器物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 器具 > 器物の意味・解説 

うつわ‐もの〔うつは‐〕【器物】

「器(うつわ)1」に同じ。

「—をもちてその漏るを受けて」〈記・下〉

「器(うつわ)2」に同じ。

「興ある道にもすぐれ、公の—にもととのひ給へる殿にこそあれ」〈宇津保・祭の使〉


き‐ぶつ【器物】

うつわ。また、器具道具類の総称


き‐ぶつ【器物】

〔名〕 物を入れる器具また、器具類の総称としても用いられる。うつわもの道具。きもつ。

菅家文草900頃)五・石硯「文人器物、石硯玉簾前」〔史記封禅書〕


き‐もつ【器物】

〔名〕

① =きぶつ(器物)

続日本紀宝亀六年(775)一〇月壬戌大臣礼典、器物始修」

② その地位役職などにふさわし働きのできる能力才能物の用に立つ才能また、そうした能力才能をもつ人。うつわ。器量

太平記14C後)三〇「凡俗の器物に成られぬる事如何あるべからん」

遊楽習道風見(1423‐28頃)「二曲三体見聞いづれも延感を成して、不増不減得益あらん所、是器物也」


うつわ‐もの うつは‥ 【器・器物】

〔名〕

いれもの容器。うつわ。

岩淵本願四分律平安初期点(810頃)「をもちて作れる器(うツハモノ)〈略〉竹をもちて作れる器有り

器具道具什器(じゅうき)。

舞正語磨(1658)上「高砂に、まづ持たる箒四五寸も長く侍り。これは器(ウツハモノ)なれば」

楽器

御湯殿上日記文明一六年(1484)六月四日花山院右大将す楽てんしゆとて、御うつは物申いたさるる」

器量才能

書紀720安閑即位前(寛文版訓)「是の天皇人となり、墻宇(ウツハモノ)凝峻(いつくし)くして窺(うかか)ふこと得可からず」

源氏100114頃)若菜上「御くらゐにおはしまし世には齢の程も、身のうつは物もおよばず




器物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「器物」の関連用語

1
100% |||||


3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
78% |||||


8
76% |||||

9
76% |||||

10
76% |||||

器物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



器物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS