プローブとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > プローブ > プローブの意味・解説 

プローブ【probe】

読み方:ぷろーぶ

探査精査

測定実験などのために、試料接触または挿入する針。探針(たんしん)。

生化学で、ある物質検出するために用い物質


プローブ

太陽系に関するデータ収集その他の目的で宇宙打ち上げられる無人探査機。スペースプローブは、必ずしも地球に戻るように摂生される必要はない

メタゾール

分子式C9H6Cl2N2O3
その他の名称メタゾール、ツニック、プローブ、ビオキソン、VCS-438、TunicProbe、Methazole、Bioxone、Chlormethazole、Probe-75、Metazole、Metazol、メゾプル、クロルメタゾール、プロベ、プロベ75、Mezopur、2-(3,4-Dichlorophenyl)-4-methyl-1,2,4-oxadiazolidine-3,5-dione、メサゾール
体系名:2-(3,4-ジクロロフェニル)-4-メチル-1,2,4-オキサジアゾリジン-3,5-ジオン


プローブ

ゾンデ棒のこと。バックカントリー三種の神器といわれている。

プローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/27 01:18 UTC 版)

プローブ (probe)




「プローブ」の続きの解説一覧

プローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/03 17:45 UTC 版)

核磁気共鳴分光法」の記事における「プローブ」の解説

試料に対し電磁波パルス照射し、また試料磁化ベクトル検出を行うのがプローブである。外観円筒型装置上部投入した試料管を受ける凹みがある。この凹み周囲パルス照射およびシグナルの検出を行うためのコイル巻かれている。用い試料管が液体用か固体用か、また試料の太さの違いによって使用できるプローブは決まってしまう。プローブはマグネット下部中央からマグネット内に挿入され、必要があれば交換することが可能である

※この「プローブ」の解説は、「核磁気共鳴分光法」の解説の一部です。
「プローブ」を含む「核磁気共鳴分光法」の記事については、「核磁気共鳴分光法」の概要を参照ください。


プローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 15:52 UTC 版)

パワーローダー (パワードール)」の記事における「プローブ」の解説

索敵できない物陰等に投げ込んで索敵を行うポケット装備。ファストルック・ファストキル(敵に見つか前に敵を見つけ撃破する)を行うためには必須の装備である。

※この「プローブ」の解説は、「パワーローダー (パワードール)」の解説の一部です。
「プローブ」を含む「パワーローダー (パワードール)」の記事については、「パワーローダー (パワードール)」の概要を参照ください。


プローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 23:35 UTC 版)

ノーザンブロッティング」の記事における「プローブ」の解説

ノーザンブロッティングにおけるRNA検出には、標的RNA一部または全部相補的な塩基配列核酸でできたプローブを用いる。プローブはDNAでもRNAでもよく、標的RNA相補的な最低でも25塩基対以上のオリゴヌクレオチドであれば用いることができる。一般にin vitroでの転写反応によって作成されRNAプローブの方が、複数回洗浄耐えバックグランドノイズ一部低減することができる。プローブは放射性同位体32P)、またはアルカリホスファターゼ西洋ワサビペルオキシダーゼ(HRP)などを用いた化学発光による方法標識されるため、前者であれば写真感光後者であれば発光というかたちでプローブの存在する位置(すなわち、標的RNA存在する位置)を検出できる化学発光による標識の方法は主に2つ分けられる。つまり、プローブを化学発光起こす酵素で直標識して検出する方法と、プローブを何らかの小分子例えビオチン)で標識し、それと結合する別の分子例えアビジンかストレプトアジビン)に化学発光起こす酵素例えHRP)を繋げてプローブと結合させることで化学発光起こす方法である。放射性同位体による標識に比べ化学発光による標識短時間で検出可能で感度も高い。また、前者放射性物質を扱う事による健康への危険も伴うので、近年では放射性同位体用いた方法よりも化学発光用いた方法用い研究者が多い。一枚メンブレン最大で5回、異なるプローブによる異な標的遺伝子検出を行うことができること分かっている

※この「プローブ」の解説は、「ノーザンブロッティング」の解説の一部です。
「プローブ」を含む「ノーザンブロッティング」の記事については、「ノーザンブロッティング」の概要を参照ください。


プローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 06:22 UTC 版)

バトルマニア大吟醸」の記事における「プローブ」の解説

プローブ(PROgramable Variable Enforcer)は、マニア背中装着される支援兵器パワーアップする独立して飛行攻撃するスーパーウェポンもプローブから発射されるホーミング マニア左上を常に追いかけるロール マニア周囲回転するネガティブ マニア上下関係逆になるように移動する

※この「プローブ」の解説は、「バトルマニア大吟醸」の解説の一部です。
「プローブ」を含む「バトルマニア大吟醸」の記事については、「バトルマニア大吟醸」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プローブ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「プローブ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



プローブと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プローブ」の関連用語

プローブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プローブのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2022.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
eXtreme!SnowBoardeXtreme!SnowBoard
eXtreme! Copyright(C) hiro. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプローブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの核磁気共鳴分光法 (改訂履歴)、パワーローダー (パワードール) (改訂履歴)、ノーザンブロッティング (改訂履歴)、バトルマニア大吟醸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS