タンパク質とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > タンパク質の意味・解説 

たんぱく‐しつ【×蛋白質】


タンパク質

【英】: Protein
生物の体を構成している主な成分であり、細胞主成分でもあるまた、生きていく上で非常に重要な機能を果たすのがタンパク質である。

例えば、人間であれば筋肉内臓などの構成成分であり、皮膚の色お酒に強いか弱いかなどの性質決めているのもタンパク質である。さらにホルモン酵素コラーゲンケラチンなど生物活動を担うタンパク質は10万種類以上もある。このように個々の組織機能ごとに共通して必要なタンパク質もあれば、異なった種類のタンパク質もある。これは、タンパク質の種類によって働き方が違うからである

ところでタンパク質はアミノ酸という物質長く鎖のようにつながったものであるが、このアミノ酸並び方でタンパク質の種類違ってくる。そのため、生命活動必要性に応じてどのようなタンパク質を作ればよいのかは、細胞中にあるこのアミノ酸並び方決めている遺伝子命令出している。
生物の体を構成している主な成分であり、細胞主成分でもあるまた、生きていく上で非常に重要な機能を果たすのがタンパク質である。

例えば、人間であれば筋肉内臓などの構成成分であり、皮膚の色お酒に強いか弱いかなどの性質決めているのもタンパク質である。さらにホルモン酵素コラーゲンケラチンなど生物活動を担うタンパク質は10万種類以上もある。このように個々の組織機能ごとに共通して必要なタンパク質もあれば、異なった種類のタンパク質もある。これは、タンパク質の種類によって働き方が違うからである

ところでタンパク質はアミノ酸という物質長く鎖のようにつながったものであるが、このアミノ酸並び方でタンパク質の種類違ってくる。そのため、生命活動必要性に応じてどのようなタンパク質を作ればよいのかは、細胞中にあるこのアミノ酸並び方決めている遺伝子命令出している。
タンパク質
拡大表示

細胞

・ タンパク質

アミノ酸

遺伝子


タンパク質 [Protein(s)]

 多糖脂質核酸ならんで生物体構成している主要な高分子物質である。約20種類L-α-アミノ酸(グリシンを含む)がペプチド結合したポリペプチド鎖から成っている。構成するアミノ酸種類、数、結合様式などによってタンパク質の種類は、分子量が約4,000プロタミン類から分子量数千万数億達すウイルスタンパク質まできわめて多い。ただし、分子量10万程度以上のタンパク質は一般にいくつかのサブユニット集合体である場合が多い。
アミノ酸のみから構成されている場合単純タンパク質アミノ酸以外の成分含まれ構成されている場合複合タンパク質という。前者にはカゼインコラーゲンケラチンアルブミンプロタミンヒストンなどがあり、後者には糖タンパク質リポタンパク質核タンパク質色素タンパク質金属タンパク質、リンタンパク質などがある。すべての酵素これらのいずれかのタンパク質である。また、その分子の形状から繊維状タンパク質(ケラチンコラーゲン)と多くの球状タンパク質分けられる
タンパク質の構造順次一次構造(アミノ酸配列)、二次構造(α-ヘリックスβ-構造ランダムコイル)、三次構造(特定の空間的配置)をとり、さらに三次構造単位(サブユニット)が集合して四次構造つくっている。一般にタンパク質は熱で変性しやすいが、これはその高次構造破壊されるからである(好熱菌のタンパク質は耐熱性)。一般にタンパク質を抗原として異種の動物接種するとそれの抗体ができる。その抗体抗原タンパク質と抗原-抗体反応をおこすので、この反応利用して微量のタンパク質を検出することができる。タンパク質の標準物質としてウシ血清アルブミン(分子量66,000)がよく用いられる

タンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/11 07:07 UTC 版)

タンパク質(タンパクしつ、蛋白質: protein [ˈproʊtiːn]: Protein [proteˈiːn/protain])とは、20種類のアミノ酸状に多数連結(重合)してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである[1]


注釈

  1. ^ 東京大学の和田昭允教授の命名による。

出典

  1. ^ a b c d 生化学辞典第2版、p.810 【タンパク質】
  2. ^ a b c d e 武村(2011)、p.24-33、第一章 たんぱく質の性質、第二節 肉を食べることの意味
  3. ^ a b 三大栄養素の基礎知識”. 2020年10月31日閲覧。
  4. ^ a b 武村(2011)、p.16-23、第一章 たんぱく質の性質、第一節 栄養素としてのたんぱく質
  5. ^ 武村(2011)、p.3-6、はじめに
  6. ^ a b 生化学辞典第2版、p.812 【タンパク質の一次構造】
  7. ^ a b c d e 武村(2011)、p.34-48、第一章 たんぱく質の性質、第三節 「焼く」とどうなる?たんぱく質
  8. ^ a b 生化学辞典第2版、p.816 【タンパク質の二次構造】
  9. ^ a b c d 武村(2011)、p.85-96、第二章 たんぱく質の作られ方、第四節 ポリペプチドはいかにして「たんぱく質」となるか
  10. ^ a b 生化学辞典第2版、p.812 【タンパク質の三次構造】
  11. ^ a b c 生化学辞典第2版、p.816 【タンパク質の四次構造】
  12. ^ (PDB) [1]
  13. ^ a b 武村(2011)、p.54-60、第二章 たんぱく質の作られ方、第一節 体をつくるあげるたんぱく質
  14. ^ 武村(2011)、p.98-113、第三章 たんぱく質のはたらき、第一節 たんぱく質はたんぱく質を分解する
  15. ^ a b c d e 武村(2011)、p.113-123、第三章 たんぱく質のはたらき、第二節 体のはたらきを維持するたんぱく質を
  16. ^ 第2章 日本食品標準成分表 PDF(日本語版)”. 文部科学省. 2021年6月3日閲覧。
  17. ^ 栄養価やアレルギー、安全性など昆虫食の疑問にお答えします”. TAKEO. 2021年6月3日閲覧。
  18. ^ ヒトはなぜタンパク質を食べるの?”. 公益財団法人 日本食肉消費総合センター. 2021年6月3日閲覧。
  19. ^ a b たんぱく質 (PDF) 」『日本人の食事摂取基準」(2010年版)
  20. ^ a b Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases, 2003
  21. ^ a b Godman, Heidi (2022年6月1日). “Protein intake associated with less cognitive decline” (英語). Harvard Health. 2022年5月19日閲覧。
  22. ^ a b [2019年文献 植物性蛋白質を多くとる人は,全死亡ならびに心血管疾患死亡リスクが低い]”. Life Science. 2022年1月22日閲覧。
  23. ^ a b Sanjeev Budhathoki、Norie Sawada、Motoki Iwasaki、Taiki Yamaji、Atsushi Goto、Ayaka Kotemori、Junko Ishihara、Ribeka Takachi ほか「Association of Animal and Plant Protein Intake With All-Cause and Cause-Specific Mortality in a Japanese Cohort」『JAMA Intern Med』第179巻第11号、American Medical Association、2019年、 1509-1518頁、 doi:10.1001/jamainternmed.2019.2806
  24. ^ Publishing, Harvard Health. “Eat more plant-based proteins to boost longevity”. Harvard Health. 2020年11月3日閲覧。
  25. ^ Publishing, Harvard Health. “Plant protein may help you live longer”. Harvard Health. 2020年11月13日閲覧。
  26. ^ 肉類摂取と死亡リスクとの関連”. 国立がん研究センター. 2022年1月22日閲覧。
  27. ^ Eiko Saito、Xiaohe Tang、Sarah Krull Abe、Norie Sawada、Junko Ishihara、Ribeka Takachi、Hiroyasu Iso、Taichi Shimazu ほか「Association between meat intake and mortality due to all-cause and major causes of death in a Japanese population」『PLoS One』第15巻第12号、Public Library of Science (PLOS)、2020年、 doi:10.1371/journal.pone.0244007
  28. ^ The sweet danger of sugar” (英語). Harvard Health (2017年5月1日). 2022年6月1日閲覧。
  29. ^ Solan, Matthew (2022年2月1日). “Building better muscle” (英語). Harvard Health. 2022年6月1日閲覧。
  30. ^ Eating enough daily protein may delay disability” (英語). Harvard Health (2019年2月1日). 2022年6月1日閲覧。
  31. ^ 「野菜350g」は本当にカラダにいいの…?食生活のウソホント”. FRIDAYデジタル (2020年7月16日). 2020年11月27日閲覧。
  32. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  33. ^ Low-carb and high-fat diet helps obese older adults” (英語). Harvard Health (2020年12月1日). 2022年6月1日閲覧。
  34. ^ 低炭水化物ダイエットご用心…発症リスク高まる2012.07.08読売新聞。スウェーデンの30〜49歳の女性43396人[信頼性要検証]
  35. ^ joint FAO/WHO expert consultation. "Chapter 11 Calcium", Human Vitamin and Mineral Requirements, 2002.
  36. ^ ウォルター C. ウィレット 『太らない、病気にならない、おいしいダイエット-ハーバード大学公式ダイエットガイド』 光文社、2003年5月。174〜175頁。ISBN 978-4334973964。(原著 Eat, Drink, and Be Healthy, 2001)
  37. ^ a b 武村(2011)、p.123-133、第三章 たんぱく質のはたらき、第三節 たんぱく質のお湯加減―いろいろな温度で働くたんぱく質たち―
  38. ^ a b c d 武村(2011)、p.134-145、第三章 たんぱく質のはたらき、第四節 たんぱく質の装飾品と、その利用
  39. ^ ガラクトースN-アセチルグルコサミンN-アセチルガラクトサミンマンノース、L- フコースグルコースキシロースグルクロン酸シアル酸(武村(2011)、p.139)
  40. ^ a b 武村(2011)、p.145-153、第三章 たんぱく質のはたらき、第五節 たんぱく質の「死」



タンパク質 (ポリペプチド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/18 05:49 UTC 版)

主鎖」の記事における「タンパク質 (ポリペプチド)」の解説

タンパク質(proteins)は重要な生体分子であり、ウイルス細菌真核細胞の構造機能不可欠な役割果たしている。その骨格は、20種類アミノ酸それぞれのα炭素結合したアミノ基カルボン酸基が重合してできたアミド結合特徴としている。これらのアミノ酸配列は、細胞質内のリボソームによって細胞内のmRNAから翻訳されるリボソームには酵素活性があり、この酵素指示により、連続したアミノ酸間にアミド結合作る縮合反応起こる。これは、翻訳呼ばれる生物学的プロセス中に起こる。この酵素メカニズムでは、共有結合したtRNAシャトル縮合反応脱離基として機能する新たに遊離したtRNAは、別のペプチドを「拾い上げ」、この反応継続的に関与することができる。ポリペプチド骨格のアミノ酸配列は、タンパク質の一次構造として知られている。この一次構造経て、タンパク質はバックボーンカルボニル酸素アミン水素間の水素結合によって形成される二次構造へと折りたたまれる。個々のアミノ酸残基間のさらなる相互作用により、タンパク質の三次構造形成されるそのため、ポリペプチド骨格含まれるアミノ酸一次構造はタンパク質の最終的な構造の「地図」であり、その生物学的機能示している主鎖原子空間的な位置は、主鎖再構築のための計算ツール使用してα炭素位置から再構築することができる。

※この「タンパク質 (ポリペプチド)」の解説は、「主鎖」の解説の一部です。
「タンパク質 (ポリペプチド)」を含む「主鎖」の記事については、「主鎖」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「タンパク質」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

タンパク質

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 08:30 UTC 版)

名詞

蛋白 たんぱくしつ

  1. L-アミノ酸重合してできた、生物体主な成分をなす高分子化合物

「タンパク質」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タンパク質」の関連用語

タンパク質のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タンパク質のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2022 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタンパク質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの主鎖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタンパク質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS