三種の神器とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 三種の神器の意味・解説 

さん しゅのじんぎ [5]三種の神器

皇位のしるしとして伝えられている三つの宝物。八咫やた)の鏡・草くさなぎ)の剣(天叢雲あまのむらくも)の剣)・八尺瓊やさかに)の勾玉まがたま)。みくさのかんだから。みくさのたからもの

三種の神器

読み方:サンシュノジンギ(sanshunojingi)

八咫鏡草薙剣天叢雲剣)・八坂瓊曲玉


さんしゅのじんぎ 【三種の神器】

日本皇位標識として歴代の天皇が受け継いできたという三つの宝物で、八咫鏡天叢雲剣草薙剣)・八尺瓊曲玉など。天照大神から瓊瓊杵尊に授けられたものと伝える。鏡は伊勢神宮に、剣は熱田神宮に、玉は宮中奉安され、また宮中には鏡と剣の模造品がある。総称して「あまつしるし」「神璽」とも。

三種の神器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 15:34 UTC 版)

三種の神器(さんしゅのじんぎ[1]、さんしゅのしんき[2]、ほか)は、日本神話において、天孫降臨の際にアマテラス(天照大神)がニニギ(瓊瓊杵尊、邇邇芸命)に授けた三種類の宝器[注 1]であるところの)、すなわち、八咫鏡(やたのかがみ)・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ、別名:草薙剣、読み:くさなぎのつるぎ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の総称である[3][4]




注釈

  1. ^ 宝器”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  2. ^ 伝世(でんせい)とは、後世に伝えること[5]。子々孫々に受け継ぐこと[5]  出土品を始めとする考古遺物の場合、守り伝える者がいなくなることで価値が怪しくなるか無くなり、時間と空間の試練を受けて忘れ去られたり物理的に埋もれたりしたのち、発見を経て価値を再評価される物が多いが、伝世品というものには、少なくとも伝世され始めてから無価値になった時期が存在しない。(神話のほうでなく、歴代天皇が守り伝えているほうの)三種の神器は、世界史上にも特筆されるべき伝世品である。
  3. ^ 忍坂大中姫”. コトバンク. 2019年11月8日閲覧。
  4. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “群卿”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  5. ^ a b 平凡社世界大百科事典』第2版. “マヘツキミ”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  6. ^ 日嗣の御子”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  7. ^ a b 百官・百寮”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  8. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “御席/御座”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  9. ^ a b 天つ日嗣”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  10. ^ 中臣寿詞”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  11. ^ 前例に倣った読みでは、「皇后、即天皇位。」は「皇后(きさき)、即天皇位(あまつひつぎしろしめ)す。」となる。つまり、(天武天皇の)皇后であった鸕野讃良皇女が天皇に即位したということ。
  12. ^ 伊勢の八咫鏡は式年遷宮と同時に壊され代替わりするという説がかつてウィキペディアに書かれたことがあるが、論拠不明で、そのような事実は無い。これは明らかに神宝(伊勢神宮での用語では天照大神の日常の宝具)の中の一つである鏡と混同した説である。
  13. ^ 熱田神宮の草薙剣は、1945年8月21日から同年9月19日までの間、アメリカ軍占領に備えるとして、飛騨一宮水無神社に仮遷座された。

出典

  1. ^ 三種の神器”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “三種の神器”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』. “三種の神器”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  4. ^ 平凡社百科事典マイペディア』. “三種の神器”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  5. ^ a b 伝世”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  6. ^ 神器”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  7. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “三種の神器”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  8. ^ a b 三省堂大辞林』第3版. “三種の神器”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  9. ^ a b 剣璽”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  10. ^ 焼津”. コトバンク. 2019年11月5日閲覧。
  11. ^ 御祭神”. 公式ウェブサイト. 焼津神社. 2019年5月6日閲覧。
  12. ^ 日本書紀巻第十三 雄朝津間稚子宿禰天皇 允恭天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  13. ^ まへつきみ”. 『学研全訳古語辞典』. Weblio. 2019年11月5日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 酒井 2003, p. 8.
  15. ^ a b c d e f g h i 稲田 2013.
  16. ^ 日本書紀巻第十五 白髮武廣國押稚日本根子天皇 淸寧天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  17. ^ 日本書紀巻第十五 弘計天皇 顯宗天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  18. ^ 日本書紀巻第十七 男大迹天皇 繼體天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  19. ^ 日本書紀巻第十八 廣國押武金日天皇 安閑天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  20. ^ 日本書紀巻第廿二 豐御食炊屋姬天皇 推古天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  21. ^ 日本書紀巻第廿三 息長足日廣額天皇 舒明天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  22. ^ a b c 酒井 2003, p. 9.
  23. ^ 日本書紀巻第廿五 天萬豐日天皇 孝德天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  24. ^ 日本書紀巻第卅 高天原廣野姬天皇 持統天皇”. 日本書紀について. seisaku.bz. 2019年11月5日閲覧。
  25. ^ 相続税法第12条(相続税の非課税財産)1項1号。
  26. ^ 大村拓生 「一〇〜一三世紀における火災と公家社会」 (『日本史研究』第412号. 1996年. 3頁以下)[リンク切れ]





三種の神器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三種の神器」の関連用語

三種の神器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三種の神器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三種の神器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS