巡航ミサイルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > ミサイル > 巡航ミサイルの意味・解説 

じゅんこう‐ミサイル〔ジユンカウ‐〕【巡航ミサイル】

読み方:じゅんこうみさいる

ジェットエンジン推進力とする誘導ミサイル低空を飛ぶためレーダー捕らえにくい。


巡航ミサイル(Cruise Missiles)

有翼ミサイルで、発射から目標到達するまでの間、吸気推進システムにより一定の高度・速度飛翔する。発射地点により、空中発射巡航ミサイルALCM)、海洋発射巡航ミサイル(SLCM)、地上発射巡航ミサイル(GLCM)の3種類に分かれる

【巡航ミサイル】(じゅんこうみさいる)

ジェットエンジンパルスジェットエンジン主翼装備することで長距離飛行目標到達可能なミサイルのこと。

航空機から発射するもの、地上水上艦から発射するもの、潜水艦から発射するものなどがあり、目標となるものも水上艦建物など多様である。
主に慣性航法装置(INS)によって飛行するが、近年では地形照合装置(TERCOM)や全地球測位装置(GPS)も併せて利用するものが主流となり、命中精度は非常に高くなった。

各国の主な巡航ミサイル


巡航ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/29 23:53 UTC 版)

巡航ミサイル(じゅんこうミサイル、: cruise missile)は、飛行機航空機)のようにと推進力を持ち、長距離を自律飛行し目標を攻撃するミサイルである。


注釈

  1. ^ 水上戦闘艦だけでなく、コンテナ格納型の巡航ミサイルの開発で、貨物船からも攻撃が可能となっている[1]
  2. ^ 液体ラムジェトエンジンそのもののミサイルへの採用はアメリカ空軍ボマーク地対空ミサイルで既に行なわれている。
  3. ^ ハイフン以降はDoD番号とNATOコードネームを表す。
  4. ^ 射程450km、潜水艦からの発射にも成功している[33]

出典

  1. ^ 北村淳 (2019年4月11日). “中国の新型巡航ミサイルを米国が心底警戒する理由”. JBpress (日本ビジネスプレス). https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56042 2020年2月28日閲覧。 
  2. ^ a b c d 防衛技術ジャーナル編集部 2006.
  3. ^ a b Mahnken 2005.
  4. ^ a b c 朝雲新聞社 2018, p. 449.
  5. ^ 「マッハ9巡航弾 海上で発射成功 露が1月、タス通信」『読売新聞』朝刊2020年2月28日(国際面)
  6. ^ 関 賢太郎 (2017年12月25日). “ミサイル、「巡航」と「弾道」でなにがちがう? 射程だけじゃないそれぞれの特徴とは”. p. 3. https://trafficnews.jp/post/79263 
  7. ^ Remote Piloted Aerial Vehicles : The 'Aerial Target' and 'Aerial Torpedo' in Britain”. Ctie.monash.edu.au. 2012年2月13日閲覧。
  8. ^ Hughes, Thomas Parke. American genesis: a century of invention and technological enthusiasm, 1870–1970, p. 127. University of Chicago Press, 2004. ISBN 0226359271
  9. ^ Stoff, Joshua (2001). Historic Aircraft and Spacecraft in the Cradle of Aviation Museum. Courier Dover Publications. p. 16. ISBN 0486420418. https://books.google.ca/books?id=DANK-SZZh7YC&pg=PA16&lpg=PA16&dq=modern+aerial+torpedo&source=bl&ots=NJ4S4lYbJZ&sig=3mar-lBQUmNu8y8dJfDmFJ8OXGc&hl=en&ei=ORTGStrOJ4LY8Aa7tehC&sa=X&oi=book_result&ct=result#v=onepage&q=modern%20aerial%20torpedo&f=false 2010年2月22日閲覧。 
  10. ^ 『別冊歴史読本永久保存版 空母機動部隊』(新人物往来社)11頁
  11. ^ ミサイル技術管理レジーム(MTCR:Missile Technology Control Regime,大量破壊兵器の運搬手段であるミサイル及び関連汎用品・技術の輸出管理体制)”. 外務省ホームページ. 2017年8月19日閲覧。
  12. ^ プーチン露大統領、「無敵」の核兵器を発表”. BBCニュース (2018年3月2日). 2018年3月3日閲覧。
  13. ^ 「ロシア爆発事故、新型原子力ミサイルの実験中に発生」日本経済新聞』2019年8月13日(2020年2月28日閲覧)
  14. ^ ロシア発射の誘導ミサイル、1100発のうち最大660発が失敗か 「非常に高い失敗率」海外報道”. コリア・エコノミクス (2022年). 2022年11月26日閲覧。
  15. ^ 高射機関砲復活の目はあるか 独「ゲパルト」ウクライナへの供与でにわかにざわめく”. 月刊PANZER編集部 (2022年5月7日). 2022年12月13日閲覧。
  16. ^ ロシア軍の飛行物体を撃墜 独供与の対空砲「ゲパルト」”. AP通信 (2022年12月13日). 2022年12月13日閲覧。
  17. ^ 軍事研究』2005年3月号。
  18. ^ 共同通信(2003年1月24日)
  19. ^ Ashley J. Tellis (編集), Michael Wills (編集) Christopher W. Hughes(著) 『Strategic Asia 2005-06: Military Modernization in an Era of Uncertainty』 Natl Bureau of Asian Research p.121
  20. ^ リチャード・J・サミュエルズ『日本防衛の大戦略 富国強兵からゴルディロックス・コンセンサスまで』(日本経済新聞社)p.244,p.309
  21. ^ 巡航ミサイル導入を正式発表 「専守防衛に反しない」小野寺五典防衛相”. 産経ニュース (2017年12月8日). 2021年9月24日閲覧。
  22. ^ 防衛大臣記者会見概要 防衛省(2017年12月12日)2020年2月28日閲覧。
  23. ^ 「敵基地攻撃能力」はミスリード?森本敏・元防衛大臣が「巡航ミサイル」報道に異論も AbemaTV(2017年12月12日)2020年2月28日閲覧。
  24. ^ 「周辺国の長射程化に対応 相手の射程圏外から攻撃、離島防衛でも有用」 産経ニュース(2017年12月18日)2021年9月24日閲覧
  25. ^ a b 国産の長射程巡航ミサイル開発、政府が正式表明…射程約1000km”. 読売新聞オンライン(2020年12月18日). 2021年1月30日閲覧。
  26. ^ 政府、米ミサイル「トマホーク」導入検討 敵基地攻撃能力の装備にも:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2022年10月28日). 2022年10月28日閲覧。
  27. ^ “反撃力保有へ歴史的転換 安保3文書、長射程ミサイル配備”. 共同通信. (2022年12月16日). https://nordot.app/976392485558386688 2022年12月27日閲覧。 
  28. ^ “迫られる発射ボタン押す決断 トマホーク「矛」に集団的自衛権行使―日米同盟と反撃能力”. 時事ドットコム. (2022年12月18日). https://www.jiji.com/amp/article?k=2022121700307&g=pol 2022年12月27日閲覧。 
  29. ^ トマホーク調達、1年前倒し 25年度に、日米防衛相が一致”. 時事通信 (2023年10月5日). 2023年10月5日閲覧。
  30. ^ スタンド・オフ・ミサイルの早期整備について2023年10月5日、防衛省。2023年10月5日閲覧。
  31. ^ “【政界地獄耳】北朝鮮とロシアの接近を中国が懸念か むしろ両国と離れて外交的転換の機会かも”. 日刊スポーツ. (2023年10月17日). https://www.nikkansports.com/m/general/column/jigokumimi/news/202310170000044_m.html 2023年12月20日閲覧。 
  32. ^ Russia will refit nuclear powered guided missile cruiser with mach 5 hypersonic 3M22 missiles with 2022 deployment - NextBigFuture.com” (2016年2月21日). 2019年11月7日閲覧。
  33. ^ “パキスタン、潜水艦発射巡航ミサイル実験成功”. 『日本経済新聞』電子版. (2017年1月10日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09HAS_Z00C17A1FF8000/ 
  34. ^ a b JSF (2023年3月28日). “北朝鮮の巡航ミサイル「ファサル1」「ファサル2」”. Yahoo!ニュース. 2024年2月18日閲覧。
  35. ^ a b c d 能勢伸之 (2024年2月18日). “北朝鮮が巡航ミサイル“連続”発射 “高度30m以下”の捕捉困難なミサイルも…日米の迎撃体制は【日曜安全保障】”. FNNプライムオンライン. 2024年2月18日閲覧。


「巡航ミサイル」の続きの解説一覧

巡航ミサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 06:48 UTC 版)

ミサイル」の記事における「巡航ミサイル」の解説

巡航ミサイル (CM:英: cruise missile)は発射プラットフォームかかわらず大気圏内を目標まで水平に動力飛行するミサイルのうち、特に射程長いミサイルである。長距離飛翔するために固定翼航空機同等に主翼ジェットエンジン備えることが多く長い航続距離を得る代わりに音速以下での揚力による飛行を行うものが多い。破壊対象地上目標もしくは艦船であり、長距離対地ミサイル対艦ミサイル別称といえる航空機同様に撃墜避けるために低空飛行を行うことが求められ地表高度に沿いながら防空レーダー網を左右に避けながら複雑な飛行ルートを行うなどの、高度な誘導装置備えることで知られている。核弾頭積んだ戦略ミサイル通常弾頭積んだ戦術ミサイルがある。ステルス性能の向上と並んで超音速巡航能力求められており、2008年現在はいくつかの超音速巡航ミサイル配備始まっているとされている。

※この「巡航ミサイル」の解説は、「ミサイル」の解説の一部です。
「巡航ミサイル」を含む「ミサイル」の記事については、「ミサイル」の概要を参照ください。


巡航ミサイル(500点・DXのみ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:50 UTC 版)

スカイキッド」の記事における「巡航ミサイル(500点・DXのみ)」の解説

特定の場所で宙返りする出現画面上方を左から右へ横切る。攻撃はしてこない

※この「巡航ミサイル(500点・DXのみ)」の解説は、「スカイキッド」の解説の一部です。
「巡航ミサイル(500点・DXのみ)」を含む「スカイキッド」の記事については、「スカイキッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「巡航ミサイル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「巡航ミサイル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



巡航ミサイルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「巡航ミサイル」の関連用語

巡航ミサイルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



巡航ミサイルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
外務省外務省
Copyright©: 2024 Ministry of Foreign Affairs of Japan
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの巡航ミサイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミサイル (改訂履歴)、スカイキッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS