骨格とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 器官 > 骨格の意味・解説 

こっ かく [0] 【骨格・骨骼

動物の体を基本的に支え器官一定の配列形式結合し,個体基本的支柱をなす硬い組織筋肉付着点となる。人間成人では約二〇〇個の骨が互いに連結して体形をつくる。昆虫甲殻類などの外骨格と,脊椎動物内骨格とがある。
物事かたちづくる基本骨組み。 「論文の-だけはできた」


骨格

同義/類義語:骨格系, 骨格構造
英訳・(英)同義/類義語:skeleton, Skeletal system

動物個体構成する硬骨組織全体像
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  硬骨組織  剛毛    骨格  骨格筋  骨幹  骨組織

骨格

読み方こつかく
別名:Skeleton; Sceleton
【英】:Skeleton

動物体にある一連の堅固な構造物で、体を支持し、筋が付着して受動的運動あずかり、また軟部を囲んでこれを保護する。無脊椎動物の骨格は脊椎動物とは構造性質が全く異なる。これに体の内部にある内骨格と体表にある外骨格があって、後者がしばしば発達する。現生脊椎動物主な骨格は体の内部にあるが、カメアルマジロみられる発達した角とその下の骨板は外骨格といえる原始的化石魚類(カッチュウウオなど)では、歯の硬組織によく似た構造の皮甲が外骨格として発達していた。現生魚類各種はその遺残考えられ(楯鱗とその歯は基本構造が同じでエナメル質もあり、ふつうの魚類真皮中の骨板を表皮被うのである)、爬虫類上でも角角化した表皮)の下にしばしば骨板がある。これらの骨板はすべて真皮中に生じ、結合組織性に形成される膜性骨であって皮骨呼ばれる。これに対して脊椎動物でもともと体内部にある骨格ははじめ軟骨として生じ、のちに骨化する軟骨性骨であるが、現生円口類軟骨魚類一部硬骨魚類では成体でも軟骨ままとどまる。この軟骨性骨内骨格皮骨外骨格と呼ぶこともある。ヒトにもみられる頭蓋冠顎骨鎖骨などの膜性骨皮骨深部に入って内骨格に加わったものである

骨格

【仮名】こっかく
原文skeleton

脊椎動物軟部組織支え多く内臓保護する枠組み脊椎動物の骨格は骨や軟骨からできている。

骨格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/25 06:29 UTC 版)

骨格(こっかく、骨骼とも[1])とは、関節で結合した複数のおよび軟骨によって構成される構造のことを指す[2]。転じて、基本的な構造一般を言う表現に使われることもある。


[ヘルプ]
  1. ^ 「骨格」「骨骼」ともに戦前からある表記。「国家及国民ノ体育指導」岡千賀松(1922)、p.512[1]
  2. ^ a b Bogart & Ort (2011)、p.5、1.イントロダクション 体壁の構造 骨格
  3. ^ a b ニュートンムック「骨」、p.128-129、アンモナイトの持つ骨格「殻」
  4. ^ a b c ニュートンムック「骨」、p.6-7、骨は何のためにあるのだろう?
  5. ^ a b c ニュートンムック「骨」、p.90-91、カメはいつから甲羅をもっているのか?
  6. ^ a b c d e 佐々木(2010)、pp.111-112、第2章 貝殻の形態、2.1 軟体動物の貝殻、(1)貝殻の存在意義
  7. ^ ニュートンムック「骨」、p.94-95、三葉虫が持っていた「外骨格」とは?
  8. ^ a b c d e 東野ら、p.143-149、鳥類
  9. ^ ニュートンムック「骨」、p.66-67、化石から何がわかるのか?
  10. ^ a b c d e 解剖学第2版、p.160-163、骨格系
  11. ^ 解剖学第2版、p.169、第10章 運動器系/II. 全身の骨格 全身の骨格
  12. ^ a b c d 解剖学第2版、p.198、第10章 運動器系/II. 全身の骨格 5.頭蓋骨
  13. ^ a b c d e 解剖学第2版、p.169、第10章 運動器系/II. 全身の骨格 1.脊柱
  14. ^ a b c d e f g h i j k 大泰司(1998)、p.46-55、3.運動系 3.1骨格 (1)全身の骨格
  15. ^ a b c 解剖学第2版、p.177-179、第10章 運動器系/II. 全身の骨格 2.胸郭
  16. ^ a b c d e f 解剖学第2版、p.179-187、第10章 運動器系/II. 全身の骨格 3.上肢の骨格
  17. ^ a b c d e f g 解剖学第2版、p.187-197、第10章 運動器系/II. 全身の骨格 4.下肢の骨格
  18. ^ a b c d ニュートンムック「骨」、p.8、動物たちの骨格
  19. ^ a b 疋田(2002)、p.49-50、第2章 爬虫類の起源 4.単弓類の興亡と哺乳類
  20. ^ a b ニュートンムック「骨」、p.10、全身骨格 霊長類
  21. ^ ニュートンムック「骨」、p.12-17、全身骨格 食肉類
  22. ^ a b c 東野ら、p.162-163、哺乳類、鯨目
  23. ^ a b 大隈、p.67-72、第1章 七つの大海を支配する王・クジラ クジラのあしはどこにある?
  24. ^ a b ニュートン (2007-11)、大空の覇者「翼竜」
  25. ^ a b c d e f g h i j k 東野ら、p.140-143、爬虫類
  26. ^ a b ニュートンムック「骨」、p.58-59、透明標本 爬虫類・両生類
  27. ^ a b 疋田(2002)、p.27-30、第1章 爬虫類とはどのような動物か 3.爬虫類の形態 (2)骨格
  28. ^ a b c 東野ら、p.139-140、両生類
  29. ^ 東野ら、p.138、軟骨魚類
  30. ^ 東野ら、p.138、硬骨魚類
  31. ^ R.Flindt 『数値で見る生物学』 浜本哲郎訳、ジュプリンガー・ジャパン、2007年、24頁。ISBN 978-4-431-10014-0 House and Doflein 1935, Nachtigall 1979, Slijper 1967
  32. ^ 佐々木(2010)、pp.113、第2章 貝殻の形態、2.1 軟体動物の貝殻、(3)貝殻の成分
  33. ^ 生化学辞典第2版、p.324 【キチン】
  34. ^ 生化学辞典第2版、p.534 【細胞骨格】
  35. ^ 生化学辞典第2版、p.496 【骨格タンパク質】
  36. ^ 佐々木(2010)、pp.113、第3章 軟体部の解剖、3.3 筋肉系、(1)軟体動物の筋肉系


「骨格」の続きの解説一覧





骨格と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「骨格」の関連用語

骨格のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

口蓋骨

鎖骨

仙骨

脛骨

上顎骨

胸骨

鎖骨

下鼻甲介





骨格のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2017 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骨格 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS