ジャイロスコープとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > ジャイロスコープ > ジャイロスコープの意味・解説 

ジャイロスコープ【gyroscope】

読み方:じゃいろすこーぷ

物体向き角速度検出する計測器重心中心にある円板状のこまを、互いに直交する三つの軸の周り回転する金属環の内側支え、こまが空間自由に回転できるようにしたもの。現在は、従来機械式代わり音叉(おんさ)のような振動する物体にかかるコリオリの力検出する振動式や、レーザー位相差検出する光学式のものが使われることが多い。回転儀ジャイロジャイロセンサー

ジャイロスコープの画像
ジャイロスコープの原理応用した地球独楽」/撮影朝倉秀之
「ジャイロスコープ」に似た言葉

ジャイロスコープ

その軸がどの方向にも自由に回転できるように備え付けられた重い輪又は円板回転ジャイロスコープはその軸の方向変化妨害するように働く。重力2つ物体の間の引き合う力で、これは2つ物体質量その間の距離に影響される

ジャイロスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/18 19:36 UTC 版)

ジャイロスコープ: gyroscope)とは、物体の角度(姿勢)や角速度あるいは角加速度を検出する計測器ないし装置。ジャイロ、またはジャイロセンサと呼ばれることもある)。




「ジャイロスコープ」の続きの解説一覧

ジャイロスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 16:19 UTC 版)

フーコーの振り子」の記事における「ジャイロスコープ」の解説

レオン・フーコーは、振り子実験ついて数学者のルイ・ポワンソー(英語版)との間で議論交わしその中で振り子代わりに回転する物体使えばより小型な装置地球の自転観測できることに考え至った回転体ローター)として真鍮製のトーラス中心に金属円盤取り付け、軸を貫通させたものであった。この回転体ジンバル固定したフーコーは「回転を見る」というラテン語から「ジャイロスコープ」と命名した。 ジャイロスコープは専用起動装置使って回転体高速回転与える必要があった。起動時特定の方向回転体姿勢を保つが、時間経過する地球の自転と共に回転体向き移動するように見えたフーコー製作したジャイロスコープは、10程度しか回転体ローター)の回転持続しなかった。このため地球の自転影響観測するためには顕微鏡用いた実際には、ドイツ数学者のヨハン・ボーネンベルガー(英語版)が、1817年回転体として球体使ったジャイロスコープを論文とし投稿しており、ボーネンベルガーの作成した装置自体それ以前から存在していた。フランス数学者ピエール=シモン・ラプラスシメオン・ドニ・ポアソンはボーネンベルガーの装置について存在知っていた。特にポアソン1813年回転体動力学解析に関する論文の中でボーネンベルガーの装置使った説明行っている。従って、フーコーのジャイロスコープはボーネンベルガーの装置ベースとして改良したものだと推定されている。

※この「ジャイロスコープ」の解説は、「フーコーの振り子」の解説の一部です。
「ジャイロスコープ」を含む「フーコーの振り子」の記事については、「フーコーの振り子」の概要を参照ください。


ジャイロスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 05:02 UTC 版)

姿勢制御」の記事における「ジャイロスコープ」の解説

外部観測せずに3次元回転検出する機器以前回転する円盤持った機械式のジャイロスコープを使っていたが、今ではミラー式を経て光ファイバー使った光学式のレーザー・リング・ジャイロスコープもある。これらはサニャック効果利用している。ジャイロスコープは回転変化検出するだけであるため、初期方向設定する必要がある。ジャイロスコープは徐々に誤差拡大してくため、時折修正する手段が必要である。正し姿勢把握できる時間せいぜい10時以内とされている。

※この「ジャイロスコープ」の解説は、「姿勢制御」の解説の一部です。
「ジャイロスコープ」を含む「姿勢制御」の記事については、「姿勢制御」の概要を参照ください。


ジャイロスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 06:08 UTC 版)

九一式魚雷」の記事における「ジャイロスコープ」の解説

ジャイロスコープは、ロール角度をリアルタイム検出する。そしてこのジャイロは、本装置内部中心左右にスライドする棒状パイロット弁(パイロット・バルブ)にロール傾き検出角度比例するプッシュプル制御操作入力する

※この「ジャイロスコープ」の解説は、「九一式魚雷」の解説の一部です。
「ジャイロスコープ」を含む「九一式魚雷」の記事については、「九一式魚雷」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジャイロスコープ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ジャイロスコープ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ジャイロスコープと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャイロスコープ」の関連用語

ジャイロスコープのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジャイロスコープのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2024.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャイロスコープ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフーコーの振り子 (改訂履歴)、姿勢制御 (改訂履歴)、九一式魚雷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS