櫛とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > の意味・解説 

しつ【×櫛】

人名用漢字] [音]シツ(漢) [訓]くし くしけずる

くし。「櫛比

くしけずる。「櫛風沐雨(しっぷうもくう)」

難読櫛笥(くしげ)


くし【×櫛/×梳】

《「串(くし)」と同語源》髪の毛をすいたり、髪に挿して飾りに使ったりする道具黄楊(つげ)・竹・鼈甲(べっこう)・合成樹脂などで作る。「髪に―を入れる」

櫛/梳の画像
(1)から毛筋立て、挽き櫛、鬢出し梳き櫛鬢櫛

櫛 (くし)

櫛 牛馬の手入れ用の木櫛である。主に馬のたてがみと、尾の整毛に使用した。この他の手入れ用具は、フケ取り用の金櫛や刷毛がある。家畜使役したあと、金櫛をかけ、次いで刷毛で畜体を上下摩擦することによって、血液循環をよくし寄生虫害虫駆除するのが、この手入れの目的である。この手入れ用具は現在でも使用されている。長さ15.5cm、幅5cm、櫛の長さ3cm、重さ0.05kgである。

読み方:クシ(kushi)

髪をすく用具


くし 【櫛】

頭髪をすいたり髪飾りにしたりする櫛は、日本では玉串の串に通じるとして、神霊依代とも考えられていた。櫛に関する俗信多く、もらったり拾ったりするのは「苦をもたらす」として嫌った。投げると縁が切れるとされる。昔、皇女伊勢賀茂神社斎宮として赴く際、天皇与える「別れ御櫛」の儀は有名。櫛は魔除になるなど、地方により種々の俗信がある。昔は、これで占いもし櫛占といい、若い女性が「逢うことを問うや夕げのうらまさに黄楊の小櫛もしるし見せなん」などの歌を三唱し、米をまいて櫛の歯を三度鳴らし、定め範囲内に来た人の言葉を聞いて吉凶判じた。

作者ヴェイヨ・メリ

収載図書現代北欧文学18人集
出版社新潮社
刊行年月1987.9


作者津村節子

収載図書惑い
出版社読売新聞社
刊行年月1987.10

収載図書惑い
出版社文芸春秋
刊行年月1990.10
シリーズ名文春文庫


作者山手樹一郎

収載図書浪人人生
出版社東京文芸社
刊行年月1988.7
シリーズ名人生シリーズ

収載図書春の虹うぐいす侍
出版社光風出版
刊行年月1991.4

収載図書競作 黒門町伝七捕物帳
出版社光文社
刊行年月1992.2
シリーズ名光文社時代小説文庫

収載図書二十年目の熱情
出版社桃園書房
刊行年月1994.3
シリーズ名桃園文庫

収載図書浪人まつり恋の酒
出版社光風出版
刊行年月2001.8
シリーズ名光風文庫


作者片山廣子

収載図書燈火節随筆+小説
出版社月曜社
刊行年月2004.11


作者曽原紀子

収載図書遮断機―Shaadanki
出版社鉱脈社
刊行年月2008.3


作者小川未明

収載図書小川未明幽霊船文豪怪談傑作
出版社筑摩書房
刊行年月2008.8
シリーズ名ちくま文庫


読み方:くし

  1. 塩鮭ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・山形県
  2. 塩鮭。〔第六類 器具食物
  3. 塩鮭を云ふ。〔山形県
  4. 塩鮭のこと。

分類 山形県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 02:06 UTC 版)

(くし)は、を梳(と)いて髪型を整えたり、髪を飾ったりする道具。英語でコーム (comb) と呼ぶこともある。




  1. ^ 【モノごころ ヒト語り】櫛(くし)長い黒髪守る細かい歯『日本経済新聞』夕刊2018年11月17日(社会・スポーツ面)2018年12月2日閲覧。
  2. ^ 『世界の櫛』ポーラ文化研究所、山村博美、村田孝子、津田紀代、増田佳江〈ポーラ文化研究所コレクション〉、1996年1月20日、102頁。ISBN 4-938547-33-32008年10月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 山形県立博物館ニュース 第99号 山形県立博物館、2019年10月1日閲覧。
  4. ^ 国内最古の木製くし出土 佐賀市の東名遺跡”. 共同通信 (2006年10月18日). 2008年10月10日閲覧。
  5. ^ a b 沼津市歴史民俗資料館資料館だより vol.36 No.4 沼津市歴史民俗資料館、2019年10月1日閲覧。
  6. ^ 一例として、QBハウスとは(2018年8月16日閲覧)。
  7. ^ 伊藤伸史「和泉櫛のロマンひもとく◇義父の技に魅せられて1500年以上の歴史に迫る◇」『日本経済新聞』朝刊2018年8月16日(文化面)2018年8月16日閲覧。


「櫛」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/08/06 02:45 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



櫛と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「櫛」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

櫛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



櫛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの櫛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS