消化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 消化 > 消化の意味・解説 

しょう‐か〔セウクワ〕【消化】

読み方:しょうか

[名](スル)

生体体内食物吸収しやすい形に変化させること。また、その過程多くの動物では消化管内で、消化器運動物理的消化)、消化液作用化学的消化)、腸内細菌作用生物学的消化)などによって行われる。「―のいい食べ物」「よくかまないと―に悪い」

理論知識などをよく理解して自分のものとして身につけること。「本の内容を―する」

たまった仕事商品をさばくこと。「国内市場では―しきれない過剰在庫」「スケジュールを―する」

形がなくなって他のもの変化すること。

人の魂気…火尽きとなってにのぼり、気とともに―して」〈読・英草紙・三〉


消化

読み方:ショウカ(shouka)

生物食物吸収しすいよう変化させるはたらき


消化

「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  浮遊生物  浸透  浸透圧調節  消化  液性調節  淘汰  淡色効果

消化

読み方:こなす

  1. 〔犯〕盗品処分すること。
  2. 贓品をさばくこと。〔掏摸
  3. 賍品処分形容語。〔盗〕

分類 掏摸犯罪者、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

消化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 10:15 UTC 版)

消化(しょうか、: digestion)とは、生物が外部から摂取した物質を分解処理して、利用可能な状態にする過程のことである[1]。消化は、生体の体内や体外、細胞内または細胞外の様々な場所で行われる。消化の方法としては、機械的に破砕する物理的消化や、コロイドや分子レベルにまで分解する化学的消化が存在し、消化器ごとにも分類される[1]


注釈

  1. ^ この説明だけでは微生物を住まわせている動物だけに利益があるように見えるかもしれない。しかし、微生物側から見た場合、消化管内は有機物が次々と流れてくる場所であり、しかも、例えば恒温動物であれば温度が一定範囲の保たれた場所であるなど、住家として利用しているという意味において共生なのである。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 生化学辞典第2版、p.648 【消化】
  2. ^ Abelilla JJ, Stein HH (2019-01). “Degradation of dietary fiber in the stomach, small intestine, and large intestine of growing pigs fed corn- or wheat-based diets without or with microbial xylanase”. J Anim Sci 97 (1): 338–352. doi:10.1093/jas/sky403. PMC 6313383. PMID 30329141. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6313383/. 
  3. ^ a b c 横大路智治「食物アレルゲンの吸収機構の解明と食物アレルギーの発症に関する研究」『膜』第40巻第5号、2015年、 284-290頁、 doi:10.5360/membrane.40.284NAID 130005249025
  4. ^ a b Husby S, Foged N, Høst A, Svehag SE (1987-09). “Passage of dietary antigens into the blood of children with coeliac disease. Quantification and size distribution of absorbed antigens”. Gut 28 (9): 1062–72. doi:10.1136/gut.28.9.1062. PMC 1433239. PMID 3678964. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1433239/. 
  5. ^ Husby S, Jensenius JC, Svehag SE (1985-07). “Passage of undegraded dietary antigen into the blood of healthy adults. Quantification, estimation of size distribution, and relation of uptake to levels of specific antibodies”. Scand J Immunol 22 (1): 83–92. doi:10.1111/j.1365-3083.1985.tb01862.x. PMID 4023632. 
  6. ^ 山田和彦、炭水化物の消化・吸収・発酵とその利用 栄養学雑誌 2001年 59巻 4号 p.169-176, doi:10.5264/eiyogakuzashi.59.169
  7. ^ Bogart & Ort (2011)、p.102-105、5.腹部 大腸(結腸)
  8. ^ a b 佐藤・佐伯(2009)、p.134-136、第6章 消化と吸収 2.消化と吸収 5)大腸large intestineの構造と機能
  9. ^ 坂田隆、市川宏文、短鎖脂肪酸の生理活性 日本油化学会誌 1997年 46巻 10号 p.1205-1212, doi:10.5650/jos1996.46.1205
  10. ^ 永瀬治彦、セルロース攝取の人体腸内細菌ビタミンB_1合成に及ぼす影響 ビタミン 1953年 6巻 p.863-867, doi:10.20632/vso.6.0_863
  11. ^ 飯沼さち子、腸内細菌によるビタミンB_2の合成(第3報) ビタミン 1952年 5巻 p.96-102, doi:10.20632/vso.5.0_96



消化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 05:24 UTC 版)

スキピオニクス」の記事における「消化」の解説

スキピオニクス消化管一般に短く幅広い腸の全長予期されたものより短く、短い腸で効率よく消化されていたことが示唆されるケルクリング皺襞により消化面を増やすことで効率よくしていた可能性がある。ダル・サッソとMaganucoは消化管短かったということが必ずしも消化が短時間で行われたことを意味するわけではない強調した適切に消化されるまで腸内保持されていた可能性あるからである。現生捕食性脊椎動物ではエネルギー換算75%の獲物の肉を消化、吸収することが出来る胃の所にあった骨は胃酸による腐食を受けておらず、この食物当日摂取されものであることを示唆する。胃から腸への出口これらの骨がそのまま通過するには狭すぎるため、若く成長中動物多く必要とされる栄養素であるカルシウムを骨から溶出するのには酸が使われ可能性が高い現生脊椎動物では胃より後消化器では骨をこれ以上消化することが出来ない残ったもの後で吐き出されたのだろう。しかし、腸内椎骨存在することから胃の出口広くこの点では非鳥獣脚類吹き戻しをする現生主竜類よりも鱗竜形類に似ていたことを示唆する。 このことは大型獣脚類糞石に骨が多く含まれることから確証される。には多量のカルシウム含まれており、雛が本能的にそれを求めていた可能性がある。あるいは、親が与えていた可能性がある。糞に皮膚含まれていたのは消化が困難であったためと予想される胃の中の大型の鱗竜類残骸噛み砕かれ、より消化されやすい状態になっていた。雛が噛み砕くのは困難であり、捕食者スカヴェンジャーよりきれいに引き裂かれ簡単に飲み込めるようになった死体にたまたま出くわすこともありそうにないため、ダル・サッソとMaganucoはこれが親による世話があったことを強く示唆するものだと考えた

※この「消化」の解説は、「スキピオニクス」の解説の一部です。
「消化」を含む「スキピオニクス」の記事については、「スキピオニクス」の概要を参照ください。


消化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/20 04:59 UTC 版)

肉食性カイメン」の記事における「消化」の解説

餌は体表から取り込まれ消化される多細胞動物において、決まった口も消化器官もなくて消化が行われる例はきわめて独特である。消化の過程三段階に分かれる(Vacelet & Duport(2004)p.184)。 最初の段階 最初の12-24時間、餌はカイメン体表埋没した状態になる。これは移動してた長伸びた細胞の膜によるが、この細胞カイメン表面を覆う扁平細胞(pinacocyst)と同じ性質ものであるこれによって餌はカイメン本体表層部に収まる(Vacelet & Duport(2004)p.184)。 第二段階 餌の周りにはカイメン内部から原生細胞(archaeocyte)と細胞内の液胞多数細菌を含む細胞(bacteriocyte)が集まってくる。獲物大きさにもよるが、12-24時間後に消化が始まりクチクラ崩壊最初の兆候見られる共生細菌も、餌の周辺では細胞間でも細胞内でも通常に比べ遙かに密度高くなる(Vacelet & Duport(2004)p.186)。 最終段階 餌の捕獲2-4日後、甲殻類身体崩壊し、餌の部分確認できるものは原生細胞細胞(bacteriocyte)の食作用より取り込まれる細胞の場合、甲殻類破片時として共生細菌を含む液胞内部に見られるこのようにしてカイメン内部には餌に由来する判断できるものは次第見えなくなるこの時期の終わりに原生細胞細胞内部に食胞油滴増加し、また細胞液胞内から細菌放出される(Vacelet & Duport(2004)p.186)。

※この「消化」の解説は、「肉食性カイメン」の解説の一部です。
「消化」を含む「肉食性カイメン」の記事については、「肉食性カイメン」の概要を参照ください。


消化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/05 06:48 UTC 版)

鉤頭動物」の記事における「消化」の解説

鉤頭動物は口や消化管持たない。これはサナダムシにも共通する特徴であるが、この両群が近縁であるこを示すものではなく寄生性による収斂進化の例であろう成虫宿主腸の中で生活し宿主消化した栄養素体の表面から直接吸収する

※この「消化」の解説は、「鉤頭動物」の解説の一部です。
「消化」を含む「鉤頭動物」の記事については、「鉤頭動物」の概要を参照ください。


消化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 03:35 UTC 版)

小腸」の記事における「消化」の解説

小腸における消化は膵液小腸上皮細胞含まれる消化酵素2つによって行われる1日に1~1.5L分泌される膵液炭酸水素ナトリウムを含む弱アルカリ性液体で、澱粉マルトース分解するアミラーゼタンパク質ペプチド分解するトリプシンキモトリプシン脂肪脂肪酸モノグリセリド分解するリパーゼ核酸分解するヌクレアーゼを含む。十二指腸腺から1日1.5~3L分泌される腸液小腸上皮細胞消化酵素と共に消化を行う。これにはマルトースグルコース分解するマルターゼスクロースグルコースフルクトース分解するスクラーゼラクトースグルコースガラクトース分解するラクターゼ、さらにリパーゼヌクレアーゼ、そして膵液中のトリプシノゲントリプシン変えるエンテロキナーゼ含まれる1日に約500mL分泌される胆汁消化酵素含まないが、脂肪乳化し消化酵素働き助け、また脂肪分解産物吸収しやすい形に変化させる働きを持つ。胆汁はその90%以上が小腸吸収され肝臓戻される

※この「消化」の解説は、「小腸」の解説の一部です。
「消化」を含む「小腸」の記事については、「小腸」の概要を参照ください。


消化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 04:28 UTC 版)

下水処理場」の記事における「消化」の解説

濃縮汚泥嫌気性微生物作用安定化減量化するために行われる適切な運転でメタンガス得られるため、資源リサイクルの観点から再評価されている。主に、下記の方法行われる沈殿する汚泥浮上する汚泥分けて沈殿する汚泥1次消化タンク投入加温しながら1次タンク送り込み発酵させ、その後2次タンクメタン発酵させる。30日ほど滞留させ汚泥からメタンガス発生後次の処理工程汚泥脱水又は焼却堆肥化等)に移行するメタンガス発生した汚泥に、凝集剤という粘度付け薬品添加し脱水機汚泥水分固形物分離させる

※この「消化」の解説は、「下水処理場」の解説の一部です。
「消化」を含む「下水処理場」の記事については、「下水処理場」の概要を参照ください。


消化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 02:41 UTC 版)

十二指腸」の記事における「消化」の解説

胃から送られ来た食物をさらに消化し空腸へ送る。 十二指腸膵臓とも繋がっており、膵臓のファーター乳頭大十二指腸乳頭)からトリプシンキモトリプシンなどの消化酵素を含む膵液分泌されタンパク質分解され生成物であるポリペプチドペプトン)をジペプチドなどに分解するまた、脂肪胆汁による乳化作用を受けて膵液リパーゼにより十二指腸部でグリセロールグリセリン)および脂肪酸分解される。なお、胆汁を出す調節ファーター乳頭開口部にある平滑筋オッディ括約筋担っているが、このオッディ括約筋作用する消化管ホルモンコレシストキニン十二指腸から分泌される十二指腸から分泌されるエンテロキナーゼは、膵液中のトリプシノーゲン活性化しトリプシン転換する

※この「消化」の解説は、「十二指腸」の解説の一部です。
「消化」を含む「十二指腸」の記事については、「十二指腸」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「消化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

消化

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:38 UTC 版)

名詞

しょうか

  1. 生体食物吸収しやすい状態変化させること。
  2. 知識などが自分ものとなるようによく理解すること。
  3. 残さず処理すること。

発音(?)

しょ↗ーか

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
消化-する

翻訳


「消化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



消化と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消化」の関連用語

消化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2023 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
皓星社皓星社
Copyright (C) 2023 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスキピオニクス (改訂履歴)、肉食性カイメン (改訂履歴)、鉤頭動物 (改訂履歴)、小腸 (改訂履歴)、下水処理場 (改訂履歴)、十二指腸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの消化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS