機構. 2011年5月5日閲覧。
  15. ^ Ridpath, Ian (1998). Norton's Star Atlas (19th ed.). Prentice Hall. ISBN 0-582-35655-5 
  16. ^ 福江純. “天体の流体力学 14 回転星の大気構造” (PDF). 大阪教育大学. 2011年4月29日閲覧。
  17. ^ Herbst, T. M.; Rix, H.-W. (1999). Guenther, Eike; Stecklum, Bringfried; Klose, Sylvio. ed. Star Formation and Extrasolar Planet Studies with Near-Infrared Interferometry on the LBT. San Francisco, Calif.: Astronomical Society of the Pacific. pp. 341–350. Bibcode1999ASPC..188..341H. ISBN 1-58381-014-5 
  18. ^ MacDougal, Douglas W. (2012). “A Binary System Close to Home: How the Moon and Earth Orbit Each Other” (英語). Newton's Gravity. Undergraduate Lecture Notes in Physics. Springer New York. pp. 193–211. doi:10.1007/978-1-4614-5444-1_10. ISBN 978-1-4614-5443-4. "the barycenter is 743,000 km from the center of the sun. The Sun's radius is 696,000 km, so it is 47,000 km above the surface." 
  19. ^ 暦Wiki/惑星/太陽系重心 - 国立天文台暦計算室”. 暦計算室. 国立天文台. 2020年4月24日閲覧。
  20. ^ a b c d e f Burgess, Eric (1982). By Jupiter: Odysseys to a Giant. New York: Columbia University Press. ISBN 0-231-05176-X 
  21. ^ Shu, Frank H. (1982). The physical universe: an introduction to astronomy. Series of books in astronomy (12th ed.). University Science Books. p. 426. ISBN 0-935702-05-9 
  22. ^ Davis, Andrew M.; Turekian, Karl K. (2005). Meteorites, comets, and planets. Treatise on geochemistry,. 1. Elsevier. p. 624. ISBN 0-08-044720-1 
  23. ^ Jean Schneider (2011年). “The Extrasolar Planets Encyclopedia: Interactive Catalogue” (英語). Paris Observatory. 2011年5月5日閲覧。
  24. ^ a b Seager, S.; Kuchner, M.; Hier-Majumder, C. A.; Militzer, B. (2007). “Mass-Radius Relationships for Solid Exoplanets”. The Astrophysical Journal 669 (2): 1279–1297. arXiv:0707.2895. doi:10.1086/521346. 
  25. ^ Guillot, Tristan (1999). “Interiors of Giant Planets Inside and Outside the Solar System”. Science 286 (5437): 72–77. doi:10.1126/science.286.5437.72. PMID 10506563. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/286/5437/72 2007年8月28日閲覧。. 
  26. ^ a b 木星は太陽になりそこねたって本当ですか?”. 国立科学博物館. 2011年4月24日閲覧。
  27. ^ Burrows, A.; Hubbard, W. B.; Saumon, D.; Lunine, J. I. (1993). “An expanded set of brown dwarf and very low mass star models”. Astrophysical Journal 406 (1): 158–71. Bibcode1993ApJ...406..158B. doi:10.1086/172427. 
  28. ^ Queloz, Didier (2002年11月19日). “VLT Interferometer Measures the Size of Proxima Centauri and Other Nearby Stars” (英語). European Southern Observatory. http://www.eso.org/outreach/press-rel/pr-2002/pr-22-02.html 2011年5月5日閲覧。 
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m Elkins-Tanton, Linda T. (2006). Jupiter and Saturn. New York: Chelsea House. ISBN 0-8160-5196-8 
  30. ^ a b c d Guillot, T.; Stevenson, D. J.; Hubbard, W. B.; Saumon, D. (2004). “Chapter 3: The Interior of Jupiter”. In Bagenal, F.; Dowling, T. E.; McKinnon, W. B. Jupiter: The Planet, Satellites and Magnetosphere. Cambridge University Press. ISBN 0-521-81808-7. http://web.gps.caltech.edu/faculty/stevenson/pdfs/guillot_etal'04.pdf 
  31. ^ Bodenheimer, P. (1974). “Calculations of the early evolution of Jupiter”. Icarus. 23 pages=319–25 (3): 319. Bibcode1974Icar...23..319B. doi:10.1016/0019-1035(74)90050-5. 
  32. ^ Guillot, T.; Gautier, D.; Hubbard, W. B. (1997). “New Constraints on the Composition of Jupiter from Galileo Measurements and Interior Models”. Icarus 130 (2): 534–539. Bibcode1997astro.ph..7210G. doi:10.1006/icar.1997.5812. 
  33. ^ 松井 (1996)、第五章 巨大ガス惑星の世界へ、pp. 114–117、主としてガスから成る巨大ガス惑星
  34. ^ Various (2006). McFadden, Lucy-Ann; Weissman, Paul; Johnson, Torrence. ed. Encyclopedia of the Solar System (2nd ed.). Academic Press. p. 412. ISBN 0-12-088589-1 
  35. ^ a b c 木星に地面はないのですか”. 国立科学博物館. 2011年5月5日閲覧。
  36. ^ Züttel, Andreas (September 2003). “Materials for hydrogen storage”. Materials Today 6 (9): 24–33. doi:10.1016/S1369-7021(03)00922-2. 
  37. ^ Guillot, T. (1999). “A comparison of the interiors of Jupiter and Saturn”. Planetary and Space Science 47 (10–11): 1183–200. Bibcode1999astro.ph..7402G. doi:10.1016/S0032-0633(99)00043-4. 
  38. ^ Horia, Yasunori; Sanoa, Takayoshi; Ikomaa, Masahiro; Idaa, Shigeru (2007). “On uncertainty of Jupiter's core mass due to observational errors”. Proceedings of the International Astronomical Union (Cambridge University Press) 3 (S249): 163–166. doi:10.1017/S1743921308016554. 
  39. ^ a b c 松井 (1996)、第六章 新たな謎を生んだ星‐木星、pp. 129–132、木星大気の運動
  40. ^ Alvin Seiff. Dynamics of Jupiter's atmosphere. Nature. 2000; 403: 603-605.
  41. ^ Gautier, D.; Conrath, B.; Flasar, M.; Hanel, R.; Kunde, V.; Chedin, A.; Scott N. (1981). “The helium abundance of Jupiter from Voyager”. Journal of Geophysical Research 86 (A10): 8713–8720. Bibcode1981JGR....86.8713G. doi:10.1029/JA086iA10p08713. 
  42. ^ Kunde, V. G. et al. (September 10, 2004). “Jupiter's Atmospheric Composition from the Cassini Thermal Infrared Spectroscopy Experiment”. Science 305 (5690): 1582–86. Bibcode2004Sci...305.1582K. doi:10.1126/science.1100240. PMID 15319491. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/305/5690/1582 2007年4月4日閲覧。. 
  43. ^ Kim, S. J.; Caldwell, J.; Rivolo, A. R.; Wagner, R. (1985). “Infrared Polar Brightening on Jupiter III. Spectrometry from the Voyager 1 IRIS Experiment”. Icarus 64 (2): 233–48. Bibcode1985Icar...64..233K. doi:10.1016/0019-1035(85)90201-5. 
  44. ^ Niemann, H. B.; Atreya, S. K.; Carignan, G. R.; Donahue, T. M.; Haberman, J. A.; Harpold, D. N.; Hartle, R. E.; Hunten, D. M.; Kasprzak, W. T.; Mahaffy, P. R.; Owen, T. C.; Spencer, N. W.; Way, S. H. (1996). “The Galileo Probe Mass Spectrometer: Composition of Jupiter's Atmosphere”. Science 272 (5263): 846–849. Bibcode1996Sci...272..846N. doi:10.1126/science.272.5263.846. PMID 8629016. 
  45. ^ Mahaffy, Paul. “Highlights of the Galileo Probe Mass Spectrometer Investigation”. NASA Goddard Space Flight Center, Atmospheric Experiments Laboratory. 2007年6月6日閲覧。
  46. ^ Lodders, Katharina (2004). “Jupiter Formed with More Tar than Ice”. The Astrophysical Journal 611 (1): 587–597. doi:10.1086/421970. http://www.journals.uchicago.edu/doi/full/10.1086/421970 2007年7月3日閲覧。. 
  47. ^ a b Seiff, A.; Kirk, D.B.; Knight, T.C.D. et al. (1998). “Thermal structure of Jupiter's atmosphere near the edge of a 5-μm hot spot in the north equatorial belt”. Journal of Geophysical Research 103 (E10): 22857–22889. Bibcode1998JGR...10322857S. doi:10.1029/98JE01766. 
  48. ^ *Miller, S.; Aylword, A.; Milliword, G. (2005). “Giant Planet Ionospheres and Thermospheres: the Importance of Ion-Neutral Coupling”. Space Science Reviews 116 (1-2): 319–343. Bibcode2005SSRv..116..319M. doi:10.1007/s11214-005-1960-4. 
  49. ^ a b c d e ニュートン (別2009)、pp. 74–75、木星1
  50. ^ Ingersoll, A. P.; Dowling, T. E.; Gierasch, P. J.; Orton, G. S.; Read, P. L.; Sanchez-Lavega, A.; Showman, A. P.; Simon-Miller, A. A.; Vasavada, A. R. “Dynamics of Jupiter’s Atmosphere” (PDF) (英語). Lunar & Planetary Institute. 2011年5月5日閲覧。
  51. ^ Kerr, Richard A. (2000). “Deep, Moist Heat Drives Jovian Weather”. Science 287 (5455): 946–947. doi:10.1126/science.287.5455.946b. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/287/5455/946b 2007年2月24日閲覧。. 
  52. ^ Watanabe, Susan: “Surprising Jupiter: Busy Galileo spacecraft showed jovian system is full of surprises” (英語). NASA (2006年2月25日). 2011年5月5日閲覧。
  53. ^ Strycker, P. D.; Chanover, N.; Sussman, M.; Simon-Miller, A. (2006). "A Spectroscopic Search for Jupiter's Chromophores". DPS meeting #38, #11.15. American Astronomical Society. Bibcode:2006DPS....38.1115S
  54. ^ a b c Gierasch, Peter J.; Nicholson, Philip D. (2004年). “Jupiter” (英語). World Book @ NASA. 2011年5月5日閲覧。
  55. ^ a b 松井 (1996)、第六章 新たな謎を生んだ星‐木星、pp.132-133、大赤斑のなぞ
  56. ^ Covington, Michael A. (2002). Celestial Objects for Modern Telescopes. Cambridge University Press. p. 53. ISBN 0-521-52419-9 
  57. ^ Denning, W. F. (1899). “Jupiter, early history of the great red spot on”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 59: 574–584. Bibcode1899MNRAS..59..574D. 
  58. ^ Kyrala, A. (1982). “An explanation of the persistence of the Great Red Spot of Jupiter”. Moon and the Planets 26 (1): 105–7. Bibcode1982M&P....26..105K. doi:10.1007/BF00941374. 
  59. ^ Sommeria, Jöel; Steven D. Meyers & Harry L. Swinney (February 25, 1988). “Laboratory simulation of Jupiter's Great Red Spot”. Nature 331 (6158): 689–693. Bibcode1988Natur.331..689S. doi:10.1038/331689a0. 
  60. ^ “Jupiter's Great Red Spot is Shrinking”NASA (15 May 2014)
  61. ^ Jupiter's Great Red Spot could soon disappear - Unexplained Mysteries”. Unexplained Mysteries (2018年2月20日). 2019年12月2日閲覧。
  62. ^ Contrary to recent reports, Jupiter's Great Red Spot is not in danger of disappearing”. The Conversation (2019年11月26日). 2019年12月2日閲覧。
  63. ^ Jupiter Data Sheet” (英語). Space.com. 2011年5月5日閲覧。
  64. ^ Phillips, Tony (2006年3月3日). “Jupiter's New Red Spot”. NASA. 2007年2月2日閲覧。
  65. ^ Cardall, C. Y.; Daunt, S. J. “The Great Red Spot” (英語). University of Tennessee. 2011年5月5日閲覧。
  66. ^ Jupiter's New Red Spot” (英語) (2006年). 2011年5月5日閲覧。
  67. ^ Steigerwald, Bill (2006年10月14日). “Jupiter's Little Red Spot Growing Stronger” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  68. ^ Goudarzi, Sara (2006年5月4日). “New storm on Jupiter hints at climate changes” (英語). USA Today. 2011年5月5日閲覧。
  69. ^ a b c David P. Stern、佐納康治・能勢正仁・二穴喜文・永田大祐・家森俊彦. “惑星磁気学”. 京都大学大学院理学研究科附属地磁気世界資料解析センター. 2011年5月5日閲覧。
  70. ^ 中村正人. “太陽系の天体を取り巻く磁気圏”. 東京大学地球惑星科学専攻宇宙惑星科学講座. 2011年5月3日閲覧。
  71. ^ Brainerd, Jim (2004年11月22日). “Jupiter's Magnetosphere” (英語). The Astrophysics Spectator. http://www.astrophysicsspectator.com/topics/planets/JupiterMagnetosphere.html 2011年5月5日閲覧。 
  72. ^ Radio Storms on Jupiter” (英語). NASA (2004年2月20日). 2011年5月5日閲覧。
  73. ^ 土佐誠. “天体の磁場‐磁場の起源:ダイナモ理論”. 月惑星研究会. 2011年5月3日閲覧。
  74. ^ a b 佐藤毅彦. “オーロラ観測で探る木星の磁気圏” (PDF). 国立情報学研究所 学協会情報発信サービス. 2011年5月3日閲覧。
  75. ^ The Discovery of Jupiter's Radio Emissions” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  76. ^ Weintraub, Rachel A. (2005年9月26日). “How One Night in a Field Changed Astronomy” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  77. ^ Garcia, Leonard N. “The Jovian Decametric Radio Emission” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  78. ^ Klein, M. J.; Gulkis, S.; Bolton, S. J. (1996年). “Jupiter's Synchrotron Radiation: Observed Variations Before, During and After the Impacts of Comet SL9” (英語). NASA. 2006年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月5日閲覧。
  79. ^ 土佐誠 (2010年1月26日). “木星のまわりに大きく広がる硬X線放射を発見” (PDF). 首都大学東京. 2011年5月7日閲覧。
  80. ^ a b スコット・S・シェパード. “Moons of Jupiter”. Carnegie Science. 2023年1月7日閲覧。
  81. ^ 惑星の衛星数・衛星一覧”. 国立天文台 (2023年2月23日). 2023年2月26日閲覧。
  82. ^ ニュートン (別2009)、pp.76-77、木星2
  83. ^ Musotto, S.; Varadi, F.; Moore, W. B.; Schubert, G. (2002). “Numerical simulations of the orbits of the Galilean satellites”. Icarus 159 (2): 500–504. doi:10.1006/icar.2002.6939. http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=13969974. 
  84. ^ a b c いずれは消えていく? 木星の輪”. 国立教育政策研究所. 2018年1月22日閲覧。
  85. ^ Showalter, M.A.; Burns, J.A.; Cuzzi, J. N.; Pollack, J. B. (1987). “Jupiter's ring system: New results on structure and particle properties”. Icarus 69 (3): 458–98. Bibcode1987Icar...69..458S. doi:10.1016/0019-1035(87)90018-2. 
  86. ^ Burns, J.A.; Hamilton, D.P.; Showalter, M.R. (2001). “Dusty Rings and Circumplanetary Dust: Observations and Simple Physics”. In Grun, E.; Gustafson, B. A. S.; Dermott, S. T.; Fechtig H. (pdf). Interplanetary Dust. Berlin: Springer. pp. 641–725.
  87. ^ a b Burns, J. A.; Showalter, M.R.; Hamilton, D.P.; et al. (1999). “The Formation of Jupiter's Faint Rings”. Science 284 (5417): 1146–50. Bibcode1999Sci...284.1146B. doi:10.1126/science.284.5417.1146. PMID 10325220. 
  88. ^ Fieseler, P.D. (2004). “The Galileo Star Scanner Observations at Amalthea”. Icarus 169 (2): 390–401. Bibcode2004Icar..169..390F. doi:10.1016/j.icarus.2004.01.012. 
  89. ^ Kerr, Richard A. (2004). “Did Jupiter and Saturn Team Up to Pummel the Inner Solar System?”. Science 306 (5702): 1676. doi:10.1126/science.306.5702.1676a. PMID 15576586. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/306/5702/1676a?etoc 2007年8月28日閲覧。. 
  90. ^ List Of Jupiter Trojans” (英語). IAU Minor Planet Center. 2011年5月5日閲覧。
  91. ^ Quinn, T.; Tremaine, S.; Duncan, M. (1990). “Planetary perturbations and the origins of short-period comets”. Astrophysical Journal, Part 1 355: 667–679. Bibcode1990ApJ...355..667Q. doi:10.1086/168800. 
  92. ^ 木星、彗星を捕獲して衛星にしていた”. ナショナル ジオグラフィック. ナショナル ジオグラフィック協会 (2009年9月14日). 2023年11月25日閲覧。
  93. ^ Dennis Overbye (2009年7月24日). “Hubble Takes Snapshot of Jupiter’s ‘Black Eye’” (英語). New York Times. http://www.nytimes.com/2009/07/25/science/space/25hubble.html?ref=science 2011年5月5日閲覧。 
  94. ^ Lovett, Richard A. (December 15,2006). “Stardust's Comet Clues Reveal Early Solar System” (英語). National Geographic News. http://news.nationalgeographic.com/news/2006/12/061215-comet-stardust.html 2011年5月5日閲覧。 
  95. ^ Nakamura, T.; Kurahashi, H. (1998). “Collisional Probability of Periodic Comets with the Terrestrial Planets: An Invalid Case of Analytic Formulation” (英語). Astronomical Journal 115 (2): 848–854. Bibcode1998AJ....115..848N. doi:10.1086/300206. http://www.iop.org/EJ/article/1538-3881/115/2/848/970144.html 2011年5月5日閲覧。. 
  96. ^ 「徹底図解 宇宙のしくみ」、新星出版社、2006年、p69
  97. ^ Horner, J.; Jones, B. W. (2008). “Jupiter - friend or foe? I: the asteroids”. International Journal of Astrobiology 7 (3–4): 251–261. arXiv:0806.2795. doi:10.1017/S1473550408004187. 
  98. ^ Overbyte, Dennis (2009年7月25日). “Jupiter: Our Comic Protector?” (英語). Thew New York Times. http://www.nytimes.com/2009/07/26/weekinreview/26overbye.html?hpw 2011年5月5日閲覧。 
  99. ^ Tabe, Isshi; Watanabe, Jun-ichi; Jimbo, Michiwo (February 1997). “Discovery of a Possible Impact SPOT on Jupiter Recorded in 1690”. Publications of the Astronomical Society of Japan 49: L1–L5. Bibcode1997PASJ...49L...1T. 
  100. ^ Baalke, Ron. “Comet Shoemaker-Levy Collision with Jupiter”. NASA. 2007年1月2日閲覧。
  101. ^ Britt, Robert R. (2004年8月23日). “Remnants of 1994 Comet Impact Leave Puzzle at Jupiter” (英語). space.com. http://www.space.com/scienceastronomy/mystery_monday_040823.html 2011年5月5日閲覧。 
  102. ^ Staff (2009年7月21日). “Amateur astronomer discovers Jupiter collision” (英語). ABC News online. http://www.abc.net.au/news/stories/2009/07/21/2632368.htm 2011年5月5日閲覧。 
  103. ^ Salway, Mike (2009年7月19日). “Breaking News: Possible Impact on Jupiter, Captured by Anthony Wesley” (英語). IceInSpace. 2011年5月5日閲覧。
  104. ^ Grossman, Lisa (2009年7月20日). “Jupiter sports new 'bruise' from impact”. New Scientist. http://www.newscientist.com/article/dn17491-jupiter-sports-new-bruise-from-impact.html 
  105. ^ 木星に天体が衝突、天文ファンが捉えた動画”. WIRED.jp. WIRED.jp (2010年6月7日). 2010年6月7日閲覧。
  106. ^ Bakich, Michael (2010年6月4日). “Another impact on Jupiter” (英語). Astronomy Magazine online. 2011年5月5日閲覧。
  107. ^ Optical flash on Jupiter”. 渡部潤一 (2010年8月21日). 2011年5月5日閲覧。
  108. ^ Third Jupiter Fireball Spotted—Sky-Watching Army Needed?” (英語). National Geographic. 2011年5月5日閲覧。
  109. ^ Staff (2005年6月16日). “Stargazers prepare for daylight view of Jupiter” (英語). ABC News Online. http://www.abc.net.au/news/newsitems/200506/s1393223.htm 2011年5月5日閲覧。 
  110. ^ Rogers, J. H. (1998). “Origins of the ancient constellations: I. The Mesopotamian traditions”. Journal of the British Astronomical Association, 108: 9–28. Bibcode1998JBAA..108....9R. 
  111. ^ Harper, Douglas (2001年11月). “Jupiter” (英語). Online Etymology Dictionary. 2011年5月5日閲覧。
  112. ^ 【Jovial】”. weblio英和辞典. 2011年5月5日閲覧。
  113. ^ Jovial” (英語). Dictionary.com. 2011年5月5日閲覧。
  114. ^ 十二支と十干”. 海上保安庁海洋情報部. 2011年5月5日閲覧。
  115. ^ 柴田晋平. “木星を見つけよう”. 山形大学理学部物理学科. 2011年5月5日閲覧。
  116. ^ 藤井隆晴. “呪符木簡「天形星」から見る備後地方の疫病対策” (PDF). 福山大学. 2011年5月5日閲覧。
  117. ^ 石川源晃『【実習】占星学入門』ISBN 4-89203-153-4
  118. ^ A. Sachs (May 2, 1974). “Babylonian Observational Astronomy”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London (Royal Society of London) 276 (1257): 43–50 (see p. 44). JSTOR 74273 
  119. ^ Xi, Z. Z. (1981). “The Discovery of Jupiter's Satellite Made by Gan-De 2000 Years Before Galileo”. Acta Astrophysica Sinica 1 (2): 87. Bibcode1981AcApS...1...87X. 
  120. ^ Dong, Paul (2002). China's Major Mysteries: Paranormal Phenomena and the Unexplained in the People's Republic. China Books. ISBN 0-8351-2676-5 
  121. ^ Olaf Pedersen (1974). A Survey of the Almagest. Odense University Press. pp. 423, 428 
  122. ^ tr. with notes by Walter Eugene Clark (1930). The Aryabhatiya of Aryabhata. University of Chicago Press. p. 9, Stanza 1. https://archive.org/download/The_Aryabhatiya_of_Aryabhata_Clark_1930/The_Aryabhatiya_of_Aryabhata_Clark_1930.pdf 
  123. ^ Westfall, Richard S. “Galilei, Galileo” (英語). The Galileo Project. 2011年5月5日閲覧。
  124. ^ a b O'Connor, J. J.; Robertson, E. F. (2003年4月). “Giovanni Domenico Cassini”. University of St. Andrews. 2007年2月14日閲覧。
  125. ^ Murdin, Paul (2000). Encyclopedia of Astronomy and Astrophysics. Bristol: Institute of Physics Publishing. ISBN 0-12-226690-0 
  126. ^ SP-349/396 Pioneer Odyssey—Jupiter, Giant of the Solar System” (英語). NASA (1974年8月). 2011年5月5日閲覧。
  127. ^ Roemer's Hypothesis” (英語). MathPages. 2011年5月5日閲覧。
  128. ^ Tenn, Joe (2006年3月10日). “Edward Emerson Barnard” (英語). Sonoma State University. 2011年5月5日閲覧。
  129. ^ Amalthea Fact Sheet” (英語). NASA JPL (2001年10月1日). 2011年5月5日閲覧。
  130. ^ Dunham Jr., Theodore (1933). “Note on the Spectra of Jupiter and Saturn”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 45: 42–44. Bibcode1933PASP...45...42D. doi:10.1086/124297. 
  131. ^ Youssef, A.; Marcus, P. S. (2003). “The dynamics of jovian white ovals from formation to merger”. Icarus 162 (1): 74–93. Bibcode2003Icar..162...74Y. doi:10.1016/S0019-1035(02)00060-X. 
  132. ^ Pioneer 10 Mission Profile” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  133. ^ Glenn Research Center” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  134. ^ p. 150, Spacecraft systems engineering, Peter W. Fortescue, John Stark, and Graham Swinerd, 3rd ed., John Wiley and Sons, 2003, ISBN 0-470-85102-3.
  135. ^ Hirata, Chris. “Delta-V in the Solar System”. California Institute of Technology. 2006年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月28日閲覧。
  136. ^ Wong, Al (1998年5月28日). “Galileo FAQ - Navigation” (英語). NASA. 2011年5月5日閲覧。
  137. ^ a b c Chan, K.; Paredes, E. S.; Ryne, M. S. (2004年). “Ulysses Attitude and Orbit Operations: 13+ Years of International Cooperation” (PDF) (英語). American Institute of Aeronautics and Astronautics. 2005年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月5日閲覧。
  138. ^ Lasher, Lawrence (2006年8月1日). “Pioneer Project Home Page”. NASA Space Projects Division. 2006年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月28日閲覧。
  139. ^ Jupiter”. NASA Jet Propulsion Laboratory (2003年1月14日). 2006年11月28日閲覧。
  140. ^ Hansen, C. J.; Bolton, S. J.; Matson, D. L.; Spilker, L. J.; Lebreton, J.-P. (2004). “The Cassini-Huygens flyby of Jupiter”. Icarus 172 (1): 1–8. Bibcode2004Icar..172....1H. doi:10.1016/j.icarus.2004.06.018. 
  141. ^ Mission Update: At Closest Approach, a Fresh View of Jupiter” (英語). 2011年5月5日閲覧。
  142. ^ Pluto-Bound New Horizons Provides New Look at Jupiter System” (英語). 2011年5月5日閲覧。
  143. ^ New Horizons targets Jupiter kick” (英語). BBC News Online (2007年1月19日). 2011年5月5日閲覧。
  144. ^ Alexander, Amir (2006年9月27日). “New Horizons Snaps First Picture of Jupiter” (英語). The Planetary Society. 2011年5月5日閲覧。
  145. ^ a b McConnell, Shannon (2003年4月14日). “Galileo: Journey to Jupiter” (英語). NASA Jet Propulsion Laboratory. 2011年5月5日閲覧。
  146. ^ Galileo Probe Mission Events Timeline” (英語). Petr Horálek (1995年11月30日). 2011年5月5日閲覧。
  147. ^ Goodeill, Anthony (2008年3月31日). “New Frontiers – Missions - Juno” (英語). NASA. 2007年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月5日閲覧。
  148. ^ ジュノー - 月探査情報ステーション
  149. ^ Berger, Brian (2005年2月7日). “White House scales back space plans” (英語). MSNBC. http://www.msnbc.msn.com/id/6928404/ 2011年5月5日閲覧。 
  150. ^ Atzei, Alessandro (2007年4月27日). “Jovian Minisat Explorer” (英語). ESA. 2011年5月5日閲覧。
  151. ^ Talevi, Monica; Brown, Dwayne (2009年2月18日). “NASA and ESA Prioritize Outer Planet Missions” (英語). 2011年5月5日閲覧。
  152. ^ Rincon, Paul (2009年2月18日). “Jupiter in space agencies' sights” (英語). BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/7897585.stm 2011年5月5日閲覧。 
  153. ^ Volonte, Sergio (2007年7月10日). “Cosmic Vision 2015-2025 Proposals” (英語). ESA. http://sci.esa.int/science-e/www/object/index.cfm?fobjectid=41177 2011年5月5日閲覧。 
  154. ^ Laplace: A mission to Europa & Jupiter system” (英語). ESA. 2011年5月5日閲覧。
  155. ^ Heppenheimer, T. A. (2007年). “Colonies in Space, Chapter 1: Other Life in Space” (英語). National Space Society. 2011年5月5日閲覧。
  156. ^ Life on Jupiter” (英語). Encyclopedia of Astrobiology, Astronomy & Spaceflight. 2011年5月5日閲覧。
  157. ^ Sagan, C.; Salpeter, E. E. (1976). “Particles, environments, and possible ecologies in the Jovian atmosphere”. The Astrophysical Journal Supplement Series 32: 633–637. doi:10.1086/190414. 
  158. ^ アイザック・アシモフ「16.もちろん木星だとも」『空想自然科学入門』(第一八刷)早川書房、1963年、294-310頁。ISBN 4-15-050021-5 
  159. ^ 木星とガリレオ衛星(2018年) アストロアーツ、2022年1月11日閲覧
  160. ^ Encounter with the Giant”. NASA (1974年). 2007年2月17日閲覧。



木星(ゼウス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/29 08:16 UTC 版)

フールズフィスト」の記事における「木星(ゼウス)」の解説

七星神相で『最強といわれる強豪壮麗な王笏(レガリアスケプター)を持つ。

※この「木星(ゼウス)」の解説は、「フールズフィスト」の解説の一部です。
「木星(ゼウス)」を含む「フールズフィスト」の記事については、「フールズフィスト」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 06:38 UTC 版)

伝説シリーズ」の記事における「木星」の解説

空々名付けは『スピーン』。擬人化態はショートカットでボーダーシャツの小柄な少女

※この「木星」の解説は、「伝説シリーズ」の解説の一部です。
「木星」を含む「伝説シリーズ」の記事については、「伝説シリーズ」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 04:22 UTC 版)

衛星の命名」の記事における「木星」の解説

詳細は「木星の衛星」を参照 木星の四大衛星であるガリレオ衛星 (イオエウロパガニメデカリスト) の名前は、1610年ガリレオ・ガリレイによって発見された後、同時期に独立して発見したシモン・マリウス提案したのである。しかし19世紀後半までにはマリウス提案した名前は好まれなくなり広く受け入れられなかった。天文学文献ではこれらの衛星ローマ数字用いて "Jupiter I" や "Jupiter II" などと表記されたり、あるいは単に「木星の一番目衛星」や「木星の二番目衛星」などと表記された。 20世紀最初10年までに、イオエウロパガニメデカリストという名前は再び使われるようになった。しかし後に発見され衛星は主にローマ数字用いて V (5) から XII (12)表記され、名前が与えられないままであった1892年発見されJupiter V はアマルテアという名前が与えられたが、これを最初に用いたのはフランス天文学者カミーユ・フラマリオンである。 1904年から1951年の間に発見されその他の不規則衛星は、天文学文献大多数においては名前が無いままであった。1955年ブライアン・マースデンがこれらの衛星への命名提案するまでは、名前は提案されていなかった。この時に提案された名前は、SFポピュラーサイエンス記事などではすぐに受け入れられたが、天文学文献では1970年代までほとんど使われることはなかった。またその後ソビエト連邦天文学者 E. I. Nesterovich が1962年に、Yu. A. Karpenko が1973年にこれらの衛星への名称を提案したが、これらは広く受け入れられなかった。 1975年IAU外部太陽系命名のタスクグループは、前年チャールズ・トーマス・コワルによるJupiter XIII (レダ) の発見を受け、正式に命名されていなかった V から XIII に名前を与え、さらに将来発見されるであろう衛星への命名プロセス規定した。この新しい命プロセスで、Jupiter V はそれまで使われてきたアマルテアの名前が引き続き採用されJupiter XIII には発見者コワル提案に従ってレダ命名された。その他の衛星に関しては、ドイツ文献学者 Jürgen Blunck による提言従い順行軌道にある木星の衛星名は a で終わる名称、逆行軌道衛星は e で終わる名称を付けるという方針を取ることとしたのに伴いJupiter VI から XII までの7つ衛星に対してそれまで提案されていた名前は使われないこととなった。 これらの新し衛星名はしばらくの間かなりの抗議受けたコワルJupiter XIII の名前を提案したにも関わらず、木星の不規則衛星には名前を与えるべきではないという意見持っていた。またカール・セーガンは、IAU によって選ばれたこれらの名前は非常に分かりにくいのである延べた (タスクグループの議長であるトビアス・オーウェンはセーガンへの返答でそれは意図的なのである認めたという事実がある)。セーガン1976年独自の名称提案しており、このうちいくつか1955年マースデン提案したものを引き継いでいる。1973年に名前を提案していた Karpenko は彼の1981年書籍『The Names of the Starry Sky』の中で、逆行衛星に対して選ばれた名前、つまり e で終わる名前は、必ずしも一般的な名前が選ばれたわけではなかったと記している。 これらの衛星に対して提案されていた名前は以下の表のとおりである。(注釈IAU による名称については各衛星の現在使われている表記とし、衛星ページへのリンク張っている。採用されなかった名称については、名称の由来である神話登場人物へのリンクとし、便宜上表記当該ページ合わせてある。) 確定番号マースデン(1955年)Nesterovich(1962年)Karpenko(1973年)国際天文学連合(1975年)セーガン(1976年)Jupiter VI ヘスティアー アトラース アドラステイアー ヒマリア マイア Jupiter VII ヘーラー ヘルクレース ダナエー エララ ヘーラー Jupiter VIII ポセイドーン ペルセポネー ヘレネー パシファエ アルクメーネー Jupiter IX ハーデース ケルベロス Ida シノーペ レートー Jupiter X デーメーテール プロメーテウス ラートーナ リシテア デーメーテール Jupiter XI パーン ダイダロス レーダー カルメ Semele Jupiter XII アドラステイアー ヘーパイストス セメレー アナンケ ダナエー 現在の慣例では、新しく発見され木星の衛星は、ギリシャ神話ゼウスやそれと同一視されるローマ神話ユーピテル愛人子孫因んで命名されている。Blunck によって提言され外衛星への命名スキームは、順行衛星に対して o で終わる名前を用いて良いというルール追加した上で維持された。2004年7月IAU総会では、最近になって多数木星の衛星発見されたため、WGPSNは衛星名称についてこれまで使用されてきたゼウス愛人お気に入り人物の名前加えゼウスの子孫の名前も加えこととした。Jupiter XXXIV (エウポリエ) 以降ゼウスの娘に因んで命名されていたが、Jupiter LIII (ディア) はゼウスによって誘惑され人物の名前由来である。また Jupiter LXII (Valetudo) はユーピテルひ孫娘に因んで命名されている。 Jupiter LI (第51衛星) 以降衛星は、ローマ数字用いた確定番号与えられているものの、固有の名称与えられていないものが多く存在する2018年までは、第51衛星以降で名称が与えられていたのはディアValetudo2つのみであり、確定番号の付与同時に命名されていた。その後2019年2月に、これらの衛星のうち5つの名称の一般公募を行うことが発表され同年8月国際天文学連合によって名称が承認された。

※この「木星」の解説は、「衛星の命名」の解説の一部です。
「木星」を含む「衛星の命名」の記事については、「衛星の命名」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 21:46 UTC 版)

ボイジャー2号」の記事における「木星」の解説

ボイジャー2号1979年7月9日に木星に最接近した。この時の観測大赤斑反時計回り回転していることが判明した。さらに、新たな衛星アドラステア発見した

※この「木星」の解説は、「ボイジャー2号」の解説の一部です。
「木星」を含む「ボイジャー2号」の記事については、「ボイジャー2号」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 18:04 UTC 版)

ボイジャー1号」の記事における「木星」の解説

ボイジャー1号1979年1月に木星の写真撮影開始した。木星への最接近3月5日で、木星中心から349000kmの距離まで近づいた。接近中には解像度良い観測データ得られるため、木星の衛星や環、木星系の磁場放射線環境などの観測大部分は最接近前後48時間内に行われた。木星の撮影4月終了した。 2機のボイジャー探査機は木星とその衛星について数多く重要な発見もたらした中でも最も注目すべき発見は、過去地上からの観測パイオニア10号11号観測されていなかったイオの火山活動存在明らかにしたことである。 ボイジャー1号撮影した大赤斑ボイジャー1号撮影したイオボイジャー1号撮影した木星の大気ボイジャー1号撮影したカリストクレーター

※この「木星」の解説は、「ボイジャー1号」の解説の一部です。
「木星」を含む「ボイジャー1号」の記事については、「ボイジャー1号」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 00:24 UTC 版)

宇宙世紀の施設と地名」の記事における「木星」の解説

詳細は「木星」を参照 ヘリウム3採取輸送するための木星船団往復しており、「木星帰り」の人間はしばしニュータイプ資質発現させた者が見られる漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』によると木星圏のコロニー物資不足しており、さえ配給制になっているイオには木星帝国基地があるが、他の衛星に人が住んでいるかどうか不明続編である『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』の時代には生活環境改善され物資配給頼らない国力を持つようになり、さらに続編である『機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST』の時代には長引く戦乱技術力低下した地球圏を尻目に高い技術力保持し安定した立場維持するようになっている

※この「木星」の解説は、「宇宙世紀の施設と地名」の解説の一部です。
「木星」を含む「宇宙世紀の施設と地名」の記事については、「宇宙世紀の施設と地名」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 19:32 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマト」の記事における「木星」の解説

太陽系第5惑星波動エンジンに異常を来たしヤマトがその引力つかまり、木星圏へ引き寄せられた。

※この「木星」の解説は、「宇宙戦艦ヤマト」の解説の一部です。
「木星」を含む「宇宙戦艦ヤマト」の記事については、「宇宙戦艦ヤマト」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/16 06:17 UTC 版)

ヱルトリウム」の記事における「木星」の解説

トップをねらえ2!第3話で、非常に大型宇宙戦艦船体新たな木星となっている。公式サイトによれば全高は70kmあり、宇宙怪獣との戦闘用作られたが戦闘駆り出され人工惑星となったとの伝聞がある。

※この「木星」の解説は、「ヱルトリウム」の解説の一部です。
「木星」を含む「ヱルトリウム」の記事については、「ヱルトリウム」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 08:24 UTC 版)

逆行衛星」の記事における「木星」の解説

木星の衛星」も参照 アナンケ群カルメ群パシファエ群属する木星の逆行衛星群は、木星に捕獲され小惑星衝突破壊されたものと考えられている。パシファエ群属すシノーペ軌道要素表面分光スペクトルがやや異なるため、他のパシファエ群の衛星とは起源異な可能性がある。

※この「木星」の解説は、「逆行衛星」の解説の一部です。
「木星」を含む「逆行衛星」の記事については、「逆行衛星」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 00:39 UTC 版)

カッシーニ (探査機)」の記事における「木星」の解説

木星には独立した嵐が存在し小さな斑点となって現れることが分かった

※この「木星」の解説は、「カッシーニ (探査機)」の解説の一部です。
「木星」を含む「カッシーニ (探査機)」の記事については、「カッシーニ (探査機)」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 06:23 UTC 版)

四体液説」の記事における「木星」の解説

血液結びつき教養と富に恵まれた人々関係する

※この「木星」の解説は、「四体液説」の解説の一部です。
「木星」を含む「四体液説」の記事については、「四体液説」の概要を参照ください。


木星(太陽系第5惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:09 UTC 版)

太陽系」の記事における「木星(太陽系第5惑星)」の解説

詳細は「木星」を参照 木星(英語: Jupiter)は、太陽系第5惑星で、太陽系でもっとも大きな惑星である。地球318倍の質量持ち、これはほかの惑星の全質量2.5倍にもなる。おもに水素ヘリウムから構成されている。木星内部生じている強い熱は、縞模様大赤斑など、大気中に半永久的な構造作り出している。木星は79個の衛星を持つことが知られており、特に大きなイオエウロパガニメデカリスト4つガリレオ衛星呼ばれ火山活動内部加熱のような地球型惑星似た地質活動見られるそのうちガニメデ太陽系最大衛星で、水星よりも大きい。

※この「木星(太陽系第5惑星)」の解説は、「太陽系」の解説の一部です。
「木星(太陽系第5惑星)」を含む「太陽系」の記事については、「太陽系」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 04:41 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体」の記事における「木星」の解説

「木星」も参照 オリジナルシリーズ 『宇宙戦艦ヤマト』 第5話登場するメタン大気(海)を一定の軌道回遊している「浮遊大陸」が存在している。オーストラリア大陸程度大きさ持ち密林のような植生存在するエネルギー伝導管の修理のためにヤマト着陸しアナライザーが「おびただしい水蒸気メタン67%、炭酸ガス21%」と大気分析している。また、この大陸には、ガミラス前線基地設営されている。 ワープによるエネルギー伝導管の損傷により不安定になったヤマトが、重力場捕まって浮遊大陸不時着するその後ヤマト波動砲により浮遊大陸消滅する『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』 / 『宇宙戦艦ヤマト2』 木星基地として、衛星ガニメデ」に資源開発基地がある。 『ヤマト2』第18話ではガニメデ基地以外にも、カリスト・エウロパ・イオにも基地存在することが語られている。第18話基地から発進したコスモタイガー隊が空母部隊合流して土星空域へ向かう。第22話では、ヤマトガニメデ基地修理行い都市帝国との最後の戦いに向け出撃する『ヤマトよ永遠に』 暗黒星団帝国重核子爆弾によって基地要員全滅する。このシーン本作タイトルバックにもなっている。なお、本作公開前年木星の環発見されており、本作の木星にも環が描かれている。 『宇宙戦艦ヤマトIII』 第4話第18話背景として登場するのみ。 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 アバンナレーションで他の惑星とともに登場するのみ。 PSゲームシリーズ 『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル』 シナリオ1太陽系」に登場する基本設定アニメ同じだが、浮遊大陸は木星の最も内側周回する衛星推測されている。 『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』 ストーリー19「木星圏・ガニメデ近海」において、『ヤマト2』と同じくガニメデ基地登場主力戦艦「さつま」もこの基地修理されており、ヤマトとともに都市帝国との決戦向けて出撃するまた、デスラーとの2度目の戦闘の場所が、ガニメデ近傍になっている『宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶』 ステージ03雷王作戦」で登場土星行われる白色彗星帝国残存艦隊殲滅する「雷王作戦」のために、ヤマト主力戦艦3隻がここで合流する。しかし、敵が捨て身進攻をかけてきたため、急遽木星圏で雷王作戦実行されることになる。 『2199』シリーズ 『宇宙戦艦ヤマト2199』 第2話から第4話登場するガミラス側からは「ズピスト」という名称で呼ばれている。 ガミラス地球へのガミラスフォーミングの試験場としてガミラス本星外殻移植した浮遊大陸」が存在している。大陸表面には地球蝕む敵性植物とほぼ同じものが繁殖している。面積旧作のものとほぼ同程度であり、重力制御によって木星表面浮かんでいる。また、気温大気圧も木星表面とは著しく異なり大気成分メタン67%、窒素6%、二酸化炭素21%ほか、アセトアルデヒドエタノールなどで構成されている。ガミラス実験基地設営されており、サレルヤ・ラーレタが司令官として駐留している。また、この基地駐留するガミラス兵士は、ラーレタを除き全てがガミロイドであり、配備されていた4隻のガミラス艦も、ガミロイド兵により運用されていた。 第3話ヤマト天王星軌道へのワープテストを行った際に原因不明の緊急ワープアウトが起こったため、ワープアウト地点となり、エンジン故障のため重力場捕らえられ浮遊大陸不時着するその後ヤマト波動砲試射余波により浮遊大陸崩壊し、木星自体ガス層表面大きく抉れた状態となる。 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』 第5話第21話登場する近傍トロヤ群において、地球連邦航宙艦隊演習行っている。

※この「木星」の解説は、「宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体」の解説の一部です。
「木星」を含む「宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体」の記事については、「宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体」の概要を参照ください。


木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/03 08:10 UTC 版)

木星の骸骨人間」の記事における「木星」の解説

噴火口直径100マイル以上もある、巨大な活火山があり、それが赤道に3マイル渡って伸びている他、複数火山惑星全体熱と光供給している。厚いと遠い距離に阻まれ太陽の光地表届かないが、火山のために常昼となっている。光源が赤系であるため、全てバラ色染まって見える。

※この「木星」の解説は、「木星の骸骨人間」の解説の一部です。
「木星」を含む「木星の骸骨人間」の記事については、「木星の骸骨人間」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「木星」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

木星

出典:『Wiktionary』 (2021/10/04 11:30 UTC 版)

固有名詞

 もくせい

  1. 太陽系太陽番目に近い、太陽系で最も大きな惑星主成分水素などのガスでできている。多く衛星を持つ。

発音(?)

も↗くせー

翻訳

関連語


「木星」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



木星と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「木星」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



木星のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2024 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの木星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフールズフィスト (改訂履歴)、伝説シリーズ (改訂履歴)、衛星の命名 (改訂履歴)、ボイジャー2号 (改訂履歴)、ボイジャー1号 (改訂履歴)、宇宙世紀の施設と地名 (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマト (改訂履歴)、ヱルトリウム (改訂履歴)、逆行衛星 (改訂履歴)、カッシーニ (探査機) (改訂履歴)、四体液説 (改訂履歴)、太陽系 (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマトシリーズの天体 (改訂履歴)、木星の骸骨人間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの木星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS