俗信とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 伝承 > 言い伝え > 俗信の意味・解説 

ぞく‐しん【俗信】

読み方:ぞくしん

自然現象などに対する観察・経験・解釈から起こり蓄積され知識予兆禁忌呪術卜占(ぼくせん)・憑(つ)き物・妖怪など。


俗信

読み方:ゾクシン(zokushin)

宗教中に包摂しえない非合理的な心意伝承


俗信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 00:55 UTC 版)

俗信(ぞくしん)とは、社会において広く流布され伝承されてきた、ものごとの捉え方や考え方、また考えられた内容を言う。なぜ、そのような把握や考えが妥当かということについては、「昔からそう言われている」というような歴史的な継承性や、社会的な流布性の事実を根拠にする。




「俗信」の続きの解説一覧

俗信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 22:49 UTC 版)

平尾山」の記事における「俗信」の解説

平尾冠」(ひらおかんむり)といわれるように、山頂冠状がかかると晴れになるという。また、浅間帯に平尾頭巾晴れ」ともいう。浅間山に帯のようながあり、平尾山頂上に頭巾のようながあれば晴れるという。 平尾山雨乞いあまごい)の山でもあり、雨が降るように祈ると叶うという。また平尾山大きな火を燃やすと雨が降るといい、日照り際には山でワラ枯れ枝燃やして雨乞いをした。 平尾山は、デイランボウという巨人が土を運んでいるときにこぼれてできたという民話がある。また、下平尾地区にはデイランボウの足跡という丸い水田がある。

※この「俗信」の解説は、「平尾山」の解説の一部です。
「俗信」を含む「平尾山」の記事については、「平尾山」の概要を参照ください。


俗信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/30 08:03 UTC 版)

アルタイル」の記事における「俗信」の解説

東洋 天の川挟んで向かい合うこと座ベガ織姫星とともに彦星として七夕伝説形成する西洋 西洋占星術では爬虫類による危害を表すとされた。

※この「俗信」の解説は、「アルタイル」の解説の一部です。
「俗信」を含む「アルタイル」の記事については、「アルタイル」の概要を参照ください。


俗信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/10 20:34 UTC 版)

「輔」の記事における「俗信」の解説

中国天文星占い)では、輔星が通常より明るく見えるときは、宰相謀反疑われた。アルコルにしろ81番星にしろ変光星ではないので、そのようなこと物理的に有り得ないが、輔星がアルコルだとしたら空の状態によって、すぐ近くにある明るミザールとの見え方違い見られることも考えられる日本ではアルコルを 「じゅみょうぼし」(寿命星)、「しじゅうぐれ」(四十暮)などと呼び、この星が見えなくなる死期が近いと考えていた地方がある。これは、老化による視力衰え示したものである唐代成立した酉陽雑俎』 には輔星を見なかった者は長生きできぬと、日本の俗信と違い見られる漫画 『北斗の拳』登場する死兆星」 は、この和名の寿命星がモデルである。ただし死兆星の場合は見えるようになる死期が近いと実際とは逆の設定になっている

※この「俗信」の解説は、「輔」の解説の一部です。
「俗信」を含む「輔」の記事については、「輔」の概要を参照ください。


俗信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 08:07 UTC 版)

明治紀念之標」の記事における「俗信」の解説

次のような迷信語られている。 息を止めて像の周りを3周すると、願い事叶う。 像の鼻の孔から覗いて空が見えたら試験に合格する。 像の後頭部小さな穴があり、鼻の孔から覗くと空が見えることを旧制四高第四高等学校)の学生発見しゲン担ぎとして広まったもの。1990年平成2年)の台座改修工事の際、あわせて孔がふさがれたため、その後鼻の孔を覗いて空を見ることはできない

※この「俗信」の解説は、「明治紀念之標」の解説の一部です。
「俗信」を含む「明治紀念之標」の記事については、「明治紀念之標」の概要を参照ください。


俗信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 06:53 UTC 版)

韋駄天」の記事における「俗信」の解説

捷疾鬼仏舎利奪って逃げ去った時、これを追って取り戻したという俗伝から、よく走る神、盗難除けの神として知られる転じて足の速い人の例えにされ、「韋駄天走り」などといわれる。しかしこれはあくまでも俗説である。おそらくは涅槃経』後分に帝釈天が、仏の荼毘処に至って二牙拾得したが、二捷疾羅刹のために一牙を奪われたという記述に起因するものであるといわれる韋駄天釈尊のために方々駆け巡って食物集めたとの俗信に由来して、「御馳走ごちそう)」という言葉出来た

※この「俗信」の解説は、「韋駄天」の解説の一部です。
「俗信」を含む「韋駄天」の記事については、「韋駄天」の概要を参照ください。


俗信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 23:52 UTC 版)

天気雨」の記事における「俗信」の解説

天気雨に関する俗信は世界各地存在する代表的なもの天気雨動物結婚結びつけるもので、日本の狐の嫁入り」の他、アフリカではジャッカルアラビア語圏一部では鼠、ブルガリア一部では熊、大韓民国では虎が結婚するとされるイタリアカラブリア州サレント半島イギリス南西部では日本同じく結婚すると言われる因みに日本の狐の嫁入り」は「晴れの日滾々コンコン)と降る」という意味駄洒落でもある。(要出典ベラルーシポーランドロシアウクライナ間に位置するポレーシエ地方では、「ユダヤ人婚礼」、「ジプシー婚礼」、あるいは「悪魔の婚礼」とされており、動物ではこんな日に嫁入りするのは、熊だと言われている。つまり、スラヴでは天気雨日に婚礼挙げるのはふつうの人間ではない考えられていることになる。 また悪魔魔女結びつける俗信もあり、トルコでは天気雨のときに悪魔結婚するとされ、ポーランドでは魔女バター作っているという伝承がある。

※この「俗信」の解説は、「天気雨」の解説の一部です。
「俗信」を含む「天気雨」の記事については、「天気雨」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「俗信」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「俗信」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



俗信と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

俗信のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



俗信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの俗信 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの平尾山 (改訂履歴)、アルタイル (改訂履歴)、輔 (改訂履歴)、明治紀念之標 (改訂履歴)、韋駄天 (改訂履歴)、天気雨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS