模造品とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 品物 > 模造品の意味・解説 

模造品

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

模造品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:51 UTC 版)

模造品とはオリジナルのものに似せてつくったもののこと。合法のものと非合法のものがある。




「模造品」の続きの解説一覧

模造品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:24 UTC 版)

ファミリーコンピュータ ディスクシステム」の記事における「模造品」の解説

ディスクシステム発売後まもなく、三才ブックスバックアップ活用テクニック誌上ディスクコピー法が紹介され後に各社からディスクの模造品が発売された。このようなディスク書き換えそのもの技術的に可能だが、店頭ディスクライターでの書き換え拒否された。そのため、後に非正規ルート出回ったディスクシステムのコピーツールを使って不正コピーするために使われた。また、コピーツールがなくても、ディスクカード分解してディスク非正規のものと磁性体交換することで、ディスクライターでの書き換え可能だった任天堂はこれに対抗してその後ディスクシステム本体プロテクト施したが、中にはそのプロテクトを外す業者がおり、さらには「ディスクワッカー」と呼ばれるプロテクト回避するアタッチメントまで発売された。さらには、ライトワンスメディアのデュプリケーターのような2ドライブ内蔵型コピーマシン製造されモグリ書き換え業者現れたまた、この非純正ディスク任天堂認可ソフトウェアにも用いられた。ハッカーインターナショナルディスクなど正規ルートでは出せないアダルト要素を含むものや、市販のソフトを解析しキャラクタープログラム書き換える改造ツール一部売られていた。

※この「模造品」の解説は、「ファミリーコンピュータ ディスクシステム」の解説の一部です。
「模造品」を含む「ファミリーコンピュータ ディスクシステム」の記事については、「ファミリーコンピュータ ディスクシステム」の概要を参照ください。


模造品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/19 02:18 UTC 版)

ジープ帽」の記事における「模造品」の解説

ジープ帽デザインラッパースケートボーダーなどを中心に一般ファッションにも取り入れられており、ナイキなどのスポーツ用品業者でもジープ帽製造している。これらはおおむね官給品倣ったデザイン取り入れているが、一方で材質ウールよりも安価なアクリル使用される事が多く色も多様で刺繍ワッペンなどのワンポイント加えられていることも多い。

※この「模造品」の解説は、「ジープ帽」の解説の一部です。
「模造品」を含む「ジープ帽」の記事については、「ジープ帽」の概要を参照ください。


模造品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 20:53 UTC 版)

不死の猟犬」の記事における「模造品」の解説

ベクターRDS患者もしくはその女児が12歳以下内に特殊な方法不死の血埋め込むと、再生能力持ったり帯を使えるようになる。しかしその能力は“不死の猟犬”には遠く及ばないため、“模造品”と呼ばれる。男や大人の女不死の血与えると帯は出ず再生能力のみが発現するため、復活与えられたベクターRDS広義の模造品とも言える

※この「模造品」の解説は、「不死の猟犬」の解説の一部です。
「模造品」を含む「不死の猟犬」の記事については、「不死の猟犬」の概要を参照ください。


模造品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 16:10 UTC 版)

永仁の壺事件」の記事における「模造品」の解説

永仁の壺」が話題になった時期に、瀬戸陶芸家古陶模作を得意とした加藤宇助が、「永仁の壺」の模造品を作って売り出したところ、評判となり飛ぶように売れたという。このため瀬戸他のでも、形だけ似せた程度杜撰な模造品の大量生産が行われ、全国流布した。

※この「模造品」の解説は、「永仁の壺事件」の解説の一部です。
「模造品」を含む「永仁の壺事件」の記事については、「永仁の壺事件」の概要を参照ください。


模造品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 04:05 UTC 版)

アンモライト」の記事における「模造品」の解説

アンモライト模造するのは容易ではなく、めったに行われない。しかし、あまり詳しくない人には見分けがつかない程度には似ている物質も少し存在するラブラドライト遊色効果のある長石(これもカナダ産)、broad-flashの黒オパールがそれである。なお、ラブラドライトカナダラブラドル半島発見され斜長石一種曹灰長石呼ばれる石である。一定の方向色の付いた閃光を放つ性質があるフィンランド産のラブラドライトスペクトロライトとも呼ばれる。 どれも完全に納得させられる代用品とはなりえないし、黒オパール至ってはアンモライトよりも価値が高い。実際アンモライトはしばしは黒オパールの模造品として使われている。 よくあるガラスベースのオパール模造品であるslocum石は、上のものほど似てはいないが可能性はある。ラブラドライトの場合は青または紫のものが普及性が高い。アンモライトでは遊色効果はわりと限定的であるのに対し、青、紫のラブラドライトおよびオパールにおいては、石全体にわたって虹色見られるslocum石では遊色効果金モールパッチ形をなす。模造品では石は透明ないし特定の角度から見る半透明なのだが、アンモライト全体的に不透明であるから、見た目構造もかなり違う。 地質学的にいうと、アンモライト貝殻ベース大理石分類される。同じグループにはlumachellaまたは"fire marble"が含まれる。これは化石化したカキカタツムリの殻でできた、アンモライト似た遊色効果大理石である。lumachellaはイタリアオーストリア産出するのだが、宝石として利用されることはほとんどなく、むしろ壁などの化粧仕上げ装飾モザイク使われる。lumachellaの遊色効果断片的で、アンモライト光沢ほどには鮮明ではない。こうした違いにも関わらず、lumachellaはアンモライト同義であると考えている人もいる。 主に青緑遊色効果を持つアワビ貝殻は、模造品として最後の可能性である。これら腹足類食用商業的に養殖されているので、アワビ貝殻安価で大量に入手できる。その貝殻構造特徴的である:青、緑、ばら色波状の帯がコンキオリンこげ茶色の帯で縁取られている。コンキオリンとは、貝殻固めているタンパク質に富む物質アワビ貝の光沢磨かれたアンモライトガラス状の光沢というよりも、むしろ絹状光沢であり、その色もアンモライトにはあまり似ていない。しかし、アワビ貝を染色し人造水晶透明なキャップをかぶせることでアンモライトと同じ二重層構造作ることは、既になされている。こうして出来た二重層はかなり見た目そっくりになるので模造オパールにも利用されている。拡大鏡観察すると、ほとんどのアワビ二重層は特定のエリア濃縮された染料と、貝殻-水晶接合面に空気の泡が溜まっているのが観察される

※この「模造品」の解説は、「アンモライト」の解説の一部です。
「模造品」を含む「アンモライト」の記事については、「アンモライト」の概要を参照ください。


模造品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 15:38 UTC 版)

メープルシロップ」の記事における「模造品」の解説

カエデ樹液由来でないシロップベースに、メープルシロップ配合するなどしてメープルシロップ風に調製した「ケーキシロップ」や「パンケーキシロップ」も市販されている。 メープルシロップ高級品あるため原材料含まれていない、あるいはわずかにしか含まれていないにもかかわらずメープル」と表示したり、それと示唆する製品少なからずある。

※この「模造品」の解説は、「メープルシロップ」の解説の一部です。
「模造品」を含む「メープルシロップ」の記事については、「メープルシロップ」の概要を参照ください。


模造品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 01:00 UTC 版)

トルコ石」の記事における「模造品」の解説

トルコ石人造の模造品を最初に作ったのは、明らかにエジプト人である。エジプト人は、磨いたファイアンス焼き陶器用いていた。後には、ガラスエナメル用いられた。 近代ではさらに洗練されたセラミックス磁器プラスチックならびにさまざまな組み立て圧縮接着および焼結された材料さまざまなアルミニウム化合物)が開発されている。後者例としてオレイン酸着色し沈殿させたリン酸アルミニウムでできている「ウイーントルコ石」、bayeriteとリン酸アルミニウム混合物「ネオリス」というのがある。こうした製品ほとんどは物性化学特性において自然のトルコ石とは明らかに異なる。しかし、1972年にピエール・ギルソンは真の合成過程極めて近いものを開発した使っている結合剤が違うために化学組成本物とは異なるので、合成品というよりも模擬製品simulantというべきものである)。ギルソントルコ石は、均一な色合いと、黒い「蜘蛛の巣状の基質」を備えており、天然ネバダのものとは似ていない脈状配列を持つ。 今日目にするもっとも一般的なトルコ石の模造品は、染色されハウライトマグネサイトである。どちらも自然な態で白色である。前者トルコ石似た(それらしい)黒い脈状配列を持っている。染色され玉髄碧玉大理石は、それぼど一般的ではないし、あまりそれらしくない。その他の天然素材で、トルコ石間違えことがある、あるいはトルコ石代用として用いられることがあるのは、バリッシャー石ファウスト石(トルコ石亜鉛置き換わったもの)、珪孔雀石(特に石英含有しているもの)、天藍石菱亜鉛鉱異極鉱ウォード石、および、藍鉄鉱置き換わったために青い色に着色された、「歯トルコ石」と呼ばれる化石の骨または歯など。今日ではほとんど目にすることはないが、歯トルコ石かつては特にトルコ石代用品として、南フランス大量に採掘されていた。 こういった偽物は、第一に拡大鏡用いた破壊の表面構造検査を始めとするいくつも検査用いれば宝石学者なら見分けられる模様のない青白い背景に、白っぽい斑点またはまだらが見えるのが、天然トルコ石典型的な外見である。一方で人造の模造品は、色(一様な濃い青のことが多い)、模様粒子状または砂糖であることが多い)の両方根本的に違っているのであるガラスプラスチックは、透明度がずっと高く、しばしば表面からすぐ内側に泡や流れ線が見える。染色された模造品では、結晶粒界染料のしみが見えことがある。 しかし、破壊検査必要な場合もある。例えば、希塩酸加えると、歯トルコ石炭酸塩マグネサイトでは泡が出るし、ハウライト緑色呈する一方加熱プローブ用いると、プラスチックならば特有の刺激臭が出る。比重屈折率光吸収吸収スペクトル明らか)、およびその他の物理特性光学特性また、識別の手と考えられる。 模造品のトルコ石は非常に広く普及しているので、本物トルコ石より数においてはるかに上回っているだろう。ネイティブアメリカンチベット人の「正真正銘の」宝石用いられる素材ですら、模造品か、よくてかなり人工的な処理が加えられものである

※この「模造品」の解説は、「トルコ石」の解説の一部です。
「模造品」を含む「トルコ石」の記事については、「トルコ石」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「模造品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「模造品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



模造品と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「模造品」の関連用語

模造品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



模造品のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの模造品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファミリーコンピュータ ディスクシステム (改訂履歴)、ジープ帽 (改訂履歴)、不死の猟犬 (改訂履歴)、永仁の壺事件 (改訂履歴)、アンモライト (改訂履歴)、メープルシロップ (改訂履歴)、トルコ石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS